白岩 善博

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/13 13:57
 
アバター
研究者氏名
白岩 善博
 
シライワ ヨシヒロ
URL
http://plmet.biol.tsukuba.ac.jp/
学位
理学修士(東京教育大学), 理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 生命環境系 教授
 
1979年7月
 - 
1979年10月
日本学術振興会 奨励研究員
 
1979年
 - 
1989年
新潟大学 助手
 
1989年
 - 
1997年
新潟大学 助教授
 
1997年12月
 - 
2004年3月
筑波大学 生物科学系 教授
 

学歴

 
1969年4月
 - 
1973年3月
新潟大学 理学部 生物学科
 
1973年4月
 - 
1975年3月
東京教育大学大学院 理学研究科 植物学専攻
 
1975年4月
 - 
1976年3月
東京大学 応用微生物研究所 研究生 
 
1976年4月
 - 
1979年3月
東京大学大学院 理学系研究科 植物学専攻
 

委員歴

 
2011年
   
 
日本光合成学会  幹事会委員
 
2010年4月
   
 
マリンバイオテクノロジー学会  理事
 
2010年
   
 
ユーグレナ研究会  評議員
 
2008年
 - 
2009年
マリンバイオテクノロジー学会  理事/副会長/会長/理事
 
2005年
 - 
2007年
マリンバイオテクノロジー学会  理事/副会長/会長/理事
 

受賞

 
2015年5月
マリンバイオテクノロジー学会 マリンバイオテクノロジー学会賞 海洋ハプト藻類の長鎖脂質生合成系の解明と藻類バイオ燃料開発に向けた基盤研究
 
マリンバイオテクノロジー学会賞は, マリンバイオテクノロジーに貢献してきた研究成果や技術開発を行った研究者を対象に与えられるもの
2010年3月
マリンバイオテクノロジー学会 マリンバイオテクノロジー学会賞(論文賞)(2009年号出版論文)
 
学会誌Marine Biotechnology (Springer)に掲載された論文に対する学会賞(論文賞)(Cold Stress Stimulates Intracellular Calcification by the Coccolithophore, Emiliania huxleyi (Haptophyceae) Under Phosphate-Deficient Conditions. M. Satoh, K. Iwamoto, I. Suzuki and Y. Shiraiw...

論文

 
辻, 敬典; 白岩, 善博
日本地球化学会年会要旨集   59(0) 180   2012年
海洋で繁栄している円石藻や珪藻などの植物プランクトンは、陸上植物や他の緑色植物や紅色植物に属する藻類群とは大きく異なり、ゲノム構造も異なる。したがって、陸上植物、緑藻類やシアノバクテリアで確立された代謝モデルはこれらの藻類には当てはまらない。本発表では、円石藻が持つ葉緑体内でのC4化合物の合成経路を中心に、海洋植物プランクトンに特徴的な炭素代謝経路について、他生物群とも比較しながら紹介する。
Tsuji,Yoshinori;Yamazaki,Masatoshi;Suzuki,I;Shiraiwa,Yoshihiro
Marine Biotechnology   17(4) 428-440   2015年8月   [査読有り]
The bloom-forming coccolithophore Emiliania huxleyi (Haptophyta) is a dominant marine phytoplankton, cells of which are covered with calcareous plates (coccoliths). E. huxleyi produces unique lipids of C-37-C-40 long-chain ketones (alkenones) with...
Shi,Q;Araie,H;Bakku,RK;Fukao,Y;Rakwal,R;Suzuki,I;Shiraiwa,Yoshihiro
Proteomics   15(23-24) 4145-4158   2015年12月   [査読有り]
Lipid body (LB) is recognized as the cellular carbon and energy storage organelle in many organisms. LBs have been observed in the marine haptophyte alga Tisochrysis lutea that produces special lipids such as long-chain (C-37-C-40) ketones (alkeno...
Physicochemical properties of divinyl chlorophylls a, a’ and divinyl pheophytin a compared with those of monovinyl derivatives
H.,Komatsu;D.,Fujinuma;S.,Akutsu;D.,Fukayama;Y.,Sorimachi;Y.,Kato;Y.,Kuroiwa;T.,Watanabe;H.,Miyashita;K.,Iwamoto;Y.,Shiraiwa;M.,Ohnishi-Kameyama;H.,Ono;H.,Koike;M.,Sato;M.,Kawachi;Kobayashi,Masami
Photomed. Photobiol.   36 59-69   2014年
加納, 千紗都; 沢田, 健; 中村, 英人; 白岩, 善博; 鈴木, 石根; 新家, 弘也
日本地球化学会年会要旨集   59(0) 181   2012年
ハプト藻は海洋における主要な基礎生産者であり、ほとんどの藻種は石灰質殻である円石(coccolith)を形成することが知られる。 本研究では、ハプト藻アルケノン合成種と、<Pleurochrysis carterae/>などのアルケノン非合成種8種の培養試料を用い、極性脂質画分を検出した。その結果、アルケノン合成種ではCholesterol(C<27SUB>)とBrassicasterol(C<28SUB>)が、アルケノン非合成種ではCholesterol、Brassicasterolに加...

書籍等出版物

 
The Physiology of Microalgae
Araie,H;Shiraiwa,Yoshihiro (担当:分担執筆, 範囲:Selenium in algae)
Springer-Verlag: Heidelberg,   2015年6月   
Perspectives in Phycology
Tsuji,Y;Shiraiwa,Yoshihiro (担当:分担執筆, 範囲:Distinctive features of photosynthetic carbon metabolism in secondary endosymbiotic algae.)
2015年6月   
藻類ハンドブック
新家弘也;白岩,善博 (担当:分担執筆, 範囲:セレノプロテイン)
エヌ・テイー・エス   2012年   
Experimental evidences indicating ctive species of "CO2" utilized for photosynthesis and that carbonic anhydrase enhances CO2 fixatin by ribulose 1,5-bisphosphate carboxylase
白岩, 善博
1979年3月   
理大科学フォーラム
白岩善博 (担当:監修, 範囲:海洋微細藻類を利用する炭素隔離と再生可能な次世代エネルギー生産.)
理大科学フォーラム   2012年   

講演・口頭発表等

 
A mechanism of photosynthetic carbon fixation in the haptophyte alga, Emiliania huxleyi
Tsuji, Y;Iwamoto, K;Suzuki, I;Shiraiwa, Y
47th Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Plant-Physiologists   2006年3月19日   

競争的資金等の研究課題

 
海洋ハプト藻類のアルケノン合成経路の解明と基盤技術の開発
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月
石油や石灰岩形成に寄与した生物群である海洋ハプト藻類が生産するオイル原料の合成系を明らかにして、種々の中間産物を合成し、バイオ燃料として利用するための基盤技術開発を行う。
オイル産生藻類Botryococcus(ボトリオコッカス)高アルカリ株の高度利用技術
国内共同研究
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 渡邉 信
オイル産生藻類Botryococcus(ボトリオコッカス)高アルカリ株の高度利用技術
直鎖炭化水素合成遺伝子に関する研究
トヨタ中央研究所: 企業からの受託研究
研究期間: 2009年9月 - 2010年8月    代表者: 渡邉 信
直鎖炭化水素合成遺伝子に関する研究
シャジクモ類の衰退要因解明に向けた環境負荷化学物質の影響に関する生理・生態学的研究
神戸大学: 国内共同研究
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
シャジクモ類の衰退要因解明に向けた環境負荷化学物質の影響に関する生理・生態学的研究
海洋酸性化の実態把握と微生物構造・機能への影響評価に関する研究(FY2008-FY2010)
気象庁気象研究所、財団法人日本水路協会海洋情報センター: 国内共同研究
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 濱 健夫

特許

 
特願2008-029481 : 藻類由来のAMPデアミナーゼ
白岩善博;岩本浩二;南誓子
特願2009-222216 : 藻類由来のマンニトール合成関連遺伝子
白岩善博;岩本浩二;神谷充伸