阿閉 泰郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
阿閉 泰郎
 
アトジ ヤスロウ
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 共同獣医学科 基礎獣医学講座 獣医解剖学研究室
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学), 獣医学修士(岐阜大学)
その他の所属
連合獣医学研究科

プロフィール

比較神経解剖学/哺乳類と鳥類の脳の形態学的研究

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
2013年
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 獣医学課程 教授
 

論文

 
Yamamoto Y(Gifu University),Atoji Y(Gifu University)
Arch. Gerontol. Geriatr.   36 173-183   2003年4月
Yamamoto Y(Iwate University),Atoji Y(Gifu Univesity)
J. Anat.   202 573-577   2003年6月
Morphology of aging ling in F344/N rat: alveolar size, connective tissue, and smaooth muscle cell markers
Yamamto Y(Gifu University),Atoji Y(Gifu University)
Anat. Rec.   272A 538-547   2003年7月
Kusindarta DwiLiliek(Gifu University・Gadjah Mada University),Atoji Yasuro(Gifu University),Wijayanto Hery(Gadjah Mada University)
Eur. J. Morphol.   41(3/4) 111-116   2003年8月
Nishijima K(Laboratory of Veterinary Anatomy),Tsubone H(University of Tokyo),Atoji Y(Gifu University)
Auto. Neurosci.   110 81-88   2004年4月

Misc

 
Takahiko Shiina, Yasutake Shimizu, Yasutake Shimizu, Noriaki Izumi, Yuji Suzuki, Makoto Asano, Yasuro Atoji, Yasuro Atoji, Hideki Nikami, Tadashi Takewaki, Tadashi Takewaki
Journal of Veterinary Medical Science   67 115-117
Musculature and glands of the esophagus in various wild birds and mammals were examined histologically. Cervical and thoracic esophagi of all birds used (mallard, spot-billed duck, Ural owl and Hodgson's hawk-eagle) were comprised of smooth muscle...
Keiichi Shinozaki, Yasutake Shimizu, Takahiko Shiina, Kazutoshi Nishijima, Yasuro Atoji, Hideki Nikami, Akira Niijima, Tadashi Takewaki
Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical   119 16-24
Neurophysiological basis for the heterogeneity of the nerve components in the brown adipose tissue (BAT) was examined in this experiment. Efferent nerve signals were recorded from the central cut end of the small nerve filament dissected from the ...
Yasuro Atoji, Yasuro Atoji, J. Martin Wild
Journal of Comparative Neurology   485 165-182
The dorsolateral corticoid area (CDL) in the pigeon telencephalon is a thin, superficial part of the caudal pallium adjoining the medially situated hippocampal formation. To determine the connectivity of CDL, and to distinguish CDL from the rostra...
Yasuro Atoji, J. Martin Wild
Journal of Comparative Neurology   517 350-370
The central caudal nidopallium (NCC) is a large subdivision of the nidopallium in the pigeon brain, but its connectional anatomy is unknown. Here, we examined the connections of NCC by using tract-tracing methods. Injections of cholera toxin B-cha...
Yasuro Atoji, J. Martin Wild
Journal of Comparative Neurology   520 717-741   2012年3月
The mesopallium is a thick cell plate occupying a substantial portion of the avian dorsal pallium, but its hodology is incompletely known. In pigeons we examined fiber connections of the frontodorsal (MFD) and frontoventral mesopallium (MFV), the ...

書籍等出版物

 
神経膠、末梢性膠細胞
阿閉 泰郎(岐阜大学)
学窓社   2003年3月   
胸腔内の心臓、血管、および神経
阿閉 泰郎(岐阜大学)
チクサン出版社   2005年3月   
Limbic system in birds: morphological basis
Atoji Yasuro(Gifu University),Wild Martin(University of Auckland)
慶応大学   2007年10月   
鳥の海馬の構造
阿閉 泰郎(岐阜大学応用生物科学部)
ナカニシヤ出版   2008年2月   
第4章を担当
阿閉 泰郎(岐阜大学応用生物科学部)
チクサン出版社   2008年3月   
訳書のうち第14章「神経系」の一部を担当

講演・口頭発表等

 
Afferent and efferent connections of the area corticoid dorsolateralis in the pigeon
Atoji Y(Gifu University)
2004年9月   
Distribution of BrdU labeled cells in the olfactory bulb and the epithelium of the lateral ventricle of Xenopus laevis
Saito S(Gifu University),Atoji Y(Gifu University)
第141回日本獣医学会   2006年3月   
Distribution of GABA immunoreactive cells in the pigeon hippocampal formation and related areas
Rafiqul I.M.(Gifu University, Bangladesh Agricultural University),Atoji Y(Gifu University),Saito S(Gifu University)
日本解剖学会   2005年4月   
Effect of kainic acid on memory neural circuit: analysis of circuit and administration effect.
Atoji Yasuro(GifuUniversity)
2007年2月   
21世紀COEプログラム国際シンポジウムで発表
Extrinsic innervation of the rat trachea: retrograde labeling and immunohistochemistry
Kusindarta D.L.(Gifu University),Kaneko A(Gifu University),Hamazaki N(Gifu University),Atoji Y(Gifu University)
2004年8月   

担当経験のある科目

 

Works

 
獣医組織学
阿閉 泰郎(応用生物科学部)   教材   2004年4月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 阿閉 泰郎
本年度は昨年に引き続きは鳥類の脳内のグルタミン酸作動性神経細胞を形態的に調べ、その神経連絡回路を解明した。グルタミン酸作動性神経細胞を同定するために、VGLUT-2あるいはグルタミン酸受容体のmRNAをin situ hybridization法により研究を進めた。in situ hybridizationではグルタミン酸作動性神経細胞の細胞体の局在を調べることができるが、投射先は追跡できない。それ故、逆行性トレーサーを利用した神経路標識法も合わせて行った。今年の研究は鳩では聴覚系と嗅覚系...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 阿閉 泰郎
鳥類と哺乳類の大脳の相同性を比較するために、鳥類の中枢神経系に存在するグルタミン酸作動性神経細胞の局在と神経回路を形態的に解析した。その結果、鳥の海馬体は中隔にグルタミン酸投射をしていることから哺乳理のもの(アンモン角と歯状回)と相同であると判明した。また巣外套は同様に哺乳類の大脳新皮質4層に相当する可能性がある。しかし他の多くの外套部位は未解決のまま残っている。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 阿閉 泰郎
鳥類の脳脊髄に存在すると思われるグルタミン酸作動性神経細胞を確認する目的で、鳩のグルタミン酸代謝関連のmRNAの解析と、それが存在している神経細胞を同定するためにin situハイブリダイゼーションの研究計画を立案した。昨年度に解析したvesicular glutamate transporter(vGLUT)とglutamate receptor1(GluR-1)の2種類の遺伝子配列を基にし、in situハイブリダイゼーションを鳩の中枢神経系で行なった。vGLUTは主に神経細胞に発現し...
犬および鶏の神経解剖学
鳥類海馬体におけるグルタミン酸作動性神経細胞の証明
基盤研究C
研究期間: 2006年6月 - 2008年3月    代表者: 阿閉 泰郎(岐阜大学)

社会貢献活動

 
日本獣医学会評議員
【】  日本獣医学会  日本獣医学会  2005年4月1日
牛海綿状脳症(BSE)の感染経路:回腸から中枢神経へ
【】  145回日本獣医学会  145回日本獣医学会  2008年3月28日
シンポジウム開催
日本獣医解剖学会理事
【】  2009年4月
プトラ・マレーシア大学教授選考外部評価委員
【】  2011年8月8日 - 2014年6月30日
大学院特別講義「鳥の海馬-哺乳類との相同と相違-」講師
【】  東京医科大学  東京医科大学  2015年10月29日 - 2015年10月29日

その他

 
2005年7月   FD参加
「知的財産説明会」「入試に関する河合塾講演」
2005年11月   FD参加
「保健管理センターとキャンパス・メンタルヘルスー大学生の心の風景と心理相談に求められるものー」
2005年   BSE感染の神経経路の解明
名古屋大学生命農学研究科の大森保成博士と共同で牛回腸の神経支配を共同で研究している。
2005年   凍結標本作製
応用生物科学部の3研究室の教員と大学院生に凍結切片作製の技術の指導を行なった。