北川 均

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
北川 均
 
キタガワ ヒトシ
URL
http://www.gifu-u.ac.jp/~naikahp/index.html
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部
学位
獣医学修士, 博士(農博)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
2014年
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 獣医学課程 教授
 

受賞

 
1996年
日本獣医学会賞
 
2001年
畜産大賞
 

論文

 
49:14-19, 2014.
北川 均
49 14-19   2014年   [査読有り]
高島 諭,大場恵典,渡邊一弘,児玉篤史,酒井洋樹,小川静子,浅井亮太,北川 均
日獣会誌   64 390-393   2011年   [査読有り]
保田恭志,西飯直仁,大場恵典,高島 諭,高木 充,東畑有希,柴田治樹,北川 均
日獣会誌   63 449-452   2010年   [査読有り]
佐々木慎哉,保田恭志,柴田真治,高島 諭,西飯直仁,高須正規,大場恵典,北川 均
日獣会誌   63 625-629   2010年   [査読有り]

Misc

 
Satoshi Takashima, Naohito Nishii, Akiko Kato, Tatsuya Matsubara, Sanae Shibata, Hitoshi Kitagawa
Journal of Veterinary Medical Science   78 23-28   2016年2月
©2016 The Japanese Society of Veterinary Science. Resistin, one of the adipokines that has a cycteine-rich C-terminus, is considered to relate to the development of insulin resistance in rats. However, in cats, there is little knowledge regarding ...
Tatsuya Matsubara, Naohito Nishii, Naohito Nishii, Satoshi Takashima, Masaki Takasu, Masaki Takasu, Noriaki Imaeda, Kayo Aiki-Oshimo, Kazuaki Yamazoe, Kazuaki Yamazoe, Yoshie Kametani, Asako Ando, Hitoshi Kitagawa, Hitoshi Kitagawa
Veterinary Immunology and Immunopathology   168 176-183   2015年12月
© 2015 Elsevier B.V.. The Microminipig is an extra-small sized novel miniature pig developed in Japan. In the process of peripheral blood mononuclear cells analysis by flow cytometry, CD4+ cells could not be detected in some pigs with an anti-pig ...
Takafumi Suzuki, Naohito Nishii, Naohito Nishii, Satoshi Takashima, Tatsuya Matsubara, Atsushi Iwasawa, Hirofumi Takeuchi, Kohei Tahara, Tatsuyuki Hachisu, Hitoshi Kitagawa, Hitoshi Kitagawa
Journal of Veterinary Medical Science   77 1379-1383   2015年12月
© 2015 The Japanese Society of Veterinary Science. Polyclonal immunoglobulin (Ig) G autoantibodies against insulin have been identified in sera of healthy cats. We purified and fractionated insulin-binding IgGs from cat sera by affinity chromatogr...
Nao Nagata, Sanae Shibata, Hiroki Sakai, Hiroaki Konno, Satoshi Takashima, Mifumi Kawabe, Takashi Mori, Hitoshi Kitagawa, Makoto Washizu
Journal of Veterinary Medical Science   77 117-121   2015年1月
© 2015 The Japanese Society of Veterinary Science. A 7-year-old, miniature dachshund was referred for examination and treatment of persistent anorexia, deep yellow-coloured urine and leucocytosis. The clinical sign of jaundice, results from a seru...
Satoshi Takashima, Sanae Shibata, Kazuto Yamada, Mizuho Ogawa, Naohito Nishii, Hitoshi Kitagawa
Veterinary Anaesthesia and Analgesia      2015年1月
© 2015 Association of Veterinary Anaesthetists and the American College of Veterinary Anesthesia and Analgesia. Objective: To evaluate the effect of intravenous infusion of amino acids on the prevention of hypothermia during anaesthesia in dogs. S...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 北川 均
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 北川 均
本研究においては、MHC固定ブタを用いた再生医療の研究に必須であるブタ造血幹細胞の同定と分化過程を明らかにするため、造血幹細胞マーカー候補であるc-kitのマウスモノクローナル抗体を作製し、ブタ造血幹細胞の同定およびMHC固定ブタ骨髄及び臍帯血リンパ球解析を試みた。その結果、c-kit陽性細胞は新生仔骨髄に豊富に存在し、高い赤芽球系・単球系への分化能を示し、重度免疫不全NOGマウスへの移植により、ブタCD45陽性細胞の分化を誘導する事が確認された。
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 北川 均
ネコにおいて抗インスリン自然自己抗体が存在し、それがIgGであることが明らかとなってきている。この抗インスリンIgGの意義を検討する目的で、ネコにおいて抗インスリンIgGを定量するためのサンドイッチELISAを開発し、その精度を検討した結果、インスリン結合IgGを十分に測定できることが確認された。この測定法を使用して、成イエネコ130例および他のネコ科動物(ライオン、ヒョウ、ユキヒョウ、ボブキャットおよびリンクス) 11例について血漿抗インスリンIgG濃度を測定した。イエネコおよびネコ科動...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 北川 均
黒毛和種牛に多発する(産子の3-5%)発育不良・虚弱の病態を解析し,原因を探求すると共に早期診断法および発生防御法を検討した.発育不良の黒毛和種では,血中甲状腺ホルモン濃度が低下していたが,これは偽甲状腺機能低下であり,発育不良牛では2次的甲状腺機能低下が認められることを示唆した.ガスクロマトグラフィー/質量分析を用いて発育不良牛における尿の代謝プロフィル解析を行ない,オロト酸尿症の1例を検出した.しかし,責任酵素であるuridine monophosphate synthaseの遺伝子異...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 北川 均, 佐々木 栄英
成長ホルモン(GH)濃度が高く,インスリン様成長因子(IGF-1)-1濃度が低い矮小体躯の黒毛和種牛においてレセプターアッセイにより,GHレセプター発現量を測定した.矮小体躯牛では,発育期における肝臓のGHレセプター発現量が少なく,成長するにつれて正常発育牛と同等になった.また,年齢が2歳を超え,成牛となった後の矮小体躯牛に遺伝子組替ウシGH(ソマトトロピン)を筋肉注射したところ,2日後から血清IGF-1濃度は上昇した.この所見は,矮小体躯であっても成牛ではGHレセプターからIGF-1合成...