平岡 賢三

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/21 15:59
 
アバター
研究者氏名
平岡 賢三
 
ヒラオカ ケンゾウ
学位
工学博士(東京大学), 工学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 特命教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 特任教授
 
2001年4月
 - 
2008年3月
山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 教授
 
1988年6月
 - 
2001年3月
山梨大学 工学部 教授
 
1976年9月
 - 
1988年5月
山梨大学 工学部 助教授
 
1974年9月
 - 
1976年8月
アルバータ大学(カナダ) P.Kebarle教授研究室 化学科博士研究員 
 
1970年8月
 - 
1972年8月
ノートルダム大学放射線研究所(アメリカ) W.H.Hamill教授研究室 博士研究員
 
1970年4月
 - 
1970年7月
理化学研究所プラズマ物理研究室特別研究生
 

学歴

 
 
 - 
1967年
東京大学大学院  
 
 
 - 
1970年
東京大学大学院  
 
 
 - 
1965年
東京都立大学  
 

受賞

 
1990年
松田久奨励金
 
1988年
松田久奨励金
 
1982年
1982年日本質量分析学会奨励賞
 
1997年
1997年日本放射線化学会賞
 
2000年
2000年山梨科学アカデミー賞
 
2003年
質量分析学会学会賞
 
2006年
文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)
 
1979年
森野米三記念奨励金
 
1977年
仁科芳雄記念奨励金
 

論文

 
Probe electrospray ionization of mixture solutions using metal needles with different tip conditions
S. Ninomiya, L.C. chen, K. Hiraoka
Surface and Interface Analysis      2018年   [査読有り]
T. Chen, A. Kitada, Y. Seki, K. Fukami, D.T. Usmanov, L.C. Chen, K. Hiraoka, K. Murase
J. Electrochem. Soc   165(10) D444-D451   2018年   [査読有り]
D.T. Usmanov, M.K. Mandal, K. Hiraoka, S. Ninomiya, H. Wada, M. Matsumura, S. Sanada-Morimura, H. Nonami, S. Yamabe
Food Chem   260 53-60   2018年   [査読有り]
二宮啓,高木悠一郎,チェンリーチュイン,平岡賢三
表面と真空   61(7) 440-445   2018年   [査読有り]
S. Ninomiya, L. C. Chen, K. Hiraoka
J. Vav. Sci. Technol   36 03F134-1-03F134-8   2018年   [査読有り]
二宮啓,渡辺諒,チェンリーチュイン,平岡賢三
表面と真空   61 286-291   2018年   [査読有り]
D.T. Usmanov, M.K. Mandal, K. Hiraoka, S. Ninomiya, H. Wada, M. Matsumura, S. Sanada-Morimura, H. Nonami, S. Yamabe
Food Chem   260 53-60   2018年   [査読有り]
L. C. Chen, S. Tsutsui, T. naito, S. Ninomiya, K. Hiraoma
J. Mass Spectrom   53 400-407   2018年   [査読有り]
D.T.Usmanov, K.B.Ashurov, S. Ninomiya, K. Hiraoka, H. Wada, H. Nakano, M. Matsumura, S. Sanada-Morimura, H. Nonami
Rapid. Commun. Mass Spectrom   31 407-413   2018年   [査読有り]
二宮啓,境悠治,チェン リー チュイン,平岡賢三
J. Vac. Soc. Jpn   60 321-327   2017年   [査読有り]

Misc

 
平岡 賢三
The Journal of the vacuum Society of Japan   59 128-133   2016年
平岡 賢三
BUNSEKI KAGAKU   59 95-105   2010年
次世代を担う新たなイオン化法
平岡 賢三
ぶんせき   12 656-662   2009年
浅川大樹、久高一郎、平岡賢三
J.Mass Spectrom. Soc.Jpn   57(1) 15-22   2009年
平岡 賢三
J.Vac.Soc.Jpn   54(4) 237-240   2009年
明石知子、史向国、高見沢淳、西村善文、平岡賢三
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn   56(3) 155-161   2008年
特集 光と化学分析 レーザー支援エレクトロスプレー
平岡 賢三
plus E   28(5)    2006年
特集 最先端化学を拓く質量分析 次世代イオン化法の創生
平岡 賢三
化学工業   577-582   2005年8月
BMS領域におけるイオン化法の変遷
平岡 賢三
BMSコンファレンス30周年記念誌抜刷      2005年
これからの質量分析に対する展望: イオン化法
平岡 賢三
J.Mass Spectrom. Soc. Jpn   50 279-282   2002年

書籍等出版物

 
Mass Spectrometryマススペクトロメトリー, 3rd Edittion
J.H.Gross(翻訳:平岡賢三、他) (担当:共訳)
シュプリンガー・ジャパン株式会社   2019年   
Ambient Ionization Mass Spectrometry
M. K. Mandal and K. Hiraoka.
Royal Society of Chemistry,   2015年   
Fundamentals of Mass Spectrometry.
平岡 賢三
Fundamentals of Mass Spectrometry   2013年   
改訂六版 分析化学便覧
平岡 賢三 (担当:共著, 範囲:8章 分析化学データ、質量分析)
丸善   2011年   
化学のブレークスルー:革新論文から見たこの10年の進歩と未来
平岡 賢三
2011年   
マススペクトロメトリーの基礎、質量分析の源流
平岡 賢三
国際文献印刷社   2011年   
Charged Particle and Photon Interactions with Matter
平岡 賢三
CRC Press   2011年   
ひとの暮らしと表面科学
平岡 賢三 (担当:共著, 範囲:極低温トンネル反応による物質進化、犬飼潤治編)
共立出版   2011年   
質量分析の源流
平岡 賢三 (担当:共著, 範囲:気相イオン分子反応(7章、133-162)、エレクトロスプレーの基礎(8章、163-191)、Secondary Ion mass Spectrometry(SIMS), クラスターSIMS、帯電液滴SIMS(9章、193-208))
国際文献印刷社   2011年   
Charged Particles and Photon Interactions with Matter
平岡 賢三 (担当:共著, 範囲:,Chemical evolution on interstellar grains at low temperatures)
CRC Press   2011年   

講演・口頭発表等

 
分析結果に見る意外なマススペクトルをイオン化原理から検証する [招待有り]
平岡 賢三
第63回質量分析総合討論会   2015年   
ESIイオン化の原理とマトリックス効果 [招待有り]
平岡 賢三
LC/MSワークショップ   2014年   
エレクトロスプレーの本質を読み解く [招待有り]
平岡 賢三
TMS 研究会   2013年   
次世代質量分析への飛躍「化学のブレイクスルー」
平岡 賢三
化学同人   2011年   
Analyses of multiply-charged metal ions, amino acids, and non-covalently-bonded complexes of proteins and DNA’s by laser spray
Second International Workshop-School, "Mass Spectrometry in Chemical Physics, Biophysics and Environmental Sciences"   2004年   
巨大クラスターSIMSによる生体分子の質量分析
第27回表面科学会セミナー   2006年   
Analysis of amino acids and noncovalent complexes by laser spray
International Symposium on Stereodynamics of Chemical Reactions 2004   2004年   
Low temperature tunneling reactions of H atoms with solid formaldehyde and methanol
First Annual Meeting of the Asia Oceania Geosciences Society 2004   2004年   
Formation of methanol, formaldehyde and hydrocarbons from the electron impact on the thin film of H2O/CH4 at 10K
Second Annual Meeting of the Asia Oceania Geosciences Society 2005   2005年   
Electrosprayed droplet impact - a new ionization method for mass spectrometry of matrix-free biological samples
The 53rd ASMS Conference on Mass Spectrometry   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
極限低温化における固相反応・トンネル反応に関する研究
イオン分子反応における応用研究
質量分析分野における新規イオン化法の開発