青山 宏夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/17 13:27
 
アバター
研究者氏名
青山 宏夫
 
アオヤマ ヒロオ
通称等の別名
AOYAMA Hiroo
所属
人間文化研究機構
部署
国立歴史民俗博物館 研究部歴史研究系
職名
教授
学位
博士(文学)(京都大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1988年
 東京都立大学 理学部 助手
 
1988年
 - 
1990年
 新潟大学 人文学部 講師
 
1990年
 - 
1998年
 新潟大学 人文学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
京都大学 文学研究科 地理学
 
 
 - 
1980年
京都大学 文学部 史学科 人文地理学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
人文地理学会  協議員
 
 
   
 
歴史地理学会  常任委員、評議員
 
 
   
 
史学研究会  評議員
 

受賞

 
2011年3月
日本地理学会 日本地理学会賞(論文発表部門)
 

論文

 
シーボルトが手に入れた日本図と日本の地理情報
青山 宏夫
地図   56(1) 24-39   2018年3月   [査読有り][招待有り]
The Impact of Ricci’s World Maps on the Edo period of Japan
AOYAMA Hiro'o
Reimagining the Globe and Cultural Exchange: From the World Maps of Ricci and Verbiest to Google Earth   112-115   2016年4月   [招待有り]
時間と場所の情報を有する大量の写真資料提示法
青山 宏夫
国立歴史民俗博物館研究報告   (189) 41-77   2015年1月   [査読有り]
古地図研究と地理思想
青山 宏夫
『人文地理学事典』丸善書店      2013年7月   [査読有り]
Le Carte Geografiche del Mondo di Matteo Ricci e il Loro Influsso sul Giappone in Epoca Moderna
AOYAMA Hiro'o
La Caetografia di Matteo Ricci      2013年   [招待有り]
明治地籍図の集成的研究
青山 宏夫
国立歴史民俗博物館研究報告   (163) 343-468   2011年3月   [査読有り]
日本海という呼称に関する研究の学術的意義
青山 宏夫
E-journal GEO   4(2) 131-133   2010年2月   [査読有り][招待有り]
地理認識と日本海呼称問題について
青山 宏夫
『サブリージョンから読み解くEU・東アジア―欧州北海地域と北東アジアの越境広域グランドデザイン比較―』弘前大学出版会   69-81   2006年   [招待有り]
前近代地図の空間構成と地理的知識
青山 宏夫
   2005年10月   [査読有り]
干拓以前の潟湖とその機能―椿海と下総の水上交通試論―
青山 宏夫
国立歴史民俗博物館研究報告(平川南・青山宏夫編『日本歴史における災害と開発Ⅱ』)   (118) 193-217   2004年   [査読有り]
絵図・地図のなかの交通-行基図と中世絵図を中心に-
青山 宏夫
古代交通研究   (9) 119-136   2000年   [招待有り]
荒河保と奥山庄の境界について
青山 宏夫
人文地理   46(3) 98-112   1994年   [査読有り]
日本海という呼称の成立と展開-地図史からのアプローチ-
青山宏夫
環日本海地域比較史研究   (2) 47-68   1993年   [査読有り]
鳥追い歌に関する地理学的覚書
青山 宏夫
環日本海地域比較史研究   (1) 29-40   1992年   [査読有り]
雁道考-その日本図における意義を中心にして-
青山 宏夫
人文地理   44(5) 21-41   1992年   [査読有り]
居多神社四至絵図とその周辺の歴史地理学的諸問題
青山 宏夫
新潟史学   (26) 1-25   1991年   [査読有り]
武蔵国鶴見寺尾絵図の構造とコスモス
青山 宏夫
葛川絵図研究会編『絵図のコスモロジー』(下)地人書房   145-166   1989年   [査読有り]
SOME NOTES ON THE STRUCTURE OF PICTURE-MAPS AND SPATIAL COGNITION IN MEDIEVAL JAPAN.
AOYAMA Hiro'o
Georaphical Reports of Tokyo Metropolitan University   (21) 305-319   1986年   [査読有り]
文学からみた「場所のイメージ」-宮澤賢治『グスコーブドリの伝記』を例として-
青山 宏夫
理論地理学ノート   (4) 37-44   1985年   [査読有り]

Misc

 
地名『カリヤド』と渡河の景観―関東の事例から―
青山 宏夫
『景観史と歴史地理学』吉川弘文館   104-128   2018年4月
シーボルトが手に入れた日本の地理情報
青山 宏夫
月刊みんぱく   (475) 6-7   2017年8月   [依頼有り]
地図にみる日本海認識の形成
青山 宏夫
歴博   (202) 15-15   2017年5月
博物館資料を多角的に読む―風景写真を事例に―
青山 宏夫
『〈総合資料学〉の挑戦―異分野融合研究の最前線―』吉川弘文館   120-135   2017年3月
シーボルトに渡った伊能日本図
青山 宏夫
『よみがえれ!シーボルトの日本博物館』青幻舎   42-43   2016年7月
シーボルトの地図編纂とブランデンシュタイン家所蔵資料
青山 宏夫
『シーボルトが紹介したかった日本』人間文化研究機構   117-131   2015年3月
景観からみる水辺の環境と『開発』
青山 宏夫
『中世の環境と開発・生業』吉川弘文館   88-113   2013年3月   [依頼有り]
古地図に描かれた想像世界
青山 宏夫
『日本史と環境―人と自然―』吉川弘文館   231-262   2012年10月   [依頼有り]
F.ベアトの江戸パノラマ写真はいつ撮影されたのか
青山 宏夫
『風景の記録―写真資料を考える―』国立歴史民俗博物館   19-25   2011年11月
戦後60年間の「風景」の記録
青山 宏夫
歴博   (158) 20-23   2010年1月
地図からみた戦国時代の越後と佐渡
青山 宏夫
『天地人リレー講演会記録集』新潟県立歴史博物館   11-26   2009年   [依頼有り]
平安京西郊桂川の河道変化と耕地開発―葛野郡班田図から松尾社境内図まで―
青山 宏夫
『平安京―京都 都市図と都市構造』京都大学学術出版会   ⅸ、41-57-AH001031   2007年
絵図・地図にみる近世
青山 宏夫
歴博   (145) 28-29   2007年
桂川の河道変化と耕地開発―松尾社周辺の古代中世―
青山 宏夫
『平安京―京都の都市図・都市構造に関する比較総合研究とデジタルデータベースの構築』京都大学   75-93   2005年
流宣日本図の地理情報
青山 宏夫
歴博   (134) 2-5   2005年
地図にみる日本海―想像から現実へ―
青山 宏夫
国文学 解釈と鑑賞   69(11) 116-123   2004年
景観を考える―絵図と地域のなかから―
青山 宏夫
月刊 歴史読本   49(5) 236-237   2004年
海のかなたの想像力の世界
青山 宏夫
文化遺産の世界   (12) 10-13   2004年
奥山庄の庄境について
青山 宏夫
『農村空間の研究(上)』 大明堂   176-192   2003年
慧日寺絵図を読む
青山 宏夫
『歴博フォーラム 神と仏のいる風景―社寺絵図を読み解く』山川出版社   63-84   2003年
近世日本の世界図
青山 宏夫
歴博   (116) 2-5   2003年
地図にみる『日本海』の呼称
青山 宏夫
『日本海学の新世紀』角川書店   72-82   2001年   [依頼有り]
メタモルフォーゼの列島史
青山 宏夫
総研大ジャーナル   (0) 12-17   2001年
行基菩薩説大日本国図に関する若干の考察
青山 宏夫
『地図と歴史空間』大明堂   372-381   2000年
海のなかの川を越えて
青山 宏夫
歴博   (102) 6-9   2000年
絵図が語る奥山荘の景観
青山 宏夫
『中世の越後と佐渡』高志書院   149-166   1999年
足守荘絵図
青山 宏夫
『中世荘園絵図大成』河出書房新社   52-55   1997年5月
荒河保上土河・奥山荘桑柄堺相論和与絵図
青山 宏夫
『中世荘園絵図大成』河出書房新社   86-90   1997年5月
波月条近傍絵図
青山 宏夫
『中世荘園絵図大成』河出書房新社   91-95   1997年5月
地図近代以前
青山 宏夫
人文地理   48(3) 69-70   1996年6月   [依頼有り]
地図と「日本海」―その名の起源をめぐって―
青山 宏夫
しにか   6(2) 58-63   1995年
地図は何を語っているか(訳)
青山 宏夫
日経サイエンス   23(7) 118-124   1993年   [依頼有り]
新聞折込広告に掲載された地図の情報
青山 宏夫
『情報化社会の地域構造』大明堂   171-182   1989年
足守庄絵図における二つの境界表示
青山 宏夫
『人文地理学の視圏』大明堂   245-255   1986年
地図近世以前
青山 宏夫
人文地理   37(3) 71-72   1985年6月   [依頼有り]
足守庄現地調査報告
青山 宏夫・山陰 加春夫
『荘園絵図の史料学および解読に関する総合的研究』滋賀大学   33-41   1985年
葛川絵図の語るもの―絵図に表現された地理的知識の構造―
青山 宏夫・久武 哲也
地理   29(7) 130-141   1984年
絵地図解読の試み―日根野絵地図を例として―
青山 宏夫
『空間・景観・イメージ』地人書房   186-196   1983年

書籍等出版物

 
わくわく!たんけん歴博 日本の歴史3 近世
青山 宏夫 (担当:分担執筆, 範囲:「江戸時代の世界地図」「伊能忠敬の日本地図」)
吉川弘文館   2017年10月   
オランダ・ドイツに所在するシーボルト関係地図資料―ライデン・ミュンヘン・ブランデンシュタイン城を中心に―
青山 宏夫 (担当:編者)
国立歴史民俗博物館   2016年3月   
風景の記録―写真資料を考える―
青山 宏夫 (担当:共編者)
国立歴史民俗博物館   2011年11月   
前近代地図の空間と知
青山 宏夫
校倉書房   2007年   ISBN:978-4-7517-3850-4
新潟県北蒲原郡紫雲寺町大字大中島 神田家文書目録
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
国立歴史民俗博物館・東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター   2005年3月   
水木家資料目録(国立歴史民俗博物館資料目録3)
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
国立歴史民俗博物館   2003年3月   
日本史文献事典
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
弘文堂   2002年11月   
日本歴史大事典
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
小学館   2000年   
日本海とその周辺諸地域の地理的知識の形成と日本海の呼称に関する研究
青山 宏夫
新潟大学人文学部   1997年   
地図の思想
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2005年   
『中条町史』通史編 第6巻
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
中条町   2004年   
歴史地理調査ハンドブック
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
古今書院   2001年   
中部Ⅱ 地図で読む百年
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
古今書院   2000年   
日本地名大百科
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
小学館   1996年11月   
吉川町史第一巻
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
吉川町   1996年   
ブリタニカ国際大百科事典
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
TBSブリタニカ   1995年   
改訂増補 地図と文化
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
地人書房   1993年   
新潟県風土記
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
旺文社   1990年   
地図と文化
青山 宏夫 (担当:分担執筆)
地人書房   1989年   
空間と行動論―地理学における行動論の諸問題―
青山 宏夫 (担当:共訳)
地人書房   1986年   

講演・口頭発表等

 
地名『カリヤド』を歩く―一つの新たな地名資料のために―
青山 宏夫
人文地理学会歴史地理研究部会   2017年11月18日   
近世日本における坤輿万国全図の広がり [招待有り]
青山 宏夫
史学研究会大会   2017年11月2日   
Space in maps and geographical thoughts [招待有り]
青山 宏夫
The 9th International Conference on Taiwanese Historical Documents and History   2017年10月14日   
原本と写本の直接的関係を確定できる坤輿万国全図
青山 宏夫
人文地理学会大会   2016年11月13日   
シーボルト事件と伊能日本図
青山 宏夫
歴博国際シンポジウム   2016年7月30日   
高橋景保からシーボルトに渡った伊能日本図の確定
青山 宏夫
歴史地理学会大会   2016年6月5日   
日本海という呼称の成立と展開 [招待有り]
青山 宏夫
日本学術会議地球惑星科学IGU分科会   2016年5月16日   
The Impact of Ricci’s World Maps on the Edo Period of Japan [招待有り]
AOYAMA Hiro'o
An international symposium “Reimagining the Globe and Cultural Exchange: From the World Maps of Ricci and Verbiest to Google Earth   2016年4月23日   
ライデンとミュンヘン所在のシーボルト関係地図資料について
青山 宏夫
歴史地理学会例会   2016年2月   
博物館資料を多角的に読む―歴史・地理資料としての写真―
青山 宏夫
歴博公開シンポジウム:資料がつなぐ大学と博物館―『研究循環アクセスモデル』の構築に向けて   2016年2月   
マテオ=リッチ世界図と近世日本 [招待有り]
青山 宏夫
人文地理学会大会   2013年11月9日   
シーボルトの地図編纂とブランデンシュタイン家所蔵資料
青山 宏夫
歴史地理学会大会   2013年5月19日   
シーボルトと地図資料
青山 宏夫
科研共同研究成果報告会「幻の『シーボルト日本博物館』を追って」   2011年12月   
古地図からみる地域の歴史 [招待有り]
青山 宏夫
高崎経済大学産業研究所研究会   2009年12月16日   
古地図研究の方法と課題 [招待有り]
青山 宏夫
東京大学史料編纂所附属画像史料解析研究センター開設10周年記念研究集会   2007年6月29日   
『日本荘園絵図聚影』釈文編中世の編纂に関する若干のコメント [招待有り]
青山 宏夫
『日本荘園絵図聚影』釈文編中世ワークショップ   2006年2月18日   
日本海呼称の成立と展開 [招待有り]
青山 宏夫
環日本海学会   2005年10月2日   
絵図・地図のなかの交通 [招待有り]
青山 宏夫
古代交通研究会   1999年6月   
古地図にみる日本海とその周辺
青山 宏夫
人文地理学会   1995年11月   
古地図にみる日本海という呼称 [招待有り]
青山 宏夫
The International Seminar on the Geographical Name of "East Sea"   1995年5月24日   
荒河保と奥山庄の境界について
青山 宏夫
新潟史学会   1994年5月   
日本海という呼称の成立と展開 [招待有り]
青山 宏夫
新潟大学環日本海研究会研究例会   1993年6月8日   
府中周辺の景観再論
青山 宏夫
新潟史学会   1992年9月   
中近世地図の雁道に関する一考察
青山 宏夫
日本地理学会   1991年10月   
居多神社四至絵図とその周辺
青山 宏夫
新潟史学会   1991年4月   
堀江家文書における近世村絵図の一考察
青山 宏夫
歴史地理学会   1987年4月   
庄園絵図に表現された空間分割―絵図から見た中世の境界―
青山 宏夫
歴史地理学会   1985年12月   
武蔵国鶴見寺尾絵図考
青山 宏夫
人文地理学会   1985年11月   
文学における「場所のイメージ」―宮澤賢治『グスコーブドリの伝記』を例として―
青山 宏夫
日本地理学会   1985年10月   
絵地図の表記方向の検討―1つの地図記号として―
青山 宏夫
歴史地理学会   1984年4月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
平安京ー京都の都市図・都市構造に関する比較総合研究とデジタルデータベースの構築
2002年 - 2005年
明治地籍図の集成的研究
2002年 - 2007年
前近代日本における景観の形成と変容に関する総合的研究
1999年 - 2002年
「関西」史と「関西」計画―文化の生成と自然的・社会的基盤―
2004年 - 2007年
伝統的地方都市の地域特性とその変容に関する比較研究
2000年 - 2003年
絵図による神仏習合社寺の建物配置、信仰形態、立地環境に関する復原的研究
1999年 - 2002年
日本における都市生活史の研究
1999年 - 2002年
神仏習合社寺の建物と配置、信仰と参詣の形態、立地と環境に関する復原的調査研究
1999年 - 2001年
日本歴史における環境と人間生活に関する総合研究
1998年 - 2001年
新潟県の社会と文化に関する地域比較史研究
1993年 - 1994年
環日本海における社会・文化の地域比較史研究
1991年 - 1992年
高度情報化社会における地域構造の変容
1986年 - 1988年
北海道・東北地方の農民の冷害パーセプション研究
1984年 - 1985年
荘園絵図の史料学および解読に関する総合研究
1984年 - 1985年
荘園絵図の史料学とデジタル画像解析の発展的研究
2004年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
坤輿万国全図と国民的教養の基盤形成
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 青山 宏夫
日本海とその周辺諸地域における地理的知識の形成と日本海の呼称に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 青山宏夫
前近代日本における景観の形成と変容に関する総合的研究
東アジア世界の近代都市図集成とその比較地図史的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
「シーボルトが紹介しようとした日本」の復元的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2011年
画像解析とフィールドワークに基づく荘園絵図情報システムの構築
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2011年

社会貢献活動

 
古い地図や写真から、土地の物語を読み解く
【寄稿】  NHKサービスセンター  ラジオ深夜便2018年2月号  2018年1月
シーボルトが手に入れた伊能日本図とは何か
【講師】  長崎歴史文化博物館  企画展関連報告会  2017年2月25日
シーボルトのコレクションと地図
【講師】  江戸東京博物館  えどはくカルチャー  2016年10月12日
地図史における伊能図―行基図からシーボルトまで―
【講師】  専修大学文学部  専修大学文学部創立50周年記念講演会  2016年8月6日
地図史における17世紀
【講師】  国立歴史民俗博物館  歴博講演会  2015年1月
カメラがとらえた地域と景観
【講師】  千葉県選挙管理委員会・千葉県明るい選挙推進協議会  千葉県民政治大学  2014年10月28日
歴史資料としての地図
【講師】  台湾・国立台湾歴史博物館  2014年7月
くらしを守るもりやはやし
【講師】  国立歴史民俗博物館  くらしの植物苑観察会  2014年2月
江戸時代の世界図と日本海の呼称
【講師】  徳島大学  徳島大学第7回特別展記念講演会  2014年1月10日
江戸時代の世界図と日本海の呼称
【寄稿】  徳島新聞社  徳島新聞  2014年1月6日
風景の記録―歴史・地理資料としての写真―
【講師】  日本大学文理学部資料館  日本大学文理学部資料館特別講演会  2013年11月
石井實フォトライブラリー
【寄稿】  文部科学教育通信282  2011年12月
明治期写真集 日本残像
【寄稿】  文部科学教育通信278  2011年11月
カメラがとらえた地域と景観
【講師】  国立歴史民俗博物館  歴博講演会  2011年11月
仏教系世界図
【寄稿】  文部科学教育通信267  2011年5月
樹をみて絵図を読む
【講師】  国立歴史民俗博物館  歴博講演会  2009年6月
新しい近世史像を観る
【講師】  放送大学  放送大学面接授業  2008年10月
総合展示リニューアル(近世)に向けてⅢ ひとともののながれ・村からみえる『近代』
【司会】  国立歴史民俗博物館  歴博フォーラム  2007年10月
地図からみた戦国時代の越後と佐渡
【講師】  新潟県立歴史博物館  新潟県立歴史博物館講演会  2008年6月
河川と耕地の景観史
【講師】  国立歴史民俗博物館  歴博講演会  2007年6月
慧日寺絵図を読み解く
【パネリスト, 講師】  磐梯町  2003年10月
地図にみる『日本海』の呼称
【講師】  早稲田大学  早稲田大学オープンカレッジ  2003年10月
日本海という呼称の歴史
【寄稿】  (財)SOF海洋政策研究所  Ship & Ocean Newsletter 55  2002年11月
地図のなかの信州諏訪
【講師】  八十二文化財団  八十二文化財団講演会  2002年7月
古地図のなかのワンダーランド
【講師】  国立歴史民俗博物館  歴博講演会  2001年3月
絵図・地図を読む
【講師】  (財)文化財建造物保存技術協会  (財)文化財建造物保存技術協会技術者歴史研修  1999年6月
地図から調べる越後と佐渡の歴史
【講師】  新潟大学人文学部  新潟大学人文学部公開講座  1997年12月
日本海という呼称について
【寄稿】  二宮書店  地理月報431号  1996年6月
列島のなかの佐渡
【講師】  新穂村  生涯大学システム大学等連携講座  1995年10月
地図や絵図から歴史を読む
【講師】  十日町市博物館  十日町市博物館講座  1994年6月
『日本海』の呼称-その成立と展開-
【講師】  富山市・富山市教育委員会  第9回日本海文化を考える富山シンポジウム  1993年10月
地図の歴史と現代
【講師】  新潟大学人文学部  新潟大学人文学部公開講座  1989年9月