朔 敬

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 17:43
 
アバター
研究者氏名
朔 敬
ハンドル
handle0009372
所属
福岡歯科大学
部署
口腔歯学部
職名
客員教授
学位
医学博士(鹿児島大学)
その他の所属
新潟大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
福岡歯科大学 口腔歯学部 客員教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
大阪歯科大学 客員教授
 
2004年4月
 - 
2016年3月
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 教授
 
1990年12月
 - 
2004年3月
新潟大学 歯学部 教授
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
鹿児島大学 大学院医学研究科 
 
1970年4月
 - 
1976年3月
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

論文

 
Oral and maxillofacial manifestations of methotrexate-associated lymphoproliferative disorder in a patient with rheumatoid arthritis: Report of a case
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology      2018年8月   [査読有り]
骨粗鬆症治療薬を中心とした薬剤関連顎骨壊死:病理診断の要点とその発生機序
丸山 智、塚田真弓、朔  敬
病理と臨床   36(S) 134-138   2018年4月   [査読有り]
Pathology - Research and Practice   48(3) 219-227   2016年4月   [査読有り]
Geriatrics & Gerontology International   16(2) 237-243   2016年2月   [査読有り]
Journal of Oral Pathology and Medicine   44(10) 850-856   2015年11月   [査読有り]
Mandibular osteonecrosis in a patient receiving Denosumab and Sunitinib.
Tanaka R, Saito M, Abé T, Ajima H, Saku T, Hayashi T.
6(9) 393-398   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
Oral Pathology 50:口腔病理学実習ノート
砂書房,東京      2005年
Pathology 52:病理学総論実習ノート
砂書房,東京      2005年
口腔細胞診の病理検査としての意義
新潟歯学会雑誌   27(1) 9-14   1997年
原爆被害者における唾液腺腫瘍発生率1950-1987年, 放射線関連リスクの評価.
放影研報告   95(17) 1-17   1997年

書籍等出版物

 
口腔病理アトラス・第3版
朔 敬 (担当:分担執筆, 範囲:口腔の粘膜皮膚疾患)
文光堂   2018年2月   
新口腔病理学
朔 敬 (担当:分担執筆, 範囲:口腔粘膜疾患)
2008年6月   
病理学・第2版
朔 敬 (担当:共著)
医歯薬出版   2008年4月   
口腔病理アトラス・第2版
朔 敬 (担当:分担執筆, 範囲:口腔の粘膜皮膚疾患)
文光堂   2006年3月   
口腔病理アトラス
朔 敬 (担当:分担執筆, 範囲:口腔の粘膜皮膚疾患)
文光堂   1998年2月   

講演・口頭発表等

 
顎骨嚢胞
日本病理学会   2002年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
科学研究費補助金 基盤研究(B)(2)
2001年 - 2004年
科学研究費補助金 基盤研究(C) 口腔粘膜癌とその境界病変の病理組織学的診断基準の グローバル化策定
2004年 - 2005年
科学研究費補助金 基盤研究(C) 口腔粘膜悪性境界病変の病理組織学的診断基準の策定
2006年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
ミャンマーにおける噛みタバコ習慣関連口腔がん発症に関する分子病理疫学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 朔 敬