Kaneko Hidehiro

J-GLOBAL         Last updated: Sep 21, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
Kaneko Hidehiro
URL
http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~kaneko/main.html
Affiliation
University of Yamanashi
Section
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Engineering, Civil Engineering Environmental Engineering (Civil and Environmental Engineering)
Job title
Professor
Research funding number
60177524

Research Areas

 
 

Published Papers

 
KANEKO, Hidehiro and ITO, Kojiro
廃棄物資源循環学会論文誌,Vol.29,pp.72-79,2018   29 72-79   Apr 2018   [Refereed]
SImulation Program for Bio-drying process of Bio-waste using static pile forced aeration reactor was developed. The results of simulation, such as change in moisture and temperature profiles along the reactre layer) were compared with the experinm...
Keiko Katayama-Hirayama, Makoto Fuse, Keita Tonouchia, Naoki Toda, Akihiko Tauchi, Atsushi Fujioka, Tetsuya Akitsu, Hidehiro Kaneko, Kimiaki Hirayamaki
Desalination and Water Treatment   61 108-112   Jan 2017   [Refereed]
Drying of Bio-waste Utilizing Aerobic Biodegradation
金子栄廣,,伊藤浩二郎,,平山けい子,,平山公明
廃棄物資源循環学会論文誌   27 1-6   Nov 2016   [Refereed]
Mathmatical model of organic substrate degradation in solid waste windrow composting
Bunrith Seng,Kimiaki Hirayama,Keiko Katayama-Hirayama,Hidehiro Kaneko,他2名
Bioprocess and Biosysytems Engineering   1st online 1-14   Nov 2015   [Refereed]
Degradation of dibromophenols by UV irradiation
Keiko Katayama-Hirayama,Naoki Toda,Akihiko Tauchi,Atsushi Fujioka,Tetsuya Akitsu,Hidehiro Kaneko,Kimiaki Hirayama
JOURNAL OF ENVIRONMENTAL SCIENCES-CHINA   26(6) 1284-1288   Jun 2014   [Refereed]
インパクトファクタ 1.9

Misc

 
地方国立大学の教育と廃棄物関連研究例
金子栄廣
(78) 22-25   Jul 2017   [Invited]
廃棄物資源循環と倫理
28(4) 249-250   Jul 2017   [Invited]
山梨県におけるノーレジ袋推進活動の状況と課題
金子栄廣,古野卓哉,平山けい子,平山公明
都市清掃   68(326) 394-398   Jul 2015   [Refereed]
通気反応塔を用いた生物系廃棄物の乾燥過程のシミュレーション
金子栄廣
ケミカルエンジニヤリング   58(1) 45-48   Jan 2013   [Invited]
コンポスト化技術に関する研究の現状と今後の展開
金子栄廣,中崎清彦
廃棄物学会誌   19(6) 264-270   Nov 2008

Conference Activities & Talks

 
生物乾燥シミュレーションによる材料条件の感度分析
金子栄廣,長尾雄基,八重樫咲子
第30回廃棄物資源循環学会研究発表会   20 Sep 2019   廃棄物資源循環学会
著者らが開発した生物乾燥シミュレーションプログラムを用いて,含水率,基質量などの初期材料条件が異なる材料を生物乾燥させた場合の乾燥効率について比較した。
ダムによる流量改変が水生昆虫種多様性にもたらす影響の評価
新井涼介,清水隆二,金子栄廣,八重樫咲子
第53回日本水環境学会年会   7 Mar 2019   (公社)日本水環境学会
山梨県内におけるヒゲナガカワトビケラの集団遺伝特性の解析
清水隆二,新井涼介,金子栄廣,八重樫咲子
第53回日本水環境学会年会   7 Mar 2019   (公社)日本水環境学会
生ごみ対策でごみ減量 -生ごみ等の水分低減等による可燃ごみ削減対策の効果ー [Invited]
金子栄廣
甲斐市・山梨大学 共同研究報告会   2 Mar 2019   甲斐市・山梨大学
生ごみ等の水分低減等による可燃ごみ削減対策の効果
金子栄廣
第 29 回廃棄物資源循環学会研究発表会   12 Sep 2018   廃棄物資源循環学会

Research Grants & Projects

 
生物系廃棄物の生物乾燥処理の高効率化を目的とした多段静置通気型反応器の適用
基金: 科研費
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 金子 栄廣
生物乾燥は,好気微生物の働きによる有機物分解と発熱を利用し,生物系廃棄物材料を乾燥させる処理方法である。この研究では,多段静置通気型反応器を用いることで従来よりも高効率な乾燥が行えることを実験とシミュレーションを用いて検証する。
静置通気型反応器を用いた生物系廃棄物の生物乾燥処理
Project Year: 2018 - 2021    Investigator(s): 金子栄廣
好気微生物反応を利用した生物系廃棄物の乾燥による固形燃料化
Project Year: 2017 - 2019
好気的生物乾燥による生物系廃棄物の燃料化とそのエネルギー効率の評価
Project Year: 2016 - 2018
ごみ処理の適正化によるごみ減量化の促進
Project Year: Nov 2016 - Mar 2019