村井 利昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
村井 利昭
 
ムライ トシアキ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~murai_ap/murai_lab/Welcome.html
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)
その他の所属
工学研究科

プロフィール

村井君のブログ:http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog//有機典型元素化合物の合成と利用に関する研究/元素の周期表にある様々な元素、なかでもリン、イオウ、セレン、テルルなどを炭素、酸素、窒素と組み合わせた新しい分子の開発とその性質を明らかにするとともに有用物質として利用できる系の開拓を行う。

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2015年
岐阜大学 工学部 教授
 
2015年4月
   
 
岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 教授
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1982年3月
大阪大学大学院工学研究科博士前期課程石油化学専攻  
 
1982年4月
 - 
1983年6月
大阪大学大学院工学研究科博後期課程石油化学専攻  
 

受賞

 
2017年2月
岐阜新聞 岐阜新聞大賞
 
1997年
有機合成化学奨励賞
 

論文

 
Synthesis of Chiral Selenazolines from N‑Acyloxazolidinones via a Selenative Rearrangement of Chiral Cyclic Skeletons
村井 利昭
Org. Lett.   20 5826-5830   2018年9月   [査読有り]
Selenolactams as Synthetic Intermediates for the Synthesis of Polycyclic Amines via Seleno-Claisen Rearrangements
村井 利昭
J. Org. Chem.   83(6) 3078-3089   2018年4月   [査読有り]
Hydrolysis of Phosphonothioates with a Binaphthyl Group P‑Stereogenic O‑Binaphthyl Phosphonothioic Acids and Their Use as Optically Active Ligands and Chiral Discriminating Agents
村井 利昭
Org. Lett.   20(5) 1068-1071   2018年3月   [査読有り]
Chelation-Assisted β-selective Direct C-H Bond Arylation of 2-Thienylthioamide Catalyzed by Palladium-1,10-Phenanthroline Complexes
村井 利昭
Asian J. Org. Chem.   7 1323-1326   2018年   [査読有り]
ynthesis and Photophysical Properties of 5-N-Arylaminothiazoles with Sulfur-Containing Groups on the Aromatic Ring at the 2-Position with Sulfur-Containing Groups
村井 利昭
Heterocycles      2018年   [査読有り]

Misc

 
Toshiaki Murai, Rumi Hori, Toshifumi Maruyama, Fumitoshi Shibahara
Organometallics   29 2400-2402
Deprotonation of the selenoformyl group in N,N-dibenzyl selenoformamide with LDA, followed by silylation and germylation of the resulting anion with Me3SiCl and Me3GeCl, gives (selenocarbamoyl)silane and -germane in moderate to good yields. The mo...
Toshiaki Murai, Daichi Matsuoka, Ken Morishita
Journal of the American Chemical Society   128 4584-4585
Enantiomerically pure phosphoroselenoyl chloride bearing a binaphthyl group was synthesized. This phosphoroselenoyl chloride was used to discriminate and resolve simple secondary alcohols. Stereospecific conversions of diastereomerically pure phos...

書籍等出版物

 
Functions with Two Chalcogens Other than Oxygen
Murai T(Department of Chemistry)
Elsevier   2005年4月   
Thio-, Seleno-, Telluro-amides
Murai T(Department of Chemistry)
Springer-Verlag   2005年4月   
Tellurocarboxylic Acids and Derivatives
Murai T(Department of Chemistry)
Thieme   2005年6月   

講演・口頭発表等

 
1-アルキルチオプロパルギルアンモニウム塩と種々の有機金属反応剤との反応による不飽和化合物の合成法の開発
福島梢((発表者 学生)),村井 利昭(工学部応用化学科)
第85回日本化学会春季年会   2006年3月   
1-アルキルチオプロパルギルアンモニウム塩の合成と性質
福島 梢((発表者 学生)),村井 利昭(工学部応用化学科)
第22回有機合成化学夏季大学   2005年9月   
2-ピリジル基を有するN-チオアシル 1,2-アミノアルコールの 合成と環化反応
村井 利昭(工学部応用化学科)
2010年3月   
Chalcogen Isologues of Acid Derivatives: Synthesis and Application to New Reaction and Chiral Discrimination
Murai T(Department of Chemistry, Faculty of Engineering)
ユタ大学 特別セミナー   2006年3月   
Chalcogen Isologues of Acid Derivatives: Synthesis and Application to New Reaction and Chiral Discrimination
Murai T(Department of Chemistry, Faculty of Engineering)
テキサス大学 無機化学分野セミナー   2006年6月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 村井 利昭
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 村井 利昭
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 村井 利昭
カルボニル同族体であるチオカルボニル基を鍵化合物あるいは鍵中間体として、様々な反応剤を連続して付加させる多成分連結反応を開拓してきた。たとえばチオホルムアミドの炭素原子へは異なる二つの有機金属反応剤を連続して付加させることができること、二級チオアミドからは、チオアミドジアニオンが発生すること。さらにこのジアニオンとチオホルムアミドとの反応では、付加・分子内環化反応が連続して進行し、2-チアゾリンを与えることなどを明らかにしてきた。そこでここでは系統的な2-チアゾリンの合成や、そのチアゾール...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 村井 利昭
カルボニル同族体であるチオカルボニル基を鍵化合物あるいは鍵中間体として、様々な反応剤を連続して付加させる多成分連結反応を開拓し「時間的ならびに空間的反応集積化」の達成を目指した。すなわちチオホルムエステルに対してGrignard反応剤を連続で加えることにより系中でアリールメチルGrignardを発生させ、さらにこれを炭素求核剤として利用する反応の適用限界の解明をフロー系で行った。すなわちチオホルムエステルとフェニルGrignardをマイクロミキサーM1で混合させた。この段階の滞留時間や溶媒...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 村井 利昭
リン原子上に光学活性なビナフチル基を組込んだセレノリン酸塩化物を出発化合物に用いて、光学活性な二級アルコールを識別する方法、脂肪族置換基のみを有するアルコールやアミンを高い光学純度で導く方法の開発を行った。すなわち塩化物をセレノリン酸エステルに変換し、1^H,<13>^C,<31>^Pさらには<77>^Se NMRの化学シフトの一般的傾向からアルコールの絶対配置を推定する方法を確立した。またエステルとアミンとの反応は立体反転で進行することを利用して、光学活性な2-アルキルピペリジンを導く一...

社会貢献活動

 
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
【】  2006年1月 - 2006年12月
日本化学会速報誌 Chemistry Letters 編集委員
【】  2006年4月
日本化学会東海支部 幹事
【】  2006年4月
日本化学会速報誌 編集委員
【】  2006年4月1日 - 2009年3月31日
日本化学会速報誌編集委員
【】  2006年4月1日