上ノ山 周

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 02:41
 
アバター
研究者氏名
上ノ山 周
 
カミノヤマ メグル
eメール
kaminoyama-meguru-pbynu.ac.jp
URL
http://www.kaminoyamalab.ynu.ac.jp/
所属
横浜国立大学
部署
大学院工学研究院 機能の創生部門
職名
教授
学位
工学博士(横浜国立大学), 工学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
国立大学法人横浜国立大学大学院工学研究院 教授
 
2001年4月
 - 
2004年3月
横浜国立大学大学院工学研究院 教授
 
2000年5月
 - 
2001年3月
横浜国立大学工学部物質工学科 教授
 
1995年4月
 - 
2000年4月
横浜国立大学工学部物質工学科 助教授
 
1991年4月
 - 
1995年3月
横浜国立大学工学部物質工学科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1989年
横浜国立大学 工学研究科 物質工学
 
 
 - 
1982年
京都大学 工学研究科 石油化学
 
 
 - 
1980年
京都大学 工学部 石油化学
 

委員歴

 
2018年3月
   
 
化学工学会東日本地区学生発表会  実行委員長
 
2017年6月
 - 
現在
日本海水学会  副会長
 
2017年4月
 - 
現在
化学工学会  編集委員会委員
 
2017年3月
 - 
現在
日本技術士会試験部会  専門委員(技術部門担当)     
 
2016年8月
 - 
現在
化学工学会人材育成センター  未来人材育成委員会委員長 
 

受賞

 
2012年3月
(公社)化学工学会創立75周年記念表彰
 
2011年6月
日本海水学会 第62年会 学術研究ポスターセッション ポスター大賞
 
2006年3月
(社)化学工学会 2005年度化学工学論文集優秀論文賞
 
2003年3月
(社)化学工学会 粒子・流体プロセス部会 第1回粒子・流体プロセス賞
 
1999年2月
(社)化学工学会「熱物質流体工学」特別研究会、第3回熱物質流体工学賞
 

論文

 
47(2) 109-114   2014年2月   [査読有り][招待有り]
撹拌槽における高濃度スラリーならびに固-液系の分散・流動状態に関する実験的ならびに流動解析に関する報文を総括した。
Starting Torque of Several Impellers
(117)    2018年9月
PIV Measurements of Fluid Velocity Distribution in a Turning Radius of Impeller Blades in Transition Regime
(118)    2018年9月
Quantification of the Concentration Distribution of a Highly Concentrated Dispersion Phase in a Liquid-Liquid Stirred Vessel using Image Analysis
(162)    2018年9月
三角 隆太, 國井 佳奈子, 轟 慧, 仁志 和彦, 上ノ山 周, 佐野 雄一, 坂本 淳志, 竹内 正行
化学工学論文集   44(3) 135-141   2018年5月   [査読有り]

Misc

 
化学工学の基礎(2)-塩を作る-
化学と教育   66(2) 92-93   2018年
撹拌槽の中の流動・混合の計測方法
三角隆太,上ノ山周
分離技術   47(1) 14-18   2017年1月
我が国におけるミキシング技術のこれまでとこれから-眠り姫に見せられた人々-
化学工学会   81(7) 353   2017年
(特集)電気抵抗方式トモグラフィ法を用いた化学装置における混相流の可視化計測
上ノ山周、一条 憲明、仁志和彦、三角隆太
化学工学   80(8) 460-463   2016年8月
撹拌装置や高レベル放射性廃棄物向けガラス溶融炉内の異相系分散状態を電気抵抗方式トモグラフィ手法で可視化する手法につき解説・紹介した。
上ノ山周、仁志和彦、三角隆太
混相流   29(4) 317-325   2015年12月
撹拌槽における異相系流体の流動挙動・混合過程・分散現象を可視化する手法として数値流動解析(CFD)ならびに電気抵抗方式トモグラフィ計測(ERT)の事例を解説・紹介した。

書籍等出版物

 
海水の疑問
成山堂書店   2017年8月   ISBN:9784425830916
多様化するニーズに応えて進化するミキシング
三恵社   2017年1月   
上ノ山周、相原雅彦、岡野泰則、馬越大、佐藤智司 (担当:共著)
朝倉書店   2016年10月   ISBN:9784254250381
仁志和彦、上ノ山周 ほか (担当:共著)
シーエムシー出版   2006年12月   ISBN:4882316641
異相系攪拌槽における流動・分散状態に関するトラブルとその解決に向けて
高粘度流体を中心とした攪拌トラブル対策と最新用途展開   2005年10月   

講演・口頭発表等

 
「撹拌型化学装置における流動・分散状態の可視化・定量化手法とその適用事例」 [招待有り]
上ノ山周,三角隆太
化学工学会第83年会 産業界セッション   2018年3月   化学工学会
Study on the Mechanism of Mixing Enhancement in a Plastic Fluid by Aeration in a Stirred Vessel Equipped with a Concave Impeller
M. Kaminoyama, Hikari Nakahara, Ryuta Misumi Kazuhiko Nishi
International Workshop of Process Intensification 2016   2016年10月   
コンケーブ翼付き撹拌槽における降伏応力流体の通気操作による混合促進のメカニズムを気泡の通過経路と気泡によって誘起される液流れを定量的に算定することにより検討・解析した。
最近接粒子間距離に着目した数値混合実験による層流撹拌槽における混合過程の検討
仁志 和彦, 栗崎 貴裕,林 萌夏,三角 隆太,上ノ山 周
化学工学会第48回秋季大会 (徳島)   2016年9月8日   化学工学会
Investigation of Torque and Horizontal Load on a Paddle Impeller in Eccentric Mixing
H. Tanabe, K. Nishi, R. Misumi, M. Kaminoyama
5th Asian Conference on Mixing, 2016   2016年8月29日   
偏心撹拌におけるパドル翼のトルクと水平荷重につき実測データに基づき、安心設計の観点から検討し論じている。
晶析装置内における凝集結晶の粒径分布の画像解析による算出方法の検討
林葉月,三角隆太,仁志 和彦,上ノ山 周
日本海水学会第67年会 (登別)   2016年6月9日   日本海水学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
トモグラフィー計測による非沈降性スラリー撹拌槽における固気複合分散状態の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 上ノ山周
複合型トモグラフィー計測システムを用いた懸濁重合反応における相逆転現象 の機構解明
基盤研究(C)  : 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 上ノ山 周
CTスキャン方式分散状態計測法を用いた精密制御懸濁重合反応システムの試作と応用
基盤研究(B) : 科学研究費助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2005年3月    代表者: 上ノ山 周

特許

 
特願2004-145890 : 液液異相系重合装置
上ノ山周、仁志和彦、三角隆太、大森輝繁

その他

 
2010年4月
各種光学的可視化法を用いた異相系撹拌型溶媒抽出装置における流動・分散特性に関する研究