渡辺 修治

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/14 10:20
 
アバター
研究者氏名
渡辺 修治
 
ワタナベ ナオハル
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
静岡大学 創造科学技術研究部 特任教授
 
1980年
 - 
1989年
大正製薬総合研究所研究員
 
1989年
 - 
1997年
静岡大学農学部助教授
 
1992年
 - 
1993年
ロードアイランド大学博士研究員
 
1996年
 - 
1996年
フランスINRAワイン研究所,ドイツエルランゲンーニュルンベルグ大学在外研究員
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京大学 農学研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
1973年
静岡大学 工学部 合成化学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本農芸化学会  Biosci, Biotech, Biochem, 編集委員
 
 
   
 
植物化学調節学会  評議員
 
1999年
 - 
2004年
日本生物工学会  中部支部評議員
 

受賞

 
2010年
植物化学調節学会賞
 
2010年
ポスター賞
 
2011年
トピックス賞
 

論文

 
A method for assaying substances that promote attachment of marine seessile organisms using the blue mussel, Mytilus edulis(-)(/)-
1994(2) 55-57   1994年1月
Linalyl and bornyl disaccharide glycosides from Gardenia jasminoides flowers
37(2)    1994年1月
trans(-)(/)-- and cis(-)(/)--Linalool 3, 6-oxide 6-O-β-D-xylopyranosyl-β-D-glucopyranosides isolated as aroma precursors from leaves for oolong tea
58(9) 1742-1744   1994年1月
(S)-Linalyl, 2-phenylethyl, and benzyl disaccharide glycosides isolated as aroma precursors from oolong tea leaves
58(8) 1532-1534   1994年1月

Misc

 
植物の内生サイトカイニンの分離、精製と定量法
植物の化学調節   14(1) 48-55   1979年
ビシクロジイネン骨格を有する抗癌抗生物質探索の新展開
ファルマシア   26(4) 357-359   1990年
WATANABE N, YAMAGISHI M, MIZUTANI T, KONDOH H, OMURA S, HANADA K, KUSHIDA K
Journal of Natural Products   53(5) 1176-1181   1990年
学会誌 化学と生物   32(3) 203-208   1994年

書籍等出版物

 
植物の知恵ム化学と生物からのアプローチ
山村庄亮,長谷川宏司ら他16名 (担当:共著)
大学教育出版   2005年1月   
花はなぜ咲くの?
西村尚子,渡辺修治 (担当:編者)
化学同人   2008年1月   
花の香りの秘密 遺伝子情報から機能性まで
渡辺修治,大久保直美 (担当:共著)
フレグランスジャーナル社   2009年9月   
博士教えてくださいーーー植物の不思議
分担執筆(15名) (担当:共著)
大学教育出版   2008年1月   
天然物化学ー植物編ー
渡邉修治ほか (担当:共著)
アイピーシー   2007年2月   

講演・口頭発表等

 
バラ主要香気成分2-phenylethaolの発散制御に関わる酵素、遺伝子の単離
冨田沙織,坂井美和,平田拓,佐山弘典,山口耕司,渡辺修治
日本農芸化学会2007年度大会   2007年3月   
植物の香り生成機構とその利用
渡辺修治
第46回食品新素材研究会   2008年7月   
Distributionandaccumulationoffloralscentcompoundsinrose flowers, and the change in the gene expression involved in the biosynthesis of these compounds during the unfurling process of the flowers
Xiaomin Chen,Hiromi Kobayashi,Miwa Sakai,Taku Shimeno,Koujji Yamaguchi,Yuko Suzuki,Hideo Doura,Naoharu Watanabe
The 5th International Symposium on Rose Reseach and Cultivation   2009年5月   
Carotenoids and carotenoid-derived scent compounds in Rosa sinensis mutabilis.
Susanne Baldermann,Andriati Ningrum Mulyadi,Yoshinori Ueda,Peter Fleischmann,Naoharu Watanabe
The 5th International Symposium on Rose Reseach and Cultivation   2009年5月   
Functional analysis and localization of phenylacetaldehyde reductase, involved in biosynthesis of 2-phenylethanol in rose flowers.
Hiromi Kobayashi,Yuko Suzuki,Miwa Sakai,Xiaomin Chen,Taku Shimsno,Kouji Yamaguchi,Hideo Doura,Shigeyasu Tanaka,Naoharu Watanabe
The 5th International Symposium on Rose Research and Cultivation   2009年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
チャ花における芳香族香気成分の生合成とそれらの生態学的役割の解明
特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
開花プロセス、香気成分生合成・発散に果たすバラ香気成分の役割りの解明
萌芽研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月
バラ花弁におけるフェニルエタノイドシステムの明暗応答
基盤研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月
植物におけるC13ノルイソプレノイド系香気成分の生成・発散制御に関する研究
特別研究員奨励費
研究期間: 2007年10月 - 2009年9月
花から発散・拡散される揮発成分の空間、時間を測るー化学生態学の新たな研究手法
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月