大谷 肇

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:15
 
アバター
研究者氏名
大谷 肇
 
オオタニ ハジメ
URL
http://cec.ach.nitech.ac.jp/
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 ながれ領域
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
50176921
ORCID ID
0000-0002-1118-4787

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年7月
 - 
1995年3月
名古屋大学工学部 助手
 
1995年4月
 - 
1998年3月
名古屋大学理工科学総合研究センター 助教授
 
1998年4月
 - 
2005年3月
名古屋大学大学院工学研究科 助教授
 
2005年4月
 - 
現在
名古屋工業大学 大学院 ながれ領域 教授
 

委員歴

 
1998年5月
 - 
現在
日本科学者会議  支部代表幹事/幹事
 
2004年4月
 - 
現在
マテリアルライフ学会  常任理事/理事/第18回研究発表会実行委員長
 
2006年3月
 - 
2008年2月
日本化学会  東海支部会計幹事
 
2008年3月
 - 
2010年2月
日本分析化学会  高分子分析研究懇談会運営委員長
 
2008年3月
 - 
2010年2月
高分子学会  東海支部常任理事
 

受賞

 
1992年9月
日本分析化学会 日本分析化学会奨励賞 高性能熱分解ガスクロマトグラフィーによる高分子分析
 
1994年4月
- 東海化学工業会賞 熱分解ガスクロマトグラフィーによる高分子の構造キャラクタリゼーション
受賞者: -
 
2002年3月
日本ゴム協会 日本ゴム協会誌第49回優秀論文賞
受賞者: 奥本忠興,山田隆男,柘植 新,大谷 肇
 
2012年4月
日刊工業新聞社・りそな中小企業振興財団 第24回中小企業優秀新技術・新製品賞「産学官連携特別賞」 多機能型高分子材料分析システム
 
2016年9月
公益社団法人日本分析化学会 日本分析化学会2015年「分析化学」論文賞 交互配列磁場を用いたマイクロチップ電磁泳動による微粒子の連続分離
受賞者: 飯國 良規,福井 優吾,北川 慎也,大谷 肇
 
本論文は,メチルチモールブルー(MTB)と鉄(III)イオンにおける同種金属二核錯体の生成平衡の特性と,微細化した陰イオン交換樹脂を用いる濃縮法とを組み合わせた,ppbレベルの鉄(III)イオンの目視閾値判定法に関する報告である。環境水,飲料水,排水等の中の金属イオンの許容濃度(基準値)は,自然環境や人体への影響が十分に考慮された上で定められている。公的試験方法においては機器分析法が採用されているが,汚染事故や定点外測定においては,汚染状況を迅速,簡便かつ正確に判定可能なオンサイト分析法が...

論文

 
Studies on Thermal Degradation of Aliphatic Polyamides by Pyrolysis-Glass Capillary Gas Chromatography
-
Journal of Analytical and Applied Pyrolysis   4(13) 117-131   1982年4月
Microstructural Characterization of Copolymers by Pyrolysis-Glass Capillary Gas Chromatography
-
Advances in Chemistry Series   203(1) 493-500   1983年4月
Studies on Stereospecific Sequence Distributions in Polypropylenes by Pyrolysis-Hydrogenation Fused-Silica Capillary Gas Chromatography
-
Macromolecules   17(1) 465-473   1984年4月
Improvement in the Compositional Analysis of Block Copolymers of Ordinary and Deuterated Styrenes by High-Resolution Pyrolysis Gas Chromatography
-
Polymer Journal   16(1) 727-729   1984年4月
Determination of Short-Chain Branching Up to C6 in Low Density Polyethylenes by High-Resolution Pyrolysis Hydrogenation Gas Chromatography
-
Macromolecules   17(1) 2557-2561   1984年4月

Misc

 
反応熱脱着GCによるポリプロピレン材料中の高分子量光安定剤の直接定量分析と光安定化挙動の解析
大谷 肇、田口嘉彦、柘植 新、石田康行
高分子加工   53(10) 451-456   2004年10月
石田康行,大谷 肇
ぶんせき   2004(11) 662-664   2004年11月
MALDI-MSによるポリマー基質中の微量光安定剤の直接分析
大谷 肇
化学工業   56(8) 624-629   2005年8月
佐藤浩昭, 大谷 肇
高分子   55(11) 897-901   2006年11月
大谷 肇
日本ゴム協会誌   80(7) 254-259   2007年7月
Cross-linking structure of cross-linking polymers, especially for acrylate-type ultraviolet (UV)-cured resin, was characterized using specific decomposition methods. At first the cured resin sample was analyzed by pyrolysis-gas chromatography (Py-...

書籍等出版物

 
Applied Polymer Analysis and Characterization(分担執筆)
-
Hanser   1987年4月   
Applied Polymer Analysis and Characterization(分担執筆)
-
Hanser   1987年4月   
高分子の熱分解ガスクロマトグラフィー基礎およびデータ集
-
テクノシステム   1989年4月   
季刊化学総説9クロマトグラフィーの新展開(分担執筆)
-
学会出版センター   1990年4月   
第4版実験化学講座15分析(分担執筆)
-
丸善   1991年4月   

講演・口頭発表等

 
分解反応を利用するゴム・ポリマー材料の架橋構造解析
大谷 肇
日本ゴム協会 第99回配合技術研究分科会   2010年5月13日   日本ゴム協会
マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による乾性油の酸化変性挙動解析
大谷 肇, 山橋友紀, 石田康行
第71回分析化学討論会   2010年5月15日   日本分析化学会
非水系キャピラリー電気泳動におけるアンジオテンシン類のオンキャピラリー濃縮
北川慎也, 野路晃嗣, 大谷 肇
第71回分析化学討論会   2010年5月15日   日本分析化学会
四電極型セルによる液中微粒子の電磁泳動制御の基礎検討
吉田夏志, 飯國良規, 大谷 肇
第71回分析化学討論会   2010年5月15日   日本分析化学会
反応熱分解ガスクロマトグラフィーを利用した和紙伝統品「油団」の物性発現メカニズムの解明
尾川貴子, 加藤隆明, 石田康行, 武田邦彦, 大谷 肇
第71回分析化学討論会   2010年5月15日   日本分析化学会

競争的資金等の研究課題

 
熱分解ガスクロマトグラフィーの基礎と応用
研究期間: 1980年4月 - 現在
高分子の構造キャラクタリゼーション
研究期間: 1980年4月 - 現在
ポリマー材料の劣化・改質に関する研究
研究期間: 1986年1月 - 現在
ラジカル重合型紫外線硬化樹脂の架橋構造の解析
住友電気工業株式会社: 共同研究(国内共同研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 大谷 肇
熱分解GCの各種検出器を用いたゴム中の化合物の解析
住友ゴム工業株式会社: 共同研究(国内共同研究)
研究期間: 2013年4月 - 現在