松岡 篤

J-GLOBALへ         更新日: 10/01/21 00:00
 
アバター
研究者氏名
松岡 篤
 
マツオカ アツシ
所属
新潟大学
部署
理学部 地質科学科
職名
教授
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
大阪市立大学 理学部 地学
 

委員歴

 
 
   
 
日本地質学会  編集委員(1996-2004),評議員(2004-)
 
1999年
   
 
日本古生物学会  編集委員
 
1994年
   
 
形の科学会  幹事
 

受賞

 
1986年
日本地質学会研究奨励賞
 
1998年
日本古生物学会学術賞
 

Misc

 
Ogane, K., Tuji, A., Suzuki, N., Kurihara, T. and Matsuoka, A.
Plankton & Benthos Research,   4(3) 89-94   2009年
放散虫Mirifusus属(海洋プランクトン)の進化と骨格構造の力学的最適化-骨格形状遷移の構造力学的検証-.
吉野 隆, 石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典 松浦 執.
応用力学論文集   (12) 35-42   2009年
Catalogue of Mesozoic radiolarian genera. Part2: Jurassic-Cretaceous.
O'Dogherty, L., Carter, E., Dumitrica, P., Gorican, S., Wever, P., Bandini, A., Baumgartner, P., Matsuoka, A.
geodiversitas,   (31) 271-356   2009年
A late-winter (March 10, 2008) living radiolarian fauna in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Tassha, Sado Island, central Japan.
Kurihara, T., Matsuoka, A.
Science Reports of Niigata University,Series E (Geology)   (24)    2009年
関東山地秩父累帯の山中白亜系瀬林層より産出したバレミアン期テチス型二枚貝群集.
寺部和伸・松岡 篤
地質学雑誌   115 122-132   2009年

書籍等出版物

 
古生物の科学-第1巻 古生物の概説・系統分類
朝倉書店   1998年   
化石の研究法
共立出版   2000年   
Early Middle Jurassic(Aalenian) Radiolarian Fauna from the Xialu Chert in the Yarlung Zangbo Suture Zone, Southern Tibet. Matsuoka, A., Kobayashi, K., Nagahashi, T., Yang, Q., Wang, Y., Zeng, Q.
Faunal and Floral Migrations and Evolution in SE Asia-Australasia. Metcalfe, I. Smith, JMB., Morwood, M, Davidson, I.   2002年   
放散虫 松岡 篤
丸善株式会社,かたちの事典   2003年   
地球環境と生命史
朝倉書店   2004年   

Works

 
カリブ海での放散虫の飼育実験
1991年
西太平洋深海掘削による中生代放散虫の研究(ODP Leg 129)
1990年
チベットの野外地質調査
1998年
フィリピンの野外地質調査
1999年

競争的資金等の研究課題

 
付加体の形式過程に関する研究
科学研究費補助金
放散虫の生層序学的研究
科学研究費補助金
放散虫の飼育実験
科学研究費補助金