森川 高行

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:04
 
アバター
研究者氏名
森川 高行
eメール
morikawanagoya-u.jp
URL
http://www.trans.civil.nagoya-u.ac.jp/morikawa/
学位
工学修士(京都大学), 修士号(マサチューセッツ工科大学), 学術博士(マサチューセッツ工科大学)

経歴

 
1983年4月
 - 
1991年3月
京都大学工学部助手
 
1991年4月
 - 
2000年4月
名古屋大学工学部助教授
 
2001年4月
   
 
名古屋大学大学院教授(環境学研究科都市環境学専攻)
 
2014年6月
 - 
現在
名古屋大学未来社会創造機構
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1983年3月
京都大学 工学研究科 交通土木工学専攻
 
1985年9月
 - 
1987年6月
マサチューセッツ工科大学 工学系研究科 
 
1985年9月
 - 
1989年6月
マサチューセッツ工科大学 工学研究科 土木工学専攻
 

Misc

 
Vehicle ownership, usage and CO2 emissions in Ho Chi Minh City: Estimation of discrete-continuous model and simulation study
Thi Nhu Tranh Nguyen, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa
Asian Transport Studies, Vol. 4, No. 3   499-517   2017年
Discrete Choice Models for Gap Acceptance at Urban Expressway Merging Sections with Consideration of Safety, Road Geometry and Traffic Conditions
Tien Dung Chu, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa, Pan Liu
Journal of Transportation Engineering   on line first   2017年
電気自動車の航続距離が購入意向に与える影響に関するモデル分析
三輪富生,森川高行
都市計画論文集,No.51, No.3   667-672   2016年11月
Modelling the multilevel structure and mixed effects of the factors influencing the energy consumption of electric vehicles
Kai Liu, J.-B. Wang, Toshiyuki Yamamoto, Takayuki Morikawa
Applied Energy, Vol. 183   1351-1360   2016年9月
Modeling time-of-day car use behavior: A Bayesian network approach
Dawei Li, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa, Pan Liu
Transportation Research Part D, Vol.47   54-66   2016年5月

書籍等出版物

 
道路は、だれのものか
森川高行
ダイヤモンド社   2010年9月   ISBN:978-4-478-01271-0
道路投資の便益評価-理論と実践 第12章 TDM施策に対する交通需要予測手法とロードプライシング代替案の評価
森川高行,金森亮,三輪富生 (担当:共著)
森地茂,金本良嗣編 東洋経済新報社   2008年11月   
交通行動の分析とモデリング-理論/モデル/調査/応用
北村隆一,森川高行 編著佐々木邦明,藤井聡,山本俊行 著 (担当:共著)
技報堂出版   2002年   
やさしい非集計分析
(社)交通工学研究会 (担当:共著)
(社)交通工学研究会   1993年   

講演・口頭発表等

 
Activity stop and non-activity stop identification in GPS trajectories utilizing density-based clustering method and support vector machines
Lei Gong, Hitomi Sato, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa
The 94th Transportation Research Board Annual Meeting, Washington DC, USA   2015年1月   
Gap acceptance on urban expressway merging sections: An application of inverse time to collision
Tien Dung Chu, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa
The 94th Transportation Research Board Annual Meeting, Washington DC, USA   2015年1月   
Finding a reliable shortest path for risk-averse navigation using historical driving experience of probe vehicle
Weiliang Zeng, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa
The 94th Transportation Research Board Annual Meeting, Washington DC, USA   2015年1月   
Analysis on Vehicles' Daily Fuel Consumption Frontiers using Long-term CAN Data
Dawei Li, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa
The 94th Transportation Research Board Annual Meeting, Washington DC, USA   2015年1月   
Modeling Time-of-Day Car Use Behavior: A Bayesian Network Approach
Dawei Li, Tomio Miwa, Takayuki Morikawa
The 94th Transportation Research Board Annual Meeting, Washington DC, USA   2015年1月   

競争的資金等の研究課題

 
スマートフォン行動データとコンテクストデータを活用した活動・交通ログ自動生成 手法
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
次世代自動車の普及に伴う新しい道路課金制度の提案とその定量的評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 現在    代表者: 森川高行
準天頂衛星を活用した超高精度交通移動体マネジメント
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 現在    代表者: 森川高行
プローブカーデータが基盤的交通情報源となるための課題解決
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年5月 - 2008年3月    代表者: 森川 高行
 情報通信技術の発達に伴い,道路を走行する車から交通情報を収集するプローブカーシステムが注目を集めている.特に,プロープカーシステムは,プローブカーが走行する全ての道路から交通情報を収集できることや,加速度や走行経路など様々な情報が取得できることが利点として挙げられる.しかしながら,プローブカーシステムによって大規模な交通情報収集を行うためには,交通情報としての有用性の提示,利用方法の確立,効率的な情報収集,提供方法のあり方など,多くの課題を解決する必要がある.本研究では,これらの課題を解...
プローブカーデータを利用した動的経路誘導システム構築のための基礎的研究開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年6月 - 2005年3月    代表者: 森川 高行
 昨年度開発した動的経路誘導システム『PRONAVI』をベースに,要素技術に関する基礎的研究を行った.
 プローブ情報は,広範囲の道路交通情報を収集可能であるが,プローブカーが走行した道路区間,時刻のみの情報が利用可能である.そこで,リアルタイムの交通状態変化をより正確に把握することが可能なVICSデータとの融合方法を開発した.具体的には,VICS情報から混雑や渋滞が発生したリンクを特定し,これを旅行時間情報に変換した上で蓄積されたプローブ情報と比較する.これにより,非日常的に発生した混雑...

特許

 
特願2007-154969 : プローブ情報種別における付加価値判定方法
特願2006-217394 : 逐次型マップマッチングシステム、逐次型マップマッチング方法及び逐次型マップマッチングプログラム