山下 実

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 04:36
 

プロフィール

衝撃エネルギー吸収部材の開発/自動車車両,航空機等の強度部材の衝撃弾塑性変形を取り扱う.衝撃負荷時の乗員保護および部材の軽量化を両立する設計指針の構築を目指し,落錘による実験的検討に加え,有限要素法(FEM)による数値計算を行う./金属板の端面同士の接合法開発/金属板を高速せん断することによって昇温活性化した切り口面を得,直ちにその板端面同士を合わせて接合する方法を開発する./材料のひずみとひずみ速度履歴に関する研究/金属やその他の材料について,ひずみとひずみ速度履歴の発現を実験で確認し,より高精度な強度設計につなげる.

研究分野

 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
岐阜大学 工学部 教授
 
2003年4月
 - 
2014年9月
岐阜大学 工学部 助教授、准教授
 
1991年8月
 - 
2003年3月
岐阜大学 工学部 機械工学科 助手
 
1988年4月
 - 
1991年7月
豊田合成株式会社
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1988年3月
岐阜大学 工学研究科 精密工学
 
1982年4月
 - 
1986年3月
岐阜大学 工学部 精密工学
 

論文

 
Minoru Yamashita, Koji Kuwabara
International Journal of Automation Technology   10(1) 87-93   2016年1月
© 2016, Fuji Technology Press. All rights reserved. Shallow cup drawing of magnesium alloy AZ31-O sheet was performed under cold condition using the Maslennikov’s technique. A deformable rubber pad was used, instead of the “hard” punch, in this te...
Minoru Yamashita, Toshio Hattori, Koji Kuwahara
Materials Science Forum   773/774 646-652   2014年1月
In order to accomplish the circular cup drawing of the sheet material whose ductility is extremely poor under the cold forming condition, the Maslennikov's technique was applied. A deformable rubber ring was used instead of the 'hard' punch. Test ...
Toshio Hattori, Muhammad Amiruddin Bin Ab Wahab, Minoru Yamashita
Advanced Materials Research   891-892 1773-1778   2014年1月
Generally the critical distance stress theory was applied for the fatigue limit estimation of general structures using fatigue limit of smooth specimen (σw0), and threshold stress intensity factor range (ΔKth). In this paper we extended this metho...
Minoru Yamashita, Tatsuya Tezuka, Toshio Hattori
Applied Mechanics and Materials   566 379-384   2014年1月
A novel method for joining of sheet edges was investigated. It makes use of the sheared faces under high-speed. The temperature remarkably elevates and the material softens in the thin severely deformed layer. The cut faces are contacted each othe...
Zubair Bin Khalil, Minoru Yamashita, Yusuke Kuno, Toshio Hattori
Procedia Engineering   81 951-956   2014年1月
© 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. Flat top and hemispherical shaped shells made by press forming were deformed by indentation using flat or round headed indentor. Effect of the shell shape, sheet thickness, indentor shape and the spee...
Muhammad Amiruddin Bin Ab Wahab, Niu Jie, Toshio Hattori, Minoru Yamashita
Advanced Materials Research   694 697 853-863   2013年6月
Generally the critical distance stress theory was applied for the fatigue limit estimation of general structures. In this method, it needs only two parameters, fatigue limit of smooth specimen (σw0), and threshold stress intensity factor range (ΔK...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita
International Journal of Plasticity   19(4) 383-401   2002年4月
Ductile metals containing initially negligible micro-void density are treated. Such materials are popularly used in metal forming processes. Variation of material density due to plastic deformation is investigated experimentally using very severe ...
Minoru Yamashita, Toshio Hattori
Advanced Materials Research   445 847-852   2012年2月
For the improvement of the deformation characteristic and the energy absorption efficiency of the tubular structure at impact event, a method generating the first buckling lobe using the inertia force was investigated. The solid block was attached...
山下 実 ほか
Thin-Walled Structures   50(1) 37-44   2012年   [査読有り]
Toshio Hattori, Vu Trung Kien, Minoru Yamashita
Tribology International   44(11) 1389-1393   2011年10月
Generally the fretting fatigue SN curve has two regions: one is the high cycle (low stress) region and the second is the low cycle (high stress) region. In a previous paper we introduced the fretting fatigue life estimation methods in high cycle r...
Toshio Hattori, Muhammad Amiruddin Bin Ab Wahab, Takuya Ishida, Minoru Yamashita
Procedia Engineering   10 3134-3139   2011年9月
Generally fretting fatigue S-N curve have two stages, one is high cycle (low stress) region and second is low cycle (high stress) region. In previous paper we introduced the fretting fatigue life estimation methods in high cycle region by consider...
Hideki Hamashima, Kazuyuki Hokamoto, Minoru Yamashita, Yasuhisa Sato, Takeo Furukawa
Materials Science Forum   673 185-190   2011年5月
Stress-strain relationships of polycarbonate (PC) were determined over a very wide range of strain rates including shock wave regime. High-velocity plate impact tests, drop-weight tests, and quasi-static tests using universal and Instron testing m...
Minoru Yamashita, Yasuhisa Sato
Materials Science Forum   673 259-264   2011年5月
The drop-hammer compression testing method where the stroke is calculated by solving the equation of motions of the drop-hammer and anvil was improved in order to determine the strain-rate dependence of the elastic modulus of rubber material. An a...
Minoru Yamashita, Noriyuki Sawada, Toshio Hattori
Materials Science Forum   673 247-252   2011年5月
The wood bar with square cross-section was biaxially compressed with respect to the cross-sectional plane and the impact 4-point bending test was performed using the compressed wood. The wood material used was sap wood of Sugi, which is a kind of ...
山下 実 ほか
Materials Science Forum   673 253-258   2011年   [査読有り]
Minoru Yamashita, Toshio Hattori, Joji Sato
AIP Conference Proceedings   1315 431-436   2010年12月
The punchless drawing with Maslennikov's technique was applied to the circular cup drawing of magnesium alloy AZ31B sheet under cold condition. The elastic rubber ring was used instead of the 'hard' punch, where the compressed ring dragged the she...
F. Nakamura, T. Abe, T. Hattori, M. Yamashita
Key Engineering Materials   417/418 409-412   2010年1月
The stress and displacement fields near the bonding edge, sharp notch, and contact edge show singularity behaviours, so methods of evaluating the strength of these points using maximum stresses calculated by a numerical stress analysis, such as th...
Frictional Effect on Deformation Behavior in Incremental Sheet Forming
山下 実 ほか
Steel Research International   81(9) 926-929   2010年   [査読有り]
Naoya Nishimura, Toshio Hattori, Satoshi Mori, Kazuma Sagoh, Minoru Yamashita, Tomohiro Naruse
Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, A Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part A   75 958-966   2009年8月
The thread joint has been frequently used for the efficient productivity and maintainability as a machine element. However, many troubles such as loosening of bolted joints or fatigue failure of bolt were often experienced. Many attentions must be...
Naoya Nishimura, Toshio Hattori, Satoshi Mori, Kazuma Sagoh, Minora Yamashita, Tomohiro Naruse
Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, A Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part A   75 967-973   2009年8月
Most of machines and products have many joint portions (e.g. fastening, welding and adhesive joints) for the efficient productivity and maintainability. Especially, the thread joint has been frequently used for these purposes. However, troubles su...
山下 実,服部敏雄
鉄と鋼   95(11) 747-751   2009年   [査読有り]
Toshio Hattori, Minoru Yamashita, Vu Trung Kien
17th European Conference on Fracture 2008: Multilevel Approach to Fracture of Materials, Components and Structures   3 1866-1871   2008年12月
Fretting fatigue process have many features such as early stage crack initiation at contact edge, very slow crack propagation and fatigue failure after very long life operation. In previous paper we present new fretting fatigue model which can exp...
Toshio Hattori, Naoya Nishimura, Minoru Yamashita
Engineering Fracture Mechanics   75(7) 1725-1735   2008年5月
The stress and displacement fields near the bonding edge, sharp notch, and contact edge show singularity behaviors, so methods of evaluating the strength of these points using maximum stresses calculated by a numerical stress analysis, such as the...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh, Shin Y. Atsumi
Journal of Materials Processing Technology   199(1-3) 163-172   2008年4月
Applicability of numerical technique to incremental forming of sheet metal is examined. A dynamic explicit finite element code DYNA3D is used. Assumed product shape is quadrangular pyramid and there are two variations in its height. The traveling ...
Minoru Yamashita, Tomohito Okuyama, Naoya Nishimura, Toshio Hattori
Materials Science Forum   566 173-178   2008年1月
The method for prescribing the site of the first buckling lobe in the axial impact of the tubular structure is proposed. The inertia force induced by the solid mass attached to the tube during the impact is exploited to trigger the first buckling ...
Y. Sato, M. Yamashita
9th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2008   1813-1820   2008年1月
Standardization of the split Hopkinson pressure bar compression test is tried again to determine stress-strain curves at constant high strain rates, say 1000 s-1, for four kinds of sheet metal specimens under conditions of uniaxial stress by using...
T. Hattori, M. Yamashita, N. Nishimura
WIT Transactions on Engineering Sciences   283-292   2007年12月
The fretting fatigue process has many features such as early stage crack initiation at the contact edge, very slow crack propagation and fatigue failure after a very long life operation. In a previous paper we presented a new fretting fatigue mode...
Naoya Nishimura, Toshio Hattori, Minoru Yamashita, Naoyuki Hayakawa
Key Engineering Materials   353-358 894-897   2007年11月
In this paper, we have evaluated the sliding and the loosening behavior of thread joints under transverse loading. Firstly, the critical relative slippage (Scr), less than which the thread joints can keep the fastening, is obtained by the cyclic l...
Toshio Hattori, Naoya Nishimura, Minoru Yamashita
Key Engineering Materials   353-358 882-885   2007年11月
In this paper we present the estimation methods of fretting wear process and fretting fatigue life using this wear process. Firstly the fretting-wear process was estimated using contact pressure and relative slippage. And then the stress intensity...
M. Yamashita, T. Hattori, N. Nishimura
Journal of Materials Processing Technology   187-188 192-196   2007年6月
The applicability of numerical simulation to the sheet metal drawing by Maslennikov's technique is examined. A circular cup drawing process is numerically simulated using the dynamic explicit finite element code DYNA3D. The effect of the forming p...
Naoya Nishimura, Toshio Hattori, Minoru Yamashita, Naoyuki Hayakawa
Key Engineering Materials   340-341 II 1467-1472   2007年4月
Considering the productivity and the maintenance, most of machine and product has many joints (fastening, welding and adhesive joint). Especially, the thread joint has been used the most mainly as a machine element. However, many troubles on stren...
M. Yamashita, T. Hattori, N. Nishimura, Y. Tange
Key Engineering Materials   340-341 II 1399-1404   2007年4月
Various polygonal tubes were compressed in the axial direction under quasi-static and dynamic loading conditions. The effect of the polygonal shape and the wall thickness on the crush behavior is investigated, in which the cyclic buckling takes pl...
Toshio Hattori, Minoru Yamashita, Naoya Nishimura
JSME International Journal, Series A: Solid Mechanics and Material Engineering   48(4) 246-250   2006年4月
In this paper we present the estimation methods of fretting wear process and fretting fatigue life using this wear process. Firstly the fretting-wear process was estimated using contact pressure and relative slippage. And then the stress intensity...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh
Materials Science Forum   465-466 21-26   2004年11月
We discuss controllability of the cyclic buckling mode in a strengthening member with hat-shaped cross-section subjected to axial impact. The member is composed of the hat part and the flat plate and they are spot-welded at flange portion. The mat...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh, Yasuhiko Sawairi
Journal of Materials Processing Technology   140(1/3) 59-64   2003年9月
The crush behaviors of hollow cylindrical structures with various regular polygonal cross-sections are numerically investigated under axial compression using the FEM program code of the public domain version of DYNA3D. The effects of wall thicknes...
M. Gotoh, M. Yamashita, M. Itoh
Journal of Materials Processing Technology   138(1/3) 564-571   2003年7月
Metal-wire cloth which shows a strong planar anisotropy and heterogeneity is deep-drawn into a circular or square cup. The effect of various forming conditions on the formability and the shape quality of the product is systematically investigated....
Manabu Gotoh, Young Soo Kim, Minoru Yamashita
Journal of Materials Processing Technology   138(1/3) 545-550   2003年7月
The double stretch-drawing process is studied experimentally within the scope of the best or better combination of first and second drawing ratios in which the second punch diameter is fixed, for a the sheet thickness of 1.0 mm. It is concluded th...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita, Kazuhide Wakasugi
Key Engineering Materials   233-236 347-352   2002年12月
Investigation on the optimization of double stage extrusion of a circular bar is numerically performed using a dynamic explicit FEM. Various kinds of tool settings are tested. Die shapes are straight tapered with the half angle of 10°, 15° and 20°...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh, Yasuhiko Sawairi
Key Engineering Materials   233-236 193-198   2002年12月
Axial crush behavior of strengthening structural members is numerically simulated by the use of the dynamic explicit FEM code DYNA3D. The members are cylindrical having hat-shaped cross-section. The material is assumed to be mild steel (MS) and hi...
Manabu Gotoh, Yasuhiko Sawairi, Minoru Yamashita
JSME International Journal, Series A: Solid Mechanics and Material Engineering   45(3) 413-419   2002年7月
Crush of square hollow columns subjected to dynamic axial loading is numerically studied. The column is thin-walled, and various cross-sectional shapes from a right square to an exact circle are treated, changing the corner radius. For calculation...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh, Takahiro Takahashi, Yasuhiko Sawairi
Nippon Kikai Gakkai Ronbunshu, A Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part A   68(668) 668-673   2002年4月
Impact and quasi-static tests for the axial compression of the strengthening automobile members with various types of hat-shaped cross-sections are carried out. Strengthening members play a role as an energy absorber in a car body at collision. A ...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh, Yasuhiko Sawairi
Nippon Kikai Gakkai Ronbunshu, A Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part A   68(666) 217-222   2002年2月
Axial crush behavior of strengthening structural members is numerically simulated by the use of the dynamic explicit FEM code DYNA3D. The numerical model of the structure is composed of the shell elements and the material is assumed as a mild stee...
山下 実, 後藤 學, 高橋 隆博, 澤入 安彦
日本機械学会論文集(A編)   68(668) 668-673   2002年
山下 実, 後藤 學, 澤入 安彦
日本機械学会論文集(A編)   68(666) 217-222   2002年
円筒深絞り成形におけるフランジ部およびダイス肩部の摩擦係数の分離測定
日本塑性加工学会誌「塑性と加工」   43(493 /) 135-139   2002年
J. Satoh, M. Gotoh, M. Yamashita
JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44(3) 832-841   2001年9月
In order to pave the way for development of a new field of cup-forming (i.e. 'precision cup-forming'), shape quality of formed cups is investigated in detail, for no such data have been reported thus far. Cups are formed by the processes of deep-d...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita
Journal of Materials Processing Technology   110(3) 253-264   2001年4月
The effect of shearing speed on the quality of shape and edge-face of the sheared-off products is studied. The tested material is a commercially pure aluminum. The maximum shearing speed is 10 m/s. It is evidenced that the shape quality of the she...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita
International Journal of Mechanical Sciences   42(8) 1593-1606   2000年12月
Numerical tensile tests of an elastoplastic cylindrical bar at various high strain rates are performed by the use of a dynamic explicit FEM code (DYNA3D, a public domain version). The effects of mass (inertia) of the body, strain rate and strain r...
Manabu Gotoh, Young Soo Kim, Minoru Yamashita
JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   43(3) 586-593   2000年9月
In stretch- and deep-drawing processes, each material element of the sheet changes its moving direction by a right angle once or twice when it passes over the die profile and, in the second stage of double operations, over the blank-holder profile...
後藤 學, 金 英洙, 山下 実
日本機械学会論文集(C編)   65(639) 4527-4534   1999年
後藤 學, 金 英珠, 山下 実
日本機械学会論文集(C編)   65(638) 4216-4223   1999年
金網の深絞り加工(共著)
塑性と加工   40-457 55-60   1999年
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita
Metals and Materials International   4 322-328   1998年12月
Numerical tensile tests of an elastoplastic cylindrical bar at various high strain-rates are performed by the use of a dynamic explicit FEM code (DYNA3D, a public domain version). The effects of mass (inertia) of the body, strain-rate and strain-r...
Manabu Gotoh, Young Soo Kim, Minoru Yamashita
Metals and Materials International   4 436-443   1998年12月
Fundamental and informative data of axisymmetric stretch-drawing of several sheet metals with thichness of 0.7∼1.0 mm are presented especially for single and double operations. Very small radius is applied to the die-profile (or -shoulder) in all ...
Minoru Yamashita, Manabu Gotoh, Eiichi Fujita
JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   40(3) 525-532   1997年9月
A Drop-hammer compression apparatus with a controlled stopping device is developed. A check test for the stopping device is carried out by compression of a short circular bar. The accuracy of the device is confirmed to be satisfactory for practica...
M. Gotoh, M. Katoh, M. Yamashita
Journal of Materials Processing Technology   63(1/3) 123-128   1997年1月
Fundamental and informative data of axi-symmetric stretch-drawing of several sheet metals with thicknesses of 0.2∼1.0mm are presented especially for single process, in which very small die-shoulder radius is applied to induce wall-thinning by bend...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita, Atsushi Kawakita
Materials Science Research International   2(4) 261-266   1996年12月
Crush behavior of the bare honeycomb structure with hexagonal cell(without the reinforcing plate members bonded on both edges) is studied experimentally and numerically. The dimensions of honeycomb cell used are 3/8in. (9.525mm) and 3/4in. (19.05m...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita, Tae Hoon Chung, Masanobu Matsuno
Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan   45(2) 169-175   1996年2月
Under plane strain compression of two blocks with sawtoothed interface, the sawtooth growth occurred. In the previous paper it was presumed that such growth was caused by the shear-band formation starting from the tip of sawtooth and its degree de...
後藤 學, 山下 実, 鄭 泰勲, 松野 正信
材料   45(2) 169-175   1996年
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita, Tae Hoon Chung, Masanobu Matsuno
Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan   44(500) 570-577   1995年5月
Previously, plain strain compression of two blocks whose interface was sawtoothed, a peculiar behavior appeared such that the sawteeth grew markedly. In this paper, the degree of growth is experimentally investigated for various materials and nume...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita, Naoshi Torii
JSME International Journal, Series A: Mechanics and Material Engineering   36(3) 276-283   1993年7月
In the preceding work we encountered several peculiar phenomena in plane strain upsetting of oxide-free pure copper blocks which are set in multilayered manners without bonding. That is, the interfaces of blocks under certain experimental conditio...
Manabu Gotoh, Minoru Yamashita, Naoshi Torii
JSME International Journal, Series A: Mechanics and Material Engineering   36(2) 182-189   1993年4月
Pure copper rectangular blocks are simply set in a multilayered manner without bonding and compressed up to 50% reduction in height per operation in the plane strain condition. When as-received copper (Cu-H) or precompressed dead-soft copper (Cu-O...
純アルミニウム板の高速せん断加工における各種加工条件の影響(共著)
塑性と加工   33(383) 1374-1379   1992年
後藤学, 山下実, 大野誠
日本機械学会論文集(A編)   58(554) 1979-1984   1992年
アルミニウムの円筒深絞り性に及ぼす成形速度の影響(共著)
塑性と加工   31(358) 1341-1347   1990年
しごき成形における速度効果(共著)
塑性と加工   30(338) 391-397   1989年
Minoru Yamashita, Hiromasa Kenmotsu, Toshio Hattori
Thin-Walled Structures   69 45-53   2013年6月
チタン板の焼付き回避深絞り成形法―量産のために
後藤 學,山下 実
塑性と加工   44(506) 287-289   2003年2月
Friction Behavior of Lubricant Pre-coated Steel Sheet in Deep-drawing Process
Zhurgang Wang, Tamotsu Nakamura, Minoru Yamashita, Kenji Nishimoto
Materials Forum   29 279-284   2005年1月
年間展望:高エネルギー速度加工
山下 実ほか
塑性と加工   535 760-763   2005年8月
チタン板の絞り加工と潤滑
山下 実,後藤 學
プレス技術   43(10) 32-36   2005年9月
特集:チタン板の絞り加工と潤滑
Toshio Hattorim Minoru Yamashita, Naoya Nishimura
JSME International Journal(Series A)   48(4) 246-250   2005年10月
M. Yamashita, M. Gotoh
International Journal of Impact Engineering   32(1-4) 618-630   2006年12月
The bare aluminum alloy (A5052) honeycomb is compressed in the longitudinal direction of the cell. Effect of the cell shape and the foil thickness on crush behavior is investigated by the numerical simulation using an explicit FEM code DYNA3D. Imp...
山下 実,後藤 学,林 真人
塑性と加工   47(544) 389-393   2006年5月

Misc

 
山下 実
塑性と加工   54(628) 393-397   2013年
チタン板の絞り加工と潤滑
山下 実、後藤 学
プレス技術   43(10) 32-36   2005年
各種筒状体の圧潰変形挙動
山下 実、後藤 学
塑性と加工   43(496) 375-379   2002年
学生金型グランプリに見る金型教育と国際交流
山下 実、新川 真人
塑性と加工   54(656) 770-774   2015年
高ひずみ速度材料試験
山下 実
塑性と加工   50(586) 1009-1013   2009年

書籍等出版物

 
塑性加工便覧
山下実(分担) (担当:共著, 範囲:14.2.5 構造部材の衝撃軸圧潰変形)
コロナ社   2006年5月   

講演・口頭発表等

 
2軸圧縮木材の動特性に関する基礎的研究
山下実,沢田典之,服部敏雄
第18回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2009)   2010年   
2段ストレッチドロー成形に関する研究(共著)
第49回塑性加工連合講演会講演文集   1998年   
T. Hattori, T. Hayakawa, M. Yamaguchi, M. Yamashita
ICCM International Conferences on Composite Materials   2009年12月1日   
The FRP show a remarkable effect when the long continuous fibers are placed along with the stress flow especially at the stress concentration points. In this paper we developed new moulding process, in which we perform the fiber cutting just after...
Applications of FRP Composites on Bend and Complicated Shape Structures
Hattori Toshio(岐阜大学),Yamashita Minoru(岐阜大学)
17th International Conference on Composite Materials   2009年6月   
Axial Crush Behavior of Various Tubular Structures
山下 実(岐阜大学)
2008年9月   
Bending collapse behaviour of adhesive-bonded tubular structure
Minoru Yamashita
7th International Conference on Fracture of Polymers, Composites and Adhesives   2014年9月   
Control of Onset of BucklingLobe in Axial Impact of Square Tube
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),奥山 智仁(岐阜大学大学院),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
2007年3月   
Deformation Behavior of Wood in Biaxial Compression and Its Strength Evaluation
森 春彦(岐阜大学),山下 実(岐阜大学)
2008年10月   
Dynamic Axial Compression of Aluminum Tubular Structure with Hat-Shaped Cross-Section
Yamashita Minoru(岐阜大学)
The International Conference on Advances in Materials and Processing Technologies(AMPT2009)   2009年10月   
Dynamic Axial Crush of Adhesive-Bonded Aluminum Tubular Structure
Yamashita Minoru(岐阜大学),Hattori Toshio(岐阜大学)
MULTIPHYSICS2010   2010年12月   
Effect of Plastic Straining on Working Life under Cyclic Loading
菅井 一允(岐阜大学),山下 実(岐阜大学)
2008年10月   
Effect of Tool Interface Friction and Strain-Rate History on Deformation Behavior in High-Speed and Quasi-Static Compression Tests of Aluminum
MInoru Yamashita
International Symposium on Explosion, Shock wave and   2013年3月   
Energy absorption performance of press-formed shell
Zubair Bin Khalila, Minoru Yamashita, Yusuke Kuno, Toshio Hattori
ICTP2014   2014年10月   
Fastening Force Monitoring Systems For Bolted Joints Using Semiconductor Strain Sensors
服部 敏雄(岐阜大学),山下 実(岐阜大学)
2008年10月   
T. Hattori, M. Yamashita
ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition, Proceedings (IMECE)   2010年12月1日   
The stress and displacement fields near the bonding edge, sharp notch, and contact edge show singularity behaviors, so methods of evaluating the strength of these points using maximum stresses calculated by a numerical stress analysis, such as the...
F. Nakamura, T. Abe, T. Hattori, M. Yamashita
12th International Conference on Fracture 2009, ICF-12   2009年12月1日   
The stress and displacement fields near the bonding edge, sharp notch, and contact edge show singularity behaviors, so methods of evaluating the strength of these points using maximum stresses calculated by a numerical stress analysis, such as the...
Forming of Magnesium Alloy AZ31B Sheet at Room Temperature
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),後藤學(元岐阜大学工学部),佐藤 丈士(岐阜県製品技術研究所),駒田 庸介(岐阜大学大学院)
2005年10月   
Fretting Fatigue Strength and Life Estimation Considering the Fretting Wear Process
服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学),山下 実(工学部機械システム工学科)
2006年11月   
Frictional Effect on Deformation Behavior in Incremental Forming of Sheet Metal
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),山田 賢治(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科)
2007年9月   
FRP歯車の試作と強度評価
服部 敏雄(岐阜大学),早川 高志(岐阜大学大学院),レティTゥ ハー(岐阜大学大学院),山下 実(岐阜大学)
日本機械学会   2009年11月   
Impact Behavior of Honeycomb Structures with Various Cell Specifications - Numerical Simulation and Experiment -
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),後藤 学(岐阜大学工学部機械システム工学科)
2004年7月   
Abstracts of Fifth International Symposium on Impact Engineering (5th ISIE), Cambridge (UK)
Mechanical Considerations of Fretting Fatigue Strength&Life
服部敏雄(岐阜大学),山下 実(岐阜大学)
2008年10月   
Numerical Simulation of Impact Compression Test by Split Hopkinson Pressure Bar Technique
Yamashita Minoru(岐阜大学)
The International Conference on Advances in Materials and Processing Technologies(AMPT2009)   2009年10月   
Numerical Simulation ofSheet Metal Drawing by Maslennikov’s Technique
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科)
AFDM2006 (BUSAN, KOREA)   2006年9月   
On Standardization of SHPB Compression Test
佐藤 裕久(東北学院大学),山下 実(岐阜大学)
2008年9月   
Onset of Progressive Buckling by Inertia Force in Axial Impact of Straight and S-curved Square Tubes
Minoru Yamashita, Toshio Hattori
AMPT2011   2011年   
Punchless Drawing of Magnesium Alloy Sheet under Cold Condition and its ComputationPunchless Drawing of Magnesium Alloy Sheet under Cold Condition and its ComputationPunchless Drawing of Magnesium AlloySheet under Cold Condition and its Computation
Minoru Yamashita, Toshio Hattori, Joji Sato
AMPT2010   2010年   
Quasi-Static and Dynamic Axial Crushing of Various Polygonal Tubes
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),丹下 義崇(岐阜大学大学院)
2006年9月   
Self Loosening Behavior of Metal Thread Joints under Transverse Cyclic Loading
西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科)
2006年9月   
SHPB圧縮試験における工具・試片境界面摩擦に関する考察
佐藤 裕久(東北学院大学),山下 実(岐阜大学)
日本機械学会 M&M2008材料力学カンファレンス   2008年9月   
SHPB衝撃圧縮試験システムの数値計算
山下 実(岐阜大学)
日本塑性加工学会   2010年10月   
Sliding and Loosening Behavior of Thread Joints under Transverse Loading
西村尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科)
2006年11月   
Toshio Hattori, Naoya Nishimura, Minoru Yamashita
Fracture of Nano and Engineering Materials and Structures - Proceedings of the 16th European Conference of Fracture   2006年1月1日   
アルミ・ハニカム材の落下衝撃特性と数値シミュレーション(共著)
第47回 塑性加工連合講演会 講演論文集   1996年   
アルミニウム・ハニカム材の衝撃特性(共著)
平成9年度塑性加工春期講演会講演論文集   1997年   
アルミニウム接着構造のハット型筒状体の衝撃軸圧縮
山下 実(岐阜大学),剱持 寛正(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学),友田 彰(イイダ産業)
日本塑性加工学会   2009年5月   
インクリメンタル成形の影響因子の数値的検討
山下実,服部敏雄
平成23年度塑性加工春期講演会講演論文集(東京都)   2011年   
インクリメンタル板成形における被加工材のひずみ評価
山下 実(岐阜大学工学部),後藤學(元岐阜大学工学部),鵜飼 雅徳(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部),西村 尚哉(岐阜大学工学部)
平成17年度塑性加工春期講演会講演論文集   2005年5月   
インクリメンタル板成形の数値シミュレーション
山田 賢治(岐阜大学大学院),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本機械学会   2006年3月   
しごき加工における速度効果(共著)
第38回塑性加工連合講演会 講演論文集   1987年   
しごき付加ストレッチドロー法による厚板からの底付き円筒容器成形(共著)
平成11年度塑性加工春期講演会講演論文集   1999年   
ストレッチドロー缶成形に関する研究-単段および2段成形(共著)
平成10年度塑性加工春期講演会講演論文集   1998年   
ストレッチドロー成形に関する基礎的研究(共著)
平成8年度塑性加工春期講演会 講演論文集   1996年   
せん断加工における速度効果(共著)
昭和63年度塑性加工連合講演会 講演論文集   1988年   
タービン発電機のフレッティング疲労問題
服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),渡辺 孝(日立製作所)
日本材料学会第54期学術講演会講演論文集   2005年5月   
チタン板の深絞りにおける焼き付き防止への挑戦
平成14年度塑性加工春期講演会講演論文集   2002年   
チタン板の深絞りにおける焼き付き防止への挑戦(第2報,最良潤滑剤の探求)
平成15年度塑性加工春期講演会講演論文集   2003年   
チタン板の深絞りにおける焼付き防止
後藤 學(岐阜大学工学部機械システム工学科),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),林 真人(岐阜大学大学院),村尾 卓児(株式会社野口製作所),大久保 不二男(株式会社野口製作所)
日本塑性加工学会   2004年5月   
チタン板の深絞りにおける焼付き防止(第3報,潤滑剤の適切化と再絞り工程への適用)
平成16年度塑性加工春期講演会講演論文集   2004年   
チタン板絞り成形用溶射皮膜金型の耐久性評価
第52回塑性加工連合講演会講演論文集   2001年   
テーパー状打撃棒を用いた分割ホプキンソン棒衝撃圧縮の数値計算
山下 実(岐阜大学)
日本塑性加工学会   2009年10月   
テーラードブランク材のインクリメンタル成形の数値的検討
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),山田 賢治(岐阜大学大学院)
日本機械学会   2006年8月   
ねじ締結体の軸直角方向負荷における変形挙動
森 智志(岐阜大学大学院),服部敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),鳥居 祐助(岐阜大学工学部機械システム工学科),田中 行平(株式会社日立製作所)
日本材料学会   2007年5月   
ねじ締結部の軸直角方向負荷下でのゆるみ挙動
西村 尚哉(岐阜大学工学部),服部 敏雄(岐阜大学工学部),山下 実(岐阜大学工学部),早川 直幸(岐阜大学大学院),伊藤 隆広(岐阜大学工学部生)
日本材料学会第54期学術講演会講演論文集   2005年5月   
ハット型横断面強度部材の軸方向衝撃圧潰に関する実験的研究(第2報)(東京都),
平成13年度塑性加工春期講演会講演論文集   2001年   
ハット型強度部材の軸衝撃圧潰-変形とクラッシュ強度の制御
第53回塑性加工連合講演会講演論文集   2002年   
ハット型断面筒状体の軸衝撃圧縮変形における慣性力を利用した変形起点の生成
山下 実(岐阜大学)
日本機械学会2008年度年次大会講演論文集(1)   2008年8月   
ハット型部材の軸方向衝撃圧潰実験(共著)
第51回塑性加工連合講演会講演論文集   2000年   
ハニカムの衝撃圧潰変形の数値シミュレーション
平成15年度塑性加工春期講演会講演論文集   2002年   
ハニカムの衝撃圧潰変形の数値シミュレーション
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),後藤 學(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本塑性加工学会   2003年5月   
ハニカム構造体の衝撃変形特性と接着部を考慮した数値計算モデル
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本機械学会東海支部 第54期総会・講演会   2005年3月   
プレス成形品を素材としたインクリメンタル成形
村田 真伸(名古屋市工業技術研究所),山下 実(工学部機械システム工学科),西脇 武志(名古屋市工業技術研究所),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本塑性加工学会   2006年10月   
プレス成形品を用いたインクリメンタル成形とその数値シミュレーション
村田 真伸(名古屋市工業技術研究所),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),西脇 武志(名古屋市工業研究所),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本塑性加工学会   2007年5月   
フレッティングによる接触面磨耗の観察と計測
服部 敏雄(岐阜大学工学部),山下 実(岐阜大学工学部),西村 尚哉(岐阜大学工学部)
日本材料学会   2005年10月   
フレッティング疲労メカニズムの諸特徴
ブトラン キエン(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学),山下 実(岐阜大学)
日本機械学会   2009年3月   
ホプキンソン棒式衝撃圧縮試験の標準化に関する再考察
佐藤 裕久(東北学院大学),山下 実(岐阜大学)
日本材料学会第57期学術講演会講演論文集   2008年5月   
マグネシウム合金AZ31板のマスレニコフ法による常温絞り成形
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),後藤 學(岐阜大学工学部機械システム工学科),駒田 庸介(岐阜大学大学院)
平成16年度塑性加工春期講演会講演論文集   2004年5月   
マグネシウム合金板の常温成形の可能性に関する検討
後藤 學(岐阜大学工学部機械システム工学科),山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),佐藤 丈士(岐阜県製品技術研究所),駒田 庸介(岐阜大学大学院)
第54回塑性加工連合講演会講演論文集   2003年11月   
マスレニコフ法によるマグネシウム合金板の常温成形とその数値計算
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),桑原 浩二(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本塑性加工学会   2006年5月   
マスレニコフ法による板材の絞り成形の数値シミュレーション
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),後藤 學(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本機械学会東海支部 第53期総会・講演会   2004年3月   
ロール矯正における板終端部曲がり不良の動的陽解有限要素解析
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本鉄鋼協会   2007年9月   
圧縮による鋸歯状積層境界の成長挙動の数値シミュレーション(共著)
平成6年度塑性加工春期講演会 講演論文集   1994年   
異形角筒の動的軸圧縮による座屈挙動(共著)
第50回塑性加工連合講演会講演論文集   1999年   
一定ひずみ速度SHPB圧縮法の標準化案の再考察
佐藤 裕久(東北学院大学),山下 実(岐阜大学)
第59回塑性加工連合講演会講演論文集   2008年11月   
液圧による金属ダイアフラム成形と特性評価(共著)
平成9年度塑性加工春期講演会講演論文集   1997年   
液体によるダイヤフラム成形と特性評価(共著)
平成7年度塑性加工春期講演会 講演論文集   1995年   
円筒深絞り成形における工具-素板間摩擦係数のフランジ部とダイス肩部での分離測定(共著)
第51回塑性加工連合講演会講演論文集   2000年   
応力分布を用いた統一的強度評価基準の検討
服部 敏雄(岐阜大学工学部),西村尚哉(岐阜大学工学部),山下 実(岐阜大学工学部)
日本機械学会   2005年11月   
各種ハット型断面を持つ強度部材の軸方向衝撃圧潰(圧潰過程のFEMシミュレーション)
日本機械学会東海支部岐阜地区講演会講演論文集   2001年   
各種ハット型断面を持つ強度部材の軸方向衝撃圧潰(落錘衝撃試験機を用いた衝撃試験)
日本機械学会東海支部岐阜地区講演会講演論文集   2001年   
各種ハット型断面を持つ強度部材の軸方向衝撃圧潰のFEMシミュレーション
第52回塑性加工連合講演会講演論文集   2001年   
各種異形断面を持つ筒体の軸方向圧縮(共著)
平成12年度塑性加工春期講演会講演論文集   2000年   
各種金綱の深絞り成形に関する実験的検討(共著)
平成12年度塑性加工春期講演会講演論文集   2000年   
角筒の衝撃軸圧縮における慣性力が座屈起点に及ぼす影響
山下 実(岐阜大学)
第59回塑性加工連合講演会講演論文集   2008年11月   
角筒の衝撃軸圧縮における座屈しわ発生位置の制御
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),奥山 智仁(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本機械学会   2007年9月   
角筒の衝撃軸圧縮下における座屈変形開始位置の制御
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),奥山 智仁(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本塑性加工学会   2007年5月   
角筒部材の衝撃軸圧縮における慣性力を利用した変形制御
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科),西村 尚哉(岐阜大学工学部機械システム工学科),奥山 智仁(岐阜大学大学院)
日本機械学会   2006年9月   
局所形状不整の導入によるハット型横断面補強部材の軸方向衝撃圧潰強度の制御に関する数値的研究
平成13年度塑性加工春期講演会講演論文集   2001年   
金網の深絞り加工(共著)
平成10年度塑性加工春期講演会講演論文集   1998年   
繰返しせん断変形による大塑性ひずみ付与装置とその検証試験
山下 実(岐阜大学工学部),後藤 學(元岐阜大学工学部),大塚 雄司(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部),佐藤丈士(岐阜県製品技術研究所)
平成17年度塑性加工春期講演会講演論文集   2005年5月   
厳しい変形を受ける金属の物性変化(共著)
第49回塑性加工連合講演会講演論文集   1998年   
厚板の端部矯正に対する動的陽解有限要素解析の適用性
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本鉄鋼協会   2006年3月   
厚板矯正における先端部の形状不良の動的陽解有限要素解析
山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科),服部 敏雄(岐阜大学工学部機械システム工学科)
日本鉄鋼協会   2006年9月   
構造部材のドロップハンマー衝撃実験に関する話題
第201回塑性加工シンポジウム(名古屋市)   2001年   
高速引張試験に関する数値的研究(共著)
平成10年度塑性加工春期講演会講演論文集   1998年   
高分子材料のSHPB試験と試行的数値計算
山下実,菅沼満,佐藤裕久,北村繁明
平成23年度塑性加工春期講演会講演論文集(東京都)   2011年   
剛塑性FEMによる軸対称多段鍛造の数値シミュレーション(共著)
第51回塑性加工連合講演会講演論文集   2000年   
軸圧縮負荷を受ける角筒の動的座屈挙動のシミュレーション(共著)
平成11年度塑性加工春期講演会講演論文集   1999年   
軸直角方向負荷下でのねじ締結部の回転ゆるみ挙動評価
服部 敏雄(岐阜大学工学部),西村尚哉(岐阜大学工学部),山下 実(岐阜大学工学部),成瀬 友博(日立製作所)
日本機械学会2005年度年次大会   2005年9月   
軸直角方向負荷下でのねじ締結部の変形・すべり挙動評価
廣瀬 耕治(岐阜大学大学院),服部 敏雄(岐阜大学工学部),西村 尚哉(岐阜大学工学部),山下 実(岐阜大学工学部),成瀬 友博(日立製作所)
日本材料学会   2005年10月   

競争的資金等の研究課題

 
国際会議参加助成(IMCC2000, Hong Kong)
岐阜大学工学振興基金,平成12年度学術交流助成経費
研究期間: 2000年8月       代表者: 山下 実(工学部機械システム工学科)
財団法人天田金属加工機械技術振興財団 平成14年度国際会議等参加準備助成金
研究期間: 2002年12月       代表者: 山下実(工学部機械システム工学科)
チタン板成形に関する研究
研究期間: 2003年7月       代表者: 山下 実(工学部機械システム工学科)
塑性加工品の疲労強度に関する研究
研究期間: 2004年9月       代表者: 山下 実(岐阜大学工学部機械システム工学科)
500,000円
インクリメンタル成形による板金部品の金型レス加工
名古屋市工業研究所: 
研究期間: 2005年4月       代表者: 山下 実(岐阜大学工学部)
申込者市民経済局工業研究所生産技術部加工計測研究室 村田真伸

特許

 
特開2005-246426 : 大塑性ひずみ付与装置
山下 実

社会貢献活動

 
日本塑性加工学会 東海支部新進部会 リーダー
【】  1996年4月1日 - 1998年3月31日
リーダー
日本塑性加工学会 企画委員会講座小委員会
【】  1997年4月1日 - 2000年3月31日
有限要素法セミナー担当/幹事
日本塑性加工学会 東海支部CAE懇話会
【】  1998年4月1日 - 2004年3月31日
幹事
日本塑性加工学会 編集委員会
【】  1998年4月1日 - 2001年3月31日
「塑性と加工」編集委員/委員
日本塑性加工学会 校閲委員
【】  2003年4月1日 - 2005年3月31日

その他

 
2009年5月   全学的な社会人基礎力育成をめざす教育システムの開発
ひずみや応力の実践的測定法の習得とその過程における社会人基礎力養成プログラム