SAITO Isao

J-GLOBAL         Last updated: Apr 26, 2019 at 17:10
 
Avatar
Name
SAITO Isao

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Sep 2003
Lecturer, Niigata University
 
Oct 2003
 - 
Sep 2004
Lecturer, University Medical and Dental Hospital, Niigata University
 
Oct 2004
 - 
Today
Professor, Graduate School of Medical and Dental Sciences Oral Life Science, Niigata University
 
Oct 2004
 - 
Today
Professor, Faculty of Dentisitry, Niigata University
 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
Vice director, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Niigata University
 
Apr 2019
 - 
Today
Assistant Director, Niigata University Medical and Dental Hospital, Niigata University
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Susami T, Fukawa T, Miyazaki H, Sakamoto T, Morishita T, Sato Y, Kinno Y, Kurata K, Watanabe K, Asahito T, Saito I
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   55(4) 479-486   Apr 2018   [Refereed]
Kamimura R, Hossain MZ, Unno S, Ando H, Masuda Y, Takahashi K, Otake M, Saito I, Kitagawa J
Journal of oral science   60(1) 37-44   Mar 2018   [Refereed]
Ohkura M, Ohkura N, Yoshiba N, Yoshiba K, Ida-Yonemochi H, Ohshima H, Saito I, Okiji T
Odontology   106(1) 2-10   Jan 2018   [Refereed]
Changes of nasal and oronasopharyngeal airway morphologies and nasal respiratory function following orthognathic surgery
Asai Y, Haebe D, Saito I, Kobayashi T
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol   30(4) 313-318   2018   [Refereed]
Mano M, Saito I, Suda N, Morishita T, Susami T, Sakamoto T, Asahito T, Iwata T, Ishiwata Y, Sato-Yamamoto Y
Orthodontic Waves   77(2) 101-110   2018   [Refereed]
Okayasu M, Susammi T, SAITO I, Kurata K, Nagahama K, Sakamoto T, Asahito T, Takato T, Ishiwata Y
Orthodontic Waves   77(2) 90-100   2018   [Refereed]
Madachi K, Takagi R, Oominato R, Kodama Y, Iida A, Ono K, Asahito T, SAITO I
Int J Oral Maxillofac Surg   46(5) 539-547   2017   [Refereed]
Otake M, Kurose M, Uchida Y, Hasegawa M, Yamada Y, Saito I, Yamamura K
Odontology   104(3) 282-290   Sep 2016   [Refereed]
Fukui T, Kano H, Saito I
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   149(6) 889-898   Jun 2016   [Refereed]
Akiba Y, Mizuta A, Kakihara Y, Nakata J, Nihara J, Saito I, Egusa H, Saeki M
Biochemistry and biophysics reports   5 253-258   Mar 2016   [Refereed]
Nishino K, Kohara A, Yakita Y, Ochi K, Hayashi T, Takagi R, Kobayashi T, Terada K, SAITO I
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol   28(6) 481-487   2016   [Refereed]
Saito D, Mikami T, Oda Y, Hasebe D, Nishiyama H, SAITO I, Kobayashi T
Int J Oral Maxillofac Surg   45 985-991   2016   [Refereed]
Sakaue K, Sasakura C, Fukui T, Hori K, Ono T, SAITO I
J Oral Rehabil   43(5) 348-355   2016   [Refereed]
Alterations in the expression pattern of the acid-sensing ion channel 3 (AcSIC3) during the regeneration of periodontal Ruffini endings
Ihyo C, SAITO I
Niigata Dent J   45(1) 7-17   Jun 2015   [Refereed]
Nihara J, Gielo-Perczak K, Cardinal L, Saito I, Nanda R, Uribe F
European journal of orthodontics   37(1) 95-100   Feb 2015   [Refereed]
Valverde Guevara YM, Yoshikawa H, Saito I, Maeda T, Seo K
Neuroreport   25(13) 1069-1074   Sep 2014   [Refereed]
Watanabe Y, Mohri T, Yoshida R, Yamaki M, Saito I
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   145(4 Suppl) S114-24   Apr 2014   [Refereed]
Takahashi K, Shingai T, Saito I, Yamamura K, Yamada Y, Kitagawa J
Neuroscience letters   562 50-53   Mar 2014   [Refereed]
Kudo K, Takagi R, Kodama Y, Terao E, Asahito T, SAITO I
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol   26(1) 22-27   2014   [Refereed]
Ahsan A, Yamaki M, Hossain Z, Saito I
Journal of orthodontic science   2(1) 7-15   Jan 2013   [Refereed]
Ahsan A, Yamaki M, Hirotomi T, Hossain Z, SAITO I
Orthodontic Waves   72(3) 99-104   2013   [Refereed]
Togashi M, Kobayashi T, Hasebe D, Funayama A, Mikami T, SAITO I, Hayashi T, Saito C
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol   25(1) 18-23   2013   [Refereed]
Nihara J, Takeyama M, Takayama Y, Mutoh Y, SAITO I
J Oral Maxillofac Surg   42(1) 62-70   2013   [Refereed]
Watanabe N, Fukui T, SAITO I
Orthodontic Waves   71(3) 99-104   Sep 2012   [Refereed]
Al-Gunaid T, Yamaki M, Takagi R, Saito I
Journal of orthodontic science   1(3) 69-76   Jul 2012   [Refereed]
Al-Gunaid T, Yamaki M, Saito I
Journal of orthodontic science   1(2) 40-45   Apr 2012   [Refereed]
Takatsuji H, Zakir HM, Mostafeezur RM, Saito I, Yamada Y, Yamamura K, Kitagawa J
Dysphagia      Jan 2012   [Refereed]
Mesiodistal tooth width and size discrepancies of Yemeni Arabians: A piloto study
Al-Gunaid T, Yamaki M, Saito I
J Orthod Sci   1(2) 40-45   2012   [Refereed]
Yoshii T, Harada F, Saito I, Nozawa-Inoue K, Kawano Y, Maeda T
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33(4) 225-233   2012   [Refereed]
Rahman F, Harada F, Saito I, Suzuki A, Kawano Y, Izumi K, Nozawa-Inoue K, Maeda T
Neuroscience letters   488(2) 173-177   Jan 2011   [Refereed]
Kanayama K, Watanabe N, Takeyama M, Yamaki M, Ishii K, SAITO I
Orthodontic Waves   70(1) 89-94   2011   [Refereed]
Clinical considerations in adult orthodontic treatment
SAITO I, Sasagawa M, Watanabe Y, Watanabe N, Takeyama M
World J Orthod   167-169   2011   [Refereed]
Watanabe Y, Mohri T, Takeyama M, Yamaki M, Okiji T, Saito C, Saito I
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   138(6) 720-726   Dec 2010   [Refereed]
The effect of timing of secondary alveolar bone graft on craniofacial morphology in patients with unilateral cleft lip and alveolus
Hemoudi Y, Yamada K, Asahito T, Ono K, Saito C, Takagi R, SAITO I
Niigata Dent J   40(1) 19-28   Jun 2010   [Refereed]
Fukushima-Shinzawa M, Kanaya T, Kaneko N, Morita S, Miyazaki H, SAITO I
Orthodontic Waves   69(2) 75-81   Jun 2010   [Refereed]
Torisu T, Yamada K, Fukui T, Yamaki M, Nakamura J, Saito I
European journal of orthodontics   31(6) 613-619   Dec 2009   [Refereed]
Yahata M, Yamada K, Hayashi T, Saito I
Cranio : the journal of craniomandibular practice   27(4) 261-267   Oct 2009   [Refereed]
Ohishi M, Harada F, Rahman F, Saito I, Kawano Y, Nozawa-Inoue K, Maeda T
Anatomical record (Hoboken, N.J. : 2007)   292(8) 1185-1191   Aug 2009   [Refereed]
Current Status of Inter-Center Collaboration in Japan
Susami T, Asahito T, SAITO I, Uchiyama J, Nishio J, Nagahama K
Proceedings of 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies   217-223   2009   [Refereed]
Al-Gunaid T, Yamada K, Takagi R, Saito C, Saito I
International journal of oral and maxillofacial surgery   37(11) 992-998   Nov 2008   [Refereed]
Al-Gunaid T, Asahito T, Yamaki M, Hanada K, Takagi R, Ono K, Saito I
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   45(3) 278-283   May 2008   [Refereed]
Holbrook WP, Brodin P, Balciuniene I, Brukiene V, Bucur MV, Corbet E, Dillenberg J, Djukanovic B, Ekanayake K, Ericksen H, Fisher J, Goffin G, Hull P, Kumchai T, Lumley P, Mathur JV, Novaes Jr A, Puriene A, Roger-Leroi V, SAITO I et al.
Europ J Dent Education   12 161-166   Feb 2008   [Refereed]
Chen F, Terada K, Yang L, Saito I
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   133(1) 65-69   Jan 2008   [Refereed]
Al-Gunaid T,Yamaki M, TakagAl-Gunaid T, Asahito T, Yamaki M, Hanada K, Takagi R, Ono K, Saito Ii R, Saito I
Cleft Palate Craniofacial J   45(3) 278-283   2008   [Refereed]
Correction of mandibular asymmetry due to hemifacial microsomia using a custom-made implant
Kodama Y, Fukuda J, Watanabe N, Nishiyama H, Ono K, SAITO I, Takagi R
Asian J Oral Maxillofacial Surg   20(4) 204-208   2008   [Refereed]
Estomaguio GA, Yamada K, SAITO I
Orthodontic Waves   67(3) 113-119   2008   [Refereed]
Al-Gunaid T, Yamada K, Yamaki M, Saito I
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   132(5) 576.e7-14   Nov 2007   [Refereed]
Chen F, Wu L, Terada K, Saito I
The Angle orthodontist   77(3) 397-403   May 2007   [Refereed]
Chen F, Terada K, Hua Y, Saito I
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   131(3) 372-377   Mar 2007   [Refereed]
Chen F, Terada K, Wu L, Saito I
The Angle orthodontist   77(1) 36-41   Jan 2007   [Refereed]
An evaluation of problem-based learning course at Niigata University Faculty of Dentisitry
Maeda T, Ono K, Ohuchi A, Hayashi T, Saito I, Okiji T, Uoshima K
Dentistry in Japan   43 166-171   2007   [Refereed][Invited]
Knaya T, Kaneko N, Amaike C, Fukushima M, Morita S, Miyazaki H,SAITO I
Orthodontic Waves   66(2) 27-32   2007   [Refereed]
Chen F, Terada K, Wu L, Saito I
The Angle orthodontist   76(6) 955-961   Nov 2006   [Refereed]
Chen F, Terada K, Hanada K, Saito I
The Angle orthodontist   76(4) 660-665   Jul 2006   [Refereed]
F. Chen, K. Terada, I. Saito
Orthodontic Waves   65(1) 1-8   2006   [Refereed]
Maruyama Y, Harada F, Jabbar S, Saito I, Aita M, Kawano Y, Suzuki A, Nozawa-Inoue K, Maeda T
Archs Histol Cytol   68(4) 267-288   Dec 2005   [Refereed]
Chen F, Terada K, Hanada K, Saito I
Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   63(10) 1509-1514   Oct 2005   [Refereed]
Chen F, Terada K, Hanada K, Saito I
The Angle orthodontist   75(4) 41-50   Jul 2005   [Refereed]
Saito I, Yamaki M, Hanada K
The Angle orthodontist   75(2) 277-283   Mar 2005   [Refereed]
Fengshan Chen, Kazuto Terada, Yassin Hemoudi, Fumi Takemura, Kooji Hanada, Isao Saito: Anchorage effect of palatal osseointegrated implant on teeth with simulated bone loss: A finite element study.
Fengshan C, Terada K, Hemoudi Y, Takemura F, Hanada K, Saito I
Niigata Dent J   35(2) 1-8   2005   [Refereed]
A study on the anterior ratio in patients showing mandibular prognathism
Edanami K, Yamazaki K, Matsubara T, SAITO I, Terada K
Niigata Dent J   35(1) 41-50   2005   [Refereed]
SAITO I, Okamoto Y, Gogen H, Shanfeld J, Hanada K, Davidovitch Z
Biomed Res   25(3) 147-154   2004   [Refereed]
Effects of Hotz' plate-based two-stage palatoplasty in unilateral cleft lip and palate -A comparative study of subjects treated with one-stage palatoplasty and normal subjects-
Ishii K, Arai T, SAITO I, Morita S, Hanada K, Ono K, Takagi R
Orthodontic Waves   59(6) 402-406   2000   [Refereed]
Alterations in ultrastructural localization of growth associated protein-43 (GAP-43) in periodontal Ruffini endings of rat molars during experimental tooth movement
Kobayashi H, Ochi K, SAITO I, Hanada K, Maeda T
J Dent Res   77(3) 503-517   1998   [Refereed]
WWW-based investigation of profile preference among Caucasians and Japanese
Ishii K, Yamaki M, SAITO I, Kaloust S, Hanada K
J Jpn Orthod Soc   57(6) 425-430   1998   [Refereed]
Effects of conditioned medium of continuously compressed Human Periodontal Ligament Fibroblasts on MC3T3-E1 cells
Watanabe K, SAITO I, Hanada K
J Jpn Orthod Soc   57(3) 173-179   1998   [Refereed]
Ochi K, SAITO I, Hanada K, Maeda T
Archs oral Biol   42(6) 455-464   1997   [Refereed]
Longitudinal study on the length change of digital bones and mandible with a logistic curve
Terada K, SAITO I, Liu H, Hanada K
J Jpn Orthod Soc   54(6) 413-424   1995   [Refereed]
Alteration of nerve growth factor-receptor expression in the periodontal ligament of the rat during experimental tooth movement
SAITO I, Hanada K, Maeda T
Archs oral Biol   38(11) 923-929   1993   [Refereed]
Responses of calcitonin gene-related peptide-immunopositive nerve fibers in the periodontal ligament of rat molars to experimental tooth movement
SAITO I, Ishii K, Hanada K, Sato O, Maeda T
Archs oral Biol   36(9) 689-692   1991   [Refereed]

Books etc

 
Class III eBook
SAITO I、Watanabe N, Yamaki M (Part:Joint Work, Class III facial asymmetry and surgical orthodontic treatment)
Bentham Science Publishers   2014   
Interface oral health science
SAITO Isao (Part:Joint Work, The effects of orthodontic appliances on levels of Streptococcus mutans. Streptococcus sobrinus and microbial flora in saliva)
Elsevier   2005   

Conference Activities & Talks

 
Current Status of CLP Management at Niigata University and Introduction of Inter-center Collaborative Studies in Japan [Invited]
SAITO Isao
23rd Congress of Korean Cleft Lip and Palate   16 Feb 2019   
外科的矯正治療における形態と機能を考察する-治療例と臨床研究をもとに- [Invited]
SAITO I
15 Jun 2018   
Effective application of temporary anchorage devices to complicated cases such as high mandible open bite and/or case with mandibular molar protraction [Invited]
SAITO I
117th Annual Session of the American Association of Orthodontists   22 Apr 2017   
Morphological and functional aspects before and after orthognathic surgery in dentofacial deformities
SAITO I
23rd Genral Meeting of the Japanese Association for Dental Science   23 Oct 2016   
Collaborative treatment in adult orthodontic patients -Remedies combined with orthognathic surgery and /or tooth autotransplantation- [Invited]
SAITO I
The 22nd Malaysian Association of Orthodontists Scientific Conference   24 Apr 2016   
Postoperative changes in hard and soft tissues for various types of orthognathic patients and swallowing aspect in mandibular prognathism patients [Invited]
SAITO I
The 22nd Malaysian Association of Orthodontists Scientific Conference   23 Apr 2016   
Current status and future prospect of surgical orthodontic treatment for Japanese orthognathic patients [Invited]
SAITO I
8th International Orthodontic Congress   29 Sep 2015   
Collaborative Treatment in Orthodontic Adult Patients -Orthodontic Remedies Combined with Orthognathic Surgery and/or Tooth Transplantation- [Invited]
SAITO I
The PSU 30th Anniversary Conference (Dental Orchestra)   17 Oct 2013   

Education

 
Apr 1984
 - 
Mar 1988
Graduate School of Dental Science, Niigata University
 
Apr 1978
 - 
Mar 1984
Faculty of Dentistry, Niigata University
 

Awards & Honors

 
Jun 2014
Special Contribution, Kohokushinnetsu Orthodontic Society
 

Misc

 
3D画像技術の展望:3Dシミュレーションの実践と評価 術後軟組織シミュレーション実現に向けての現状と課題
西野 和臣, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 100-101   May 2018
技術と知識の伝承(次世代を担う若手矯正科医のためのセミナー) 外科的矯正治療における形態と機能を考察する 治療例と臨床研究をもとに
齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 108-108   May 2018
骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係
高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 115-115   May 2018
日本人におけるIndex of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)の有用性についての検討
長谷部 大地, 加藤 祐介, 齋藤 大輔, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 新美 奏恵, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 123-123   May 2018
術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例
池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 136-136   May 2018
有限要素解析を用いた顎偏位を伴う骨格性下顎前突症の顎骨内応力解析
藤田 瑛, 丹原 惇, 池 真樹子, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 174-174   May 2018
顔面軟組織の萎縮を伴う顔面非対称の1例
加藤 祐介, 佐久間 英伸, 原 太一, 羽賀 健太, 福井 忠雄, 齋藤 功, 小林 正治
日本顎変形症学会雑誌   28(2) 178-178   May 2018
歯の移植を併用した過蓋咬合症例の長期経過
竹山 雅規, 小栗 由充, 大森 裕子, 芳澤 享子, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 61-61   May 2018
歯列に対する自己評価および客観的評価と矯正歯科治療の動機づけとの関連性
佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 渡辺 和子, 八木 稔, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 63-63   May 2018
叢生を伴うAngle Class I上下顎前突症例
坂上 馨, 竹山 雅規, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 65-65   May 2018
下顎骨軽度右方偏位を伴うAngle Class III叢生症例
大倉 麻里子, 越知 佳奈子, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 66-66   May 2018
Angle Class II叢生症例
西野 和臣, 福井 忠雄, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 67-67   May 2018
下顎骨左方偏位を伴うAngle Class I上顎前突症例
高橋 功次朗, 竹山 雅規, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 67-67   May 2018
叢生を伴うAngle Class II上顎前突症例
丹原 惇, 高橋 功次朗, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 68-68   May 2018
上顎右側犬歯の矮小を伴うAngle Class II上下顎前突症例
大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 69-69   May 2018
下顎骨右方偏位と叢生を伴うAngle Class II subdivision歯性上下顎前突症例
眞舘 幸平, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   26(1) 69-69   May 2018
口唇口蓋裂症例における歯科矯正治療の要点
佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎, 齋藤 功
日本口蓋裂学会雑誌   43(2) 107-107   Apr 2018
舌縮小術を行った口蓋裂を伴うBeckwith-Wiedemann症候群の1例
児玉 泰光, 大湊 麗, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 山田 茜, 結城 龍太郎, Salazar Andrea Rei, 市川 佳弥, 丹原 惇, 齋藤 功, 小野 和宏, 高木 律男, 新潟大学医歯学総合病院口唇口蓋裂診療チーム
日本口蓋裂学会雑誌   43(2) 141-141   Apr 2018
術前顎矯正治療を行った片側性唇顎口蓋裂患者の外鼻形態の変化
市川 佳弥, 丹原 惇, 朝日藤 寿一, 宮田 昌幸, 親松 宏, 新美 奏恵, 児玉 泰光, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功
日本口蓋裂学会雑誌   43(2) 152-152   Apr 2018
基底細胞母斑症候群をともなう患者の矯正歯科治療例
渡邉 直子, 三上 俊彦, 小林 正治, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   47(2) 87-95   Dec 2017
基底細胞母斑症候群NNevoid Basal Cell Carcinoma Syndromeは、GorlinとGoltzによって体系づけられた常染色体優性遺伝性疾患で、主に皮膚の多発性基底細胞母斑、基底細胞癌、顎骨の多発性角化嚢胞や、種々の骨格系統の異常を呈する症候群であるが、特に口腔領域では10代に多発する顎骨嚢胞が特徴的な疾患である。今回、複数の顎骨嚢胞、特に第二大臼歯の歯冠を含む巨大な含歯性嚢胞を有した症例に対し、10歳2ヵ月より16歳10ヵ月まで長期に渡って管理し、開窓術及び埋伏歯...
ROCK阻害剤の骨代謝および矯正学的歯の移動への影響
中田 樹里, 柿原 嘉人, 秋葉 陽介, 江口 香里, 丹原 惇, 大倉 麻里子, 加藤 寛子, 泉 健次, 佐伯 万騎男, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   47(2) 120-120   Dec 2017
顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における側頭骨と下顎骨形態についての検討
村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   47(2) 125-125   Dec 2017
超音波診断装置を用いた骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動様態の検討
阿部 遼, 福井 忠雄, 坂上 馨, 小林 太一, 林 孝文, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   47(2) 125-126   Dec 2017
小児期における上唇小帯および舌小帯伸展術に関する臨床統計調査
丹原 惇, 高橋 功次朗, 大貫 尚志, 児玉 泰光, 新美 奏恵, 高木 律男, 齋藤 功
小児口腔外科   27(2) 95-95   Oct 2017
成人前歯部開咬症の舌突出が嚥下時舌圧発現様相に与える影響
栗原 加奈子, 福井 忠雄, 坂上 馨, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 139-139   Oct 2017
顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における下顎窩と下顎骨形態の関連性の検討
村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 147-147   Oct 2017
Angle Class I上下顎前突とAngle Class II上顎前突における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化の比較
大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 150-150   Oct 2017
有限要素解析を用いた顎偏位を伴う骨格性下顎前突症例の顎骨内応力解析
藤田 瑛, 丹原 惇, 池 真樹子, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 153-153   Oct 2017
内因性カンナビノイド分解酵素阻害剤を用いた口腔顔面領域の神経障害性疼痛における鎮痛効果の検討
上村 藍太郎, 山村 健介, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 166-166   Oct 2017
矯正的歯の移動におけるprostaglandin I2合成酵素の発現解析と3次元的応力分布解析
大倉 麻里子, 大倉 直人, 丹原 惇, 藤田 瑛, 野杁 由一郎, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 183-183   Oct 2017
ROCK阻害剤による骨形成促進メカニズムの解析
中田 樹里, 柿原 嘉人, 丹原 惇, 佐伯 万騎男, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 184-184   Oct 2017
DNA損傷修復機構は口蓋の発生に重要である
北見 公平, 北見 恩美, 小松 義広, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 189-189   Oct 2017
クラスター分析による骨格性下顎前突症例の正貌パターンにおける臨床統計調査
新島 綾子, 森田 修一, 工藤 武久, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 217-217   Oct 2017
矯正治療前後における下顎歯槽部形態の三次元的変化について
西野 和臣, 市川 佳弥, 山添 佳奈子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 248-248   Oct 2017
閉塞性睡眠時無呼吸患者における重症度と側面セファログラム分析項目との相関について
網谷 季莉子, 竹山 雅規, 丹原 淳, 高橋 功次朗, 大嶋 康義, 小林 正治, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 269-269   Oct 2017
3本の先天性欠如に対し歯胚移植を併用して治療した症例の長期経過
山田 秀樹, 寺田 康子, 竹山 雅規, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 297-297   Oct 2017
閉塞性睡眠時無呼吸症の重症度と顎顔面形態、性別、年代ならびにBMIとの関連
網谷 季莉子, 竹山 雅規, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 大嶋 康義, 小林 正治, 齋藤 功
睡眠口腔医学   4(1) 82-82   Oct 2017
ROCK阻害剤の骨代謝への影響とその作用機序の解析
中田 樹里, 秋葉 陽介, 江口 香里, 丹原 惇, 齋藤 功, 柿原 嘉人, 佐伯 万騎男
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35回 184-184   Jul 2017
骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類
新島 綾子, 森田 修一, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   47(1) 51-52   Jun 2017
先天性欠如歯を伴う成人Angle Class II上顎前突症例
越知 佳奈子, 山添 清文, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   25(1) 37-44   May 2017
成人症例では、歯科的既往により治療方針の立案に制約を受ける場合が多い。先天性欠如歯と多数の修復処置歯を伴う成人上顎前突症例に対して、変則的な抜歯と矯正用インプラントアンカー(仮称:以下アンカープレート)により咬合を改善したので報告する。下顎前歯部の叢生と上顎前歯部修復物の審美障害を主訴に来院した39歳10ヵ月の女性。SNA 76.0°、ANB+6.0°で、臼歯関係は両側Angle II級、overjet+5.5mm、overbite+2.0mm、下顎右側側切歯が先天性欠如で、下顎前歯部に叢...
多数歯先天性欠如を伴う不正咬合に対する矯正治療
竹山 雅規, 八巻 正樹, 福井 忠雄, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   25(1) 51-51   May 2017
新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の臨床統計調査
坂上 馨, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   25(1) 51-51   May 2017
上顎切歯の唇側傾斜を伴うAngle Class II division 1上顎前突症例
大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   25(1) 59-59   May 2017
外科的矯正治療による顎口腔機能変化 骨格性下顎前突症患者における術前後の嚥下機能変化
福井 忠雄, 坂上 馨, 阿部 遼, 篠倉 千恵, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   27(2) 72-72   May 2017
非接触型3D画像撮影装置とCTを用いた顔面形態分析手法の検討
原 太一, 小田 陽平, 西野 和臣, 丹原 惇, 齋藤 功, 小林 正治
日本顎変形症学会雑誌   27(2) 96-96   May 2017
側面頭部エックス線規格写真を用いた骨格性下顎前突症患者における下顎骨形態のクラスター分析
大澤 知朗, 丹原 惇, 新島 綾子, 高橋 功次朗, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   27(2) 127-127   May 2017
骨格性下顎前突症例における正貌パターンの臨床統計
新島 綾子, 森田 修一, 工藤 武久, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   27(2) 155-155   May 2017
成人前歯部開咬症における嚥下時舌圧発現様相の検討 健常者との比較
栗原 加奈子, 福井 忠雄, 坂上 馨, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   27(2) 157-157   May 2017
超音波診断装置を用いた個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動の比較
阿部 遼, 福井 忠雄, 坂上 馨, 林 孝文, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   27(2) 157-157   May 2017
高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   27(1) 1-7   Apr 2017
偏位を伴う骨格性下顎前突症と診断し、両側下顎枝矢状分割法による下顎単独後退術を施行し、術前後で下顎正中部の側方移動を伴いかつ下顎後退量に左右差を認めた15例(男性4名、女性11名、平均21歳2ヵ月)を対象とした。術前におけるoverjetの平均は-3.7±1.9mmであった。偏位側と非偏位側における後方移動量は各5.0+2.6mm(平均値と標準偏差)と6.9+2.0mmで、左右平均後方移動量は5.9+2.2mmであった。後方移動量の左右差は1.9+1.4mm、L1とPogの後方移動量は、各...
長期結果からみた各チーム医療の現状と展望 乳児から成人まで 口蓋形成2回法 新潟大学/矯正(成長)分野
丹原 惇, 齋藤 功
日本口蓋裂学会雑誌   42(2) 62-62   Apr 2017
片側性唇顎口蓋裂患者における骨架橋の状態と顎裂部に排列した犬歯歯軸傾斜の検討
市川 佳弥, 丹原 惇, 高橋 功次郎, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功
日本口蓋裂学会雑誌   42(2) 141-141   Apr 2017
矯正単独で最終咬合治療を開始した完全唇顎口蓋裂の第二期動的矯正治療開始時の側面セファログラム分析
丹原 惇, 市川 佳弥, 高橋 功次朗, 眞舘 幸平, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功
日本口蓋裂学会雑誌   42(2) 150-150   Apr 2017
BRCA1およびBRCA2を介したDNA修復機能は口蓋の発生に重要である
北見 公平, 小松 義広, 齋藤 功
日本口蓋裂学会雑誌   42(2) 163-163   Apr 2017
二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂児におけるHuddart/Bodenham Indexを用いた咬合評価
児玉 泰光, 丹原 惇, 市川 佳弥, 大湊 麗, 深井 真澄, 渡部 桃子, 永井 孝宏, 小山 貴寛, 永田 昌毅, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男
日本口蓋裂学会雑誌   42(2) 166-166   Apr 2017
歯列に対する自己評価および客観的評価と矯正歯科治療の動機づけとの関連性
佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 渡辺 和子, 八木 稔, 齋藤 功
Orthodontic Waves-Japanese Edition   76(1) 17-29   Mar 2017
先行研究において、「歯並び」に不満があっても矯正歯科治療(以下、矯正治療)を希望しない場合が認められた。そこで、歯列や顔貌などの審美的要素に対する満足度および矯正治療に対する認識度(=自己評価)とdental aesthetic index(DAI)を構成する評価項目(=客観的評価)との関連性を統計学的に検討し、矯正治療の動機づけとなる要因を明らかにすることを目的として本調査研究を行った。2014年度または2015年度の「新潟大学新入生口腔健康診断」を受診した新入生3,515名に対して、自...
池田 順行, 小原 彰浩, 弦巻 立, 瀬尾 憲司, 齋藤 功, 高木 律男
日本口腔外科学会雑誌   62(12) 612-617   Dec 2016
症例は15歳男児で、11歳頃から前歯部の開咬に気づき、うまく咬めなくなり、矯正治療を開始したが改善が得られなかった。開咬を伴う骨格性下顎前突症と診断し、顎矯正手術を併用した外科的矯正治療を行う方針とした。同時期に心房粗動と左室機能低下の診断を受け、鎮静下で経皮的カテーテル心筋焼灼を行った。また、把握性筋緊張が顕著になり、遺伝子検索で筋緊張性ジストロフィーの診断に至った。手術は、主訴である開咬の改善を図ることを目的とし、時間の短縮と骨片の安定性を考慮して下顎単独のObwegeser-Dal ...
最近10年間の新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の臨床統計調査
坂上 馨, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   46(2) 83-88   Dec 2016
今回、最近10年間に新潟大学医歯学総合病院矯正歯科(以下、当院矯正歯科)に来院した患者の先天性欠如歯および過剰歯について調査を行った。対象は、2006年1月から2015年12月までの10年間における当院矯正歯科の新規登録患者のうち、顎変形症および口唇裂・口蓋裂症例を除外した一般矯正患者1,571名(男性585名、女性986名)とした。これらの症例について、治療のために採得した資料(診療録、エックス線写真、研究用模型)を用いて、調査・分析を行った。その結果、先天性欠如歯の発現率は12.5%で...
日本人を対象とした小臼歯抜去を適用した矯正歯科治療前後の赤唇形態の変化
大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   46(2) 109-110   Dec 2016
がん抑制遺伝子BRCA1は顎顔面骨の形態形成に必須である
北見 公平, 北見 恩美, 加来 賢, 小松 義広, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   46(2) 112-113   Dec 2016
三叉神経領域の神経障害性疼痛に対する内因性カンナビノイドの鎮痛作用
上村 藍太郎, ザキル・ホサイン, 高橋 功次朗, 大竹 正紀, 北川 純一, 山村 健介, 齋藤 功
新潟歯学会雑誌   46(2) 113-113   Dec 2016
顎矯正手術が鼻咽腔気道に及ぼす影響について
浅井 佑介, 長谷部 大地, 小島 拓, 齋藤 功, 小林 正治
新潟歯学会雑誌   46(2) 119-119   Dec 2016
スタンダードエッジワイズ装置を基本に据えた矯正歯科治療と臨床教育
齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 98-98   Nov 2016
クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類
新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 136-136   Nov 2016
小臼歯抜去により治療したAngle Class III下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化
大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 146-146   Nov 2016
有限要素解析を用いた下顎枝垂直骨切り術施行後の術後変化予測
丹原 惇, 藤田 瑛, 池 真樹子, 児玉 泰光, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 178-178   Nov 2016
がん抑制遺伝子BRCA1は口蓋形成に必須である
北見 公平, 北見 恩美, 齋藤 功, 小松 義広
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 193-193   Nov 2016
実験的歯の移動時におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I2合成酵素とIP受容体の発現解析
大倉 麻里子, 大倉 直人, 野杁 由一郎, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 203-203   Nov 2016
総合大学新入生における矯正歯科治療経験者の矯正治療に対する認識度の検討
佐藤 知弥子, 丹原 惇, 八巻 正樹, 渡辺 和子, 八木 稔, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 219-219   Nov 2016
新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における過去10年間の新規登録患者の臨床統計調査
眞舘 幸平, 大澤 知朗, 深町 直哉, 水越 優, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 224-224   Nov 2016
新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の統計調査
坂上 馨, 高橋 功次郎, 丹原 惇, 大森 裕子, 中田 樹里, 新島 綾子, 村上 智子, 阿部 遼, 網谷 季莉子, 市川 佳弥, 栗原 加奈子, 藤田 瑛, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 226-226   Nov 2016
混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化(第2報)
大竹 正紀, 丹原 惇, 大竹 正人, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 252-252   Nov 2016
矯正治療前後における下顎歯槽部形態の三次元的変化について(Pilot study)
西野 和臣, 市川 佳弥, 越知 佳奈子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 253-253   Nov 2016
症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症患者に対するチーム医療の実態調査 矯正歯科医による多施設共同研究
須佐美 隆史, 府川 俊彦, 宮崎 晴代, 坂本 輝雄, 森下 格, 佐藤 嘉晃, 金野 吉晃, 倉田 和之, 渡邉 佳一郎, 朝日藤 寿一, 齋藤 功
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 266-266   Nov 2016
大学が関わるコミュニティカフェ「金曜カフェ」の実践について
齋藤 功子
日本看護福祉学会誌   22(1) 36-39   Oct 2016
日本人を対象とした矯正歯科治療前後の赤唇に関する形態学的研究 小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突症例における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化
大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功
Orthodontic Waves-Japanese Edition   75(2) 97-105   Sep 2016
大学医歯学総合病院矯正歯科を受診しAngleクラスI歯性上下顎前突症と診断され、上下顎両側第一小臼歯を抜去してマルチブラケット装置により矯正歯科治療を受け、動的治療が終了した成人女性20名(20〜34歳)を対象に、治療前後の口唇、特に赤唇状態の変化様相について顔面規格写真を用い検討した。上下両側小臼歯を抜去して矯正歯科治療を行ったAngle I級歯性上下顎前突症例では、前歯の後退によって赤唇は上下とも高径を減少させて後退するが、その変化量は臨床的にみてわずかであった。また、赤唇の変化様相は...
矯正治療の質向上のために 基本コンセプトと長期安定性の考察
齋藤 功
日本臨床矯正歯科医会雑誌   28(1) 7-7   Sep 2016
骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌圧発現様相
坂上 馨, 福井 忠雄, 栗原 加奈子, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功
日本歯科医師会雑誌   69(5) 496-496   Aug 2016
著しい長顔を呈する顎変形症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を施行した1例
小島 拓, 加藤 祐介, 船山 昭典, 三上 俊彦, 倉部 華奈, 原 省司, 朝日藤 寿一, 八巻 正樹, 齋藤 功, 小林 正治
新潟歯学会雑誌   46(1) 21-26   Jul 2016
長顔を呈する患者では、口唇の閉鎖が困難となり安静時でも上顎歯肉の露出を伴うことがある。そのような症例において良好な顔貌を獲得するには、上顎骨を上方に大きく移動させる必要があるが、通常のLe Fort I型骨切り術で上顎骨を挙上する場合、下行口蓋動脈周囲の骨や下鼻甲介が障害となり上方移動が困難となることがある。今回われわれは、著しい長顔を呈する顎変形症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を施行して上顎骨を上方移動することで、良好な顔貌が得られたのでその概要を報告する。患者は...
歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例
池田 順行, 福井 忠雄, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 北村 厚, 中谷 暢佑, 西山 秀昌, 荒井 良明, 齋藤 功, 高木 律男
日本顎関節学会雑誌   28(Suppl.) 136-136   Jul 2016
破骨細胞分化に影響を与える薬剤のスクリーニングとその作用機序の解析
中田 樹里, 柿原 嘉人, 秋葉 陽介, 丹原 惇, 齋藤 功, 佐伯 万騎男
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34回 207-207   Jul 2016
三大学の臨床は今 基礎的・臨床的研究を踏まえ 新潟大学の矯正臨床は今 そして近未来の治療戦略
福井 忠雄, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 3-10   Jun 2016
最近10年の新潟大学の矯正臨床においては、矯正治療の主たる形態的目標は変わっていない。すなわち、安定した個性正常咬合の確立、軟組織と硬組織の調和を図ることによるバランスのとれたプロファイルの確立および形態と口腔機能との調和である。近年、歯科矯正用アンカースクリューやアンカープレート(仮称)、あるいはハーブスト装置の応用などにより矯正治療の戦略性の拡充が図られつつある。新しいデバイスの併用により、一部の症例では患者の負担軽減に配慮した矯正治療の低侵襲化が可能である。たとえば、難症例における多...
歯周疾患を伴う成人Angle Class II subdivision叢生症例
越知 佳奈子, 山添 清文, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 83-91   Jun 2016
広汎型慢性歯周炎と多数の修復処置歯を伴う成人に対して、変則的な抜歯を伴う矯正治療により咬合を改善したので報告する。症例は広汎型慢性歯周炎の治療開始2年後に、下顎前歯部の叢生を主訴に来院した41歳4ヵ月の女性。SNA86.5°、ANB+6.0°で、臼歯関係は左側Angle II級、右側Angle I級、overjet+4.0mm、overbite+1.5mm、前歯部の叢生と上下顎切歯の唇側傾斜を認めた。多数の修復歯を認め、下顎左側第一大臼歯は歯根破折が疑われた。中等度広汎型慢性歯周炎を伴うA...
三大学の臨床は今 基礎的・臨床的研究を踏まえ 新潟大学の矯正臨床は今 そして近未来の治療戦略
福井 忠雄, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 93-93   Jun 2016
新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における口腔衛生指導システムの紹介
土田 麻衣子, 近藤 淳子, 丹原 惇, 福井 忠雄, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 104-104   Jun 2016
混合歯列期上顎前突の治療管理に関する調査
上村 藍太郎, 高橋 功次朗, 大森 裕子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 105-105   Jun 2016
軽度の下顎偏位と過蓋咬合を伴うアングルIII級下顎前突症例
吉居 朋子, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 106-106   Jun 2016
叢生を伴うアングルI級歯性上下顎前突・開咬症例
高辻 華子, 福井 忠雄, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 108-108   Jun 2016
下顎左側第二小臼歯の舌側傾斜によるアングルIII級subdivision骨格性II級上顎前突症例
焼田 裕里, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 108-108   Jun 2016
下顎右側側切歯の先天性欠如を伴うアングルIII級subdivision叢生症例
小原 彰浩, 朝日藤 寿一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 110-110   Jun 2016
矯正用インプラントアンカー(仮称;プレートタイプ)を併用した重度上下顎前突症例
篠倉 千恵, 福井 忠雄, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 111-111   Jun 2016
Angle Class II subdivision叢生症例
井表 千馨, 小栗 由充, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 112-112   Jun 2016
Angle Class III叢生症例
大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 113-113   Jun 2016
変則的な抜歯を行った成人上顎前突症例
越知 佳奈子, 山添 清文, 齋藤 功
甲北信越矯正歯科学会雑誌   24(1) 114-114   Jun 2016
外科的矯正治療における若手教育 教える立場・教わる立場から 外科的矯正治療に係わる教育の現状 教える立場から
齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   26(2) 98-98   May 2016
倉部 華奈, 隅田 好美, 小島 拓, 加藤 祐介, 齋藤 功, 小林 正治
日本顎変形症学会雑誌   26(2) 109-109   May 2016
馬蹄形Le Fort I型骨切り術による上顎骨後方移動術
小林 正治, 加藤 祐介, 新美 奏恵, 長谷部 大地, 池 元太郎, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   26(2) 129-129   May 2016
顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における脳頭蓋底の三次元形態分析
村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   26(2) 141-141   May 2016
偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術前後の正貌硬組織変化と正貌輪郭変化の関係
新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功
日本顎変形症学会雑誌   26(2) 141-141   May 2016