OHSHIMA Kuniko

J-GLOBAL         Last updated: Oct 10, 2018 at 12:49
 
Avatar
Name
OHSHIMA Kuniko
Affiliation
Niigata University
Degree
(BLANK)(Niigata University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1989
 - 
2000
Assistant Professor, Faculty of Dentistry,
 
 
   
 
Niigata University
 
2000
 - 
2002
Lecturer, Niigata Dental Hospital
 

Education

 
 
 - 
1987
Faculty of Dentistry, Niigata University
 

Published Papers

 
介助磨きの姿勢に関する検討 歯磨き運動と歯垢除去効果
村井 朋代, 大島 邦子, 野上 有紀子, 花崎 美華, 中島 努, 丸山 直美, 早崎 治明
障害者歯科   39(2) 110-118   Jun 2018
小児や障害児・者および要介護者の口腔衛生には、保護者または介助者による介助磨きが重要である。しかし、その発達や障害の種類・程度・体格や年齢および環境により、介助磨き時の姿勢はさまざまである。今回、日常的に介助磨きを行っている女性歯科衛生士20名を被験者とし、介助磨き時の姿勢と歯磨き運動および歯垢除去効果の関連について検討した。永久歯列模型を装着したマネキンを仰臥位と対面位の2種類に設定し、一口腔を上下顎前歯部臼歯部頬舌側の12ブロックに分割したうえで、各ブロック10秒間の介助磨き運動を計測...
地域の小児医療センター歯科診療室における診療実態とその臨床的検討
鹿児島 暁子, 中村 由紀, 花崎 美華, 村上 望, 澤味 規, 松枝 一成, 鈴木 絢子, 左右田 美樹, 中島 努, 野上 有紀子, 君 雅水, 村上 智哉, 黒澤 美絵, 岩瀬 陽子, 大島 邦子, 齊藤 一誠, 早崎 治明
小児歯科学雑誌   55(4) 442-450   Nov 2017
2015年度に某小児医療センター歯科診療室を受診した患者を対象に歯科治療の実態調査を行い、初診時年齢、調査時年齢、障害の種類、受診状況、受診時の歯科診療内容等について調査を行い以下の結果を得た。1.2015年度に来院した患者数(実人数)は449名、うち男性271人、女性178人であった。2.初診時年齢0〜24歳のうち、1歳が30.0%と最も多く、0〜5歳で全体の78.2%を占めていた。調査時年齢は、0〜59歳の範囲に分布し、平均年齢が16.4±8.3歳であった。3.継続受診期間は、5年以内...
Tosaka Y, Nakakura-Ohshima K, Murakami N, Ishii R, Saitoh I, Iwase Y, Yoshihara A, Ohuchi A, Hayasaki H
Clinical oral investigations   18(8) 2045-2053   Nov 2014   [Refereed]
Ishikawa Y, Ida-Yonemochi H, Nakakura-Ohshima K, Ohshima H
Cell and tissue research   348(1) 95-107   Apr 2012   [Refereed]
Iwase Y, Saitoh I, Okamoto A, Nakakura-Ohshima K, Inada E, Yamada C, Takemoto Y, Yamasaki Y, Hayasaki H
Archives of oral biology   56(12) 1616-1623   Dec 2011   [Refereed]

Misc

 
Expression of heat shock protein (Hsp) 25-immunoreactivity in the dental pulp and enamel organ during odontogenesis in the rat molar. (jointly worked)
Connect. Tissue Res.   43, 220-223,    2002
Expression of heat shockprotein (Hsp)25-immunoreactivity in the dental pulp and enamel organ during odontogenesis in the rat molar. (jointly worked)
Connect. Tissue Res.   43, 220-223    2002
Responses of immunocompetent cells in the dental pulp to replantation during the regeneration process in rat molars. (jointly worked)
Cell Tissue Research   302(2) 221-233   2000
The Ruffini ending as the primary mechanoreceptor in the periodontal ligament : Its morphology, cytochemical features, regeneration and development. (jointly worked)
Crit. Rev. Oral. Biol. Med.   10(3) 307-327   1999

Conference Activities & Talks

 
減汗型外胚葉異形成症患児に対し早期から継続的な口腔衛生管理に携わった1例
近藤 淳子, 森岡 沙耶香, 野上 有紀子, 大島 邦子, 早崎 治明
小児歯科学雑誌   Feb 2018   
第2大臼歯の咬合異常が偏位咬合を伴う顎関節症を増悪させた1例
山崎 博史, 大島 邦子, 西山 秀昌
小児歯科学雑誌   Feb 2018   
介助磨きの姿勢は歯みがき運動と歯垢除去効果に影響する
村井 朋代, 大島 邦子, 野上 有紀子, 花崎 美華, 中島 努, 丸山 直美, 早崎 治明
新潟歯学会雑誌   Dec 2017   
他家歯胚移植におけるドナー・ホスト相互作用 歯周組織に着目して
中木 哲朗, 大島 邦子, 石川 裕子, 斎藤 浩太郎, 依田 浩子, 大島 勇人
新潟歯学会雑誌   Dec 2017   
刷掃指導の効果 三次元動作と歯垢除去効果の解析
丸山 直美, 大島 邦子, 村井 朋代, 中島 努, 花崎 美華, 野上 有紀子, 早崎 治明
新潟歯学会雑誌   Dec 2017   

Research Grants & Projects

 
Postnatal Development of Periodontal Innervation
Research on dental behavior in patients with mental retardation
tooth development and pulpal regeneration