明 愛国

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/14 02:56
 
アバター
研究者氏名
明 愛国
 
ミン アイコク
URL
http://www.rm.mce.uec.ac.jp/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域機械知能システム学専攻、Ⅱ類(融合系)
職名
教授
学位
工学, 工学修士(山梨大学), 工学博士(東京大学)
科研費研究者番号
50239456

プロフィール

ロボットなどを対象に、その機構と制御法を中心に、実際のロボットおよびシステムの研究と開発を行ってきた。研究内容は下記のように大きく分けられる。
(1) 平面SCARAロボットの運動制御
(2) 球面SCARAロボットの研究開発
(3) ワイヤパラレルメカニズムの研究
(4) 高速・高精度粗微動実装ロボットシステムの研究開発
 (1)は、世界でも有名な平面SCARAロボットの機構、軌跡、運動、制御系を総合的に設計し、軌跡制御の高速化と精度向上を実現した。(2)は、平面SCARAロボットを三次元空間へ発展させた球面SCARAロボットの特性解析を行った上、ロボットを開発し、その有用性、特に工芸品の加工における実用性を実験により確認できた。(3)は、新しいワイヤ駆動パラレルメカニズムについて理論解析と実験の両方からアプローチし、この機構の一般概念、機構と制御系の設計法を提案した。(4)は、SCARAロボットに微動機構を搭載し、作業の高精度化と高速化を図るための微動機構と新しい光ファイバー位置決めセンサの開発と粗微動協調制御の研究を行った。

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
   
 
電気通信大学電気通信学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年3月
東京大学 工学系研究科 精密機械工学専攻
 
 
 - 
1987年3月
山梨大学 工学研究科 精密機械工学専攻
 
 
 - 
1983年7月
湖南大学 工学部 機械工学科
 
 
 - 
1979年7月
渡普高中  
 

委員歴

 
1996年
 - 
1999年
精密工学会  欧文誌編集委員会委員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本機械学会  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門第84期代議員及び運営委員会委員
 
2010年
 - 
2011年
日本機械学会  JSMEロボメカ表彰委員会
 

受賞

 
2017年5月
日本機械学会 日本機械学会若手優秀講演フェロー賞 生物模倣型ソフト水中ロボットの研究開発-上下鰭条を有する柔軟な尾 鰭機構の導入による推進性能の向上-
受賞者: 久松 和樹
 
2016年12月
公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2016優秀講演賞 移動ロボット搭載型マニピュレータでの近接覚センサを用いたプリグラスプ制御
 
2016年9月
社団法人 日本ロボット学会 日本ロボット学会 第30回学会誌論文賞受賞 指先に近接覚センサを備えたロボットハンドによるプリグラスプ制御
 
2015年12月
公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2015優秀講演賞 ネット状近接覚センサを用いた非接触型インタフェースの開発-空間的なインタラクションのためのセンサ設計-
 
2015年12月
IEEE ROBIO 2015 Best Paper in Biomimetics Award of IEEE ROBIO 2015 Development of A Small Quadruped Robot with Bi-articular Muscle-tendon Complex
 

論文

 
Bioinspired Control of Walking With Toe-Off, Heel-Strike, and Disturbance Rejection for a Biped Robot
Xuechao Chen; Zhangguo Yu; Weimin Zhang; Yu Zheng; Qiang Huang; Aiguo Ming
IEEE Transactions on Industrial Electronics   64(10) 7962-7971   2017年   [査読有り]
Reuse of SysML model to support innovation in mechatronic systems design
Mizuki Shinozaki; Faïda Mhenni; Jean-Yves Choley; Aiguo Ming
2017 Annual IEEE International Systems Conference (SysCon)   1-6   2017年4月   [査読有り]
ネット状近接覚センサを用いた非接触手探り動作による未知物体把持の研究
鈴木陽介, 瀬戸川将夫, 明愛国, 下条誠
日本ロボット学会誌   35(2) 49-56   2016年   [査読有り]
Development of A Flexible Coupled Spine Mechanism For A Small Quadruped Robot
Ryosuke Kawasaki, Ryuki Sato, Eiki Kazama, Aiguo Ming and Makoto Shimojo
Proceedings of IEEE ROBIO 2016   71-76   2016年12月   [査読有り]
Cat-inspired Mechanical Design of self-adaptive toes for a legged robot
Huaxin Liu , Qiang Huang, Weimin Zhang, Xuechao Chen, Zhangguo YU, Aiguo Ming
Proceedings of the 2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   504-510   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術
明 愛国 (担当:共著, 範囲:第4章第3節 圧電繊維複合材料を用いた生物模倣型ソフト水中ロボットの研究開発)
S & T出版社   2016年11月   
Mechatronic Futures
Aiguo Ming, Wenjing Zhao (担当:共著, 範囲:Chapter 7: Design of Biomimetic Soft Underwater Robots)
Springer   2016年7月   ISBN:978-3-319-32154-7
Biologically Inspired Robotics
Aiguo Ming, Chunquan Xu (担当:共著, 範囲:Chapter 4: Human-Inspired Hyperdynamic Manipulation)
TAYLOR & FRANCIS   2011年12月   

講演・口頭発表等

 
圧電繊維複合材料を用いた羽ばたきロボットの研究開発
Luekiatphaisan Natchapon,明 愛国,下条 誠
計測自動制御学会,第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   2011年12月   
高速触覚センサを搭載した移動マニピュレータによる立ち上がり動作支援
安藤 健治,塚野聖仁,明 愛国,下条 誠
計測自動制御学会,第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   2011年12月   
リンク型可変減速機構を導入した脚機構の開発
野澤峻平,丸山央,明愛国,下条誠
日本IFToMM会議,第17回日本IFToMM会議シンポジウム   2011年7月   
マンタの動きを模倣したソフト水中ロボットの開発
大阪拓真,新竹純,明愛国,下条誠
日本IFToMM会議,第17回日本IFToMM会議シンポジウム   2011年7月   
3次元距離測定カメラを用いた立ち上がり動作支援ロボットのための姿勢推定法
塚田夏美,安藤健治, 明愛国, 下条誠
計測自動制御学会,第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   2010年12月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
産業用ロボット性能試験法に関する調査研究
1990年 - 1990年

競争的資金等の研究課題

 
近接覚を用いた自律制御型ハンドの研究開発と不良視環境下での遠隔操作への応用
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 下条 誠