仲澤 和馬

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/16 15:38
 
アバター
研究者氏名
仲澤 和馬
 
ナカザワ カズマ
URL
http://www.phys.ed.gifu-u.ac.jp
所属
岐阜大学
部署
教育学部 理科教育講座(物理)
職名
教授
学位
理学博士(名古屋大学)
その他の所属
教育学研究科工学研究科

プロフィール

ストレンジネス核物理/陽子と中性子とで造られる通常の原子核に、ストレンジ量子数を持つ重粒子を2個注入し、100億分の1秒しか寿命のないもの同士の力関係を調べる。このような原子核は、ダブルハイパー核と呼ばれ、世界で5例しか見つかっておらず、そのうち4例を我々が発見した。先の力関係が分かると、超新星爆発後にできる中性子星の構造や寿命が解明できると期待されている。今後、百個・千個のダブルハイパー核の検出実験を計画している。/宇宙線実験/気球を用いて、地球大気に衝突する宇宙線の組成やエネルギーの測定を行ってきた。一方、さらに高度を上げたスペースラボでの宇宙線被爆は、滞在する人の健康面で非常に重要な問題となる。ラボ付近の高度での宇宙線の組成やエネルギーの測定を行うことを計画している。/物理教育/小・中・高校生を対象にした物理実験を、年間10回ほど行っている。小学生向けには、ものづくりの楽しさを実感できるように、ゲルマラジオと、暗くなると点灯するランプの製作を指導している。中・高校生には、学校の理科教育の中でなかなかつながりをもって理解することが難しい分野を連携を持たせる実験を行っている。例えば、「光」をテーマに、屈折・回折・波・電気・磁気を関連付けた実験、などである。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2015年
岐阜大学 教育学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 教育学部 物理学教室 助教授
 
1987年
   
 
- 岐阜大学教育学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東北大学 理学部 物理学
 
1983年4月
 - 
1985年3月
弘前大学大学院理学研究科修士課程  
 
1985年4月
 - 
1987年3月
名古屋大学大学院理学研究科博士後期課程  
 

受賞

 
2002年3月
社団法人 日本物理学会 日本物理学会第7回論文賞 Direct Observation of Sequential Decay of a Double Hypernucleus
受賞者: E176 (KEK-PS)
 
2011年6月
国立大学法人 岐阜大学 岐阜大学職員表彰 教育研究活動
 
2017年3月
社団法人 日本物理学会 日本物理学会第22回論文賞 The first evidence of a deeply bound state of Xi−–14N system
 
2017年6月
国立大学法人 岐阜大学 岐阜大学 功労者表彰 教育研究活動
 

論文

 
JPS Conf. Proc.   17 03007-1-03007-2   2017年12月   [査読有り]
JPS Conf. Proc.   17 033005-1-033005-2   2017年12月   [査読有り]
JPS Conf. Proc.   17 033001-1-033001-2   2017年12月   [査読有り]
JPS Conf. Proc.   17 032002-1-032002-4   2017年12月   [査読有り]
JPS Conf. Proc.   17 032001-1-032001-4   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
"NAGARA event"が語るΛΛ相互作用(共著)
高エネルギーニュース   20(5), 206-211    2002年
J. K. Ahn, J. K. Ahn, H. Akikawa, H. Akikawa, J. Arvieux, J. Arvieux, B. Bassalleck, M. S. Chung, M. S. Chung, H. En'yo, H. En'yo, T. Fukuda, T. Fukuda, H. Funahashi, S. V. Golovkin, A. M. Gorin, Y. Goto, Y. Goto, M. Hanabata, T. Hayakawa, T. Hayakawa, A. Ichikawa, A. Ichikawa, M. Ieiri, K. Imai, M. Ishino, M. Ishino, H. Kanda, H. Kanda, Y. D. Kim, Y. D. Kim, Y. Kondo, Y. Kondo, E. N. Kozarenko, I. E. Kreslo, I. E. Kreslo, J. M. Lee, J. M. Lee, A. Masaike, A. Masaike, S. Mihara, S. Mihara, K. Nakai, K. Nakazawa, K. Ozawa, K. Ozawa, A. Sato, A. Sato, H. D. Sato, K. S. Sim, T. Tabaru, T. Tabaru, F. Takeutchi, P. Tlustý, P. Tlustý, H. Torii, H. Torii, K. Yamamoto, K. Yamamoto, S. Yokkaichi, S. Yokkaichi, M. Yoshida, M. Yoshida
Nuclear Physics A   761 41-66
A hyperon-nucleon scattering experiment, KEK-PS E289, was carried out at the K2 beam line in KEK. We adopted a scintillating fiber active target as a hydrogen target for hyperon production and subsequent hyperon-nucleon scattering. We collected mo...
S. Aoki, R. Arnold, G. Baroni, M. Barth, J. H. Bartley, D. Bertrand, G. Bertrand-Coremans, V. Bisi, A. C. Breslin, G. Carboni, M. G. Catanesi, A. M. Cecchetti, E. Chesi, K. Chiba, M. Coupland, D. H. Davis, S. Dell'Uomo, M. De Vincenzi, S. Di Liberto, W. Donnelly, B. G. Duff, M. J. Esten, A. Frenkel, D. Gamba, C. Gerke, P. Giubellino, M. Hazama, F. F. Heymann, K. Hoshino, D. C. Imrie, Y. Isokane, T. Kaway, M. Kazuno, M. Kobayashi, K. Kodama, G. J. Lush, Y. Maeda, A. Manfredini, G. Marini, G. Martellotti, A. Marzari-Chiesa, M. A. Mazzoni, F. Meddi, F. Minakawa, M. Miyanishi, A. Montwill, M. T. Muciaccia, P. Musset, M. Nakamura, Y. Nakamura, K. Nakazawa, S. Natali, A. Nigro, K. Niu, K. Niwa, S. Nuzzo, M. Ohashi, G. Penso, P. Pistilli, F. Piuz, G. Poulard, L. Ramello, L. Riccati, G. Romano, R. Roosen, G. Rosa, F. Ruggieri, H. Sasaki, Y. Sato, A. Sciubba, C. Sgarbi, H. Shibuya, S. Simone, H. I. Sletten, H. Tajima, S. Tasaka, I. Tezuka, Y. Tomita, D. N. Tovee, P. Trent, Y. Tsuneoka, N. Ushida, S. Watanabe, O. Yamakawa, Y. Yanagisawa
Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A   274 64-78
We give here a detailed description of experiment WA75, which was performed at CERN to search for beauty particles. Events containing at least one muon with a high momentum transverse to the beam direction were selected; then the primary interacti...
H. Sabet, K. Ishii, S. Matsuyama, Y. Kikuchi, K. Nakazawa, A. Esmaili Torshabi, H. Yamazaki
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment   600 678-682
A new method to modify coordinates of detectors in any positron emission tomography (PET) system using a radioactive point source is developed. This method is based on selecting a centered detector in each detector block of PET and measuring coinc...
T. Hayashino, H. Itoh, K. Kodama, K. Nakazawa, M. Ohashi, K. Niu, K. Niwa, R. Ihara
Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A   255 482-485
A new type of emulsion spectrometer for a momentum determination of high energy charged particles has been developed. The spectrometer consists of a spacer and emulsion sandwich placed in a magnetic field. The accuracy for momentum determination Δ...

書籍等出版物

 
An experiment to study S=-2 nuclear system; PS-E373(KEK)(共著)
Proceedings of the APCTP Workshop on Strangeness Nuclear Physics (Wrold Scientific)   2001年   
放射線とは何か―正しく向き合うための原点
名越智恵子,仲澤和馬,河合聡 (担当:共著)
丸善出版   2011年8月   

講演・口頭発表等

 
The First Evidence of Ξ Hypernucleus
ICMass2017   2017年10月1日   
J-PARC E07 Experiment: Development of Overall Scan
Masahiro Yoshimoto, Kazuma Nakazawa (Gifu Univ.) and Junya Yoshida
ICMass2017   2017年10月1日   
Identification of Xi- Particle with Multiple Coulomb Scattering in the E373 experiment
A.M.M. Theint, J. Yoshida, K. Nakazawa and M. Yoshimoto
ICMass2017   2017年10月1日   
Development of Particle Identification Method in Nuclear Emulsion
ICMass2017   2017年10月1日   
Study of binding energies and lifetimes for light mirror hypernuclei (A<5)
ICMass2017   2017年9月30日   
Automatic System for Refreshment applied to Naked “Fresh” Emulsion Sheets
N. Muramoto, M. Ohashi, J. Yoshida, K. Nakazawa
ICMass2017   2017年9月30日   
Development of the method for high-precision measurement of nuclear emulsion density to study double hypernuclei
ICMass2017   2017年9月30日   
Production and Treatment of Nuclear Emulsion Sheets with Large Scale and Volume
Masaki Ohashi, Kazuma Nakazawa, Kaoru Hoshino, Junya Yoshida, Masahiro Yoshimoto, Sweet May, Aye Moh Moh Thient, Shinji Kinbara, Ryousuke Goto, Yuichi Nagase, Naohiro Muramoto and Ryouta Kuzuya (Gifu Univ.) and J-PARC E07Collaboration
ICMass2017   2017年9月30日   
Fully Automated Track Following System for the Emulsion Counter Hybrid-Experiment
ICMass2017   2017年9月30日   
The analysis of Xi absorbing nuclei using beta decay and kinematic fitting
Y. Nagase, S. Kinbara and K. Nakazawa
ICMass2017   2017年9月30日   

競争的資金等の研究課題

 
2001年度エレキ講座
国立オリンピック記念青少年総合センター: 子どもゆめ基金
研究期間: 2001年7月 - 2002年3月    代表者: 仲澤 和馬(岐大・教育)
小中学生向けのものづくり講座シリーズ
2002年度エレキ講座
国立オリンピック記念青少年総合センター: 子どもゆめ基金
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 仲澤 和馬(岐大・教育)
小中学生向けのものづくり講座シリーズ
2003年度エレキ講座
国立オリンピック記念青少年総合センター: 子どもゆめ基金
研究期間: 2003年4月 - 2003年9月    代表者: 仲澤 和馬(岐大・教育)
小学生向けのものづくり講座
2003年度科学実験
国立オリンピック記念青少年総合センター: 子どもゆめ基金
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 仲澤 和馬(岐大・教育)
中学生向けの物理分野の実験をシリーズで実施する。
2004年度エレキ講座
国立オリンピック記念青少年総合センター: 子どもゆめ基金
研究期間: 2004年4月 - 2004年9月    代表者: 仲澤 和馬(岐大・教育)
小学生向けの手作りラジオ・ランプ講座

社会貢献活動

 
小中学生向け「エレキ講座」
【】  わくわくエレキ講座の会  わくわくエレキ講座の会  2001年4月1日 - 2001年4月1日
電子オルゴールを作ろう(保護者・小中学生)
小中学生向け「エレキ講座」
【】  わくわくエレキ講座の会  わくわくエレキ講座の会  2001年7月21日 - 2001年7月21日
オルゴールの選曲をしよう(保護者)
小中学生向け「エレキ講座」
【】  わくわくエレキ講座の会  わくわくエレキ講座の会  2001年7月22日 - 2001年7月22日
オルゴールの選曲をしよう(小中学生)
小中学生向け「エレキ講座」
【】  わくわくエレキ講座の会  わくわくエレキ講座の会  2001年11月10日 - 2001年11月10日
オルゴールの箱を作ろう(保護者・小中学生)
小中学生向け「エレキ講座」
【】  わくわくエレキ講座の会  わくわくエレキ講座の会  2002年1月12日 - 2002年1月12日
電池のいらないゲルマラジオを作ろう(保護者)

その他

 
2004年4月   Weak interaction between two units of strangeness
平和中島財団奨学金受給生
2001年   ひずみゲージを使った「力」の教材開発
中学校理科教材の開発支援
2002年   Multi-strangeness Nuclear Physics
講演
2002年   色素を使った発電「花力発電」教材支援
中学校理科教材の開発支援
2003年   Applications of Nuclear and Particle Physics
国際会議のJoint seminarで、ミャンマー国内の大学の理学部物理系教員・大学院生を対象に、講義