永坂 鉄夫

J-GLOBALへ         更新日: 12/04/14 11:15
 
アバター
研究者氏名
永坂 鉄夫
 
ナガサカ テツオ
URL
http://p2222.nsk.ne.jp/~ntetsuo/
所属
金城大学
職名
名誉教授(金沢大学),副学長/医療健康学部
学位
医学博士(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1959年
 - 
1968年
名古屋大学助手
 
1968年
 - 
1974年
名古屋大学助教授
 
1974年
 - 
1998年
金沢大学教授
 
2000年
   
 
- 金城大学教授・副学長
 

学歴

 
 
 - 
1957年
名古屋大学 医学部 医学
 

委員歴

 
1981年
 - 
1999年
日本生理学会  常任幹事
 
1988年
 - 
1999年
日本生気象学会  会長
 
2006年
   
 
日本宇宙航空環境医学会  名誉会員
 
1988年
 - 
2004年
日本体力医学会  評議員(北陸地方会理事長)
 
2008年
   
 
日本発汗学会  名誉会員
 

受賞

 
1996年
石川テレビ賞
 

Misc

 
無風高温環境で頭部の熱移動におよぼす化粧の影響 (共著)
宇宙航空環境医学   30(1) 55-62   1993年
皮膚循環の特徴
血管無侵襲診断法研究会誌   13 1-2   1993年
暑熱と人間-環境生理学の立場から
日本体質学雑誌   57(1) 8-10   1993年
田辺 実, 平下 政美, 平井 敦夫, 永坂 鉄夫
日本生気象学会雑誌   31(1) 37-44   1994年
運動時の手掌発汗量に及ぼす運動強度の影響
発汗学   2(1) 41-43   1995年

書籍等出版物

 
親愛なるヤンさん
能登印刷出版部   2000年   ISBN:ISBN4-89010-330-9
環境と生体, Ⅰエネルギー代謝, Ⅱ栄養
標準生理学第5版 本郷利憲, 廣重力監修,医学書院   2000年   
選択的脳冷却の概念とその応用
悪性新生物、炎症、疼痛に関わる温熱療法 小坂ら編、東京   2001年   
ドンキホーテの弁解-One Word Too Many Again-(単著)
前田書店(金沢)   2002年   ISBN:ISBN4-944121-09-1
なりたちからわかる!「反=紋切型」医学用語『解體新書』(共著)
診断と治療社   2001年   ISBN:ISBN4-7878-1254-9

講演・口頭発表等

 
複合環境因子の影響に関する研究における日本人の貢献
第12回国際複合環境要因学会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
高体温時の皮膚血流量調節に関する研究
研究期間: 1976年   
選択的脳冷却機構に関する研究
共同研究
研究期間: 1980年   
動物の温熱適応機序に関する研究
共同研究
研究期間: 1985年