河瀬 順洋

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
河瀬 順洋
 
カワセ ヨシヒロ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~femlab/
所属
岐阜大学
部署
工学部 電気電子・情報工学科 情報コース
職名
教授
学位
工学博士(京都大学), 工学修士(岡山大学)
その他の所属
工学研究科
科研費研究者番号
20144735

プロフィール

三次元場の有限要素解析に関する研究/3-D Numerical Analysis Using Finite Element Method

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 工学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 工学部 応用情報学科 教授
 
1981年
 - 
1985年
岡山大学工学部電気工学科 助手
 
1985年
 - 
1988年
岐阜大学工学部電気工学科 助手
 
1988年
 - 
1997年
岐阜大学工学部電子情報工学科 助教授
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
岡山大学 工学研究科 電気工学
 
 
 - 
1979年3月
岡山大学 工学部 電気工学
 

受賞

 
2016年
電気学会優秀技術活動賞技術報告賞
 
2015年
電気学会産業応用部門論文賞
 
2009年
日本AEM学会論文賞
 
1985年
電気学会 電気学術振興賞論文賞
 
1989年
電子情報通信学会東海支部創立50周年記念奨励賞
 

論文

 
Tadashi Yamaguchi, Yoshihiro Kawase, Takashi Nishimura, Hiroaki Naito
Journal of Materials Processing Technology   161 311-314   2005年4月
We developed a 2D finite element analysis (FEA) data creating system in which the data is generated from DXF (drawing interchange file) data, which is one of the most famous CAD data. In this paper, the system is proposed and the usefulness of the...
Hirokatsu Katagiri, Yoshihiro Kawase, Tadashi Yamaguchi, Kazuya Kishida, Keiichi Morinaga
COMPEL - The International Journal for Computation and Mathematics in Electrical and Electronic Engineering   31(5) 1379-1385   2012年9月
Purpose - The purpose of this paper is to clarify the usefulness of characteristics analysis of an interior permanent magnet (IPM) motor using the 3-D finite element method (FEM) with prismatic elements from the view point of the accuracy and the ...
Tadashi Yamaguchi, Yoshihiro Kawase, Satoshi Suzuki, Wataru Koyanagi, Katsuhiro Hirata, Tomohiro Ota
International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics   39 657-664   2012年10月
Recently, miniature electromagnetic relays are required to have high reliability. The reliability of the relay is lost by numerous collisions of a contact. Therefore, we calculate the collision energy of a miniature electromagnetic relay with a pe...
Yukihiro Okada, Yoshihiro Kawase, Shinya Sano
COMPEL - The International Journal for Computation and Mathematics in Electrical and Electronic Engineering   23(3) 733-739   2004年8月
Describes the method of optimization based on the finite element method. The quality engineering and the multivariable analysis are used as the optimization technique. In addition, this method is applied to a design of IPM motor to reduce the torq...
Satoshi Suzuki, Yoshihiro Kawase, Tadashi Yamaguchi, Shuhei Kakami, Katsuhiro Hirata, Tomohiro Ota
IEEE Transactions on Magnetics   46(8) 3157-3160   2010年8月
This paper proposes a dynamic analysis method for a novel spiral resonant actuator with two-degree-of-freedom employing the 3-D finite element method (FEM). The effects of the slit structure on the performance of the actuator are quantitatively cl...
Katsuhiro Hirata, Yuya Hasegawa, Tadashi Yamaguchi, Yoshihiro Kawase, Koichi Shamoto, Hiroyuki Kodama
IEEJ Transactions on Industry Applications   126(8) 1151-1155   2006年8月
This paper presents the coupled analysis method for a new structured linear actuator that can convert the rotation into linear actuation by the attractive and repulsive force of permanent magnets. In this method, the 3-D finite element mesh modifi...
Satoshi Suzuki, Yoshihiro Kawase, Tadashi Yamaguchi, Shuhei Toyama, Shuhei Kakami, Katsuhiro Hirata, Tomohiro Ota
IEEE Transactions on Magnetics   47(5) 1002-1005   2011年5月
This paper describes a multimesh modification method for the three-dimensional finite-element method (3-D FEM), in which the mesh modification is executed after choosing an appropriate mesh from prepared several meshes according to the position of...
Tadashi Yamaguchi, Yoshihiro Kawase, Satoshi Suzuki, Katsuhiro Hirata, Tomohiro Ota, Yuya Hasegawa
IEEE Transactions on Magnetics   44 1510-1513   2008年6月
This paper describes a highly accurate computation technique to obtain the dynamic characteristics of a linear resonant actuator (LRA) driven by the dc brush motor and a magnetic conversion mechanism employing the 3-D finite-element method. In thi...
Satoshi Suzuki, Yoshihiro Kawase, Tadashi Yamaguchi, Katsuhiro Hirata, Yu Okaue
IEEE Transactions on Magnetics   45 1728-1731   2009年3月
We are developing a shear-type compact MR brake (SCMRB), which can control the share stress because the viscosity of MR fluid varies by the magnetic field and shear rate. In order to design the high response brake, it is important to evaluate the ...
Tadashi Yamaguchi, Yoshihiro Kawase, Hiroyuki Kodama, Katsuhiro Hirata, Yuya Hasegawa, Tomohiro Ota
IEEE Transactions on Magnetics   42 1011-1014   2006年4月
This paper presents the numerical method for the damping analysis of a pendulum in a laser marker with the eddy current-brake. In this method, the eddy current analysis is coupled with two-dimensional (2-D) motion analysis employing the three-dime...

書籍等出版物

 
回転機の電磁界解析実用化技術と設計法
科学情報出版   2016年   
モータ技術実用ハンドブック
日刊工業新聞社   2001年   
有限要素法による交直電磁石の設計と応用
中田 高義,伊藤 昭吉,河瀬 順洋 (担当:共著)
森北出版   2005年4月   
最新三次元有限要素法による電気・電子機器の実用解析
河瀬 順洋,伊藤 昭吉 (担当:共著)
森北出版   1997年7月   
最新有限要素法による電気・電子機器のCAE
伊藤 昭吉,河瀬 順洋 (担当:共著)
森北出版   2000年4月   

講演・口頭発表等

 
2-D Finite Element Analysis Data Creating System with CAD Data
山口 忠(岐阜大学工学部),河瀬 順洋(岐阜大学工学部),西村 隆(岐阜大学工学部),内藤 裕彰(岐阜大学工学部)
2003年5月   
2自由度駆動アクチュエータの動特性評価
山本 匡史(大阪大学大学院),平田 勝弘(大阪大学大学院),山口 忠(岐阜大学工学部),河瀬 順洋(岐阜大学工学部),長谷川 祐也(松下電工(株))
電気学会   2006年5月   
3-D Analysis of Core Material Effects of Motors on Torque and Iron Characteristics
河瀬 順洋(岐阜大学工学部),山口 忠(岐阜大学工学部),大河内 利典(岐阜大学工学部),ヨーラン ノード(ヘガネスAB),菅野 光輝(ヘガネスジャパン(株))
CEFC2004   2004年6月   
3-D Analysis of Core Material Effects of Surface Permanent Magnet Motor on Torque and Magnetic Loss Characteristics
河瀬 順洋(岐阜大学工学部),山口 忠(岐阜大学工学部),大河内 利典(岐阜大学工学部),大野 裕志(岐阜大学工学部),ヨーラン ノード(ヘガネスAB),菅野 光輝(ヘガネスジャパン)
ISEM   2005年9月   
3-D Finite Element Analysis of Attractive Force by Residual Magnetization of DC Electromagnets
河瀬 順洋(岐阜大学工学部),山口 忠(岐阜大学工学部),岩下 径(岐阜大学工学部)
ISEF 2003   2003年9月   

担当経験のある科目

 

Works

 
アキシャルギャップ形モータの磁界解析技術に関する研究
2000年
磁界解析によるPMモータ高効率化技術の研究
1999年
モータの磁気・熱設計に関する研究
1998年
中性点回路を有する三相モータの磁界解析技術に関する研究
2001年
ロボットハンド用高性能モータの研究開発
2002年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 河瀬 順洋
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 河瀬 順洋
高効率かつ堅牢な電動機を開発するために,電動機の磁界と応力解析を総括的に扱うことできる分散メモリ型並列計算機システムの構築を目的としている。四面体辺要素を用いた三次元有限要素法による磁界解析をベースとした並列計算機システムでは要素分割を細かくしたにもかかわらず解析精度が十分に確保できない事例が見られたため,三角柱辺要素を用いた磁界解析の並列計算機システムの構築の方向に研究の進め方を変更した。三角柱辺要素を用いた磁界解析では,四面体要素帆用いた磁界解析と比べて,解析精度を損なうことなく,計算...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 河瀬 順洋
三次元有限要素法による磁界解析をベースとした電動機の特性解析のための並列計算機システムを構築した。各種電動機の特性解析を通して本システムの有用性を明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 河瀬 順洋
三次元有限要素法による磁界解析と熱伝導解析を連成して周囲温度や発熱を考慮した電動機のハイエンドCAEシステムを構築した。キャリア高調波を考慮したIPMモータの温度分布を解析し, 実測値と比較することにより, 本システムの有用性を明らかにした。さらに偏芯やスキューを施すためのメッシュ修正法の開発ならびに電動機のための電磁界の並列計算の基礎的検討を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 河瀬 順洋
1. 三次元自動分割データ作成手法の開発、及びCADシステムの構築三次元磁界解析のためのデータ作成は,設計者とコンピュータとの自由度の高いコミュニケーションによって行われ,はじめて磁界精度への追求が可能になる。この実現には,自由度の高い三次元自動分割データ作成手法の開発はもとより,マンマシンインターフェイスの開発は必須となり,開発者が視覚的に回転機の最終形状を把握できるためのCADシステムをワークステーションを用いて構築を行った。2. 三次元磁界解析の自動化,統合化電磁機器の動作特性解析で...

特許

 
中橋 鮎香, 中嶋 乃, 河瀬 順洋
神谷 宗宏, 久松 義幸, 河瀬 順洋, 山口 忠
中村 一也, 福島 絵理, 河瀬 順洋, 山口 忠, 川崎 晴久, 毛利 哲也
中村 一也, 福島 絵理, 河瀬 順洋, 山口 忠

社会貢献活動

 
Journal of Modeling and Simulation in Materials Science and Engineering
【】  The Institute of Physics  The Institute of Physics  1992年3月1日
Editorial Board
日本学術振興会 製鋼第19委員会
【】  日本学術振興会  日本学術振興会  1993年1月1日 - 2005年3月31日
委員
社団法人 日本能率協会 モータ技術フォーラム企画委員会
【】  日本能率協会  日本能率協会  1996年1月1日
委員
社団法人 電気学会 論文委員会
【】  電気学会  電気学会  1997年6月1日
委員
社団法人 電気学会 交流機の損失評価技術調査専門委員会
【】  電気学会  電気学会  2000年10月1日 - 2003年9月30日
委員