宮尾 克

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/31 18:09
 
アバター
研究者氏名
宮尾 克
 
ミヤオ マサル
ハンドル
miyaomasaru
eメール
miyaoyc4.so-net.ne.jp
URL
http://www012.upp.so-net.ne.jp/MIYAO/
所属
-女子栄養大学
部署
保健センター
職名
客員教授・産業医・学校医
学位
医学博士(名古屋大学)
その他の所属
公益財団法人名古屋産業科学研究所

プロフィール

宮尾 克(みやお まさる)
1977年名古屋大学医学部医学科卒.医学博士.同大学医学部助手・講師・助教授,教授(多元数理科学・情報連携基盤センター)を経て.2009年情報科学研究科教授,2017年3月定年退職し、2017年4月より、女子栄養大学客員教授に就任。毎週月曜火曜に保健センターで終日、勤務している。人間工学・公衆衛生学を通じ,3D映像の生体影響、ケータイ・モバイル機器のユーザビリティ,多言語情報システム、学校保健学、疫学を研究。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 教授
 
1982年
 - 
1987年
 名古屋大学医学部助手(公衆衛生学)
 
1987年
 - 
1992年
 名古屋大学医学部講師(公衆衛生学)
 
1992年
 - 
1996年
 名古屋大学医学部助教授(公衆衛生学)
 
1996年
 - 
2002年
 名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授(高次位相講座)
 
2002年
 - 
2009年
 名古屋大学情報連携基盤センター教授(情報基盤ネットワーク研究部門)
 
2009年
   
 
- 名古屋大学大学院情報科学研究科教授(情報システム学専攻・集積システム論講座)
 

学歴

 
 
 - 
1982年
名古屋大学 医学研究科 社会医学系公衆衛生学
 
 
 - 
1977年
名古屋大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2008年
   
 
モバイル学会  副会長
 
1996年
   
 
日本学校保健学会  理事、編集委員
 
1996年
   
 
日本産業衛生学会  評議員・代議員
 
2002年
   
 
日本社会医学会  理事
 
1996年
   
 
日本人間工学会  評議員
 
2009年
   
 
日本衛生学会  評議員
 
1995年
 - 
1997年
日本公衆衛生学会  評議員
 
2005年
   
 
日本産業ストレス学会  評議員
 
2000年
   
 
国際労働衛生会議 ICOH  Active member
 
1998年
 - 
2005年
日本産業ストレス学会  理事
 

論文

 
Lege Ranson Paul, Hasegawa Satoshi, Ishio Hiromu, Takahashi Tatsumi, Hyodo Kei, Matsunami Shigusa, Ishii Yuki, Iwata Kohei, Kojima Takehito, Miyao Masaru
JOURNAL OF THE SOCIETY FOR INFORMATION DISPLAY   25(1) 12-19   2017年1月   [査読有り]
Kinoshita F, Mori Y, Sugiura A, Yamakawa T, Matsuura Y, Takada H, Miyao M
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   71(1) 30-36   2016年   [査読有り]
Sugiura A, Tanaka K, Wakatabe S, Matsumoto C, Miyao M
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   71(1) 19-29   2016年   [査読有り]
Yoshikawa K, Ohashi T, Kojima T, Honda Y, Ishio H, Takada M, Omori M, Miyao M
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   71(1) 12-18   2016年   [査読有り]
Kimura Ryota, Iwata Kohei, Totani Takahiro, Miyao Toshiaki, Kojima Takehito, Takada Hiroki, Ishio Hiromu, Uneme Chizue, Miyao Masaru, Takada Masumi
Universal Access in Human-Computer Interaction; Interaction Techniques and Environments, Pt II   9738 271-278   2016年   [査読有り]
Kinoshita Fumiya, Iwata Kohei, Matsuura Yasuyuki, Miyao Masaru, Takada Hiroki
Universal Access in Human-Computer Interaction; Interaction Techniques and Environments, Pt II   9738 279-286   2016年   [査読有り]
2016 11TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER SCIENCE & EDUCATION (ICCSE)   41-44   2016年   [査読有り]
Sugiura Akihiro, Kojima Takehito, Takada Hiroki, Tanaka Kunihiko, Miyao Masaru
Universal Access in Human-Computer Interaction; Interaction Techniques and Environments, Pt II   9738 347-355   2016年   [査読有り]
Ocular Accommodation and Depth Position in Depth-Fused 3D Visual Perception
Takada Hideaki, Date Munekazu, Yamakawa Tatsuya, Kojima Takehito, Morita Ichizo, Honda Yuma, Miyao Masaru
PERCEPTION   44 348-349   2015年8月   [査読有り]
Kawabata Norifumi, Miyao Masaru
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E98A(8) 1696-1708   2015年8月   [査読有り]
Ishio Hiromu, Yamakawa Tatsuya, Sugiura Akihiro, Yoshikawa Kazuki, Kojima Takehito, Terada Shigeru, Tanaka Kunihiko, Miyao Masaru
Universal Access in Human-Computer Interaction: Access to Interaction, Pt II   9176 196-204   2015年   [査読有り]
10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER SCIENCE & EDUCATION (ICCSE 2015)   225-229   2015年   [査読有り]
Iwata Kohei, Ishii Yuki, Koizuka Tatsuya, Kojima Takehito, Paul Lege, Miyao Masaru
UNIVERSAL ACCESS IN HUMAN-COMPUTER INTERACTION: ACCESS TO TODAY'S TECHNOLOGIES, PT I   9175 298-305   2015年   [査読有り]
Yamakawa Tatsuya, Takada Hideaki, Date Munekazu, Kojima Takehito, Morita Ichizo, Honda Yuma, Miyao Masaru
UNIVERSAL ACCESS IN HUMAN-COMPUTER INTERACTION: ACCESS TO INTERACTION, PT II   9176 285-296   2015年   [査読有り]
Takada Masumi, Sakai Masaki, Miyao Masaru, Takada Hiroki
Universal Access in Human-Computer Interaction: Access to Interaction, Pt II   9176 264-272   2015年   [査読有り]
Kinoshita Fumiya, Mori Yuki, Fukui Yuta, Takada Masumi, Miyao Masaru, Takada Hiroki
CONTROL AND INTELLIGENT SYSTEMS   43(4) 198-204   2015年   [査読有り]
Ishii Yuki, Koizuka Tatsuya, Iwata Kohei, Kojima Takehito, Lege Paul, Miyao Masaru
UNIVERSAL ACCESS IN HUMAN-COMPUTER INTERACTION: ACCESS TO TODAY'S TECHNOLOGIES, PT I   9175 449-454   2015年   [査読有り]
Takada Masumi, Miyao Masaru, Takada Hiroki
2015 IEEE VIRTUAL REALITY CONFERENCE (VR)   291-292   2015年   [査読有り]
Yoshikawa Kazuki, Kinoshita Fumiya, Miyashita Koji, Sugiura Akihiro, Kojima Takehito, Takada Hiroki, Miyao Masaru
Universal Access in Human-Computer Interaction: Access to Interaction, Pt II   9176 297-304   2015年   [査読有り]
Sugiura Akihiro, Tanaka Kunihiko, Takada Hiroki, Kojima Takehito, Yamakawa Tatsuya, Miyao Masaru
Universal Access in Human-Computer Interaction: Access to Interaction, Pt II   9176 246-254   2015年   [査読有り]
Kihara Ken, Fujisaki Hirotaka, Ohtsuka Sakuichi, Miyao Masaru, Shimamura Jun, Arai Hiroyuki, Taniguchi Yukinobu
JOURNAL OF THE SOCIETY FOR INFORMATION DISPLAY   22(7) 329-336   2014年7月   [査読有り]
2014 WORLD AUTOMATION CONGRESS (WAC): EMERGING TECHNOLOGIES FOR A NEW PARADIGM IN SYSTEM OF SYSTEMS ENGINEERING      2014年   [査読有り]
Noborisaka Y, Ishizaki M, Yamada Y, Honda R, Yokoyama H, Miyao M, Tabata M
Environmental health and preventive medicine   18(6) 466-476   2013年11月   [査読有り]
Shiomi Tomoki, Uemoto Keita, Kojima Takehito, Sano Shunta, Ishio Hiromu, Takada Hiroki, Omori Masako, Watanabe Tomoyuki, Miyao Masaru
JOURNAL OF THE SOCIETY FOR INFORMATION DISPLAY   21(3) 120-128   2013年3月   [査読有り]
Noborisaka Y, Ishizaki M, Yamada Y, Honda R, Yokoyama H, Miyao M, Tabata M
Environmental health and preventive medicine   18(1) 24-32   2013年1月   [査読有り]
Ide T, Ishikawa M, Tsubota K, Miyao M
The open ophthalmology journal   7 69-48   2013年   [査読有り]
Takada M, Miyao M, Matsuura Y, Takada H
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2013 7196-7199   2013年   [査読有り]
Kutsuna K, Matsuura Y, Fujikake K, Miyao M, Takada H
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2013 7200-7203   2013年   [査読有り]
Hasegawa S, Hasegawa A, Takasu K, Kojima T, Miyao M, Sugita N, Sakai Y, Kato K
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2013 7188-7191   2013年   [査読有り]
Watanabe T, Konagaya Y, Yanagi T, Miyao M, Mukai M, Shibayama H
Journal of the American Geriatrics Society   60(7) 1381-1383   2012年7月   [査読有り]
Goto H, Watanabe T, Miyao M, Fukuda H, Sato Y, Oshida Y
Environmental health and preventive medicine   17(3) 228-234   2012年5月   [査読有り]
Noborisaka Y, Ishizaki M, Nakata M, Yamada Y, Honda R, Yokoyama H, Miyao M, Tabata M
Environmental health and preventive medicine   17(2) 147-156   2012年3月   [査読有り]
The Effect of Illuminance on Visibility during Reading E-books by Age Groups
IDW/AD '12: PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, PT 1   19 691-694   2012年   [査読有り]
New Directions in the Use of a Sensor Output Signal Evaluation System for Biofeedback Training Application Examples in Medical and Healthcare Systems
2012 WORLD AUTOMATION CONGRESS (WAC)      2012年   [査読有り]
While Viewing 3D Video-Clips, Accommodative Focus and Convergence are in Harmony with Virtual Image Position
IDW/AD '12: PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, PT 2   19 1185-1188   2012年   [査読有り]
(小児期の原爆被爆者のがん死亡率)
宮尾 克
DOI 10.1007/s12199-011-0246-6    2011年10月   [査読有り]
宮尾 克
日本バーチャルリアリティ学会誌   16(2) 139-148   2011年6月   [査読有り]
(カーナビの文字サイズの可読性)
宮尾 克
モバイル学会誌   1(1) 3-9   2011年1月   [査読有り]
Takada M, Yamamoto T, Takada H, Yokoyama K, Miyao M, Matsuura Y
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   66(1) 64-70   2011年1月   [査読有り]
Lens accommodation in response to 3D images on an HMD
IDW'11: PROCEEDINGS OF THE 18TH INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, VOLS 1-3   325-326   2011年   [査読有り]
Characteristics of Displays of e-Book Terminals on Text Readability
IDW'11: PROCEEDINGS OF THE 18TH INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, VOLS 1-3   1131-1133   2011年   [査読有り]
Accommodation and Convergence during 2D and 3D Images Gaze
IDW'11: PROCEEDINGS OF THE 18TH INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, VOLS 1-3   321-324   2011年   [査読有り]
Evaluation of e-paper Readability
IDW'11: PROCEEDINGS OF THE 18TH INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, VOLS 1-3   1135-1136   2011年   [査読有り]
A STUDY OF STOCHASTIC RESONANCE AS A MATHEMATICAL MODEL OF ELECTROGASTROGRAM
Yasuyuki Matsuura, Masaru Miyao, Kiyoko Yokoyama, Hiroki Takada
BIOSIGNALS 2011   450-453   2011年   [査読有り]
Visibility Evaluation of 3D and 2D Character Representation on Mobile Displays
IDW'11: PROCEEDINGS OF THE 18TH INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS, VOLS 1-3   1853-1856   2011年   [査読有り]
BIORESPONSE TO STEREOSCOPIC MOVIES PRESENTED VIA A HEAD-MOUNTED DISPLAY
Hiroki Takada, Yasuyuki Matsuura, Kazuhiro Fujikake, Masaru Miyao
BIOSIGNALS 2011   433-437   2011年   [査読有り]
教育用色覚検査としてのCMTの有用性
宮尾 克
学校保健研究   52(1) 63-70   2010年4月   [査読有り]
Takada H, Shiozawa T, Miyao M, Matsuura Y, Takada M
Advances in experimental medicine and biology   680 585-591   2010年   [査読有り]
数字検出課題と地図読み上げ課題による液晶ディスプレイの評価
宮尾 克
産業保健人間工学研究   10(1) 24-30   2009年12月   [査読有り]
Miyao M, Watanabe T, Honda R, Yamada Y
Environmental health and preventive medicine   14(3) 209   2009年5月   [査読有り]
ケータイ画面表示文字の視認性と加齢効果
日本福祉工学会誌   11(1) 20-25   2009年
Fujikake Kazuhiro, Miyao Masaru, Watanabe Tomoki, Hasegawa Satoshi, Omori Masako, Takada Hiroki
VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS   5622 41-+   2009年   [査読有り]
Takada Hiroki, Yamamoto Tetsuya, Miyao Masaru, Aoyama Tatehiko, Furuta Masashi, Shiozawa Tomoki
VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS   5622 120-+   2009年   [査読有り]
Takada H, Fujikake K, Miyao M
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2009 4906-4912   2009年   [査読有り]
Watanabe Tomoyuki, Omori Masako, Hasegawa Satoshi, Matsunuma Shohei, Miyao Masaru
HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INFORMATION AND INTERACTION, PT II   5618 476-+   2009年   [査読有り]
Hasegawa Satoshi, Omori Masako, Watanabe Tomoyuki, Fujikake Kazuhiro, Miyao Masaru
VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS   5622 439-+   2009年   [査読有り]
Hasegawa Satoshi, Omori Masako, Watanabe Tomoyuki, Matsunuma Shohei, Miyao Masaru
HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INFORMATION AND INTERACTION, PT II   5618 395-+   2009年   [査読有り]
Sugiura Akihiro, Yamamoto Tetsuya, Takada Hiroki, Miyao Masaru
VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS   5622 625-+   2009年   [査読有り]
Takada H, Shiozawa T, Takada M, Iwase S, Miyao M
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2009 6271-6275   2009年   [査読有り]
Omori Masako, Hasegawa Satoshi, Watanabe Tomoyuki, Matsunuma Shohei, Miyao Masaru
HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INFORMATION AND INTERACTION, PT II   5618 430-+   2009年   [査読有り]
Omori Masako, Hasegawa Satoshi, Watanabe Tomoyuki, Fujikake Kazuhiro, Miyao Masaru
VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS   5622 90-+   2009年   [査読有り]
Takada Hiroki, Fujikake Kazuhiro, Miyao Masaru
VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS   5622 254-+   2009年   [査読有り]
OMORI M., MIYAO M., KANAMORI H., ATSUMI B.
Behaviour and Information Technology   27(4) 313-318   2008年
International Journal of Occupational Safety and Ergonomics (JOSE)   14(3) 293–304   2008年
WATANABE Tomoyuki, MIYAO Masaru, HONDA Ryumon, YAMADA Yuichi
Environ Health Prev Med   13(5) 264-270   2008年
MIYAO Etsuko, NODA Akiko, MIYAO Masaru, YASUMA Fumihiko, INAFUKU Shigeru
Internal Medicine   47(18) 1573-1578   2008年
Effects of Aging and Display Contrast on the Legibility of Characters on Mobile Phone Screens.
International Journal of Interactive Mobile Technologies (iJIM)   2(4) 7-12   2008年
Takada H, Miyao M, Fujikake K, Furuta M, Matsuura Y, Kitaoka Y
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2008 2149-2152   2008年   [査読有り]
Oral appliance therapy for a child with sleep apnea syndrome due to palatine tonsil hypertrophy
Sleep and Biological Rhythms   5 289-291   2007年
Evaluation of High Quality LCDs Displaying Moving Pictures, on the Basis of the Form Obtained from Statokinesigrams
Forma   22(2) 199-206   2007年
Evaluation of High-quality LCDs Displaying Moving Pictures by Use of the Form Obtained from Statokinesigrams and the Dynamics
Forma   22(3) 217-229   2007年
Readability of character size for car navigation systems
Fujikake Kazuhiro, Hasegawa Satoshi, Omori Masako, Takada Hiroki, Miyao Masaru
HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INTERACTING IN INFORMATION ENVIRONMENTS, PT 2, PROCEEDINGS   4558 503-+   2007年   [査読有り]
Brain activities related to legibility of text, studied by means of near infrared Spectroscopy
Omori Masako, Hasegawa Satoshi, Miyao Masaru, Choui Masami, Tamura Hiroshi
Human Interface and the Management of Information: Methods, Techniques and Tools in Information Design, Pt 1, Proceedings   4557 894-902   2007年   [査読有り]
Fujikake Kazuhiro, Miura Koichi, Sakurai Takahiro, Takada Hiroki, Hasegawa Satoshi, Omori Masako, Honda Ryumon, Miyao Masaru
FRONTIERS OF COMPUTATIONAL SCIENCE   349-+   2007年   [査読有り]
Visibility evaluation of characters on liquid crystal displays in mobile phones, and visual function
Omori Masako, Hasegawa Satoshi, Fujikake Kazuhiro, Miyao Masaru
HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INTERACTING IN INFORMATION ENVIRONMENTS, PT 2, PROCEEDINGS   4558 600-+   2007年   [査読有り]
Multilingual disaster information for mobile phones in japan
Miyao Masaru, Sato Kurm, Hasegawa Satoshi, Fujikake Kazuhiro, Tanaka Shozo, Okamoto Kohei
HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: INTERACTING IN INFORMATION ENVIRONMENTS, PT 2, PROCEEDINGS   4558 592-+   2007年   [査読有り]
Shiozawa Tomoki Youkey, Takada Hiroki, Miyao Masaru
FRONTIERS OF COMPUTATIONAL SCIENCE   327-+   2007年   [査読有り]
Tanaka Shozo, Miyao Masaru, Okamoto Kohei, Hasegawa Satoshi
FRONTIERS OF COMPUTATIONAL SCIENCE   353-+   2007年   [査読有り]
Takada Hiroki, Tsunashima Hitoshi, Yamazaki Daishi, Shiozawa Tomoki, Nakayama Meiho, Morimoto Takayuki, Miyao Masaru, Hoshina Hiroyuki
FRONTIERS OF COMPUTATIONAL SCIENCE   357-+   2007年   [査読有り]
高齢者の運転状況と認知症ドライバーに関する意識調査
日本医事新報   (4295) 81-84   2006年
Applications of Double-Wayland Algorithm to Detect Anomalous Signals
Forma   21(2) 159-167   2006年
認知症ドライバーの運転に関する意識調査
社会医学研究   24 57-66   2006年
松沼 正平, 長谷川 聡, 大森 正子, 宮尾 克
人間工学   42(5) 313-319   2006年
ケータイ画像による文字フォントの視認性評価
MATERIAL STAGE   6(8) 41-45   2006年
二重課題を用いた加齢による視覚情報処理能力の検討
視覚の科学   27 54-58   2006年
モバイルヒューマンインタフェースの動向
ヒューマンインタフェース学会誌   8(1) 23-32   2006年
Aging effects on the visibility of graphic text on mobile phones.
Gerontechnology   4(4) 200-208   2006年
システム/制御/情報: システム制御情報学会誌   50(6) 232-237   2006年
若年女性を対象とした睡眠時胃電図の解析
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   105(46) 21-24   2005年
若年女性を対象とした睡眠時胃電図の解析
信学技報   MBE 2005-6(21-24)    2005年
マルチ画面型VDT作業における人間工学的研究
産業保健人間工学研究   7(1) 17-22   2005年
Characteristic changes of sway of center of gravity with advancing age
Env Med   47 85-89   2004年
藤掛 和広, 向井 希宏, 神作 博, 三好 正伸, 大森 正子, 宮尾 克
人間工学   40(4) 218-227   2004年
立体映像に対する水晶体調節の測定
Vision   4 223-226   2004年
VDT作業の作業環境管理・作業管理
産業保健21   38 24-27   2004年

Misc

 
渥美文治, 宮尾克
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.492   2017年5月
小嶌健仁, 岩田光平, 杉浦明弘, 宮尾克
モバイル研究論文集   2017 17‐20   2017年3月
杉浦明弘, 木村瞭太, 小嶌健仁, 宮尾克
モバイル研究論文集   2017 87‐92   2017年3月
釆女智津江, 小嶌健仁, 杉浦明弘, 森田一三, 宮尾克
社会医学研究   34(1) 65‐70-70   2017年2月
釆女智津江, 小嶌健仁, 杉浦明弘, 森田一三, 宮尾克
日本衛生学雑誌(Web)   72(1) 87‐92(J‐STAGE)-92   2017年
<p>Objectives: The purpose of this study was to identify and clarify the requirements for 3D stereoscopic images that do not cause viewing discomfort to the human eye even when the protrusion distance is large.</p><p>Methods: A total of 140 health...
釆女智津江, 小嶌健仁, 杉浦明弘, 森田一三, 宮尾克
モバイル学会誌   6(2) 59‐65-154   2016年12月
岩田光平, 石井佑樹, 松波紫草, 石尾暢宏, 小嶌健仁, 小嶌健仁, 宮尾克
モバイル学会誌   6(2) 45‐50-159   2016年12月
宮尾克
日本画像学会技術研究会論文集   129th 57‐64   2016年10月
木下 史也, 森 柚樹, 松浦 康之, 高田 宗樹, 宮尾 克
電気学会論文誌. C   136(9) 1261-1267   2016年
<p>The electrical activity of the gastrointestine is measured using an electrogastrograph and presented as an electrogastrogram (EGG). Electrogastrography is a noninvasive procedure to evaluate gastrointestinal motility and autonomic nervous syste...
渡邉 智之, 宮尾 克
社会医学研究 = Bulletin of social medicine : 日本社会医学会機関誌   33(2) 39-50   2016年
杉浦 明弘, 芳川 毅也, 小嶌 健仁, 山川 達也, 采女 智津江, 森田 一三, 宮尾 克
岐阜医療科学大学紀要   (10) 71-76   2016年
長谷川 聡, 長谷川 旭, Lege R. Paul, 宮尾 克, 高須 拳斗, 坂井 由紀, 杉田 奈未穂, 加藤 啓介
シンポジウムモバイル研究論文集   165-168   2016年
石井 佑樹, 岩田 光平, 石尾 暢宏, 松波 紫草, Lege R. Paul, 小嶌 健仁, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   161-164   2016年
長谷川 旭, 長谷川 聡, 生田 一真, レジェ ランソン ポール, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   107-110   2016年
遠山 貴大, 木村 瞭太, 戸谷 貴洋, 宮尾 敏明, 小嶌 健仁, 石尾 広武, 森田 一三, 木下 史也, 山川 達也, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   3-7   2016年
木村 瞭太, 遠山 貴大, 戸谷 貴洋, 宮尾 敏明, 小嶌 健仁, 石尾 広武, 森田 一三, 木下 史也, 山川 達也, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   9-12   2016年
渥美 文治, 宮尾 克
自動車技術会論文集   46(6) 1183-1189   2015年11月
高田 宗樹, 宮尾 克, 塩沢 友規
デサントスポーツ科学   36 78-89   2015年6月
小嶌 健仁, Lege R. Paul, 松波 紫草, 小飯塚 達也, 石井 佑樹, 岩田 光平, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(407) 9-12   2015年1月
加齢にともなって水晶体白濁度が増加する.重症の場合には白内障と呼ばれる.白濁は,低照度下での視力の低下,光源に対する眩しさに影響するため,被験者の白濁度の違いによって,ディスプレイの可読性評価が異なる場合がある.本研究では,3種類のデバイスの可読性について評価実験を行なった.被験者は19〜79歳の99名.評価にはVAS(Visual Analogue Scale)を用い,照度は14段階設定した.発光型ディスプレイでは,低照度下において,高白濁度の被験者の可読性評価は低白濁度の被験者よりも有...
山川 達也, 田原 博史, 小嶌 健仁, 森田 一三, 杉浦 明弘, 木下 史也, 采女 智津江, 吉川 一輝, 本多 悠真, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   139-142   2015年
小嶌 健仁, 采女 智津江, 杉浦 明弘, 森田 一三, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   135-138   2015年
岩田 光平, 石井 佑樹, 小飯塚 達也, 松波 紫草, 石尾 暢宏, Lege R.Paul, 小嶌 健仁, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   107-110   2015年
長谷川 旭, 長谷川 聡, レジェ ランソン ポール, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   103-106   2015年
松波 紫草, 岩田 光平, 小飯塚 達也, 石井 佑樹, 小嶌 健仁, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   97-102   2015年
石井 佑樹, 小飯塚 達也, 岩田 光平, 石尾 暢宏, 松波 紫草, 小嶌 健仁, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   93-96   2015年
附柴 賢司, 生田 一真, 浅井 香澄, 伊東 順也, 長谷川 聡, 宮尾 克, 丹羽 智子, 丹羽 典子, 武藤 悠貴, 平野 雄二
シンポジウムモバイル研究論文集   49-52   2015年
本多 悠真, 芳川 毅也, 森田 一三, 金子 央, 吉川 一輝, 杉浦 明弘, 木下 史也, 釆女 智津江, 山川 達也, 小嶌 健人, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   38(46) 37-40   2014年11月
近年,3Dディスプレイの技術は急速に発達してきている.その一方,3D映像の視聴によって引き起こされる眼精疲労や視覚愁訴の問題がある.それを解決するために,安全で快適な視聴に関するガイドライン作りに関する研究が行なわれている.この問題の一つに飛び出し距離の許容範囲というものがある.今回の実験では,飛び出し距離の許容範囲(最大値)が立体映像への慣れによってどのように変化するかを調査し,検討を行なった.
金子 央, 本多 悠真, 小嶌 健仁, 森田 一三, 吉川 一輝, 木下 史也, 杉浦 明弘, 釆女 智津江, 山川 達也, 芳川 毅也, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   38(46) 41-44   2014年11月
明暗時で,目は瞳孔径の大きさを変化させることで,網膜に投射する光量を調整する.本実験では,広い範囲の年齢層(13〜84歳)を含む148名の被験者を用いて,明るい環境と暗い環境の双方で,タブレット上に表示した3D画像を融像させた.3D画像の飛び出し量を4段階変化させ,被験者のどうこうけいを測定した.それぞれの視差ごとの3D画像の立体融像認知率を用いて,被験者の被写界深度を評価した.さらに,3D映像に対数瞳孔径と被写界深度の関係を検討した.
芳川 毅也, 本田 悠真, 小嶌 健仁, 森田 一三, 吉川 一輝, 木下 史也, 杉浦 明弘, 采女 智津江, 山川 達也, 金子 央, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   38(46) 45-48   2014年11月
立体映像を視認するときに重要になってくるのが、両目を内側に寄せて物体を視認する輻輳機能と、水晶体のピントを合わせる調節機能である。本研究ではその調節機能に着目し、サインカーブ運動とステップ運動をする3D映像と、同じ動きをする移動視標ロボットにタブレットを取り付け、表示される映像や明るさの条件をそろえて調節を測定し、データの比較を行った。また明るさ、表示される映像、動き方という条件が調節機能にどのような影響を与えるか調べた。
杉浦 明弘, 田中 邦彦, 若田部 駿, 松本 千佳, 吉川 一輝, 高田 宗樹, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   38(46) 49-52   2014年11月
人は運動している物体を観察し続けると,実際に動いていなくても運動物体と同じ方向に動いている錯覚に陥ることがある.この感覚は,視覚誘導自己運動感といわれる.本研究では,3D映像視聴が視覚誘導自己運動感に与える影響を調査した.被験者には,0.3Hzで前後または左右に多数の球が移動している映像の2D版と3D版をそれぞれ3分ずつ視聴してもらい,重心動揺を測定した.その結果,映像視聴時間が長いほど映像への同調性は高くなった.また.3D映像視聴は2D映像視聴と比較して映像への同調性は高かった.そして,...
小嶌 健仁, 本多 悠真, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(114) 103-107   2014年7月
吉川 一輝, 大橋 拓実, 田原 博史, 小嶌 健仁, 本多 悠真, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(114) 113-116   2014年7月
現代社会の情報化によってコンピュータ作業の時間が増加している。また、モバイル端末やタブレット端末などの長時間使用によって眼を酷使することが問題となっている。こうした問題から毛様体筋をストレッチさせてピント調節機能を改善するためのEYERESHプログラムを株式会社リメディアが開発した。本研究では、EYERESH使用時に水晶体調節・輻輳運動が想定している球体の動きに追従していることの検証およびEYERESH使用による視力への影響を検証した。
小嶌 健仁, 本多 悠真, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   38(25) 103-107   2014年7月
小嶌 健仁, 本多 悠真, 宮尾 克
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   16 103-107   2014年
小嶌 健仁, 大橋 拓実, 石尾 広武, 岡田 悠希, 宮尾 克
電気学会論文誌. C   134(2) 212-217   2014年
Three-dimensional display technology has developed rapidly in recent years. There are also various types of telop, in which text information moves on a screen. We carried out experiments targeting about the 100 young and elderly subjects to verify...
宮尾 克, 長谷川 旭, 長谷川 聡
労働の科学   68(10) 590-593   2013年10月
吉川 一輝, 木下 史也, 高田 宗樹, 宮尾 克
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   28(1) 46-47   2013年6月
宮尾 克, 石尾 広武, 上本 啓太, 塩見 友樹, 堀 弘樹
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 "S-73"-"S-74"   2012年3月
石尾 広武, 上本 啓太, 塩見 友樹, 堀 弘樹, 宮尾 克
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 "S-75"   2012年3月
宮尾 克, 石尾 広武, 上本 啓太, 塩見 友樹, 堀 弘樹
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012(2) "S-3"-"S-4"   2012年3月
石尾 広武, 上本 啓太, 塩見 友樹, 堀 弘樹, 宮尾 克
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012(2) "S-5"   2012年3月
松浦 康之, 谷口 拓矢, 杉浦 明弘, 宮尾 克, 高田 宗樹
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   26(2) 237-238   2011年12月
宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. EID, 電子ディスプレイ   111(330) 23-24   2011年11月
2011年10月11〜15日、韓国ソウルのKINTEXで開催されたIMID2011の3D関係の報告である.
塩見 友樹, 上本 啓太, 堀 弘樹, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   111(155) 25-29   2011年7月
立体映像視聴時では、調節筋を顕著に働かせることがわかっており、また調節筋の運動には目のストレッチング効果があることが一般的に知られている。このことから、より調節筋を働かせることで高いストレッチング効果が期待できることが考えられるが、どのような映像が高い効果が得られるのかは明らかにされていない。そこで視差量や空間周波数など様々な条件の映像において、水晶体調節の測定を行うことで、映像視聴時に調節筋弛緩の状態を達成しやすい映像の模索を行った。その結果、空間周波数の異なる映像では有意な差は得られな...
塩見 友樹, 堀 弘樹, 上本 啓太, 杉山 阿聖, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告   35(16) 17-20   2011年3月
現在,立体映像技術において,よく問題視されるのは立体視による疲労や立体酔い等の悪影響である.その原因に水晶体調節反応と輻輳運動の乖離がよく挙げられるが,我々は先行研究で,乖離は確認されないと述べてきた.しかし同時に計測できず,その立証が不十分であった.今回我々は調節と輻輳を同時計測する方法を開発し,実物体を見ている際の計測により計測方法の妥当性について,2D,3D映像注視時では乖離について検討した.その結果,実物体における計測では調節,輻輳ともに焦点距離は良く実物体までの距離と一致しており...
塩見 友樹, 堀 弘樹, 長谷川 聡, 高田 宗樹, 大森 正子, 松浦 康之, 石尾 広武, 長谷川 旭, 神田 哲也, 宮尾 克
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   16(2) 139-148   2011年
Human beings perceive three-dimensional objects with simultaneous convergence and lens accommodation in binocular vision. Virtual images are perceived via the same mechanism, although, as we previously reported, the focus is not always fixed on th...
仲谷 善雄, 大井 忠, 下田 宏, 和氣 早苗, 渋谷 雄, 伊藤 京子, 杉原 敏昭, 加藤 博一, 大槻 麻衣, 福住 伸一, 河野 純大, 山本 倫也, 石井 裕剛, 大須賀 美恵子, 藤田 欣也, 岡本 明, 森川 治, 片寄 晴弘, 三宅 美博, 五福 明夫, 安藤 昌也, 米村 俊一, 小林 真, 北村 喜文, 小木 哲朗, 竹田 仰, 岡田 美智男, 塩瀬 隆之, 和井田 理科, 伊藤 潤, 旭 敏之, 加藤 直樹, 関根 千佳, 高橋 宏, 竹内 勇剛, 辛島 光彦, 土井 美和子, 宮尾 克, 小野 哲雄, 加藤 博一, 安村 通晃, 葛岡 英明, 志築 文太郎, 大久保 雅史, 山本 知仁
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   12(4) 280-293   2010年11月
高田 宗樹, 宮尾 克, 高田 真澄, 山本 哲也, 杉浦 明弘, 渡邉 智之, 大森 正子, 長谷川 聡
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   25(1) 63-64   2010年6月
大森 正子, 橋本 令子, 宮尾 克, Masako Omori, Reiko Hashimoto, Masaru Miyao, 神戸女子大学, 椙山女学園大学, 名古屋大学, Kobe Women's University, Sugiyama Jogakuen University, Nagoya University
日本色彩学会誌 = Journal of the Color Science Association of Japan   34(0) 112-113   2010年5月
高田 宗樹, 山本 哲也, 杉浦 明弘, 藤掛 和弘, 古田 真司, 宮尾 克
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   24(3)    2010年3月
松沼 正平, 宮尾 克, 長谷川 聡
シンポジウムモバイル研究論文集   2010 55-58   2010年
中道 佳子, 大森 正子, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   2010 65-68   2010年
長谷川 旭, 長谷川 聡, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   2010 73-76   2010年
藤掛 和広, 宮尾 克, 高田 宗樹, 高田 宗樹, 大森 正子, 長谷川 聡, 渡邊 智之, 市川 哲哉
映像情報メディア学会技術報告   33(16) 57-60   2009年3月
脳幹に位置する前庭核では前庭系からの入力の他に,視覚系・体性感覚系・小脳からの入力が報告されており,こうした感覚情報間の統合を行っていると生理学的には考えられている.映像酔いの発生機序も感覚不一致説による説明がなされている.本研究では,クロスポイント方式にて構成された立体映像と,同映像をOlympus Power 3D方式によって再構成されたものをHMDにて提示し,安静時と立体映像曝露時における重心動揺検査および頭部加速度の計測を行った.これらの検査結果から,立体映像曝露に伴う酔いと眼疲労...
大森 正子, 長谷川 聡, 渡邊 智之, 高田 宗樹, 宮尾 克, 市川 哲哉
映像情報メディア学会技術報告   33(16) 53-56   2009年3月
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で,擬似3D(立体)表示,Cross3D(クロスポイント撮影方式で遠近に応じた視差をつけてある),Power3D表示(視覚負担のすくない新しい立体表示方法)の3種類の立体映像を注視している被験者の水晶体調節距離を測定した.HMDにおいても,左右視差の変化に追従した水晶体調節が見られた.この結果は,HMDであっても3D立体映像の動きとともに,毛様体筋,毛様体小帯は,近望時には緊張し,遠望時には緊張緩和していることが客観的に確認された.
渡邉 智之, 宮尾 克
心身科学部紀要   (4) 35-41   2009年3月
杉浦 明弘, 高田 宗樹, 敦賀 勝仁, 山田 諭史, 山本 哲也, 宮尾 克
日本人間工学会大会講演集   45(0) 174-175   2009年
山本 哲也, 高田 宗樹, 杉浦 明弘, 鴨川 真也, 村上 慶, 宮尾 克
日本人間工学会大会講演集   45(0) 176-177   2009年
高田 宗樹, 山本 哲也, 松浦 康之, 高田 真澄, 横山 清子, 宮尾 克
日本人間工学会大会講演集   45(0) 438-439   2009年
山本 哲也, 高田 宗樹, 杉浦 明弘, 宮尾 克
岐阜医療科学大学紀要   3 229-233   2009年
It has been reported that even users of virtual environments and entertainment systems experience motion sickness. This visually induced motion sickness (VIMS) is known to be caused by sensory conflict, for instance, the disagreement between verge...
高田 宗樹, 藤掛 和広, 大森 正子, 長谷川 聡, 市川 哲哉, 田原 博史, 小室 貴弘, 古田 真司, 宮尾 克
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   23(2)    2008年11月
藤掛 和広, 高田 宗樹, 大森 正子, 長谷川 聡, 本多 隆文, 宮尾 克
人間工学 = The Japanese journal of ergonomics   44(4) 208-217   2008年8月
藤掛 和広, 大森 正子, 長谷川 聡, 高田 宗樹, 市川 哲哉, 田原 博史, 小阪 将也, 小室 貴弘, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告   32(27) 13-16   2008年6月
立体映像注視時と2D映像注視時の水晶体調節の測定と主観による立体映像の評価を行った.立体映像注現時の水晶体調節の測定結果は,立体映像の動きに合わせて水晶体調節がされていることが示された.2D映像注視時の水晶体調節の測定結果は,表示画面に水晶体調節がされ,水晶体調節はあまり変化しないことが示された.主観評価の結果は,立体映像は2Dの映像よりも印象に残り,迫力を感じると評価された.また,映像の飛び出し感と奥行き感も,立体映像の方が2D映像よりも感じると評価された.しかし,立体映像よりも2D映像...
高田 宗樹, 藤掛 和広, 大森 正子, 長谷川 聡, 市川 哲哉, 田原 博史, 小室 貴弘, 宮尾 克
映像情報メディア学会技術報告   32(27) 17-20   2008年6月
映像酔いが生体に及ぼす影響に関する計測手法には主観的評価などの心理的計測手法と,自律神経活動に関する計測などの生理学的計測手法とがある.前者に関して最もよく知られているのはSimulator Sickness Questionnaire(SSQ)である.[検査方法]健常若年者10名(23.6±6.9)を対象に安静時における重心動揺検査およびSSQ諮問を行った.立体映像下に被験者をRomberg姿勢のまま1分間曝露し,その後連続して同映像を提示しながら1分間,連続して開足(両足間隔20cm)...
宮尾 克, MIYAO Masaru
名古屋大学情報連携基盤センターニュース   7(2) 135-137   2008年5月
高柳 泰世, 宮尾 克, 石原 伸哉
産業衛生学雑誌   50(1) 21-22   2008年1月
藤掛 和広, 高田 宗樹, 大森 正子, 長谷川 聡, 本多 隆文, 宮尾 克
人間工学   44(4) 208-217   2008年
液晶ディスプレイによる動画表示は特有の「ぼやけ」や「にじみ」を伴うという欠点があったが, OCB液晶技術によって開発されたディスプレイはこの問題を解消した. そこで, OCB液晶ディスプレイと従来からの液晶ディスプレイについて, 高齢者から若年者までの幅広い年齢層を対象として, 動画を注視している際の重心動揺の測定を行った. 被験者は, 20歳から73歳の正常裸眼視力または正常な矯正視力を有するとともに, 平衡機能に既往症のない55名を対象とした. OCB液晶ディスプレイと従来からの液晶デ...
松沼 正平, 宮尾 克, 梅崎 太造
日本福祉工学会誌   10(1) 29-33   2008年
杉田 奈未穂, 長谷川 聡, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   2008 113-116   2008年
高田 宗樹, 田中 邦彦, 松浦 康之, 高田 真澄, 横山 清子, 古田 真司, 藤掛 和広, 宮尾 克, 塩沢 友規
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   22(1) 69-70   2007年5月
宮尾 克
労働と医学   (93) 20-39   2007年4月
中安 紀美子, 門田 新一郎, 松本 健治, 植田 誠治, 宮尾 克, 岡田 加奈子, 大沢 功, 数見 隆生
学校保健研究   48(6) 494-496   2007年2月
渡辺 智之, 宮尾 克, 藤掛 和広, 小長谷 陽子, 柴山 漠人
日本人間工学会大会講演集   43(0) 110-111   2007年
高田 真澄, 山内 豊明, 田中 邦彦, 塩沢 友規, 古田 真司, 宮尾 克, 北岡 良之, 高田 宗樹
日本人間工学会大会講演集   43(0) 230-231   2007年
藤掛 和広, 大森 正子, 長谷川 聡, 宮尾 克
日本人間工学会大会講演集   43(0) 288-289   2007年
高柳 泰世, 柴崎 幸次, 宮尾 克
日本人間工学会大会講演集   43(0) 386-387   2007年
渡辺 智之, 宮尾 克, 藤掛 和広, 小長谷 陽子, 柴山 漠人
人間工学   43 110-111   2007年
高田 真澄, 山内 豊明, 田中 邦彦, 塩沢 友規, 古田 真司, 宮尾 克, 北岡 良之, 高田 宗樹
人間工学   43 230-231   2007年
藤掛 和広, 大森 正子, 長谷川 聡, 宮尾 克
人間工学   43 288-289   2007年
高柳 泰世, 柴崎 幸次, 宮尾 克
人間工学   43 386-387   2007年
高田 宗樹, 塩沢 友規, 高田 真澄, 宮尾 克, 川崎 仁志
岐阜医療科学大学紀要   1 91-95   2007年
歩行における股関節屈曲動作を行うための筋肉(股関節屈筋群)が加齢に伴い急激に減少することが最近注目されている。股関節屈筋群には大腿直筋や腹筋などが含まれ,これらが高齢者の転倒にも関係していることが指摘されている。本研究では大腿直筋を狙った表面筋電図の積分波形に対して,独自に開発した積分波形の「かたち」を計測するためのいくつかの指標を用いて,利き足のバイオフィードバックトレーニング時における表面筋電図の積分波形について評価を行い,その経年変化をみることを目的とした。統計解析の結果,バイオフィ...
渡辺 智之, 小長谷 陽子, 宮尾 克
社会医学研究   (0) 39-44   2007年
大森 正子, 長谷川 聡, 宮尾 克
シンポジウムモバイル研究論文集   2007 7-10   2007年
高柳 泰世, 宮尾 克
産業ストレス研究 = Job stress research   14(1)    2006年12月
渡辺 智之, 藤掛 和広, 宮尾 克
日本医事新報   (4295) 81-84   2006年8月
藤掛 和広, 高田 宗樹, 塩沢 友規, 宮尾 克
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   21(1) 49-50   2006年5月
渡辺 智之, 福田 博美, 宮尾 克, 平尾 智広, 長谷川 敏彦
愛知教育大学研究報告. 教育科学   55 53-60   2006年3月
地域における健康状態を把握し,改善させるための目標設定などをおこなう上で,都道府県別の平均寿命による比較が用いられるが,都道府県の平均寿命の格差がどのような要因に起因しているかは平均寿命がすべての死亡に基づく指標であるため,分析が困難である。わが国の高い平均寿命は高齢化とも関係があり,高齢化は地域によっても異なる。そこで,本研究では47都道府県について寿命延長という視点から都道府県の死因の特徴,地域格差を明らかにするための基礎資料として,平均寿命に寄与する性別・年齢階級別・死因別要因を都道...
藤掛 和広, 櫻井 敬大, 三浦 浩一, 長谷川 聡, 高田 宗樹, 大森 正子, 松浦 康之, 本多 隆文, 宮尾 克
日本人間工学会大会講演集   42(0) 420-421   2006年
高田 宗樹, 塩沢 友規, 宮尾 克, 高田 真澄, 川崎 仁志
日本人間工学会大会講演集   42(0) 440-441   2006年
塩沢 友規, 高田 宗樹, 宮尾 克, 高田 真澄, 宮内 義明, 川崎 仁志, 渡邉 順子
日本人間工学会大会講演集   42(0) 444-445   2006年
藤掛 和広, 櫻井 敬大, 三浦 浩一, 長谷川 聡, 高田 宗樹, 大森 正子, 松浦 康之, 本多 隆文, 宮尾 克
人間工学   42 420-421   2006年
高田 宗樹, 塩沢 友規, 宮尾 克, 高田 真澄, 川崎 仁志
人間工学   42 440-441   2006年
塩沢 友規, 高田 宗樹, 宮尾 克, 高田 真澄, 宮内 義明, 川崎 仁志, 渡邉 順子
人間工学   42 444-445   2006年

書籍等出版物

 
「眼の疲労」 「疲労の医学」所収
宮尾 克
日本評論社   2010年4月   
現代のコンピューター労働と健康
かもがわ出版   2008年   
わかりやすいVDT健康診断Q&A
社団法人 全国労働衛生団体連合会   2007年   
「テキスト健康科学」第4章 1.社会と健康
南江堂   2005年   
「人間工学ハンドブック」所収 放射線と電磁波
朝倉書店   2003年   
VDT作業の労働衛生実務
中央労働災害防止協会   2003年   
「新ガイドラインによる改定新版 VDT健康診断 Q&A」所収 第1章 総論
全国労働衛生団体連合会   2003年   
介助犬を社会が受け入れるための条件整備
「介助犬を知る」 名古屋大学出版会刊   2002年   
VDT作業の労働衛生管理 その現状と問題点. 第4章 健康管理
中央労働災害防止協会   1999年   
ひとりで学べるCDC疫学の実践
日総研出版   1999年   

Works

 
愛知県国際交流協会 多言語情報翻訳システム
2006年
多言語防災情報翻訳システム
2004年
保健室ネットワークによる子どもの危険への対処
2009年 - 2009年
不可視赤外LEDによる赤外線投光器および赤外線カメラの性能および生体影響に関する実証
2009年 - 2009年
高齢者視機能の明確化と次世代UD対応技術の評価
2009年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
携帯電話などモバイル機器の人間工学
多言語防災・医療情報システム
研究期間: 2002年   
立体映像の視覚影響
研究期間: 1997年   
公衆衛生学・統計学

特許

 
SENSOR OUTPUT SIGNAL EVALUATION SYSTEM
WO 2007/129452
センサ出力評価システム
特開2007-282733(P2007-282733A)