亘理 格

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 03:05
 
アバター
研究者氏名
亘理 格
 
ワタリ タダス
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015101.html
所属
中央大学
部署
法学部
職名
教授
学位
博士(法学)(東北大学), 法学修士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
 立教大学法務研究科非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
 立教大学法務研究科非常勤講師
 
2015年4月
   
 
~ 中央大学法学部教授
 
2012年12月
 - 
2014年12月
 北海道大学大学院法学研究科長・法学部長
 
2011年4月
 - 
2012年3月
 名古屋大学大学院法学研究科非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東北大学 法学研究科 
 
 
 - 
1977年
東北大学 法学部 
 

委員歴

 
2016年
   
 
日本公法学会  理事
 
2008年
   
 
日仏法学会  理事(企画運営委員会委員兼任)
 
2014年
   
 
環境法政策学会  理事
 

Misc

 
立地適正化計画の仕組みと特徴-都市計画法的意味の解明という視点から
亘理 格
吉田克己・角松生史(編)『都市空間のガバナンスと法』   105-126   2016年10月
埋立免許・承認における裁量権行使の方向性
亘理 格
紙野健二・本多滝夫(編)『辺野古訴訟と法治主義-行政法学からの検証』   137-163   2016年8月
フランス都市計画・国土整備法における「違法性の抗弁」論-「違法性の承継」論との関係で
亘理格
行政法研究   (8) 1-96   2015年5月
最高裁の行政法解釈学-解題と試論
亘理格
法律時報   90(8) 4-9   2018年7月
「管理型」都市計画法及び「枠組み法化」の意味と相互関係に関する覚書き
亘理格
土地総合研究   26(2) 3-11   2018年5月

書籍等出版物

 
行政行為と司法的統制-日仏比較法の視点から
(株)有斐閣   2018年6月   
都市計画法制の枠組み法化-制度と理論-
土地総合研究所   2016年6月   
現代行政法入門(第3版)
有斐閣   2015年4月   
転換期を迎えた土地法制度
土地総合研究所   2015年3月   
環境保全の法と理論
北海道大学出版会   2014年4月   

講演・口頭発表等

 
環境公益訴訟
環境法政策学会   2018年   
日本における環境団体訴訟法制化に関する試論
都市計画・地域開発・環境訴訟における訴えの利益に関する日仏研究集会   2017年   
La police et les cytoyens
第9回日仏法学者シンポジウム   2015年   
フランス行政法研究の意義と展望
日仏法学会創立50周年記念シンポジウム『日本におけるフランス法研究:回顧と展望』   2009年   
憲法・行政法・民法における一般利益=公益
第7回日仏法学共同研究集会   2008年   

Works

 
法的本質論を踏まえた非営利団体の地位と役割及び団体訴訟に関する比較法的総合研究
2015年4月
関係性及び連携と連帯に着目した新たな行政観の構築可能性とその具体像に関する研究
2010年4月
福祉、安全、参加に立脚した新たな行政像構築の可能性に関する総合的非核法研究
2006年4月
共同利益の法主体化及び公的事務の民間化に対応した行政法理論構築のための比較法研究
2003年4月
「『重要判例とともに読み解く個別行政法』を語る」書斎の窓628号
2013年10月

競争的資金等の研究課題

 
行政法
研究期間: 1977年