鈴木 文昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
鈴木 文昭
 
スズキ フミアキ
URL
http://www.gifu-u.ac.jp/~aob3073/animal_Biochem1.html
所属
岐阜大学
部署
岐阜大学
職名
理事
学位
農学博士(筑波大学), 農学修士(京都大学)

プロフィール

プロレニンおよびレニン・アンジオテンシン系の生化学、構造生物学/プロレニンおよび(プロ)レニン受容体の構造生物学、プロレニンおよびレニン・アンジオテンシン系の役割の生化学的解明とその応用/プロレニン・レニン受容体の生化学・分子生物学/プロレニンおよび(プロ)レニン受容体の細胞膜上での役割を生化学・分子生物学アプローチで探り、応用研究へと展開する。/ニワトリ初期胚を用いたレニン・アンジオテンシン系の生化学・分子生物学/ニワトリ初期胚における卵黄血管系の生体内微小血管系モデルとしての可能性を生化学・分子生物学的に検討しする。

研究分野

 

経歴

 
2009年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
1978年
 - 
1988年
岐阜大学 助手
 
1988年
 - 
2000年
岐阜大学 助教授
 
1986年
 - 
1987年
アレキサンダー・フォン・フルボルトリサーチフェロー(ハイデルベルク大学)
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1978年3月
筑波大学 農学研究科 応用生物化学
 
1975年4月
 - 
1977年3月
京都大学 農学研究科 食品工学
 
1971年4月
 - 
1975年3月
岐阜大学 農学部 農芸化学
 

受賞

 
1993年
農芸化学奨励賞
 

論文

 
Biosci. Biotech. Biochem.   765-766   1995年4月
化学と生物   33 401-405   1995年7月
A role of Lysine-43 in the inactivation of rat prorenin.
Clin. Exper. Pharmacol. Physiol.   S13-S14   1995年12月
Tyrosine-83 of rennin has an important role in renin-angiotensinogen reaction.
Protein Peptide Lett.   13 45-49   1996年8月

Misc

 
A. H M Nurun Nabi, Kazal Boron Biswas, Yoshie Arai, Tsutomu Nakagawa, Tsutomu Nakagawa, Akio Ebihara, Akio Ebihara, Laila N. Islam, Fumiaki Suzuki, Fumiaki Suzuki
Frontiers in Bioscience   17 389-395
Before discovery of (pro)renin receptor, prorenin was regarded as a source of renin and probable diagnostic marker for diabetic nephropathy/Wilms' tumor. It is now considered that prorenin can perform renin activity by binding to (P)RR and binding...
Mariyo Sakoda, Atsuhiro Ichihara, Yuki Kaneshiro, Tomoko Takemitsu, Yuichi Nakazato, A. H M Nurun Nabi, Tsutomu Nakagawa, Fumiaki Suzuki, Fumiaki Suzuki, Tadashi Inagami, Hiroshi Itoh
Hypertension Research   30 1139-1146
Blockade of (pro)renin receptor has benefits in diabetic anglotensin II type-1a-receptor-deficient mice, suggesting the importance of (pro)renin receptor-mediated intracellular signals. To determine the mechanism whereby the human (pro)renin recep...
Afroza Sultana, A. H M Nurun Nabi, Uddin M. Nasir, Hiroe Maruyama, Kazu Michi Suzuki, Satoshi Mishima, Fumiaki Suzuki, Fumiaki Suzuki
International Journal of Molecular Medicine   21 677-681
Renin is the rate limiting enzyme in the renin-angiotensin (RA) system that regulates blood pressure and electrolyte balance. In this study, we investigated the renin inhibitory effect of a royal jelly (RJ)-derived peptide. A dipeptide YY was isol...
F. Suzuki, A. Takahashi, A. Hyodoh, S. Miyazaki, Y. Ishizuka, K. Murakami, Y. Nakamura
Biomedical Research   13 321-326
We developed a sandwich enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) system for human renin using 3,3',5,5'-tetramethylbenzidine as a chromogen. This ELISA could quantify the mature renin in the range from 2.5 to 250 pg (0.0675 to 6.75 fmol), and dis...
Afroza Sultana, A. H M Nurun Nabi, Kazal B. Biswas, Miki Takemoto, Fumiaki Suzuki, Fumiaki Suzuki
Frontiers in Bioscience   14 3286-3291   2009年1月
Royal jelly (RJ) is known to possess several physiological and pharmacological properties. A dipeptide YY derived from RJ proteins is known to inhibit angiotensin converting enzyme (ACE) activity. Our previous study showed that the dipeptide YY in...

書籍等出版物

 
「レニン・アンジオテンシン系の分子生物学」、高血圧(循環器now5)(共著)
南江堂   1994年   
「レニン・アンギオテンシン系」、プロタアーゼとそのインヒビター(共著)
メジカルビュー社   1993年   
「レニン」、蛋白質分解酵素(]G0001[)(生物化学実験法30)(共著)
学会出版センター   1993年   
「生理活性ペプチド・レニン」、構造生物学(共著)
朝倉書店   1998年   
「レニン:遺伝子,構造と機能」、レニン・アンジオテンシン系と高血圧(共著)
先端医学社   1998年   

講演・口頭発表等

 
レニン反応を構造生物学的に探る-レニン・アンジオテンシン系の新規阻害剤創製をめざして-
2001年7月   
Role of His(9, P2) and His(13, P3') in angiotensinogen for renin catalytic reaction.
鈴木 文昭(応用生物科学部)
日本生化学会大会   2004年10月   日本生化学会
2P-389(W23-5) Role of His(9, P2) and His(13, P3') in angiotensinogen for renin catalytic reaction.N. AHM Nurun, Nasir M. Uddin, T. Orihashi, T. Nakagawa,A. Ebihara, A. Iwasawa, Y. Nakamura, F. Suzuki
Role of"handle"region of prosegment part of prorenin in
A.H.M. Nurun Nabi(Gifu Univ.),Inagami T.(Vanderbilt Univ.),SuzukiF.(Gifu Univ.),Uddin M. Nasir(Gifu Univ.),Nakagawa T.(Gifu Univ.),Sakata H.(Gifu Univ.),Iwata H.(Gifu Univ.),Iwata Hideyuki(Fac. Appl. Biol. Sci., Gifu University),Ichihara A.(Keio Univ.),Ishida U.(Prevaq. Co.),Hayashi Matsuhiko(Keio Univ., School Med.)
15th European Meeting on Hypertension   2005年6月   European Society of Hypertension
Role of handle region of prosegment part of prorenin in receptor-assiciated prorenin system.
Nabi A.H.M.Nurun(United Graduate school Agric. Sci., Gifu Univ.),Uddin M.Nasir(Fac. Appl. Biol. Sci., Gifu Univ.),Nakagawa Tsutomu(Fac. Appl. Biol. Sci., Gifu Univ.),Sakata Hirohito(Fac. Appl. Biol. Sci., Gifu Univ.),Iwata Hiroyuki(Fac. Appl. Biol. Sci., Gifu Univ.),Ichihara Atsuhiro(Keio Univ., School Med.),Ishida Yuichi(Prevaqual Co.),Inagami Tadashi(School Med., Vanderbilt University),Suzuki Fumiaki(Fac. Appl. Biol. Sci., Gifu Univ.)
15th European Meeting on Hypertension   2005年6月   European Society of Hypertension
(PRO)RENIN RECEPTOR: BIOCHEMICAL STUDY ON THE BINDING TO PRORENIN AND RENIN
A.H.M. Nurun Nabi(Gifu Univ.),Uddin M. Nasir(Gifu Univ.),Nakagawa T.(Gifu Univ.),Ichihara A.(Keio Univ.),Inagami T.(Vanderbilt Univ.),Suzuki F.(Gifu Univ.)
The 21th Meeting of International Society of Hypertension   2006年10月   International Society of Hypertension

Works

 
ラットプロレニンの分子生物学
2000年
ヒトプロレニンの構造生物学
1999年
ヒツジアンジオテンシノーゲンの構造生物学
1998年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 鈴木 文昭
初年度に於いては、まず1)ニワトリ受精卵の無殻培養(シャーレ内)系の胚発生過程における胚、卵黄血管系、尿漿膜血管系、網細血管(血管新生)等を肉眼および実体顕微鏡を通した画像として経時的に記録し、上記測定対象の変化量を市販の解析ソフトを用いた画像処理で数量化するシステムを構築した。併せて、観察面のみを除去した有殻培養系での胚発生過程における上記パラメータの数量化システムも構築し、無殻培養系システムと比較した。最終年度は、上記2つの培養系において、すでに確立した方法を用いて、血管系の肉眼方向か...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 鈴木 文昭
レニンは血圧調節を司るレニン・アンギオテンシン系でのキ-エンザイムである。最近血液中にレニンの不活性前駆体であるプロレニンの存在が明かとなってきた。しかもその血液中の濃度はレニンの4倍以上高いという報告もある。しかし、その生理作用、不活性保持機構等については、ほとんど明かにされていない。私達は最近、プロレニンの不活性保持機構を明かにする手始めとして、ラットレニンcDNAを動物細胞に組み込んでプロレニンの発現生産系を確立するとともに、プロレニンの生理的機能を明かにする手がかりとして、ラット顎...
酸素、レニンの反応機構の解明
プロレニンの構造と機能に関する分子生物学
組換えタンパク質の高発現生産系の開発

社会貢献活動

 
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry誌・編集委員
【】  日本農芸化学会  日本農芸化学会  2005年11月1日 - 2009年3月31日
編集委員
Prof. Danserとの座談会「レニン/プロレニン受容体の機能解明に迫る」
【】  日経BP  日経BP  2007年6月14日
「レニン研究の新展開」招聘講演
【】  東京高血圧研究会  東京高血圧研究会  2007年9月8日
特別講演
レニン・アンジオテンシン系の新展開 -プロレニンの構造と機能の面から展望する -:招聘講演
【】  東京大学医学部腎臓内分泌内科学教室  東京大学医学部腎臓内分泌内科学教室  2007年9月18日
リサーチ・カンファレンスでの講演
座談会「レニンーアンジオテンシン系の新たなる治療戦略」参加
【】  株式会社メディカルレビュー  株式会社メディカルレビュー  2007年9月18日