河野 隆二

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 02:41
 
アバター
研究者氏名
河野 隆二
 
コウノ リュウジ
URL
http://www.kohnolab.dnj.ynu.ac.jp
所属
横浜国立大学
部署
大学院工学研究院 知的構造の創生部門
学位
工学博士(東京大学)
科研費研究者番号
90170208
ORCID ID
0000-0002-8612-1537

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
現在
横浜国立大学大学院工学研究院 知的構造の創生部門電気電子と数理情報分野 教授
 
2006年9月
 - 
現在
横浜国立大学未来情報通信医療社会基盤センター センター長
 
2009年4月
 - 
現在
情報通信研究機構 プログラムコーディネータ 医療支援ICT担当(併任)
 
2007年12月
 - 
現在
横浜市立大学大学院医学研究科 客員教授
 
2007年4月
 - 
現在
フィンランド・Distinguished Professor, オウル大学工学部無線情報通信研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 工学系研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1979年
横浜国立大学 工学部 情報工学科
 
 
 - 
1981年
横浜国立大学 工学研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1984年
東京大学 工学系研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1981年
横浜国立大学 工学研究科 情報工学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
平成30年度神奈川県受託事業「かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスセンター」  センター長
 
2018年2月
 - 
2019年1月
総務省情報通信審議会  陸上無線通信委員会専門委員
 
2018年1月
 - 
2020年12月
University of Oulu Research Institute Japan-CWC日本株式会社  CEO
 
2017年4月
 - 
2020年3月
公益財団法人 電気電子情報学術振興財団  理事
 
2006年12月
 - 
2007年3月
総務省医療分野におけるICTの利活用に関する調査研究会  委員
 

受賞

 
2016年
電子情報通信学会 電子情報通信学会通信ソサイエティ功労顕彰状
 
通信ソサイエティ研究会の運営に関する貢献に対して功労顕彰状授与
2013年1月
米国電気電子学会 IEEE Fellows
受賞者: Ryuji Kohno
 
情報理論ソサイエティ分野において工学と技術の進歩に貢献した者に授与する
2008年5月
電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会 電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会業績賞 ソフトウェア無線に関する先駆的研究および電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会の創設
 
ソフトウェア無線に関する先駆的研究および電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会の創設
2003年
IEICE Fellow(スペクトル拡散における干渉除去と時空間信号処理の 先駆的研究)
 
2003年
第1回ドコモ・モバイル・サイエンス賞(先端技術部門)
 

論文

 
Ryuji Kohno, Jari Iinatti, Keiko Sameshima
Journal on Radio Science   51(12) 1923-1936   2016年12月   [査読有り][招待有り]
超広帯域無線電波に関する場合を対象にした電波の科学応用と商業応用のレギュラトリーサイエンスに基づく共存共栄に関するオリジナル研究成果を国際会議URSI-JRSM2015の基調講演した内容を論文にとりまとめた。
Kento Takabayashi, Heikki Karvonen, Tuomas Paso, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto, Ryuji Kohno
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   12(S1) S146-S157   2017年6月   [査読有り]
医療用無線ボディエリアネットワーク(BAN)が複数共存する環境下での誤り制御方式の性能評価解析
An Analysis of Interference Mitigation Capability of Low Duty-Cycle UWB Communications in the Presence of Wideband OFDM System
   [査読有り]
Intelligent Security Monitoring in Time Series of DDoS attack on IoT Networks using Grammar base Filtering and Clustering
Zie Eya Ekolle, Kimio Kuramitsu, Ryuji Kohno
2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2018)      2018年11月   [査読有り]
(220) Kento Takabayashi, OrcID, Hirokazu Tanaka, Chika Sugimoto, Katsumi Sakakibara, Ryuji Kohno
Sensors   18(11)    2018年11月   [査読有り]

Misc

 
UWBにおける今後の展望とEMC対策
小林匠、河野隆二
月刊EMC、科学情報出版社   (11月)    2018年
通信の常識をひっくり返す無線ブロードバンドの核心、「ウルトラワイドバンド(UWB)無線技術」後編
日経コミュニケーション   (7月15日) 88-93   2007年7月
通信の常識をひっくり返す無線ブロードバンドの核心、「ウルトラワイドバンド(UWB)無線技術」前編
日経コミュニケーション   (7月1日) 152-157   2006年7月
変復調技術の変遷とブロードバンド時代- Spread Spectrum、OFDM、ソフトウェア無線、UWB -
NHK技研R&D      2003年12月
学生の目がキラキラと輝く時
日経エレクトロニクス   (840) 168-170   2003年2月

書籍等出版物

 
ユビキタス技術 センサネットワーク
阪田史郎
オーム社   2006年7月   
情報伝送の理論と方式
中川正雄 (担当:共著)
培風館   2006年7月   
Ultra Wideband Signals and Systems in Communication Engineering(Second Edition)
M. Ghavami, L. B. Mitchael (担当:共著)
John Wiley & Sons   2006年1月   
Ultra Wideband Signals and Systems in Communication Engineering
M. Ghavami, L. B. Mitchael (担当:共著)
John Wiley & Sons   2004年4月   
Software Radio Developments in Japan
Shinichiro Haruyama (担当:共著)
John Wiley and Sons, Ltd.   2003年3月   

講演・口頭発表等

 
複合 ICT 医療システム分科会活動報告
河野隆二
第4回「かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスセミナー」—医療ビッグデータ法(次世代医療基盤法)とビジネス-   2018年9月7日   
IoT・データサイエンスによる先端医療ICTプラットフォーム・ネットワーク医療の研究開発・薬機法承認・ビジネス-センターの実績と未来-
河野 隆二
平成29年度医療ICTシンポジウム(SMICT2017-II)   2017年12月22日   横浜国立大学
医療用無線BANやカプセル内視鏡等の先端医療ICT機器の研究開発から標準化、薬機法承認、人材育成グローバルビジネス展開の包括的紹介
河野 隆二
平成29年度第41回東京電機大学ME講座   2017年11月28日   東京電機大学
河野隆二
第3回「かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスセミナー」   2017年10月6日   神奈川県、横浜国立大学
河野 隆二
日本学術会議公開シンポジウム「ソーシャルオープンデータの活用と課題」   2017年5月26日   日本学術会議情報学委員会ユビキタス状況認識分科会

担当経験のある科目

 

Works

 
「受信装置、及び受信装置の受信チャネル推定方法」
その他   2000年
「アレーアンテナのキャリブレーション方法及びキャリブレーション装置」
その他   2000年
「スペースホッピング受信方式と受信電波推定方法」
その他   2000年
「移動体通信システム及びこのシステムに使用する基地」
その他   2000年
「指向性制御無線通信装置」
その他   2000年

特許

 
Doc.# 15-18-0352-00-0dep-ig-dep0 : 国際標準化寄書
Ryuji Kohno, Takumi Kobayashi
Doc.# 15-18-0353-00-0dep-ig-dep0 : 国際標準化寄書
Ryuji Kohno, Kento Takabayashi
Doc.# 15-18-0306-01-0dep-ig-dep0 : 国際標準化寄書
Shinsuke Hara, Ryuji Kohno
Doc.# 15-18-0308-01-0dep-ig-dep0 : 国際標準化寄書
Hirokazu Tanaka, Ryuji Kohno
Doc.#15-18-0307-01-ig-dep0 : 国際標準化寄書
Shinsuke Hara, Ryuji Kohno

社会貢献活動

 
【インタビュイー】  2018年7月
(河野隆二、“横国大 河野 隆二教授に聞く、SDx時代の企業ネットワークの在り方とは?”
横浜国立大学大学院工学研究院公開講座
【】  横浜国立大学  (横浜市)  2004年5月
福祉・交通を支える工学技術入門「情報通信技術の応用可能性」講演
大学オープンキャンパス模擬講義
【】  横浜国立大学  (横浜)  2003年8月
「情報通信の未来と人生設計」
横浜国立大学学公開講座「先端ワイヤレス情報通信技術とその起業化」
【】  (横浜)  2002年11月
先端ワイヤレス情報通信技術とその起業化

その他

 
2007年
環境情報の構造化を利用した搬送ロボットシステムの開発
2005年
UWBインテリジェント測位センサーネットワークの研究開発と医療・ホーム・オフィスへの応用
2003年
電波干渉を軽減させるためのアダプティブアレーアンテナのアルゴリズムに関する研究
2003年
SDR技術による無線端末の遠隔制御に関する研究
2003年
スペクトラム拡散技術による車両センサ