下山田 真

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/16 11:16
 
アバター
研究者氏名
下山田 真
 
シモヤマダ マコト
所属
静岡県立大学
部署
食品栄養科学部 食品生命学科
職名
教授
学位
農学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
   
 
東北大学大学院農学研究科 研究生
 
1991年
 - 
2002年
岐阜大学農学部 助手
 
2002年
 - 
2004年
岐阜大学農学部 助教授
 
2004年
 - 
2005年
岐阜大学応用生物科学部 助教授
 
2005年
 - 
2009年
宮城大学食産業学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東北大学 農学研究科 食糧化学
 
 
 - 
1986年
東北大学 農学部 食糧化学
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本食品工学会  評議員
 
2006年10月
   
 
山形県  アドバイザリーボード
 

受賞

 
2003年
日本食品科学工学会奨励賞
 

論文

 
下山田 真
Food Science and Technology Reserach   21 439-444   2015年   [査読有り]
下山田 真
Journal of Food Processing and Preservation   38 830-836   2014年   [査読有り]
加熱変性したβ-ラクトグロブリンの解析:リホールディングと凝集に及ぼす冷却速度の影響
宮城大学食産業学部紀要   5(1) 13-20   2011年3月   [査読有り]
下山田 真
24 355-361   2018年   [査読有り]

Misc

 
大豆サポニンの共優性遺伝-大豆の起源を探れるか?
化学と生物   29(4)    1991年
下山田 真, 柴田 正人, 石川 敬一, 浅沼 幸治, 渡辺 乾二
日本食品科学工学会誌   44(1) 59-61   1997年
日本食品科学工学会誌   50巻10号pp445-450    2003年
日本食品科学工学会誌   51巻9号pp456-462    2004年
Agricultural and Biological Chemistry   54(10) 2553-2557   1990年

書籍等出版物

 
Antifungal saponins from white asparagus (Asparagus officinalis L.) bottoms and their physiological role in the plant defense system
Plant-derived antimycotics   2003年   
乾燥・乾熱卵白タンパク質の物性改良作用 (食卵の科学と機能)
アイ・ケイ コーポレーション   2008年   

講演・口頭発表等

 
Interaction between soybean saponin and protein, and possible functionality
6th International Symposium on the Role of Soy in Preventing and Treating Chronic Disease   2005年   
Effect of heating temperature and cooling rate on denaturation of soymilk
236th American Chemical Society National Meeting   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
大豆サポニン等天然界面活性物質と食品タンパク質の相互作用を介した機能発現
その他の研究制度
研究期間: 1991年   
食品タンパク質の加熱および冷却時の構造変化に関する研究
経常研究
研究期間: 1997年   
豆乳の品質に関する研究
受託研究
研究期間: 2003年   
豆乳調製時の磨砕、加熱といった処理工程の見直しによって豆乳の品質向上を目指す。
卵白タンパク質の加熱変性と機能性発現
共同研究
研究期間: 2010年