濱田州博

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/25 02:44
 
アバター
研究者氏名
濱田州博
 
ハマダクニヒロ
URL
http://www.shinshu-u.ac.jp/
所属
信州大学
部署
学長・理事
職名
学長
学位
工学博士(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1988年5月
通商産業省工業技術院繊維高分子材料研究所 研究員
 
1988年6月
 - 
1996年3月
信州大学繊維学部 助手
 
1996年4月
 - 
2002年10月
信州大学繊維学部 助教授
 
2002年10月
 - 
2014年3月
信州大学繊維学部 教授
 
2014年4月
 - 
2015年9月
信州大学学術研究院(繊維学系) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京工業大学 理工学研究科 高分子工学専攻
 
 
 - 
1987年
東京工業大学 理工学研究科 高分子工学専攻
 
 
 - 
1982年
東京工業大学 工学部 高分子工学科
 

受賞

 
1992年6月
繊維学会論文賞(祖父江記念賞)受賞
 
2001年6月
繊維学会賞受賞
 

論文

 
Reproduction Mechanism of SS Cross-Links in Permed Hair by the Washing after Reduction with Thioglycolic Acid
Kazuyuki Suzuta, Kunihiro Hamada, and Kozo Arai
Sen’i Gakkaishi   71(2) 112-120   2015年
Ju-Young Park, Yuichi Hirata and Kunihiro Hamada
Coloration Technology   128(3) 184-191   2012年
Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada
Dyes and Pigments   95(3) 502-511   2012年
Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada
Sen’i Gakkaishi,   67(11) 233-239   2011年
Interaction between Dyes and Surfactants in Inkjet Ink for Textiles
Ju-Young Park, Yuichi Hirata and Kunihiro Hamada
J. Oleo Sci.   60(12) 627-637   2011年

書籍等出版物

 
染色加工・機能加工(第5章)
繊維社   2014年   
繊維の高次機能加工
シーエムシー出版   2009年   
繊維はなぜ染まるの
工業調査会   2008年   

講演・口頭発表等

 
Effects of the Universities Including the Academic Field for Textiles and Textile Education in the Future
Kunihiro Hamada
Asia Nonwovens Exhibition and Conference, ANEX2018   2018年   
Strategy for Next Century of“Textiles” at Shinshu University
Kunihiro Hamada
14th Asian Textile Conference   2017年   
世界の繊維系大学の取組と繊維教育の今後
濱田州博
第47回繊維学会夏季セミナー   2017年   
繊維の異分野融合と教育
濱田州博
日本繊維機械学会創立70周年記念講演会   2017年   
Shinshu University: Education, Research & Social Contribution Activity
Kunihiro Hamada
1st International Symposium on Advanced Fiber Technology and Material Application 2016   2016年   

競争的資金等の研究課題

 
ボラ型電解質及びジェミニ界面活性剤の合成とその染色助剤等への応用に関する研究
フッ素含有染料の水溶性高分子,界面活性剤ミセル,包接化合物等に対する結合に関する分光学的研究
微視的環境探索用低分子プローブの合成とその物性に関する研究
高分子電解質・ボラ型電解質錯合体による染色廃液からの染料の除去に関する研究
インクジェット用機能性インクに関する研究