金田 行雄

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/04 14:48
 
アバター
研究者氏名
金田 行雄
 
カネダ ユキオ
URL
http://www.fluid.cse.nagoya-u.ac.jp/kaneda/
学位
理学博士, 理学修士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 大学院工学研究科 計算理工学専攻 大学院工学研究科・工学部 計算理工学専攻 教授
 

委員歴

 
 
   
 
日本流体力学会  会長; 理事; 中部支部長
 

受賞

 
2009年
科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞
 
2002年
Super Computing 2002 Gordon Bell Award
 

Misc

 
OKAMOTO N., DAVIDSON P. A., KANEDA Y.
J. Fluid Mech   651 295-318   2010年
Intermittency in high resolution direct numerical simulation of turbulence in a periodic box: a wavelet viewpoint
Advances in Turbulence XII, Proceedings of the 12th EUROMECH European Turbulence Conference   pp. 945   2009年
Advances in Turbulence XII, Proceedings of the 12th EUROMECH European Turbulence Conference,   759-762   2009年
Turbulence and Interactions, Keynote Lectures of the TI 2006 Conference, Series: Notes on Numerical Fluid Mechanics and Multidisciplinary Design   105 55-76   2009年

書籍等出版物

 
Frontiers of Computational Science 2008, Proceedings of International Symposium on Frontiers of Computational Science 2008
名古屋大学21世紀COEプログラム「計算科学フロンティア」   2008年   
IUTAM Symposium on Computational Physics and New Perspectives in Turbulence, Proceedings of the IUTAM Symposium on Computational Physics and New Perspectives in Turbulence, Nagoya University, Nagoya, Japan, September, 11-14, 2006, IUTAM Bookseries Vol. 4
Springer   2008年   
Statistical Theories and Computational Approaches to Turbulence; Modern Perspectives and Applications to Global-Scale Flows
Springer   2007年   
Statistical Theories and Computational Approaches to Turbulence; Modern Perspectives and Applications to Global-Scale Flows
Springer-Verlag, Tokyo   2002年   

Works

 
高いレイノルズ数の乱流における普遍性の計算科学的検証              
2008年
乱流の計算科学
2007年 - 2007年
乱流の計算科学
2006年 - 2006年
超大規模直接数値計算と大規模実験による乱流の普遍性の解明
2006年 - 2007年
乱流の計算物理学の新展開
2005年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
乱流の統計理論とモデリング
研究期間: 1997年   
乱流の数値シミュレーション