原田 洋


原田 洋

J-GLOBALへ         更新日: 12/04/18 16:55
 
アバター
研究者氏名
原田 洋
 
ハラダ ヒロシ
学位
学術博士(北海道大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜国立大学 教育人間科学部 地球環境課程 横浜国立大学教育人間科学部地球環境課程自然環境講座 教授
 
2006年
   
 
- 横浜国立大学環境情報学府兼任
 
2000年
 - 
2017年
 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科兼任
 
1999年
 - 
2006年
 横浜国立大学大学院教育学研究科兼任
 
1998年
   
 
- 横浜国立大学教育人間科学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1969年
横浜国立大学 教育学部 生物科
 

委員歴

 
1995年
 - 
1998年
 茅ヶ崎市環境審議会 委員
 
2000年
   
 
- 神奈川県文化財保護審議会 委員
 
2002年
   
 
- 逗子市みどり審議会 委員長
 
2004年
 - 
2006年
 神奈川県青少年科学懇話会 会長
 
2004年
 - 
2007年
 逗子市環境評価審査会 審査委員
 

Misc

 
林床堆積有機物の選別採取によるササラダニ群集の比較
原田 洋
日本生態学会誌   29   1979年
蘚苔地衣類に生息するササラダニ類の垂直分布
原田 洋
日本生態学会誌   30   1980年
東カリマンタン(ボルネオ)の土地利用による環境変化と土壌動物相(共著)
原田 洋
横浜国立大学環境科学研究センター紀要   8 2   1982年
日本産ササラダニ文献目録(生態編) (共著)
原田 洋
Edaphologia(日本土壌動物学会誌)   32   1984年
ササラダニ類の生態分布に関する研究I-本州中部地域を中心として-
原田 洋
横浜国立大学環境科学研究センター紀要   15 1   1988年

書籍等出版物

 
現代日本生物誌6 マツとシイ
岩波書店   2000年   ISBN:4-00-006726-5
指標生物としての土壌動物
土壌動物学への招待(東海大学出版会)   2007年   
生物を指標とする調査
環境教育ー基礎と実践ー(共立出版)   2007年   

Works

 
都市土壌の乾燥化を評価する手法の開発
2008年 - 2009年
横浜の基本植生図(GIS)の作成
2008年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
高山・亜高山帯におけるササラダニ類の生態分布に関する研究
研究期間: 1979年 - 2001年
土壌動物の生物指標化に関する研究
研究期間: 1985年   
明治前期の植生図化と植生景観の変遷
研究期間: 1993年   
照葉樹環境保全林の構造と機能
研究期間: 1995年