共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

急性期病院における患者特性を考慮した退院支援のあり方

日本学術振興会  科学研究費助成事業
  • 鈴木一郎

担当区分
研究代表者
資金種別
競争的資金

医療の機能分化を図り地域の介護福祉資源との効率的な連携システムを構築するため、急性
期病院における退院支援の標準化を目指す4つの研究、すなわち(1)入院患者の退院リスクスクリーニングの統計学
的解析、(2)入院患者の退院後の療養環境の分析、(3)地域の医療介護資源分析、および(4)大学病院の退院支
援部署の機能評価、を行った.
退院支援は極めて個別性が高く、類型化等による標準化は困難であり、患者の社会的環境と地域の医療介護資源に関す
る詳細かつ最新の情報をもとに、個別介入を行う必要があるが、それを実現するための各種データ収集と分析手法およ
び病院機能別の退院支援業務の標準化が必要である.