鈴木 三男

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/31 11:03
 
アバター
研究者氏名
鈴木 三男
 
スズキ ミツオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/2e52d2f3b5454e3cf7e9c91795ea0bd2.html
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 学術資源研究公開センター 植物園 教授,総合学術博物館長 植物園長
 
1994年
 - 
1997年
東北大学理学部 助教授
 
1981年
 - 
1994年
金沢大学教養部 助教授
 
1977年
 - 
1981年
東京大学農学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 農学研究科 林学
 
 
 - 
1970年
千葉大学 文理学部(理科系) 自然科学
 

Misc

 
Purnobasuki H, Suzuki M
Journal of Plant Research   117(6) 465-472   2004年
東北地方における最終氷期のトウヒ属化石のDNAによる種同定.
8 67-78   2000年
Kanno M, Yokoyama J, Suyama Y, Ohyama M, Ithoh T, Suzuki M
Journal of Plant Research   117(4) 311-317   2004年
Rhus verniciflua Stokes grew in Japan since the Early Jomon Period
Noshiro S, Suzuki M
Japanese Journal of Historical Botany   12 3-11   2004年

書籍等出版物

 
Wood structure of Himalayan Plants, I, II
1991年   
日本人と木の文化
2002年   
温帯性落葉環孔材及び散孔材における木部形成の植物季節学的解析.
2000年   
ケヤキ稚樹における樹幹直径の年変動.
2000年   
日本の白亜紀における双子葉材化石の多様化
2000年   

Works

 
文部省科学研究費国際学術研究(海外調査)南北両半球温帯林における広葉樹材構造の平行進化と系統の解析
芸術活動   1998年
海外学術調査 ヒマラヤ山域における木材構造の垂直的変異の解析
芸術活動   1995年
文部省科学研究費国際学術研究(海外学術調査) ヒマラヤ産木本植物の木材組織の系統学的研究
芸術活動   1992年
東アジア新石器時代におけるウルシと漆文化に関する考古植物学的研究
2005年 - 2006年
青森県の縄文時代遺跡におけるウルシ植物の存在とウルシ利用の実態の考古植物学的解明
2005年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
ヒマラヤ産木本植物の木材構造の多様性の解析
経常研究
研究期間: 1983年   
双子葉類木材形質の初現形態の追跡
経常研究
研究期間: 1979年   
マングローブ樹木の特殊環境下への適応形態と適応進化
経常研究
研究期間: 1991年