基本情報

所属
千葉大学 大学院 理学研究院化学研究部門 教授
千葉大学分子キラリティー研究センター
千葉大学ソフト分子活性化研究センター
学位
理学博士(名古屋大学)
理学修士(名古屋大学)

J-GLOBAL ID
200901046374288766

外部リンク

Akira Yanagisawa received his PhD from Nagoya University. He became an Assistant Professor of Nagoya University and an Associate Professor there. In 2001 he moved to Chiba University as a Full Professor. His research interests focus on the development of new synthetic methods using allylic organometallics such as allylic barium reagents and asymmetric synthesis including chiral phosphine·silver(I) complex-catalyzed asymmetric reactions as well as chiral organotin(IV)-catalyzed asymmetric reactions.

論文

  135

MISC

  63

書籍等出版物

  32

講演・口頭発表等

  78

共同研究・競争的資金等の研究課題

  25

産業財産権

  21

社会貢献活動

  1

その他

  14
  • 2019年10月 - 2019年10月
    期間2019年度、講義実施日2019年10月16日(13:00〜14:30)、授業題目「精密分子化学講座特別講義(修士課程学生対象)」講義内容「金属の特性を活かした高選択的有機反応の化学」.
  • 2015年10月 - 2015年10月
    期間2015年度、講義実施日2015年10月14日(13:10〜16:20)、授業題目「大学院特別講義1(修士課程学生対象)」講義内容「金属の特性を活かした高選択的有機反応の化学」.
  • 2015年9月 - 2015年9月
    期間2015年度、講義実施日2015年9月2日〜4日(9:00〜18:10)、授業題目「特別講義2(修士課程学生対象)」講義内容「金属の特性を活かした高選択的有機反応の化学」.
  • 2015年7月 - 2015年7月
    期間2015年度、講義実施日2015年7月22日(14:30〜16:00)、授業題目「化学特別講義1(修士課程学生対象)」講義内容「キラル銀触媒を用いる不斉反応の最近の進歩」.
  • 2014年10月 - 2014年10月
    期間2014年度、講義実施日2014年10月15日(13:10〜16:20)、授業題目「大学院特別講義1(修士課程学生対象)」講義内容「金属の特性を活かした高選択的有機反応の化学」.