阿部 周造

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 18:41
 
アバター
研究者氏名
阿部 周造
 
アベ シュウゾウ
所属
横浜国立大学
部署
国際社会科学研究院
職名
名誉教授
学位
博士(商学)(一橋大学), 商学修士(一橋大学)
その他の所属
早稲田大学消費者行動研究所
科研費研究者番号
30060015

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1974年
一橋大学 商学部 助手
 
1974年
 - 
1977年
日本大学 経済学部 専任講師
 
1977年
 - 
1979年
日本大学 経済学部 助教授
 
1979年
 - 
1987年
横浜国立大学 経営学部 助教授
 
1987年
 - 
2009年
横浜国立大学 経営学部 教授
 
2009年4月
 - 
2015年3月
早稲田大学 商学学術院 特任教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京工業大学 環境・社会理工学院 特任教授
 

学歴

 
1963年4月
 - 
1967年3月
明治大学 商学部 商学科
 
1967年4月
 - 
1969年3月
一橋大学 商学研究科 修士課程 
 
1969年4月
 - 
1972年3月
一橋大学 大学院 商学研究科 博士課程 
 

委員歴

 
2012年
 - 
2013年
日本学術振興会科学研究費委員会  専門委員
 
1998年
 - 
2009年
Psychology and Marketing  Editorial Board
 
2002年
 - 
2005年
『消費者行動研究』 編集委員長
 
1992年
 - 
2005年
Asian Journal of Marketing  Editorial Bord
 
2000年
 - 
2003年
学術会議  会員(第18期)
 

受賞

 
2014年
日本商業学会 学会賞優秀賞
 
2010年
Global Marketing Conference 最優秀学会論文賞
 
1989年
日米教育委員会 フルブライト シニア フェローシップ
 

論文

 
“Direction of Comparison Effect and Consumer Research; From General to Specific Implications,”
ABE Shuzo, Yoshiyuki Okuse
Behaviormetrika   45(1) 211-220   2018年   [査読有り]
“The Second Opinion Looks Better: Choice of Travel Plans to Kyoto,”
ABE Shuzo,Yoshiyuki Okuse, Yuki Mitomi, and Takeshi Moriguchi
Proceedings of The International Conference of Asian Marketing Associations   37-48   2015年   [査読有り]
“Can Consumers be grouped together as East Asian Consumers or Western Consumers?"
ABE Shuzo, Yoshiyuki Okuse, HyunーChul Cho, Kenneth C. Gehrt, Makoto Abe, and Anping Ding
2014 Global Marketing Conference at Singapore Proceedings   789-796   2014年   [査読有り]
Cho, HyunChul, and Shuzo Abe
Journal of Business Research   66(9) 1261-1266   2013年   [査読有り]
“How Strong is the Effect of Construal Level Theory?”
ABE Shuzo
2012 Global Marketing Conference at Seoul Proceedings   730-746   2012年   [査読有り]

Misc

 
『消費者行動研究と方法』を刊行して
阿部 周造
流通研究   18(1) 1-11   2016年   [依頼有り]
マーケティング意思決定のための予測は帰納である
阿部 周造
マーケティング ジャーナル   36(2) 180-185   2016年
堀越比呂志氏の書評に対する若干のコメント
阿部 周造
マーケティングジャーナル   35(1) 180-183   2015年
解釈レベル理論を用いた消費者行動の分析
阿部周造、守口剛、恩蔵直人、竹村和久
行動経済学   3 178-182   2011年
小売業者のパワーと商品集合の大きさに関する消費者の評価
白井美由里、阿部周造
横浜経営研究   30(3/4) 27-41   2010年

書籍等出版物

 
消費者行動研究と方法
千倉書房   2013年   ISBN:978-4-8051-1026-3
消費者行動研究の新展開
千倉書房   2004年   
消費者行動研究のニュー・ディレクションズ
関西学院大学出版   2001年   
マーケティング理論と測定
中央経済社   1987年   
新版 マーケティング管理
千倉書房   1987年   

講演・口頭発表等

 
アイトラッキング・データによる消費者情報処理の分析
日本消費者行動研究学会   2017年5月   
Direction-of-Comparison Effect and Sequential Context Factors
International Congress of Psychology   2016年7月   
Context Effects of Recommendations are Stronger than Those of Psychological Distance or Direction of comparison
Association for Consumer Research   2015年10月   
解釈レベルと比較の方向性
日本消費者行動研究学会   2014年   
TVCMと心理的距離
日本消費者行動研究学会   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
消費者行動における選好逆転の体系的理論構築に関する研究
日本学術振興会: 科研費 基盤研究B (分担研究者)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 守口 剛
デザイン・ポテンシャル分析による製品開発のパラダイム転換
日本学術振興会: 科研費 基盤研究B  (分担研究者)
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 坂本和子
消費者の解釈レベルによるマーケティング・コミュニケーション効果の相違に関する研究
吉田秀雄記念事業財団: 研究助成  (分担研究者)
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 守口 剛
状況要因と選択目標を考慮した消費者選択行動の研究~理論の体系化に向けて~
日本学術振興会: 科研費 基盤研究B (分担研究者)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 守口 剛
デザインマーケティングに関する国際比較研究
日本学術振興会: 科研費 基盤研究B (分担研究者)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 坂本和子