佐土原 聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/16 03:32
 
アバター
研究者氏名
佐土原 聡
 
サドハラ サトル
eメール
sadohara-satoru-msynu.ac.jp
URL
https://www.sscplab.net/
所属
横浜国立大学
部署
大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門
職名
教授
学位
工学博士(早稲田大学), 工学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
90178799
ORCID ID
0000-0001-5953-1867

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院 教授
 
2001年4月
 - 
現在
東京大学空間情報科学研究センター 客員教授
 
2001年4月
 - 
2011年3月
横浜国立大学大学院環境情報研究院 教授
 
2001年4月
 - 
2006年3月
神奈川大学工学部 非常勤講師
 
2000年4月
 - 
2001年3月
横浜国立大学大学院工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
早稲田大学 理工学研究科 建設工学
 
 
 - 
1982年
早稲田大学 理工学研究科 建設工学専攻
 
 
 - 
1980年
早稲田大学 理工学部 建築学科
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
2020年2月
川崎市環境審議会  委員
 
2018年2月
 - 
2018年3月
平成30年度「天然ガスの環境調和等に資する利用促進事業費補助金」に係る執行団体の選定に関する外部評価委員会  委員
 
2017年12月
 - 
2018年11月
国際競争拠点都市整備事業評価手法研究委員会  委員
 
2017年12月
 - 
2018年3月
リニア環境未来都市創造会議  委員
 
2017年12月
 - 
2018年1月
地理空間情報の活用等に関する関東地域連携協議会  構成員
 

受賞

 
2013年4月
2013年日本建築学会賞(論文)
 
2011年
地理情報システム学会賞・著作部門
 
2009年
情報知識学会論文賞
 

論文

 
アンケート調査に基づく超高層集合住宅居住者の避難行動意向分析
穂刈淳之助・稲垣景子・吉田聡・佐土原聡
日本建築学会大会学術講演梗概集   999-1000   2018年9月
尹晟敏・佐土原聡・尾崎明仁・佐藤裕・吉田聡・川瀬誠
日本建築学会環境系論文集   81(719) 111-121   2016年1月   [査読有り]
地球環境未来都市研究 その1 研究の背景・目的と視点、全体の枠組みと体制
佐土原聡・佐藤裕一
日本建築学会大会学術講演梗概集   649-650   2015年9月
歩行習慣を持つ人の選択経路における緑地の植生-首都圏郊外の団地における歩行調査での分析-
佐藤祐子 吉田 聡 稲垣景子 佐土原 聡
日本建築学会学術講演梗概集   407-408   2013年8月
横浜市における在住外国人の居住環境に関する分析
楊 梓 ・稲垣 景子・佐土原聡
日本建築学会学術講演梗概集   517-518   2013年8月

Misc

 
A Study on The Role Played by Local Nature for Residents,
Proceedings of the 12th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia   563-566   2018年10月
都市の水辺における住民の景観評価と維持管理意識 維持管理意識への影響分析
北川裕一朗・佐土原聡・吉田聡・稲垣景子
日本建築学会大会学術講演梗概集   887-888   2018年9月
木造密集地域における延焼遮断策としての空き家の除却と活用 横浜市南区K地区におけるケーススタディ
中島真也・稲垣景子・吉田聡・佐土原聡
日本建築学会大会学術講演梗概集   1003-1004   2018年9月
自力脱出困難者を対象とした公的救助機関の優先派遣地域に関する研究
喜納啓・矢代晴実・鳥澤一晃・稲垣景子・佐土原聡
日本建築学会大会学術講演梗概集   1007-1008   2018年9月
地域防災の担い手に関する一考察 横浜市における防災訓練を対象とした分析
稲垣景子・佐土原聡
日本建築学会大会学術講演梗概集   1021-1022   2018年9月

書籍等出版物

 
人と自然の環境学
東京大学出版会   2019年1月   
7.1 リスク共生社会を担う人材育成 『リスク共生学』
丸善出版   2018年6月   ISBN:9784621303016
Ⅲ地産地消エネルギーと横浜市の挑戦 『エコまち塾2 対話編』
佐土原聡 信時正人 (担当:共著)
鹿島出版会   2018年5月   ISBN:9784306073401
都市環境から考えるこれからのまちづくり
森北出版   2017年7月   
情熱都市YMM21―まちづくりの美学と力学―
金田孝之・国吉直行・中尾明・浜野四郎・恵良隆二・小林重敬・近藤健雄・佐土原聡・亀井忠夫・斉藤良展・中島勝利 (担当:共著)
鹿島出版会   2017年2月   

講演・口頭発表等

 
震災の教訓をふまえたこれからの都市エネルギーシステム [招待有り]
佐土原聡
第27回 環境工学連合講演会   2014年5月12日   日本学術会議土木工学・建築学委員会
地域熱供給による都市インフラの複合化・総合化,
日本建築学会大会   1999年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
地球環境未来都市の水熱エネルギー循環総合マネジメントを実現する手法・ツールの開発
公益財団法人 住友財団: 
研究期間: 2012年11月 - 2014年11月    代表者: 佐土原聡
地域特性を考慮した効果的な放火火災防止対策と支援システムの研究開発
消防庁: 
研究期間: 2012年8月 - 2013年2月    代表者: 佐土原聡
東京都における自立分散型エネルギー拠点の対象拡大の可能性と効果に関する研究
東京ガス: 
研究期間: 2012年8月 - 2013年2月    代表者: 佐土原聡
エネルギー面的利用導入に適した街区特性に関する研究
東京瓦斯株式会社: 
研究期間: 2012年4月 - 2013年2月    代表者: 佐土原聡
環境工学協働による地球環境対応型建築都市の評価手法・体系の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 佐土原聡

社会貢献活動

 
工学院大学特別講義
【】  工学院大学建築学部  (東京)  2016年5月
環境・防災・電力自由化などの視点からの都市・地域エネルギーシステムの今後のあり方
平成27年度 地域熱供給シンポジウム スマートな都市づくりの展望と熱供給
【】  一般社団法人 日本熱供給事業協会  (東京)  2016年3月
基調講演「スマートなエネルギーネットワークと「環境」「防災」まちづくり」、およびパネルディスカッションのコーディネーター
平成27年度 第2回先端技術講習会 スマートエネルギーネットワークの実施例と運用状況
【】  空気調和・衛生工学会  (東京)  2016年3月
パネルディスカッション「スマートエネルギーネットワークにおけるエネルギーマネジメントと実績データに基づいた最適運転の取組みについて」のコーディネーター
長崎大学特別講演
【】  長崎大学  (長崎)  2015年12月
欧州のスマートエネルギーネットワーク先進事例と日本の防災・環境まちづくり
日本大学大学院建築学特別講義
【】  東京  (日本大学)  2015年11月
これからの都市エネルギーシステムと地域熱供給の重要性

その他

 
2016年9月
都市・地域のCPCS(Cyber Physical City System)を活用した超スマートエネルギーシステムの構築に関する研究
2016年4月
都市の熱環境解析とその実践的な活用に関する研究
2015年8月
都市・地域のステークホルダーの協働によるスマートエネルギーシステムのデザインとマネジメントに関する研究
2015年1月
横浜市における地球温暖化対策計画書制度の報告書の分析に基づく事業者の省エネ・CO2対策の評価
2014年11月
共進化社会システム創成拠点