横山 茂

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 22:41
 
アバター
研究者氏名
横山 茂
 
ヨコヤマ シゲル
所属
金沢大学
部署
子どものこころの発達研究センター
職名
教授、センター長
学位
博士(医学)(金沢大学)
科研費研究者番号
00210633

研究分野

 
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
金沢大学 医学研究科 病理系免疫生物学
 
1979年4月
 - 
1985年3月
金沢大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本神経化学会  評議委員、シンポジウムプログラム委員
 
1999年
 - 
現在
-:日本神経化学会 評議委員
 

受賞

 
1988年
日本心臓財団研究助成金
 
1990年
公益信託松原三郎記念精神医学育成基金
 
1990年
老人医療基金研究奨励金
 
1994年
興和生命科学振興財団研究奨励金
 
2001年
平成13年度本陣奨励金
 

論文

 
Yuhi T, Ise K, Iwashina K, Terao N, Yoshioka S, Shomura K, Maehara T, Yazaki A, Koichi K, Furuhara K, Cherepanov SM, Gerasimenko M, Shabalova AA, Hosoki K, Kodama H, Zhu H, Tsuji C, Yokoyama S, Higashida H
Behavioral sciences (Basel, Switzerland)   8(11)    2018年11月   [査読有り]
Kushima I, Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Okada T, Uno Y, Morikawa M, Ishizuka K, Shiino T, Kimura H, Arioka Y, Yoshimi A, Takasaki Y, Yu Y, Nakamura Y, Yamamoto M, Iidaka T, Iritani S, Inada T, Ogawa N, Shishido E, Torii Y, Kawano N, Omura Y, Yoshikawa T, Uchiyama T, Yamamoto T, Ikeda M, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Nunokawa A, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Kobori A, Suzuki M, Takahashi T, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Sasaki T, Kuwabara H, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Eriguchi Y, Benner S, Kojima M, Yassin W, Munesue T, Yokoyama S, Kimura R, Funabiki Y, Kosaka H, Ishitobi M, Ohmori T, Numata S, Yoshikawa T, Toyota T, Yamakawa K, Suzuki T, Inoue Y, Nakaoka K, Goto YI, Inagaki M, Hashimoto N, Kusumi I, Son S, Murai T, Ikegame T, Okada N, Kasai K, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N
Cell reports   24(11) 2838-2856   2018年9月   [査読有り]
TRPM2, a new player, in cyclic ADP-ribose/CD38-dependent oxytocin release in the hypothalamus.
Tsuji, T., Liang, M., Lopatina, O., Yuhi, T., Tsuji,C., Zhong, J., Akther, S., Nishimura, T., Amina, S., Liu, H.-X., Hashii, M., Furuhara, K., Yamamoto, Y., Yokoyama, S., and Higashida, H.
Messenger   6 71-75   2018年   [査読有り]
CD38 in the Nucleus Accumbens is critical in paternal behavior in mice.
Akther, S., Zhong, J., Liang, M., Cherepanov, S. M., Lopatina, O., Salmina, A. B., Tsuji, C., Tsuji, T., Yamamoto, Y., Yokoyama, S., and Higashida, H.
Messenger   6 81-84   2018年   [査読有り]
A Ca2+-calmodulin-dependent protein kinase II inhibitor suppresses
Hashii, M., Tanaka, Y., Higuchi, Y., Gabata, R., Tsubomoto, M., Iwatsuka, N.,Teramachi, M., Kamijima, T., Yokoyama, S., Matsukawa, S., and Higashida, H. 
Messenger   6 85-88   2018年   [査読有り]
Depression-like behavior in CD157 knockout mice.
Lopatina, O., Kasai, S., Cherepanov, S. M., Nishimura, T., Shabalova, A. A., Gerasimenko, M., Salmina, A. B., Yokoyama, S., and Higashida, H.
Messenger   6 89-93   2018年   [査読有り]
The contributions of Cd38 and Cd157 gene deletion in neurobehavioral outcomes.
Lopatina, O. L., Kasai, S., Cherepanov, S. M., Furuhara, K., Yoshihara, T., Shabalova, A. A., Gerasimenko, M. N., Tsuji, C., Yokoyama, S., and Higashida, H., and Salmina, A. B.
Messenger   6 99-104   2018年   [査読有り]
Cherepanov SM, Akther S, Nishimura T, Shabalova AA, Mizuno A, Ichinose W, Shuto S, Yamamoto Y, Yokoyama S, Higashida H
Brain sciences   7(10)    2017年10月   [査読有り]
Hattori T, Kaji M, Ishii H, Jureepon R, Takarada-Iemata M, Minh Ta H, Manh Le T, Konno A, Hirai H, Shiraishi Y, Ozaki N, Yamamoto Y, Okamoto H, Yokoyama S, Higashida H, Kitao Y, Hori O
Glia   65(6) 974-989   2017年6月   [査読有り]
Higashida H, Liang M, Yoshihara T, Akther S, Fakhrul A, Stanislav C, Nam TS, Kim UH, Kasai S, Nishimura T, Al Mahmuda N, Yokoyama S, Ishihara K, Gerasimenko M, Salmina A, Zhong J, Tsuji T, Tsuji C, Lopatina O
BMC neuroscience   18(1) 35   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
【分子精神医学の最前線】 オキシトシンと社会性行動 分泌メカニズムからの自閉スペクトラム症治療
東田 陽博, 横山 茂, 由比 光子, 辻 知陽, 廣澤 徹, 菊知 充, 橋本 隆紀, 三邉 義雄
精神科   30(1) 75-80   2017年1月
素因による迷走神経刺激療法治療効果の解析 電位依存性Na+チャネル異常が判明した3例を含めて
越智 さと子, 菅野 彩, 江夏 怜, 福村 忍, 白石 秀明, 廣瀬 伸一, 横山 茂, 三國 信啓
てんかん研究   34(2) 417-417   2016年9月
【自閉症の分子基盤】 自閉症スペクトラム障害とオキシトシン
東田 陽博, 横山 茂, 棟居 俊夫, 菊知 充, 三邉 義雄
分子精神医学   14(2) 74-80   2014年4月
オキシトシンは脳内に放出され、扁桃体をはじめとする「社会脳」領域を介して社会性行動、特に信頼を基礎とするあらゆる人間相互間活動に影響を与える。オキシトシン遺伝子やオキシトシン受容体、オキシトシンの脳内分泌を制御するCD38、脳内回路などがそれらの機能をつかさどる。自閉症スペクトラム障害はオキシトシン、オキシトシン受容体やCD38の遺伝子多型や欠損重複やDNAメチル化などと相関があるとする報告がある。オキシトシンの鼻腔単回投与により健常人、自閉症スペクトラム障害者ともに、目を見るや顔を認識す...
【精神発達遅滞・自閉症の分子医学】 発達障害・自閉症のあらたなモデルマウスと分子病態 CD38分子機能低下とオキシトシン分泌低下 オキシトシン分泌障害による自閉症サブクラス
東田 陽博, 横山 茂, 棟居 俊夫
医学のあゆみ   239(6) 713-717   2011年11月
オキシトシンとバゾプレシンは視床下部神経細胞でつくられ、その部位のオキシトシン産生神経から脳内に放出される。中枢では側座核や扁桃体をはじめとする"社会脳"領域を介して社会性行動、とくに"信頼を基礎とするあらゆる人間相互間活動"や不安を感じないでいられることに影響を与えることがわかってきた。オキシトシンの脳内分泌を制御するCD38はそれらの機能に関係する。CD38の遺伝多型や分子の異常がオキシトシンの分泌低下を引き起こし、その結果、広汎性発達障害や自閉症など、よい対人関係を構築できない社会障...
グリオーマ関連糖タンパクGpnmbのラット中枢神経系における発現と細胞局在(Expression and cellular localization of Gpnmb, a glioma-associated glycoprotein, in the rat central nervous system)
黄 健軍, 馬 文ショウ, 横山 茂
神経化学   50(2-3) 194-194   2011年9月
自閉症の原因遺伝子と治療 オキシトシンをめぐって
東田 陽博, 棟居 俊夫, 横山 茂
子どもの心とからだ   20(1) 30-43   2011年6月
オキシトシンとバゾプレシンは視床下部神経細胞で作られ、その部位のオキシトシン産生神経の樹状突起から脳内に放出される。また、下垂体後葉に運ばれて、下垂体後葉の神経終末より血流に放出される。中枢では、側座核や扁桃体をはじめとする「社会脳」領域を介して社会性行動、特に「信頼を基礎とするあらゆる人間相互間活動」に影響を与えることがわかってきた。また、マウスではつがい形成、仲間の保護、子育てに関与し、人では愛情や信頼の形成に関与している。オキシトシン遺伝子、オキシトシン受容体やオキシトシンの脳内分泌...
重症筋無力症/筋炎 アグリン多様性が及ぼすアセチルコリン受容体群落形成の変化 MGの新規治療法開発に関わる基礎研究
丸田 高広, 吉川 弘明, 吉川 弘毅, 高瀬 文超, 琢磨 寛孝, 中村 紗季, 佐藤 亜有子, 横山 茂, 岩佐 和夫, 山田 正仁
日本神経免疫学会学術集会抄録集   22回 57-57   2010年3月
癌転移関連糖タンパクgpnmbのラット中枢神経系における発現(Expression of gpnmb, a tumor metastasis-associated glycoprotein, in the rat central nervous system)
黄 健軍, 馬 文ショウ, 東田 陽博, 横山 茂
神経化学   47(2-3) 257-257   2008年8月
軸索損傷後の末梢神経で誘導される遺伝子群の探索
横山 茂, 東田 陽博
日本生理学雑誌   69(1) 46-46   2007年1月
膜電位依存性イオンチャネルの分子構造,多様性と神経機能調節
横山 茂
金沢大学十全医学会誌   115(3-4) 130-133   2006年12月

書籍等出版物

 
金沢大学子どものこころの発達研究センター
小学館   2013年12月   

講演・口頭発表等

 
Novel mechanisms of oxytocin release and oxytocin analogues in rodent and human social behaviors. [招待有り]
横山 茂
12th World Congress on Neurophypophyseal Hormones (WNCH)   2017年7月26日   
自閉スペクトラム症の遺伝的側面 [招待有り]
横山 茂
聞イテミル・考エテミル!?:自閉スペクトラム症の現在と未来   2017年3月17日   
CD157/BST-1 in neuropsychiatric disorders. [招待有り]
横山 茂
2016 Jeju CD38 and NAD meeting.   2016年2月17日   
Association study between the CD157/BST1 gene and autism spectrum disorders in a Japanese population. [招待有り]
WPA International Congress 2015   2015年11月19日   
Neuroimaging and genetic association studies of the effects of oxytocin on socio-emotional regulation. [招待有り]
横山 茂
The 21st IACAPAP (The International Association for Child and Adorescent Psychiatry and Allied Professions) Congress 2014   2014年8月13日   
発達障害と遺伝子 [招待有り]
横山 茂
第40回自閉症サイエンスカフェ「カフェで語ろう!!!自閉症」   2014年5月22日   
Polymorphisms of CD38 and CD157 genes in autism spectrum disorders. [招待有り]
2014 Jeju CD38 and NAD meeting   2014年2月19日   
末梢神経切断・伸張動物実験モデルの遺伝子発現解析から神経再生医療を考える [招待有り]
横山 茂
第4回神経再生医療研究会 in Sapporo   2013年2月6日   
神経伝達物質受容体・イオンチャネルの疼痛発生への関与 [招待有り]
横山 茂
第23回がん診療拠点病院研修会「緩和ケア講習会」   2010年6月7日   
Analysis of gene expression in injured peripheral nerve. [招待有り]
横山 茂
The III rd Russia-Japan workshop on Neurosciences. ― Integrative Neurosciences: Molecular and Translational Medicine ―   2008年8月21日   

競争的資金等の研究課題

 
自閉スペクトラム症幼児の症状多様性に対応する生物学的指標の検討
日本学術振興会科研費: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 菊知 充
自閉スペクトラム症治療薬としての長期作用型オキシトシン誘導体化合物の開発
AMED: 橋渡し研究加速ネットワークプログラム シーズA
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 横山 茂
ナノファイバー技術を用いた自己抗体の簡便スクリーニングシステムの開発
AMED: 橋渡し研究加速ネットワークプログラム シーズA
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 横山 茂
抗原固相化ナノファイバーの創製と新規自己抗体検出法開発への応用研究
日本学術振興会: :科研費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 横山 茂
メンタルヘルスにおける自律神経機能と自己抗体の関与-香り効果に関する前向き研究
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 吉川 弘明
自閉症スペクトラム障害幼児における遺伝子多型、脳内ネットワークと表現型の関係
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 菊知 充
一方向配向コラーゲン含有ナノファイバーを基材とする神経再生チューブの開発
JST: 平成27年度第2回マッチングプランナープログラム「探索試験」
研究期間: 2016年1月 - 2017年1月    代表者: 横山 茂
オキシトシン療法による自閉症スペクトラム障害者の自己観の変化に関する脳科学的研究
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 棟居 俊夫
神経損傷誘導性糖蛋白Gpnmbがイオンチャネル活動調節・痛み情報伝達に果たす役割
日本学術振興会: 科研費基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 横山 茂
神経内分泌仮説に基づく知能障害を有する自閉症スペクトラム障害の診断と治療の展開研究
文部科学省: 脳科学戦略推進プログラム「精神・神経疾患の克服を目指す脳科学研究(課題F)」
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 東田陽博