藤原 一繪

J-GLOBALへ         更新日: 11/07/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
藤原 一繪
 
フジワラ カズエ
URL
http://kazu1.kan.ynu.ac.jp/
所属
旧所属 横浜国立大学 大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 

経歴

 
2001年
   
 
- 横浜国立大学環境情報研究院教授
 
1999年
   
 
 米国フルブライト上級研究員(ジョ-ジア大学)
 
1993年
 - 
2001年
 横浜国立大学環境科学研究センター教授・大学院工学研究科兼任
 
1986年
 - 
1993年
 横浜国立大学環境科学研究センター助教授
 
1973年
 - 
1986年
 横浜国立大学環境科学研究センター助手
 

学歴

 
 
 - 
1967年
横浜国立大学 教育学部 生物学
 

委員歴

 
1979年
   
 
日本生態学会  大会実行委員
 
1989年
 - 
1990年
国際植生学会  機関誌"Journd of Vegetation Science"編集委員
 
1989年
 - 
1991年
国際植生学会  協賛誌”Vegetatio"(Kluwer Academic Pubilshers: オランダ)編
 
1994年
   
 
国際植生学会  評議委員・命名規約委員会評議委員・科学プログラム委員会委員
 
1998年
   
 
国際植生学会  機関誌"Phytocoenologia"編集委員
 

Misc

 
Vegetation and landscape of Georgia (Caucasus), as Basis for landscape Restoration
Bull. Envir. Sci. & Tech. Yokohama Natn. Univ.   26(1) 69-102   2000年
以植物社会学和植生学為基礎的植生調査法及植生図的制作方法
横浜国大環境研紀要   25 83-127   1999年
久居市の植生
神奈川植生学会報告   4 1-140   1999年
Actual vegetation in suburban area of Bangkok, Thailand
TROPICS   8 329-355   1999年
Phytosociological Study of Mangrove Vegetation in Byone-hmwe Island, Ayeyarwady Delta, Myanmar -Relationship between Floristic Composition and Habitat-
Mangrove Science   3 7-23   2004年

書籍等出版物

 
生態学事典
共立出版   2003年   
鬼首道路エコロードへの挑戦-人と自然にやさしい道路をめざして-
大成出版   2003年   
Evergreen broad-leaved forests in Japan and Eastern North America. Vegetation shift under climatic change
Klötzli, F & Walther, G. R.: Recent shifts in vegetation boundaries of deciduous forests, especially due to global warming   1999年   
Vegetation types and their broad-scale distribution
van der Maarel E.(eds.): Vegetation Ecology   2004年   
地球温暖化と日本
古今書院   2003年   

Works

 
植生生態学を基礎とした熱帯林回復
1995年
世界の植生比較
2002年
マレーシア:サラワクの熱帯林回復
1993年
世界の植生比較 ニュージーランド
1993年
道路・スキー場建設が周辺植生に及ぼす影響に関する研究
1993年

競争的資金等の研究課題

 
アジアの統合植生図化
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2007年
熱帯林回復実験、具体的回復システムの確立
国際共同研究
研究期間: 1990年 - 2008年
地球および地域環境の変動に対する植生の応答, 植生機能を基盤とした環境回復手法の確立。
国際共同研究
研究期間: 1990年 - 2008年
世界の植生比較,種多様性比較
国際共同研究
研究期間: 1994年 - 2008年
緑地、特に環境保全林や植栽林による二酸化炭素固定の定量化および生物多様性メカニズムに関する研究
共同研究
研究期間: 1998年 - 2008年