北山 敦康

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/14 10:13
 
アバター
研究者氏名
北山 敦康
 
キタヤマ アツヤス
eメール
kitayama.atsuyasushizuoka.ac.jp
URL
http://homepage3.nifty.com/kitayama
学位
芸術学修士(国立音楽大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
静岡大学 教育学部 - 教科教育学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
国立音楽大学 音楽研究科 器楽(サクソフォン)
 
 
 - 
1975年
国立音楽大学  器楽(サクソフォン)
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本音楽教育学会  常任理事、事務局長、学会誌編集委員、副会長
 
2003年
   
 
日本音楽表現学会  学会誌編集委員、学会誌編集委員長
 

Misc

 
音楽学習のフロンティア
玉川大学出版部      2003年
A Study of the Relationship between the Children's Vocal Range and the Sound Distribution in the MusicC Textbooks for Children
第3回アジア太平洋音楽教育シンポジウム・第1巻   Vol.1 99-102   2001年
Back to the Japanese Trdition or a Step to the Unisex Society - A Review of Gender and Vocal Singing Range in Japanese Pop Songs from 1947to 2000
第3回アジア太平洋音楽教育シンポジウム・第2巻   Vol.2 121-126   2001年
表現力を高める授業-「詠み」と「振り」を用いた実践-
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   (No.8) 107-120   2003年
脳と音楽教育-「音楽脳入門」の翻訳を通して-
日本教育大学協会全国国立大学附属学校連盟音楽科研究会研究報告2001年号   8-12   2002年

書籍等出版物

 
音楽学習のフロンティア
高萩保治,北山敦康,ほか10名 (担当:共著)
玉川大学出版部   2003年6月   
SERENO理論編3・CD-Rom版音楽科教育実践講座 vol.10
川池聰,北山敦康,他23名 (担当:共著)
ニチブン   2004年4月   
日本音楽教育事典
山本文茂,北山敦康,他218名 (担当:共著)
音楽之友社   2004年3月   
「木製の洋楽器」−木竹工芸の事典−
朝倉書店   1985年1月   
大学生のバイエル〈歌唱教材伴奏への導入と展開〉
教育芸術社   1987年3月   

講演・口頭発表等

 
多感覚教育のすすめ
北山敦康
日本教育大学協会全国音楽部門大学部会   2003年5月   
子どもの声域と音楽教科書の音域の比較研究
北山敦康,小川容子,村尾忠廣
アジア太平洋音楽教育シンポジウム   2001年8月   
矛盾した二つの古典的学説を検証する
北山敦康
日本音楽教育学会第7回音楽教育ゼミナール   2002年9月   
スキル獲得のプロセスと音楽表現~サクソフォン学習者のためのハイトーンへのアプローチを通して~
北山敦康
日本音楽表現学会第2回大会   2004年6月   
公教育における階名(移動ド)と音名をめぐる状況の変化について -日本と香港の質問紙調査結果をもとに-
小川容子,北山敦康,村尾忠廣
日本音楽教育学会第35回大会   2004年11月   

担当経験のある科目

 

Works

 
サクソフォン・リサイタル
芸術活動   1985年
サクソフォン四重奏演奏会
芸術活動   1987年
サクソフォンと打楽器によるデュオ・コンサート
芸術活動   1983年
木管楽器奏者のためのリップシールドの研究
芸術活動   1993年
電子管楽器を用いた音楽教育の実践的研究
芸術活動   1993年

競争的資金等の研究課題

 
音楽学習における認知プロセスの研究
サクソフォン演奏の研究