少作 隆子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 13:30
 
アバター
研究者氏名
少作 隆子
 
シヨウサク タカコ
通称等の別名
OHNO-SHOSAKU TAKAKO
URL
http://yoneda-lab.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html
所属
金沢大学
部署
医薬保健研究域 保健学系
職名
教授
学位
医学博士(京都大学), 医科学修士(大阪大学)
科研費研究者番号
60179025

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1986年7月
京都大学 医学部 助手
 
1987年4月
 - 
1991年3月
大阪医科大学 第二生理 助手
 
1991年4月
 - 
1994年6月
金沢大学 医学部 助手
 
1994年7月
 - 
1996年11月
金沢大学 医学部 講師
 
1996年12月
 - 
2005年3月
金沢大学 医学系研究科 助教授
 
2005年4月
 - 
現在
金沢大学 保健学系 教授
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1979年3月
金沢大学 理学部 生物学科
 
1979年4月
 - 
1981年3月
大阪大学 医学研究科 医科学修士課程
 
1981年4月
 - 
1985年3月
京都大学 医学研究科 博士後期課程 生理学
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本生理学会  常任幹事
 

論文

 
Yoneda M, Sugimoto N, Katakura M, Matsuzaki K, Tanigami H, Yachie A, Ohno-Shosaku T, Shido O.
J Nutr Biochem.   39 110-116   2017年1月
Hypoxia-induced inhibition of the endocannabinoid system in glioblastoma cells
Sugimoto N, Ishibashi H, Nakamura H, Yachie A, Ohno-Shosaku T
Oncol Rep   38 3702-3708   2017年   [査読有り]
Ota T, Yoneda M, Kikuchi Y, Ohno-Shosaku T
J Wellness Health Care   41 37-48   2017年   [査読有り]
Probabilistic Selection Taskと予測に基づく運動制御課題の関連
米田貢, 伊藤萌子, 菊池ゆひ, 太田哲夫, 少作隆子
つるま保健学会誌   40(1) 97-101   2016年7月
米田貢, 照井希実, 藤井己浦, 富岳裕理, 少作隆子
作業療法   35(3) 289-300   2016年6月
Availability of three-lever operant task as mouse model for studying motor sequence and skill learning.
Yoneda M, Tabata Y, Echigo R, Kikuchi Y, Ohno-Shosaku T.
Tsuruma Health Sci Soc Kanazawa Univ   39(2) 113-122   2016年1月
フィードバックの感覚モダリティの違いがProbabilistic Selection Taskの学習に与える影響
米田貢, 寺嶋翔子, 太田哲生, 菊池ゆひ, 少作隆子
日本作業療法研究学会雑誌   19(2)    2016年
若年成人におけるProbabilistic Selection Task成績の性差の検討
米田貢, 寺嶋翔子, 高林亮, 岡本涼子, 菊池ゆひ, 少作隆子
日本作業療法研究学会雑誌   19(1) 7-14   2016年
フィードフォワードの運動制御課題における加速度波形と筋電図の関連性
米田貢, 菊池ゆひ, 小池康晴, 少作隆子
日本作業療法研究学会雑誌   19(1) 31-35   2016年
Soltesz I, Alger BE, Kano M, Lee SH, Lovinger DM, Ohno-Shosaku T, Watanabe M
Nat Rev Neurosci   16(5) 264-277   2015年5月
Ohno-Shosaku T, Kano M
Curr Opin Neurobiol   29 1-8   2014年12月
Impaired anticipatory hand movement during a loading task in patients with schizophrenia
KikuchiY, YonedaM, Ohno-ShosakuT
J Tsuruma Health Sci Soc   38 21-28   2014年   [査読有り]
Hashimotodani Y,Ohno-Shosaku T,Tanimura A,Kita Y,Sano Y,Shimizu T,Di Marzo V,Kano M
JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON      2013年10月
Sugawara Y,Echigo R,Kashima K,Minami H,Watanabe M,Nishikawa Y,Muranishi M,Yoneda M,Ohno-Shosaku T
BRAIN RESEARCH   1512 9-21   2013年5月
健常者および統合失調症、双極性障害患者における上肢への重りの負荷/脱負荷時の反応と予測の影響
菊池ゆひ,米田貢,少作隆子
日本作業療法研究学会雑誌   16 37-40   2013年   [査読有り]
Echigo R,Sugimoto N,Yachie A,Ohno-Shosaku T
ONCOLOGY REPORTS   28(4) 1176-80   2012年10月
Sugimoto N,Shido O,Matsuzaki K,Ohno-Shosaku T,Hitomi Y,Tanaka M,Sawaki T,Fujita Y,Kawanami T,Masaki Y,Okazaki T,Nakamura H,Koizumi S,Yachie A,Umehara H
CELLULAR PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY   30(2) 450-7   2012年7月
Ohno-Shosaku T,Tanimura A,Hashimotodani Y,Kano M
NEUROSCIENTIST   18(2) 119-132   2012年4月   [査読有り][招待有り]
Ohno-Shosaku T,Sugawara Y,Muranishi C,Nagasawa K,Kubono K,Aoki N,Taguchi M,Echigo R,Sugimoto N,Kikuchi Y,Watanabe R,Yoneda M
BRAIN RESEARCH   1421 66-77   2011年11月
Hashimotodani Y,Ohno-Shosaku T,Yamazaki M,Sakimura K,Kano M
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   31(8) 3104-9   2011年2月
Sugimoto N,Miwa S,Ohno-Shosaku T,Tsuchiya H,Hitomi Y,Nakamura H,Tomita K,Yachie A,Koizumi S
NEUROSCIENCE LETTERS   497(1) 55-9   2011年1月
Kano M,Ohno-Shosaku T,Hashimotodani Y,Uchigashima M,Watanabe M
PHYSIOLOGICAL REVIEWS   89(1) 309-80   2009年1月
Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Maejima T, Fukami K, Kano M
NEUROPHARMACOLOGY   54 58-67   2008年1月
Ohno-Shosaku T, Hashimotodani Y, Ano M, Takeda S, Tsubokawa H, Kano M
JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON   584(1) 407-418   2007年10月   [査読有り]
Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Watanabe M, Kano M
JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON   584(373-380) 373-380   2007年10月   [査読有り][招待有り]
Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Kano M
CURRENT OPINION IN NEUROBIOLOGY   17(360-365) 360-365   2007年6月   [査読有り][招待有り]
Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Kano M
NEUROSCIENTIST   13(127-137) 127-137   2007年4月   [査読有り][招待有り]
Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Kano M
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   27(1211-1219) 1211-1219   2007年1月   [査読有り]
Kawamura Y, Fukaya M, Maejima T, Yoshida T, Miura E, Watanabe M, Ohno-Shosaku T, Kano M
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   26(11) 2991-3001   2006年3月   [査読有り]
Ohno-Shosaku T, Hashimotodani Y, Maejima T, Kano M
CELL CALCIUM   38(3-4) 369-374   2005年9月   [査読有り][招待有り]
Maejima T, Oka S, Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Aiba A, Wu D, Waku K, Sugiura T, Kano M.
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   25(29) 6826-6835   2005年7月   [査読有り]
Hashimotodani Y, Ohno-Shosaku T, Tsubokawa H, Ogata H, Emoto K, Maejima T, Araishi K, Shin HS, Kano M
Neuron   45(2) 257-268   2005年1月   [査読有り]
Yamazaki M, Ohno-Shosaku T, Fukaya M, Kano M, Watanabe M, Sakimura K
NEUROSCIENCE RESEARCH   50(4) 369-374   2004年12月   [査読有り]
Fukudome Y, Ohno-Shosaku T, Matsui M, Omori Y, Fukaya M, Tsubokawa H, Taketo MM, Watanabe M, Manabe T, Kano M
EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE   19(10) 2682-2692   2004年5月   [査読有り]
Kano M, Ohno-Shosaku T, Maejima T, Yoshida T, Hashimoto K
Curr Neuropharmacol   2 49-57   2004年   [査読有り][招待有り]
Ohno-Shosaku T, Matsui M, Fukudome Y, Shosaku J, Tsubokawa H, Taketo MM, Manabe T, Kano M
EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE   18 109-116   2003年7月   [査読有り]
Presynaptic cannabinoid sensitivity is a major determinant of depolarization-induced retrograde suppression at hippocampal synapses
Ohno-Shosaku T, Tsubokawa H, Mizushima I, Yoneda N, Zimmer A, Kano M
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   22(10) 3864-3872   2002年5月   [査読有り]
Ohno-Shosaku T, Shosaku J, Tsubokawa H, Kano M
European Journal of Neuroscience   15(6) 953-961   2002年3月   [査読有り]
Kano M, Ohno-Shosaku T, Maejima T
MOLECULAR PSYCHIATRY   7(3) 234-235   2002年3月   [査読有り][招待有り]
Ohno-Shosaku T, Maejima T, Kano M
Neuron   29(3) 729-738   2001年3月   [査読有り]
MAEJIMA T, OHNO‐SHOSAKU T, KANO M
Neuroscience Research   40(3) 205-210   2001年
Ohno-Shosaku T, Sawada S, Kano M
Neuroscience Research   36(1) 67-71   2000年1月   [査読有り]
Ohno-Shosaku T, Sawada S, Yamamoto C
Pfluegers Archiv (Eur. J. Phsiol.)   435(2) 273-279   1998年5月   [査読有り]
Yamamoto C, Sawada S, Ohno-Shosaku T
Brain Research   783(2) 227-235   1998年2月   [査読有り]

Misc

 
Endocannabinoid-mediated retrograde modulation of synaptic transmission
T. Ohno-Shosaku, T. Maejima, I. Mizushima, N. Yoneda, M. Kano
Neuroscience Research   Supplement 25 S179   2001年9月
ポリエチレンチューブによる心筋細胞活動電位の記録
日本生理学雑誌   63(4) 87-91   2001年
脳内カンナビノイド受容体とシナプス伝達調節
脳の科学   23(11) 1000-1002   2001年
Types of mGluR involved in depolarization-induced suppression of inhibition (DSI) in rat hippocampal culture
The Japanese Journal of Physiology   50(Supplement) S127   2000年
生理学的機能解析法および分子生物学的解析法
脳の科学   21 21-26   1999年
Effects of CaM kinase II inhibitors on DSI in rat hippocampal culture
Neuroscience Research   Supplement 23 S85   1999年
Calcium channels involved in depolarization-induced suppression of inhibition in cultured rat hippocampal neurons
T. Ohno-Shosaku, S. Sawada
Neuroscience Research   Supplement 22 S97   1998年9月
Possible involvement of retrograde signaling in modulation of inhibitory transmission in cultured rat hippocampal neurons
T. Ohno-Shosaku, S. Sawada, C. Nakanishi
The Japanese Journal of Physiology   48(Supplement) S20   1998年3月
Modulation of inhibitory transmission by retrograde signaling in cultured rat hippocampal neurons
T. Ohno-Shosaku, S. Sawada
Neuroscience Research   Supplement 21 S60   1997年7月

講演・口頭発表等

 
3 レバー・オペラント課題における学習効率と行動柔軟性:カンナビノイド系とテオブロミン
•米田貢,谷上颯,中川雅崇,臼田明莉,杉本直俊,少作隆子
第12回日本作業療法研究学会学術大会   2018年10月13日   
高齢マウスの1レバー,3レバー,逆転3レバー・オペラント課題の成績
少作 隆子
2018年7月27日   
重りの負荷課題の予測に基づくフィードフォワード制御とレバー押し課題の運動学習の関係
•Ota T, Kikuchi Y, Yoneda M, Koike Y, Ohno-Shosaku T
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   
運動学習および行動柔軟性に影響をおよぼす因子:カンナビノイド系とテオブロミン
•米田貢,谷上颯,臼田明莉,中川雅崇,菊池ゆひ,杉本直俊,少作隆子
第95回日本生理学会大会   2018年3月30日   
3レバーオペラント課題における2-AG合成酵素DGLα欠損マウスの適応行動の障害
•米田貢,谷上颯,田端佑樹,越後亮介,少作隆子
39回 日本生物学的精神医学会・第47回 日本神経精神薬理学会 合同年会   2017年9月27日   
マウスの運動学習およびBDNF発現量に対するテオブロミン摂取の効果
•Tanigami H, Yoneda M, Sugimoto N, Tabata Y, Katakura M, Matsuzaki K, Yachie A, Shido O, Ohno-Shosaku T
第40回日本神経科学大会   2017年7月22日   
Probabilistic Selection Taskにおける統合失調症患者の強化学習障害
•Kikuchi Y, Yoneda M, Terashima S, Takabayashi R, Ota T, Ohno-Shosaku T
第40回日本神経科学大会   2017年7月22日   
2-AG合成酵素DGLα欠損マウスはCB1受容体欠損マウスと同様のレバー押し学習障害を示す
第94回日本生理学会大会   2017年3月29日   
Theobromine crosses the blood brain barrier resulting in increased phosphorylation of vasodilator-stimulated phosphoprotein and cAMP-response element-binding protein in the mouse brain
21st International Conference of FFC   2017年3月25日   
Theobromine crosses the blood brain barrier in vivo resulting in increased phosphorylation of vasodilatorstimulated phosphoprotein in the mouse brain
Physiology 2016   2016年7月30日   
3レバーオペラント課題を用いたマウスの運動学習および適応行動に対するテオブロミン摂取の効果
第39回日本神経科学大会   2016年7月20日   
Theobromine, the primary methylxanthine found in Theobroma cacao, can pass through the blood-brain barrier in mice
Experimental Biology 2016   2016年4月6日   
3レバーオペラント課題を用いたマウスの運動学習および適応行動に対するテオブロミン摂取の効果
谷上颯、米田貢、田端佑樹、杉本直俊、少作隆子
第93回日本生理学会   2016年3月22日   日本生理学会
Impairment of adaptive behavior in CB1-knockout mice during the one-lever, three-lever and reverse three-lever tasks
第38回日本神経科学大会   2015年7月28日   日本神経科学学会
A CB1-independent enhancement of spontaneous synaptic activity by endogenously-released 2-arachidonoylglycerol in cultured hippocampal neurons
第38回日本神経科学大会   2015年7月28日   日本神経科学学会
運動学習におけるCB1受容体の役割:3レバー・オペラント課題を用いて
米田貢、田端佑樹、高林亮、少作隆子
第37回日本神経科学大会   2014年9月12日   日本神経科学学会
2-アラキドノイルグリセロールと関連物質によるシナプス伝達調節
少作隆子、狩野方伸
第37回日本神経科学大会   2014年9月12日   日本神経科学学会
統合失調症者のフィードフォワード運動制御の障害
菊池ゆひ、米田貢、越後亮介、中川紗佑里、小池康晴、少作隆子
第37回日本神経科学大会   2014年9月11日   日本神経科学学会
海馬興奮性および抑制性ニューロン間での抗精神病薬クロザピンとその代謝物N-desmethylclozapineのムスカリン性受容体に対する作用の違い
菅原優翔、太田哲生、少作隆子
第37回日本神経科学大会   2014年9月11日   日本神経科学学会
脱負荷時の手の動きと筋電図測定による予測に基づく運動制御の個人差の評価
菊池ゆひ、濱直人、若林優衣、熊切幸乃、米田貢、小池康晴、少作隆子
第36回日本神経科学大会   2013年6月2日   日本神経科学学会
順序および運動学習のマウスモデルとしての3レバー・オペラント課題
米田貢、田端佑樹、菊池ゆひ、少作隆子
第36回日本神経科学大会   2013年6月2日   日本神経科学学会
内因性カンナビノイド2-AGのカンナビノイド受容体を介さない神経活動促進作用
少作隆子、菅原優翔、熊切幸乃、若林優衣、米田貢
第36回日本神経科学大会   2013年6月2日   日本神経科学学会
内因性カンナビノイド2-AGのカンナビノイド受容体を介さない作用
少作隆子
第90回日本生理学会大会   2013年3月2日   日本生理学会
向精神薬クロザピンの活性代謝物N-desmethylclozapineの海馬興奮性ニューロンに対するM1アゴニスト作用
少作隆子
第88回日本生理学会大会   2011年3月2日   
Effects of intracellular Ca2+ level on channel modulation induced by activation of muscarinic receptors in rat cultured hippocampal neurons
少作隆子
第36回国際生理学会大会   2009年7月   

競争的資金等の研究課題

 
嗜好食品による抗老化と認知機能促進の分子基盤及び機能的形態学的機序の解明
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 杉本直俊
リハビリテーション技術確立のための運動学習における行動柔軟性に関する基礎研究
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 米田貢
シナプスにおける逆行性シグナルが生後発達期の機能的神経回路形成に果たす役割の解明
文部科学省: 特別推進研究
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 狩野方伸
カンナビノイドと他の脂質メディエーターとのクロストーク
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 少作隆子
嗜好食品ががん化、老化、発達障害を予防する―メチルキサンチン誘導体を中心として―
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 杉本直俊
脳内カンナビノイド系が変化するメカニズムの解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 少作隆子
内因性カンナビノイドによる逆行性シナプス伝達の脳機能・脳病隊における役割の解明
文部科学省: 基盤研究(S)
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 狩野方伸
カンナビノイド依存性シナプス可塑性のメカニズム
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 少作隆子
ムスカリン性アセチルコリン受容体を介するシグナルの多様性および相互依存性の解析
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 少作隆子
内因性カンナビノイドを介する逆行性シナプス伝達のメカニズムとその生理的意義の解明
文部科学省: 基盤研究(S)
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 狩野方伸
シグナルの同期性を検出する分子メカニズム
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 少作隆子
PLC活性のリアルタイム測定法を用いた細胞内シグナルのクロストークの解析
文部科学省: 萌芽研究
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 少作隆子
シナプス伝達調節におけるホスホリパーゼCβの同期性検出器としての役割
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 少作隆子
逆行性シグナルとして働く内因性カンナビノイドの同定およびその放出メカニズムの解明
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 少作隆子
シナプス可塑性の誘導における内因性カンナビノイドの役割
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 少作隆子
抑制性シナプス伝達の可塑性の生理的意義
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 少作隆子
シナプス伝達調節における逆行性シグナルおよびグリアの関与
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 少作隆子
抑制性シナプスにおける逆行性伝達物質の作用およびその役割
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 少作隆子
ニューロンの細胞内エネルギーレベル感受性イオンチャネルの役割
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 少作隆子
神経回路形成とエネルギー代謝
文部科学省: 奨励研究(A)
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 少作隆子