坂田 誠

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/04 15:05
 
アバター
研究者氏名
坂田 誠
 
サカタ マコト
学位
理学博士(東京理科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻 大学院工学研究科・工学部 マテリアル理工学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東京教育大学大学院 理学研究科 化学
 
 
 - 
1968年
東京教育大学 理学部 化学
 

委員歴

 
1996年
   
 
Spring-8利用者懇談会  運営委員・行事幹事
 
 
   
 
日本結晶学会  庶務幹事・実行委員長
 
 
   
 
日本放射光学会  専門委員
 

受賞

 
1992年
日本結晶学会賞
 
2001年
日本物理学会第6回論文賞
 
2001年
ヨーロッパ結晶学会ポスター賞
 
2005年
池田賞論文賞
 
2005年
BCSJ Award Article
 

Misc

 
Journal of Applied CrystallographyJournal of Applied Crystallography   23 3   1990年
坂田誠, 高田昌樹
日本結晶学会誌日本結晶学会誌   32(3) 175-183   1990年
粉末回折法による電子密度分布
日本結晶学会誌日本結晶学会誌   34 1   1992年
Journal of Applied CrystallographyJournal of Applied Crystallography   12 4   1979年
Neutron Diffraction study of Asymmotric Anharmonic Vibration of the Copper Atom in Cuprous Chloride
Acta CrystallographicaActa Crystallographica   A30 655-661   1974年

書籍等出版物

 
『物理学辞典』3訂版
培風館   2005年   
日本結晶学会誌50周年号・粉末法の将来への展望
日本結晶学会   2000年   
真空・X線自由電子レーザーの利用が期待される分野の展望
日本真空協会   2006年   
「固体物理」特集号・誘電体物理の新しい展開
アグネ技術センター   2000年   

Works

 
「放射光タンパク質回折データの新解析手法の開発」
2004年 - 2005年
電子の関与した機能材料開発のための新しい構造解析システムの開発
2000年 - 2003年
差分MEMによるプロトン電導体中のプロトン移動経路の解明
1997年
MEMによるフラーレン化合物の電子密度レベルでの構造研究
1998年 - 2000年
粉末X線回折による配位空間を持つ新規材料の AB-initio構造解析
2005年

競争的資金等の研究課題

 
マキシマム・エントロピー法による結晶物質の電子密度分布
遺伝的アルゴリズムによる粉末結晶の構造決定
研究期間: 2000年   
新しい解析法によるタンパク質結晶構造解析
研究期間: 2002年