板谷 義紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 04:36
 
アバター
研究者氏名
板谷 義紀
 
イタヤ ヨシノリ
所属
岐阜大学
部署
工学部
学位
工学博士

研究分野

 

経歴

 
2007年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学 大学院工学研究科化学・生物工学専攻 准教授
 
2011年4月
 - 
現在
岐阜大学 工学部 教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1985年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 化学工学専攻博士後期課程
 

委員歴

 
2009年
 - 
2010年
日本伝熱学会  理事
 

受賞

 
2014年2月
日本エネルギー学会 平成26年度学会賞(学術部門) 「熱エネルギープロセス高度制御のための複合伝熱および環境調和型エネルギー変換プロセスに関する研究」
 
2013年
The Society of Chemical Engineers, Japan Outstanding Paper Award of 2013 in Journal of Chemical Engineering of Japan "Radiation Properties of Coal Char Particle Cloud"
 
2013年
化学工学会 2013年度 化学工学論文集優秀論文賞 「過飽和微細結晶スラリーによるLiBr・水系吸収式ヒートポンプ性能向上効果」
受賞者: 板谷義紀,市橋伸久,小林信介,丸毛謙次,増井龍也
 
2003年
平成15年度永井科学技術財団賞 学術賞 「粉粒体成形体の乾燥収縮・変形・内部応力生成挙動と乾燥促進」
 

論文

 
Kenji Marumo, Nobusuke Kobayashi, Tsuguhiko Nakagawa, Jun Fukai and Yoshinori Itaya
J. Chemical EngineeringJ, Japan   49(3) 268-273   2016年   [査読有り]
田中良,山本剛,板谷義紀
化学工学論文集   42(3) 119-124   2016年   [査読有り]
Yoshinori Itaya, Kenji Marumo, Tatsuya Masui, Koichi Nagatani, Satoshi Takano and Nobusuke Kobayashi
J. Chemical Engineering, Japan   49(7) 649-655   2016年   [査読有り]
Nobusuke Kobayashi, Yuichi Tsutsumi and Yoshinori Itaya
J. Chemical Engineering, Japan   49    2016年   [査読有り]
Nobusuke Kobayashi, Akina Fujimori, Miku Tanaka, Guilin Piao, Yoshinori Itaya
Journal of Chemical Engineering of Japan   48(1) 22-28   2015年1月   [査読有り]
© 2015 The Society of Chemical Engineers, Japan. In conventional entrained coal gasi cation, coal ash is usually discharged from the bottom as molten slag. Therefore, comparatively low ash fusion temperature coal is preferred. However, high ash fu...

Misc

 
排熱回収型吸収式ヒートポンプによる高温生成システム
板谷 義紀
伝熱   54(229) 24-30   2015年
熱エネルギープロセス高度制御のための複合伝熱および環境調和型エネルギー変換プロセスに関する研究
板谷 義紀
日本エネルギー学会誌   94(7) 603-610   2015年
8・1 熱工学, 8・1・1 概説
板谷 義紀
日本機械学会誌   118(1161) 476-476   2015年
成形体のマイクロ波乾燥の基礎と応用
板谷 義紀
化学工学論文集   79(9) 676-678   2015年
随想「光と影」
板谷 義紀
日本エネルギー学会誌   94(5) 358   2015年

書籍等出版物

 
まえがき, 環境エネルギー,化学工学編,板谷義紀 編集
板谷 義紀
共立出版   2016年2月   
1.3 バイオマス, エコトピア科学シリーズ「環境調和型社会のためのエネルギー科学」名古屋大学未来材料・システム研究所編
板谷 義紀
コロナ社   2016年1月   
12. 多成分の理想気体, 機械工学基礎課程「熱力学」
板谷 義紀, 松村幸彦・遠藤琢磨 編著
朝倉書店   2015年9月   
第8節 LiBr微細結晶スラリー系吸収式ヒートポンプの開発, 「未利用熱エネルギー活用の新開発と【採算性を重視した】熱省エネ新素材・新製品設計/採用のポイント」
板谷 義紀
技術情報協会   2014年   
[14] セラミック薄膜の乾燥技術, 「ウェットプロセスによる精密薄膜コーティング技術」
板谷 義紀
技術情報協会   2014年   

講演・口頭発表等

 
Non-homogeneous Heat and Mass Transfer Problems in Upgrading Processes of Low Rank Energy
Yoshinori Itaya
The 4th International Forum on Heat Transfer, IFHT2016   2016年11月2日   
Non-Homogeneous Radiation Properties of Slag Particle Cloud
Y. Itaya, H. Nagata, M. N. Hoda, N. Kobayashi and H. Shima
The 27th International Symposium on Transport Phenomena   2016年9月20日   
Heat Transfer in Absorber of LiBr/Water Absorption Heat Pump System for Hot Air Generation from Waste Heat
Keiji Marumo, Masatoshi Yamada, Nobusuke Kobayashi and Yoshinori Itaya
The 20th International Drying Symposium (IDS2016)   2016年8月7日   
Effect of Carbon Addtion on Drying Rate in a Sludge Bio-drying Process
H. Hamabe, N. Kobayashi, S. Yamaji and Y. Itaya
The 20th International Drying Symposium (IDS2016)   2016年8月7日   
Heat and Mass Transfer through Spiral Tubes in Absorber of Absorption Heat Pump System for Waste Heat Recovery
Yoshinori Itaya, Masatoshi Yamada, Kenji Marumo and Nobusuke Kobayashi
International Heat Transfer Symposium (IHTS) and High Powered Cycles (HPC) 2016   2016年6月26日   

Works

 
石油化学業界における革新的エネルギー変換に関する探索研究
2009年 - 2009年
炭素質細孔構造内マイクロ波プラズマ非平衡反応による環境・エネルギープロセスの創成
2008年 - 2010年
気流層乾式石炭ガス化及びガス精製システムに関する調査
2006年 - 2007年
石炭ガス化生成ガスからの乾式脱硫プロセスの開発研究
2005年 - 2006年
マイクロ波励起による火炎の反転分布化効果とガス燃焼駆動レーザー発振
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 板谷 義紀
炭素質多孔体にマイクロ波を照射した場合,大気圧非平衡プラズマが容易に生じる.このような現象をタール成分の分解など環境エネルギープロセスへの応用を目的に基礎的試験を実施した.その結果,1)ベンゼンを模擬タール成分に用いる分解試験から,マイクロ波出力400Wで分解率が75%以上,2)フェロセンを触媒として導入すると,副生炭素はチューブ状であり,その径は1.1nm程度であることがラマン分析から確認,3)プラズマ温度は分光学的計測から7600Kから8000K程度,4)プラズマの高速度ビデオ観察から...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 板谷 義紀
活性コークスなどの炭素質多孔体にマイクロ波を照射した場合,内部の微細構造と適度な導電性が細孔内での電子の放出作用に寄与して,大気圧プラズマが容易に生じることを見いだした.このときのプラズマによる反応活性と非平衡化を利用して,1)炭素質多孔体誘起マイクロ波プラズマ発生挙動,2)窒素酸化物のマイクロ波プラズマ還元反応およびプラズマ発光の分光学的計測,3)芳香族炭化水素の分解反応試験を行った.その結果,アルゴンと窒素の2成分系プラズマの安定発生限界,窒素酸化物の無触媒・無還元剤脱硝効果,ベンゼン...
吸着剤スラリーを用いる吸収式ヒートポンプの高性能化
研究期間: 2008年 - 2009年
乾式ガス精製技術に関する研究
研究期間: 2006年 - 2007年
乾式石炭ガス化技術に関する研究
研究期間: 2006年   

特許

 
川上 理亮, 谷野 正幸, 安部 義男, 伊藤 香澄, 深井 潤, 板谷 義紀, 中川 二彦, 中曽 浩一