高木 秀明

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/06 13:14
 
アバター
研究者氏名
高木 秀明
 
タカギ ヒデアキ
eメール
takagiynu.ac.jp
学位
文学修士(東京教育大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜国立大学 教育人間科学部 学校教育課程 学校教育講座
 
1999年4月
 - 
現在
横浜国立大学教育人間科学部教授
 
1997年10月
 - 
1999年3月
横浜国立大学教育人間科学部助教授
 
1982年4月
 - 
1997年9月
横浜国立大学教育学部助教授
 
1981年4月
 - 
1982年3月
横浜国立大学教育学部講師
 

学歴

 
 
 - 
1981年
筑波大学 心理学研究科 心理学
 
 
 - 
1976年
東京教育大学 教育学研究科 実験心理学
 
 
 - 
1974年
東京教育大学 教育学部 心理学科
 

委員歴

 
2012年5月
 - 
2014年4月
鎌倉市子ども・若者育成プラン推進協議会  会長
 
2010年4月
 - 
現在
日本青年心理学会  常任理事
 
2009年8月
 - 
2011年7月
鎌倉市青少年健全育成プラン策定委員会(鎌倉市子ども・若者育成プラン策定委員会)  会長
 
2007年11月
 - 
2013年5月
神奈川県被害者支援連絡協議会  会長
 
2007年4月
 - 
現在
鎌倉市発達支援システム推進協議会  会長
 

論文

 
青年期のアタッチメントと共感性及び自我状態との関連
上田鼓・高木秀明
教育デザイン研究   (7) 15-22   2016年1月   [査読有り]
大学生・大学院生の就職活動において自我同一性の探求を阻害する要因
遠藤ひとみ・高木秀明
横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター研究論集   (13) 25-42   2013年12月   [査読有り]
吃音症状を呈する4歳男児における“出すこと”の意味
小川基・井上果子・高木秀明
横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター研究論集   (13) 7-20   2013年12月   [査読有り]
“ななめの人間関係”が大切な思春期
灯台2013年1月号   27-29   2013年1月
青年期における対人不安・緊張の構造-発達段階による変化に着目して-
中村千尋・高木秀明
横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター研究論集   (12) 33-52   2012年10月   [査読有り]

Misc

 
東日本大震災被害者支援と資格法制化問題について
高木秀明
臨床心理士報   22(2) 21-22   2011年7月
修了生の就職について
高木秀明
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)広報誌 FORUM   (15) 4   2011年3月
高木秀明
東京書籍 Eネット 高校地歴・公民・地図の広場 指導資料      2010年12月
神奈川県臨床心理士会より
高木秀明
日本臨床心理士会雑誌   16(2) 63-64   2007年9月
二つのモラトリアムと高校生
東京書籍 Eネット 高校公民指導資料      2007年6月

書籍等出版物

 
青年期発達百科事典(全3巻)
赤木和重・高木秀明・他131名 (担当:共訳, 範囲:青年期の理論)
丸善出版   2014年3月   ISBN:9784621087992
倫理
竹内整一.平木幸二郎・高木秀明・吉見俊哉・大谷いづみ・勢力尚雅・小林和久・東京書籍株式会社 (担当:共著, 範囲:第1章1-2青年期の位置づけ、第1章1-3青年期の特徴、第1章2-1主体性の確立、第1章2-2自己理解)
東京書籍   2014年2月   ISBN:9784487187201
新・青年心理学ハンドブック
後藤宗理・高木秀明・他114名 (担当:共編者, 範囲:7章 青年期への社会心理学的接近)
福村出版   2014年1月   ISBN:9784571230516
パーソナリティ心理学ハンドブック
二宮克美・高木秀明・他106名 (担当:共著, 範囲:8章4節 青年期のパーソナりティの諸問題)
福村出版   2013年3月   ISBN:9784571240492
倫理
平木幸二郎・竹内整一・高木秀明・吉見俊哉・小林和久・高橋誠・相良亨・東京書籍株式会社 (担当:共著, 範囲:「第1章1-2 青年期の位置づけ」「第1章1-3 青年期の特徴」「第1章2-1 主体性の確立」「第1章2-2 自己理解」)
東京書籍   2008年2月   ISBN:9784487153527

担当経験のある科目