志村 俊昭

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/03 18:03
 
アバター
研究者氏名
志村 俊昭
 
シムラ トシアキ
所属
山口大学
部署
大学院創成科学研究科(理学)
職名
教授
学位
博士(理学)(北海道大学), 修士(理学)(愛媛大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
山口大学大学院 教授
 
2008年
 - 
2009年
第50次南極地域観測隊 地学隊員
 
1998年7月
   
 
新潟大学理学部地質科学科 助教授
 
1996年
 - 
1997年
オーストラリア、ニューサウスウェールズ大学研究員(文部省在外研究員)
 
1995年7月
   
 
新潟大学大学院自然科学研究科 講師
 
1993年
 - 
1994年
第35次南極地域観測隊 地学隊員
 
1992年4月
   
 
新潟大学大学院自然科学研究科 助手
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
日本地質学会  代議員
 
2011年
 - 
現在
日本地質学会  地質学雑誌編集委員
 
2013年
 - 
2014年
日本地質学会  鹿児島大会巡検案内書編集委員長
 
1999年
 - 
2003年
第5回Hutton Symposium実行委員会  実行委員、巡検案内書編集委員長
 
2001年
 - 
2002年
日本地質学会  新潟大会LOC、巡検案内書編集委員長
 
1991年
 - 
1992年
日本地質学会  評議員
 

受賞

 
1993年
日本地質学会研究奨励賞
 

論文

 
Hammerli, J., Kemp, A.I.S., Shimura, T. Vervoort, J., EIMF, and Daniel, D.J.
Geology   47(3) e456   2019年3月   [査読有り]
志村俊昭・小島 萌・大橋美由希・山根幹生・Kemp, A.I.S.
地質学雑誌   125(2) 195-200   2019年2月   [査読有り]
高橋浩, 志村俊昭, 加藤聡美
地質学雑誌   124(6) 399‐411   2018年6月   [査読有り]
Hammerli, J., Kemp, A.I.S., Shimura, T. Vervoort, J., EIMF, and Daniel, D.J.
Geology   46(10) 907-910   2018年   [査読有り]
Kazuhiro Tsukada, Masaki Yuhara, Masaaki Owada, Toshiaki Shimura, Atsushi Kamei, Yoshikazu Kouchi, Koshi Yamamoto
Journal of Geodynamics   111 15-30   2017年11月   [査読有り]
© 2017 Elsevier Ltd The Sør Rondane Mountains (SRM), East Antarctica, lie within the late Neoproterozoic–early Paleozoic collision zone related to the formation of the Gondwana supercontinent. Many studies have been carried out in the eastern SRM,...
Toshiaki Shimura, Anthony I.S. Kemp
American Mineralogist   100 2545-2547   2015年11月   [査読有り]
© Walter de Gruyter Berlin/Boston 2015. The transformation from a tetrahedral four-component system to an XYZ-orthogonal coordinate axis system has been solved using the geometry of a tetrahedron. If a four component mixing ratio is described as t...
志村俊昭, 小島萌
情報地質   26(1) 15-20   2015年3月   [査読有り]
小島萌, 志村俊昭
地質学雑誌   120(11) 393-412   2014年11月   [査読有り]
Masaaki Owada, Atsushi Kamei, Kenji Horie, Toshiaki Shimura, Masaki Yuhara, Kazuhiro Tsukada, Yasuhito Osanai, Sotaro Baba
Precambrian Research   234 63-84   2013年3月   [査読有り]
The Sør Rondane Mountains, eastern Dronning Maud Land, East Antarctica, are situated within the Pan-African suture zone, between West and East Gondwana, and the timing of collision event is regarded as the late Neoproterozoic to early Cambrian. In...
Atsushi Kamei, Kenji Horie, Masaaki Owada, Masaki Yuhara, Nobuhiko Nakano, Yasuhito Osanai, Tatsuro Adachi, Yuki Hara, Madoka Terao, Shinjiro Teuchi, Toshiaki Shimura, Kazuhiro Tsukada, Tomokazu Hokada, Chika Iwata, Kazuyuki Shiraishi, Hideo Ishizuka, Yuhei Takahashi
Precambrian Research   234 47-62   2012年10月   [査読有り]
This study is a detailed investigation of the petrology and geochronology of the Late Proterozoic metatonalite in the Sør Rondane Mountains, eastern Dronning Maud Land, Antarctica. Metatonalite is dominant over roughly 100×20km2area in the southwe...

Misc

 
高温型変成帯の形成過程と放射年代の意味
志村 俊昭
西日本地質講習会      2017年5月
南極観測隊が新鉱物を発見
朝日新聞出版 週刊・地球46億年の旅   (49) 17   2015年2月
50次南極観測隊と新鉱物の発見
志村俊昭
飯豊   (12) 51-63   2015年
トキメキワークファイル「南極研究者」
朝日新聞出版 ジュニアエラ   (3) 30-31   2012年
Rb-Sr, Sm-Nd全岩アイソクロンに関する様々な問題
加々美寛雄・今岡照喜・石岡純・加々島慎一・川野良信・小山内康人・大和田正明・志村俊昭・白石和行・柚原雅樹
MAGMA   87 1-29   2007年

書籍等出版物

 
Geology of Japan
Moreno, T., Wallis, S. R., Kojima, T. and Gibbons, W., Eds. (担当:分担執筆, 範囲:Granitic Rocks)
Geological Society of London   2016年   
日本地質学会第121年学術大会(鹿児島)巡検案内書
志村俊昭・脇田浩二・宮田雄一郎・坂口有人・大和田正明・川村喜一郎 (担当:編者, 範囲:編集長)
日本地質学会   2014年   
MAGMA特集号:花崗岩および関連する岩石
川野良信・柚原雅樹・亀井淳志・志村俊昭・加々島慎一(編) (担当:共編者)
2014年   
日本地方地質誌「北海道地方」
日本地質学会編 (担当:分担執筆, 範囲:日高変成帯について分担執筆)
朝倉書店   2010年   
加々美 寛雄, 志村 俊昭 (担当:共著)
新潟日報事業社   2005年   ISBN:4861320909
須原地域の地質. 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)
高橋浩・豊島剛志・志村俊昭・原英俊・竹内圭史・酒井彰・中野俊 (担当:共著)
産総研地質調査総合センター   2003年   
The Origin of Granites and Related Rocks, Hutton V Field Guidebook
Shimura, T. and Ishihara, S. (担当:編者, 範囲:編集長)
Geol. Surv. Japan   2003年   
第50次日本南極地域観測隊・夏隊 セール・ロンダーネ山地地学調査隊 野外調査実施計画書
第50次日本南極地域観測隊(志村俊昭編著) (担当:共著, 範囲:全体編集および分担執筆)
国立極地研究所   2008年   
日本地質学会第109年学術大会(新潟)見学旅行案内書
志村俊昭・黒川勝己・ト部厚志(編) (担当:編者, 範囲:編集長)
日本地質学会   2002年   
本州弧下部地殻と珪長質マグマの生成・活動システム
加々美寛雄・藤林紀枝・志村俊昭・土谷信高・周藤賢治(編) (担当:共編者)
日本地質学会   1999年   

講演・口頭発表等

 
日高変成帯南部の深成岩類のジルコンU-Pb年代
御子柴真澄・高橋 浩・志村俊昭・Kemp, A.I.S.
日本地質学会   2018年12月2日   
日高変成帯の複変成作用
志村俊昭・槇納吏袈・Kemp, A.I.S.・Hammerli, J.
日本地質学会   2018年12月2日   
日高変成帯の複変成作用と、地殻構造についての一考察
志村俊昭・槇納吏袈・Kemp, A.I.S.・Hammerli, J.
第95回西日本東南極セミナー   2018年11月17日   
南極大陸セール・ロンダーネ山地、イットリウムに富むジルコノライトの化学的特徴
志村俊昭・宮脇律郎・門馬綱一・亀井淳志・束田和弘・大和田正明・柚原雅樹
鉱物科学会   2018年9月21日   
日高変成帯、音調津深成複合岩体中の変成岩ゼノリスの変成過程
槇納吏袈・志村俊昭・Kemp, A.I.S.・小島萌
日本地質学会   2018年9月6日   
東南極セール・ロンダーネ山地、小指尾根地域の苦鉄質変成岩類の岩石学的研究
梅田侑子 ・志村俊昭 ・大和田正明 ・柚原雅樹・亀井淳志・束田和弘
日本地質学会   2018年9月6日   
A new Melt Contamination Model for the Generation of “I-type” granitic rocks by melting heterogeneous lower crust
Hammerli J, Kemp A. and Shimura T.
European Geosciences Union General Assembly, Vienna, Austria   2018年4月13日   
梅田侑子, 志村俊昭, 大和田正明, 柚原雅樹, 亀井淳志, 束田和弘
日本地質学会   2017年9月18日   
志村俊昭, 石川真帆, 梅田侑子, 伊藤広祥, 大和田正明, 亀井淳志, 束田和弘, 柚原雅樹
日本地質学会   2017年9月   
高温型変成帯の形成過程と放射年代の意味
志村 俊昭
西日本地質講習会   2017年5月17日   

担当経験のある科目

 

Works

 
日高変成帯の地質調査
1986年 - 現在
羽越地域の変成岩・深成岩類の地質調査
1992年 - 現在
東南極、セールロンダーネ山地の地質調査(第50次南極地域観測隊)
2008年 - 2009年
スリランカに分布する変成岩・深成岩類の地質調査
2003年
南アフリカ、ナマクアランド地域の地質調査
1999年
東南極、リュッツォホルム岩体・レイナ―岩体・ナピア岩体の地質調査(第35次南極地域観測隊)
1993年 - 1994年

競争的資金等の研究課題

 
マントル組成変化と大陸衝突事変に基づく地殻・マントル物質循環の精密解析
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 大和田 正明
ジルコンU-Pb年代を用いた日高衝突境界周辺の地体構造解析
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 高橋 浩
ジルコノライトのREE・アクチノイド分配と,年代学研究への応用
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 志村 俊昭
アーマルコライトの相平衡再現実験と超高温変成岩の温度圧力履歴の精密解析
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 川嵜 智佑
ヘグボマイト類についての相平衡再現実験
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 志村 俊昭

特許

 
特開2018-091676 : 試料観察装置
志村 俊昭
【課題】本発明は、試料の光学的性質の観察に用いる試料観察装置であって、試料全体を一度に観察することができる試料観察装置を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、試料を照明する光源及び試料照明光路上に位置する第1偏光板を基台内部に有し、試料が載置される第1透明板を前記基台の上壁として有する試料載置部と、前記基台に立設される支柱を含む支持部と、前記支持部に前記第1透明板と平行な面内で回動可能に支持され、前記第1透明板の上方であって試料観察光路中に挿脱可能とされる第2偏光板を含む観察部...