犬塚 貴

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
犬塚 貴
 
イヌヅカ タカシ
eメール
tinuzukagifu-u.ac.jp
所属
岐阜大学
部署
大学院医学系研究科
学位
医学博士

研究分野

 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
 
   
 
岐阜大学 大学院医学系研究科 神経内科・老年学分野 教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
新潟大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本難病ネットワーク学会  理事
 
 
   
 
日本神経学会  代議員
 
 
   
 
日本内科学会  評議員
 
 
   
 
日本神経治療学会  評議員
 
 
   
 
日本老年医学会  理事
 

Misc

 
Akio Kimura, Nobuaki Yoshikura, Akihiro Koumura, Yuichi Hayashi, Yuko Kobayashi, Issei Kobayashi, Takeo Yano, Takashi Inuzuka
Journal of Proteomics   128 450-457   2015年10月
© 2015 Elsevier B.V. Naturally occurring autoantibodies have natural physiologic functions related to normal cell processes. However, the repertoire of naturally occurring autoantibodies against neuronal antigens in CSF is unclear. The purpose of ...
Akio Kimura, Akio Kimura, Nobuaki Yoshikura, Nobuaki Yoshikura, Akihiro Koumura, Akihiro Koumura, Yuichi Hayashi, Yuichi Hayashi, Takashi Inuzuka, Takashi Inuzuka
Journal of the Neurological Sciences   352 79-83   2015年5月
© 2015 Elsevier B.V. All rights reserved. Abstract The B-cell-activating factor belonging to the tumor necrosis factor family (BAFF) and a proliferation-inducing ligand (APRIL) are important factors for the survival of transitional and mature B ce...
Yuichi Hayashi, Yasushi Iwasaki, Nobuaki Yoshikura, Takahiko Asano, Taku Hatano, Shinsui Tatsumi, Katsuya Satoh, Akio Kimura, Tetsuyuki Kitamoto, Mari Yoshida, Takashi Inuzuka
Journal of the Neurological Sciences   358 447-452   2015年4月
© 2015 Published by Elsevier B.V. We report a case of autopsy-verified MM2-thalamic-type sporadic Creutzfeldt-Jakob disease (sCJD) in a 46-year-old patient with a 16-month history of abnormal behavior, progressive dementia, insomnia, and speech di...
Takeo Sakurai, Kenji Wakida, Akio Kimura, Takashi Inuzuka, Hiroshi Nishida
Clinical Neurology   55 921-925   2015年1月
A 69-year-old man experienced general malaise, weight loss, amnesia, gait disturbance, and restlessness a month prior to admission. Brain MRI showed high intensity areas in the bilateral medial temporal lobes and insular cortices on FLAIR images, ...
Akio Kimura, Takeo Sakurai, Nobuaki Yoshikura, Akihiro Koumura, Yuichi Hayashi, Hirofumi Ohtaki, Mitsuhiro Chousa, Mitsuru Seishima, Takashi Inuzuka
Current Neurovascular Research   12 25-30   2015年1月
© 2015 Bentham Science Publishers. Antiendothelial cell antibodies (AECAs) have been detected in patients who have autoimmune and inflammatory diseases. Previous studies showed that AECAs against human umbilical vein endothelial cells were detecte...

書籍等出版物

 
プロテアーゼと急性疾患-脳梗塞-
メジカルビュー社 プロテアーゼとそのインヒビター-生理的意義および病態との関連-   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 犬塚 貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 犬塚 貴
本年度、神経芽細胞腫由来培養細胞を抗原とした二次元免疫ブロット法を用い、20例のアルツハイマー型認知症(AD)患者の髄液中に存在する抗神経抗体を検出した。二次元ブロット後のメンブレン上に合計135個の抗体反応スポットを確認した。このうちの5例(25%)以上のAD患者で陽性となった抗体反応スポットは合計13個あり、MALDI-TOF-MSによる質量分析の結果、13個の内の10個のスポットから8種類の認識抗原蛋白を同定した。抗原蛋白名は、Heat shock 105kDa/110kDa pro...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 犬塚 貴
ラットの骨格筋蛋白を抗原とする二次元免疫ブロット法と質量分析法を組み合わせたプロテオミクスの手法を用いて、筋炎の患者血清中に存在する特異的抗筋抗体の検索を行った。対象とした血清は、筋生検で確認された10例の特発性炎症性筋炎(多発性筋炎7例、壊死性筋炎2例、皮膚筋炎1例)、対照として筋強直性ジストロフィー11例、健常人10例であった。特発性炎症性筋炎(IIM)の患者血清に有意に高頻度に反応する7スポットを検出し、LC-MS/MS質量分析法により、これらから2つの新たな抗体認識抗原を同定した。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 犬塚 貴
本研究では損傷脳組織に対する2次的抗体の実態を明らかにして、いくつかの神経疾患における抗神経組織抗体の特異性、意義を解明する基盤をつくることを目標とした。1.ラットに実験的な脳外傷を作製し、抗神経組織抗体が生じるか否か、また成熟ラット(6ケ月齢)と老齢ラット(2年齢)各6匹で差があるか否か調べた。実験的脳外傷はエーテル麻酔後、脳固定装置を用いて両側の大脳皮質から海馬に至るstab woundを施した。術前と術後4週間の時点で採血した。抗体の検出は、ラット大脳、脳幹、肝ホモジネート総たんぱく...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 犬塚 貴
平成9年度から10年度にかけ継続してきた、各種神経疾患における神経組織に対する抗体検索は300例を越えた。免疫プロット法、免疫組織化学的方法のいずれか又は両者で何らかの抗体が陽性のものは30%と高率で、このうち神経組織のみに対する抗体は1/3(全体の10%)である。現在までのところ抗Hu抗体、抗Yo抗体や抗MAG抗体など、既知のものを除いて特定の疾患に特徴的な反応バンドや反応パタンは見られない。このように高率に、神経系に対する抗体を含めた自己抗体が産生される理由や病因的意義は明らかではなく...