KANAYAMA Yoshinori

J-GLOBAL         Last updated: Mar 26, 2019 at 14:14
 
Avatar
Name
KANAYAMA Yoshinori
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/18b4262f3221b4b1e365eb60add7cd2e.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Biological Resource Sciences Department of Plant Production Science Laboratory of Horticultural Science
Job title
Professor
Degree
農学博士(Nagoya University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1990
農学, Graduate School, Division of Agriculture, Nagoya University
 
 
 - 
Mar 1985
農学, Faculty of Agriculture, Nagoya University
 

Committee Memberships

 
Oct 2000
 - 
Today
The Korean Society for Horticultural Science  論文編集委員
 
Sep 2016
   
 
Plant and Cell Physiology  論文審査委員
 
Apr 2010
 - 
Mar 2012
園芸学会  評議員
 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
園芸学会東北支部  評議員
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
園芸学会東北支部  庶務幹事
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
園芸学会  園芸学会雑誌編集幹事
 

Awards & Honors

 
Mar 2016
園芸学会賞, 園芸学会
 
Apr 2002
園芸学会賞(奨励賞), 園芸学会
 

Published Papers

 
Kanayama Yoshinori, Omura Michiaki, Goryo Takeshi, Shigeta Tomohisa, Shibuya Tomoki, Nakai Yutaka
HORTICULTURE JOURNAL   87(2) 250-257   2018   [Refereed]
Onoue Misaki, Tatsuzawa Fumi, Kanayama Yoshinori, Kato Kazuhisa
OZONE-SCIENCE & ENGINEERING   40(5) 415-419   2018   [Refereed]
Does Overexpression of Tomato Fructokinase (LeFRK1) in Cotton Enhance Yield?
Mukherjee Thiya, Gitz Dennis C. III, Payton Paxton, Kanayama Yoshinori, Granot David, Holaday A. Scott
JOURNAL OF COTTON SCIENCE   22(3) 183-190   2018   [Refereed]
Yoshinori Kanayama*
The Horticulture Journal   86 417-425   Oct 2017   [Refereed][Invited]
IF 0.683
Hiroki Ikeda, Tomoki Shibuya, Manabu Nishiyama, Yoshihiro Nakata and Yoshinori Kanayama*
The Horticulture Journal   86 327-333   Jul 2017   [Refereed]
IF 0.683
Shohei Hano, Tomoki Shibuya, Nozomi Imoto, Ayaka Ito, Shunsuke Imanishi, Hisashi Aso, Yoshinori Kanayama*
Scientia Horticulturae   214 107-113   Jan 2017   [Refereed]
IF 1.396
Tomoki Shibuya, Yuki Murakawa, Koji Nishidate, Manabu Nishiyama, Yoshinori Kanayama*
The Horticulture Journal   86 94-104   Jan 2017   [Refereed]
IF 0.580
Involvement of a vascular hypersensitive response in quantitative resistance to Ralstonia solanacearum on tomato rootstock cultivar LS-89
K. Nakaho, S. Seo, K. Ookawa, Y. Inoue, S. Ando, Y. Kanayama, S. Miyashita and H. Takahashi*
Plant Pathology   66 150-158   Jan 2017   [Refereed]
IF 2.383
Teppei Sugawara, Ekaterina A. Trifonova, Alexey V. Kochetov, Yoshinori Kanayama*
BMC Plant Biology   16 928   Nov 2016   [Refereed]
IF 3.631
国際共著論文
Toshihiro Watanabe*, Eriko Maejima, Tomoko Yoshimura, Masaru Urayama, Aiko Yamauchi, Masako Owadano, Ryosuke Okada, Mitsuru Osaki, Yoshinori Kanayama, Takuro Shinano
PLOS ONE   11 e0160273   Aug 2016   [Refereed]
IF 3.057
Hiroki Ikeda, Tomoki Shibuya, Shunsuke Imanishi, Hisashi Aso, Manabu Nishiyama, Yoshinori Kanayama*
Plant and Cell Physiology   57 1257-1270   Jun 2016   [Refereed]
IF 4.319
GHM Sagor, Thomas Berberich, Shun Tanaka, Manabu Nishiyama,Yoshinori Kanayama, Seiji Kojima, Koji Muramoto, Tomonobu Kusano*
Plant Biotechnology Journal   14 1116-1126   Apr 2016   [Refereed]
IF 6.090
Tomoki Shibuya, Toshihiro Watanabe, Hiroki Ikeda and Yoshinori Kanayama*
The Horticulture Journal   84(4) 305-313   Oct 2015   [Refereed]
IF 0.744
Thiya Mukherjee, Mariana Ivanova, Marisela Dagda, Yoshinori Kanayama, David Granot and A. Scott Holaday*
Functional Plant Biology   42(9) 899-908   Jul 2015   [Refereed]
IF 3.145
Yasushi Kawasaki*, Satoshi Matsuo, Yoshinori Kanayama, Koki Kanahama
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   83(4) 295-301   Oct 2014   [Refereed]
IF 0.744
Yoshinori Kanayama*, Ryosuke Mizutani, Shino Yaguchi, Ayano Hojo, Hiroki Ikeda, Manabu Nishiyama, Koki Kanahama
Phytochemistry   104 30-36   Aug 2014   [Refereed]
IF 2.547
Tateishi, A.*, Kamiyoshihara, Y., Matsuno, J., Miyohashi, F., Shiba, H., Kanayama, Y., Watanabe, K., Nomura, K., Inoue, H.
Physiologia Plantarum   150(2) 238-251   Feb 2014   [Refereed]
IF 3.138
Hideki Takahashi*, Kazuhiro Nakaho, Takeaki Ishihara, Sugihiro Ando, Takumi Wada, Yoshinori Kanayama, Shinichiro Asano, Shigenobu Yoshida, Seiya Tsushima, Mitsuro Hyakumachi
Plant Cell Reports   33(1) 99-110   Jan 2014   [Refereed]
IF 3.071
Flowering response to blue light and its molecular mechanisms in Arabidopsis and horticultural plants
T. Shibuya, Y. Kanayama*
Advances in Horticultural Science   28(4) 179-183   2014   [Refereed][Invited]
Yoshinori Kanayama*, Kazuyoshi Sato, Hiroki Ikeda, Tomoko Tamura, Manabu Nishiyama, Koki Kanahama
Scientia Horticulturae   164 232-237   Dec 2013   [Refereed]
IF 1.396

Misc

 
金山喜則
照明学会誌   102(11) 501‐504   Nov 2018
渡邊涼太郎, 富崎亮太, 丸山隼人, 金山喜則, 渡部敏裕
日本土壌肥料学会講演要旨集   64 50   Aug 2018
星川健, 伊藤直子, 有泉亨, 福田直也, 久保康隆, 金山喜則, 矢野健太郎, 青木考, 江面浩
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   36th 140   Aug 2018
加賀谷秀直, 渋谷知暉, 西山学, 金山喜則
園芸学研究 別冊   17(1) 479   Mar 2018
マイクロトム・トマトを基盤とした高度研究リソース
星川健・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・矢野健太郎・青木考・江面浩*
植物感染生理談話会論文集   52 15-25   2017
果実の発育メカニズム —発育初期における植物ホルモンと遺伝子—
池田裕樹・金山喜則*
果実日本   68(11) 97-99   Nov 2013
光質による開花制御の技術とメカニズム
金山喜則*・鈴木誠一・佐藤武義・西山学
照明学会誌   95(4) 205-210   Apr 2011
LEDの園芸利用に関する研究動向
金山喜則
月刊ディスプレイ   16(11) 38-43   Nov 2010
アフリカにおける低利用植物資源と生物多様性を利用した研究と開発[2]
金山喜則*・John Ofosu-Anim・森元泰行・Seedahmed Ahmed Mohammed
農業および園芸   85(11) 1124-1128   Nov 2010
アフリカにおける低利用植物資源と生物多様性を利用した研究と開発[1]
森元泰行・パトリック=マウンドゥ・金山喜則*
農業および園芸   85(10) 1062-1066   Oct 2010
Recent research topics in the laboratory of horticultural science
K. Kanahama*, Y. Kanayama, and M. Nishiyama
Tohoku Journal of Agricultural Research   60(1, 2) 27-31   Dec 2009
LEDによる長日性切り花類の開花促進メカニズムとその利用
金山喜則
農林水産技術研究ジャーナル   2(10) 10-14   Oct 2009
ヨハニスタールクラインガルテンの歴史[3].
大川 亘, 西山 学, 金山喜則, 金浜耕基.
農業および園芸   83(11) 1235-1243   Nov 2008
ヨハニスタールクラインガルテンの歴史[2].
大川 亘, 西山 学, 金山喜則, 金浜耕基.
農業および園芸   83(10) 1133-1140   Oct 2008
ヨハニスタールクラインガルテンの歴史[1].
大川 亘, 西山 学, 金山喜則, 金浜耕基.
農業および園芸   83(9) 1029-1035   Sep 2008
クラインガルテンの19世紀から20世紀までの歴史[6]
金山喜則, 大川 亘, 西山 学, 金浜耕基
農業および園芸   83(8) 929-935   Aug 2008
クラインガルテンの19世紀から20世紀までの歴史[5]
金山喜則, 大川 亘, 西山 学, 金浜耕基
農業および園芸   83(7) 829-834   Jul 2008
クラインガルテンの19世紀から20世紀までの歴史[4]
金山喜則, 大川 亘, 西山 学, 金浜耕基
農業および園芸   83(6) 718-725   Jun 2008
クラインガルテンの19世紀から20世紀までの歴史[3]
金山喜則, 大川 亘, 西山 学, 金浜耕基
農業および園芸   83(5) 623-630   May 2008

Books etc

 
Serotonin - A Chemical Messenger Between All Types of Living Cells
K. Watanabe, Y. Kanayama, H. Aso et al. (Part:Joint Work, Energy homeostasis by peripheral serotonin)
InTech Team   Jul 2017   
育む—東北の園芸の現在—
金山喜則* (Part:Joint Work, 園芸学会東北支部の歩み)
園芸学会東北支部編   Apr 2015   
果樹園芸学
金山喜則、金浜耕基ほか (Part:Joint Work, 第1章 総論 p.1-22.第8章 特産果樹(クリ)p.219-225)
文永堂出版   Mar 2015   
Abiotic stress biology in horticultural plants.
Y. Kanayama*, A. V. Kochetov (Part:Editor)
Springer   Jan 2015   
編集長
Seabuckthorn (Hippophae L.)-A Multipurpose Wonder Plant. Vol. IV: Emerging Trends in Research and Technologies
Y. Kanayama, K. Kato (Part:Joint Work, Chapter 18: Research progress on symbiotic nitrogen fixation in Frankia-seabuckthorn root nodules)
Daya Publishing House   2014   
観賞園芸学
金山喜則、金浜耕基ほか (Part:Joint Work, 第4章(主要切り花類)117頁〜144頁)
文永堂出版   Mar 2013   
農業技術体系花卉編
金山喜則、西山学、金浜耕基ほか (Part:Joint Work, 第3巻追録第14号pp. 226の34-37)
農山漁村文化協会   Feb 2012   
最新農業技術 花卉Vol.4
金山喜則,金浜耕基,西山 学ほか (Part:Joint Work, 長日性切り花-遠赤色光による開花促進.201頁-204頁)
農山漁村文化協会   2012   
農学生命科学を学ぶための入門生物学
金山喜則、山口高弘ほか (Part:Joint Work, 4-1-2植物の生殖106頁〜109頁, 5-1-2環境応答と情報伝達119頁〜124頁)
東北大学出版   May 2011   
植物工場とその照明技術
金山喜則*、西山学、鈴木誠一、佐藤武義 (Part:Joint Work, 第8章,第7節,遠赤色光照射による植物の開花促進とそのメカニズム)
サイエンス&テクノロジー   Dec 2009   
園芸学
金山喜則、金浜耕基ほか (Part:Joint Work, 第4章(園芸作物の生理)71頁〜94頁)
文永堂出版   Apr 2009   
Advances in Agriculture Environment and Health: Fruits, Vegetables, Animals and Biomedical Sciences
Yoshinori Kanayama, Shashi Bala Singh et al. (Part:Joint Work, Chapter XV, Nutritional components, nitrogen fixation, and abiotic stress tolerance for food and human security in seabuckthorn pp. 215-223)
Satish Serial Publishing House   2009   
Phytochemistry Research Progress
Yoshinori Kanayama*, Kunio Yamada, Kazuhisa Kato, Ryo Moriguchi (Part:Joint Work, Chapter IV, Biochemical and molecular aspects of sorbitol metabolism in Rosaceae fruit trees and other plants, pp. 75-86)
Nova Science Publishers, Inc.:   Mar 2008   
アグリフォトニクス
金山喜則*、大川秀樹、森山厳與、佐藤武義、金浜耕基 (Part:Joint Work, 遠赤色光によるシュッコンカスミソウの開花促進)
シーエムシー出版   Feb 2008   
野菜園芸学
金山喜則、金浜耕基 (Part:Joint Work, 第13章(野菜の生長に関与する遺伝子の働き)275頁〜288頁)
文永堂出版   Sep 2007   
園芸生理学
金山喜則,山木昭平編 (Part:Joint Work)
Mar 2007   
Horticulture in Japan
Y. Kanayama,(edited by K. Kanahama) (Part:Joint Work)
Aug 2006   
園芸学用語集・作物名編
岩堀修一、金山喜則ほか編集 (Part:Joint Work)
Sep 2005   
Introduction to biology for applied life science
羽柴輝良他 (Part:Joint Editor)
培風館   Nov 2003   
An manual of experiments for agriculture: third edition
羽柴輝良他 (Part:Joint Work)
ソフトサイエンス社   Apr 2002   

Conference Activities & Talks

 
Pursuit for mechanisms responsible for the induction of tomato fruit blossom-end rot using the introgression line IL8-3
Ryotaro Watanabe*, Ryota Tomizaki, Hayato Maruyama, Yoshinori Kanayama, Toshihiro Watanabe
植物生理学会   28 Mar 2018   
リンゴのFLCホモログFLC2の花成との関係
加賀谷秀直*・渋谷知暉・加藤一幾・金山喜則
園芸学会   24 Mar 2018   
トマトの染色体断片置換系統IL8-3における尻腐れ果発生抑制機構に関する研究
天下谷佳代子*・渋谷知暉・加藤一幾・金山喜則
園芸学会   24 Mar 2018   
デルフィニウムのFTおよびSOC1ホモログの発現に及ぼす光質の影響
橋本 隼*・渋谷知暉・西山 学・加藤一幾・金山喜則
園芸学会   24 Mar 2018   
セイヨウナシのLEA14ホモログPcLEA14の機能解析
板井遼太*・渋谷知暉・西山 学・加藤一幾・金山喜則
園芸学会   24 Mar 2018   
Tomato Bioresources in Japan based on 'Micro-Tom-Japan' to accelerate the fruit biology
Hoshikawa Ken*; N Ito; T Ariizumi; N Fukuda; Y Kanayama; Y et al.
Plant and Animal Genome   Jan 2018   
トマトモデル品種マイクロトムを基盤としたバイオリソース整備とその利用成果
星川健・伊藤直子・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・矢野健太郎・青木考・江面浩
The 14th Japan Solanaceae Consortium (JSOL2017)   12 Sep 2017   
開花期に温度処理したトマトの子房および果柄のオーキシン局在
伊藤輝*・渋谷知暉・加藤一幾・金山喜則
The 14th Japan Solanaceae Consortium (JSOL2017)   12 Sep 2017   
トマトの染色体断片置換系統を用いた尻腐れ果発生抑制機構に関する研究
天下谷佳代子*・渋谷知暉・加藤一幾・金山喜則
The 14th Japan Solanaceae Consortium (JSOL2017)   12 Sep 2017   
トマトの染色体断片置換系統を用いた尻腐れ果抑制に関する研究
富崎亮太・前島恵里子・丸山隼人・渡邊涼太郎・金山喜則・渡部敏裕*
土壌肥料学会   5 Sep 2017   
トマト系統 IL8-3 における尻腐れ果発生抑制とカルシウム輸送関連遺伝子の発現
渋谷知暉・池田裕樹・西山学・金山喜則*
園芸学会   2 Sep 2017   
本人の発表
トマト果実のイオノームに及ぼす光質の影響
渋谷知暉*・渡部敏裕・金山喜則
園芸学会   2 Sep 2017   
トマトモデル品種マイクロトムの大規模変異集団整備の成果
星川健*・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・矢野健太郎・青木考・江面浩
園芸学会   2 Sep 2017   
Tomato bioresources in Japan: A comprehensive bioresources based on a model tomato cultivar 'Micro-Tom'
Hoshikawa Ken*; Naoko ito; T Ariizumi; N Fukuda; Y Kanayama et al.
The 9th ANRRC International Meeting   Sep 2017   
Effect of light quality on flowering and the expression of flowering-related genes in Delphinium grandiflorum
S. Hashimoto*
Tohoku University-Russian Academy Joint Seminar on Education and Research in High-Tech for Plant Production 2017   Sep 2017   
Physiological roles of the LEA14 homolog from European pear
R. Itai*
Tohoku University-Russian Academy Joint Seminar on Education and Research in High-Tech for Plant Production 2017   Sep 2017   
Studies on tomato introgression lines and Tohoku Univ. international program [Invited]
Y. Kanayama*
Tohoku University-Russian Academy Joint Seminar on Education and Research in High-Tech for Plant Production 2017   Sep 2017   
Over-expression of tryptophan decarboxylase gene potentially involved in serotonin biosynthesis in tomato
Y. Tsunoda*, S. Hano, T. Shibuya, H. Shirakawa, Y. Kanayama
The 14th Japan Solanaceae Consortium (JSOL2017)   Sep 2017   
Characterization of genes potentially related to high Brix content and stress tolerance in a tomato introgression line
K. Awaji*, T. Shibuya, H. Ikeda, Y. Kanayama
The 14th Japan Solanaceae Consortium (JSOL2017)   Sep 2017   
トマトモデル品種マイクロトムリソース整備の成果
星川 健*、有泉 亨、福田 直也、久保 康隆、金山 喜則、矢野 健太郎、青木 考、江面 浩
日本植物細胞分子生物学会   29 Aug 2017   
HPY2 gene expression analysis and the role of auxin in early fruit development in tomato
Hideki Nariyama, Tomoki Shibuya, Ken-ichiro Hayashi, Yoshinori Kanayama*
The 13th International Symposium on Plant Bioregulators in Fruit Production   27 Aug 2017   
本人の発表
Analysis of signal transduction-related genes in a tomato introgression line, IL8-3, with high Brix content and stress tolerance
Kosei Awaji*, Tomoki Shibuya, Hiroki Ikeda, Yoshinori Kanayama
The 13th International Symposium on Plant Bioregulators in Fruit Production   27 Aug 2017   
Roles of serotonin, a potential growth regulator, in tomato
Yui Tsunoda*, Shohei Hano, Tomoki Shibuya, Yoshinori Kanayama
The 13th International Symposium on Plant Bioregulators in Fruit Production   27 Aug 2017   
Effects of light quality on flowering and the expression of florigen and other flowering-related genes in horticultural crops
Hashimoto, S.*, T. Takahashi, T. Shibuya, M. Nishiyama and Y. Kanayama
The 13th International Symposium on Plant Bioregulators in Fruit Production   27 Aug 2017   
The blue light receptor FLAVIN BINDING KELCH REPEAT F-BOX 1 homolog affects florigen signaling in tomato
Tomoki Shibuya*, Manabu Nishiyama, Yoshinori Kanayama
The 13th International Symposium on Plant Bioregulators in Fruit Production   27 Aug 2017   
ストックとデルフィニウムの花成に及ぼす光質の影響
橋本 隼*・高山早紀・渋谷知暉・西山 学・金山喜則
園芸学会東北支部会   17 Aug 2017   
セイヨウナシにおけるLEA14ホモログの機能解析
板井遼太*・渋谷知暉・西山 学・金山喜則
園芸学会東北支部会   17 Aug 2017   
トマトの染色体断片置換系統における尻腐れ果の発生抑制に関わる遺伝子の探索
天下谷佳代子*・渋谷知暉・加藤一幾・金山喜則
園芸学会東北支部会   17 Aug 2017   
トマトの着果時におけるオーキシン局在に及ぼす温度の影響
伊藤 輝*・渋谷知暉・加藤一幾・金山喜則
園芸学会東北支部会   17 Aug 2017   
リンゴにおけるFLC様mRNAの解析
加賀谷秀直*・渋谷知暉・西山 学・金山喜則
園芸学会東北支部会   17 Aug 2017   
Malus hupehensis(無配偶生殖実生)の開花特性
小森貞男*・守谷(田中)友紀・岡田初彦・金山喜則・渡邉 学
園芸学会東北支部会   17 Aug 2017   
マイクロトム・トマトを基盤とした高度研究リソース
星川健・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・矢野健太郎・青木考・江面浩*
平成29年度感染生理談話会   27 Jul 2017   
Roles of the DREB and LEA14 homologs from rosaceous fruit trees
Ryouta Itai*, Tomoki Shibuya, Minori Maeda, Manabu Nishiyama, Yoshinori Kanayama
The 8th International Cherry Symposium   5 Jun 2017   
Relationship between juvenility and FLOWERING LOCUS C homologs in rosaceous fruit trees
Tomoki Shibuya*, Hidenao Kagaya, Manabu Nishiyama, Yoshinori Kanayama
The 8th International Cherry Symposium   5 Jun 2017   
デルフィニウムの花成および花成関連遺伝子の発現に及ぼす光質の影響
橋本隼*・高橋拓馬・渋谷知暉・西山学・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
トリプトファンデカルボキシラーゼ遺伝子のトマトにおけるホモログの過剰発現
角田結衣*・羽野翔平・渋谷知暉・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
トマトにおけるユビキチンリガーゼ様遺伝子に関する研究
淡路航生*・渋谷知暉・池田祐樹・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
トマトの染色体断片置換系統 IL8-3 の塩ストレス耐性関連遺伝子候補の発現解析
菅田瑛夏*・秋山明子・西山学・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
トマトの染色体断片置換系統におけるセロトニンおよびアスコルビン酸含量
伊藤綾香*・渋谷知暉・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
セイヨウナシにおけるDREB ホモログの役割に関する研究
板井遼太*・渋谷知暉・西山学・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
トマトモデル品種マイクロトムの大規模変異集団の発展
星川健*・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・青木考・江面浩
園芸学会   19 Mar 2017   
トマト果実の細胞分裂およびSlHPY2の発現に及ぼすオーキシンの影響
成山英幹*・渋谷知暉・西山学・金山喜則
園芸学会   19 Mar 2017   
Tomato Bioresources based on 'Micro-Tom' for facilitation of fruits biology
Hoshikawa Ken*; M Shikata; T Ariizumi; N Fukuda; Y Kanayama et al.
Plant and Animal Genome   Jan 2017   
Development of saturated Micro-Tom mutant populations by NBRP
Ken Hoshikawa*, ○Tohru Ariizumi, Naoya Fukuda, Kentaro Yano, Koh Aoki, Yoshinori Kanayama, Yasutaka Kubo, Hiroshi Ezura
XIV Solanaceae and 3ud Cucurbitaceae Joint Conference (SOLCUC2017)   2017   
果実作物トマトのバイオリソース整備と変異体データベースTOMATOMAの活用
有泉亨*,星川健,四方雅仁,福田直也,久保康隆,金山喜則,青木考,江面浩
園芸学会   24 Sep 2016   
3色混合光LEDランプによるシュッコンカスミソウの開花促進
渋谷知暉・西山学*・金山喜則
園芸学会   10 Sep 2016   
トマトにおける青色光受容体FKF1ホモログが花芽分化に及ぼす影響
渋谷知暉*・西山学・金山喜則
園芸学会   10 Sep 2016   
リンゴにおけるFLC様遺伝子の発現解析
金山喜則*・浅川舞・羽野翔平・渋谷知暉・西山学
園芸学会   10 Sep 2016   
本人の発表
トマトモデル品種マイクロトムの大規模変異集団の発展
星川健*・四方雅仁・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・ 青木考・江面浩
園芸学会   10 Sep 2016   
多様性センターにおける園芸学研究
金山喜則*
生物多様性応用科学センター第1回ワークショップ   20 Aug 2016   
本人の講演
トマトの染色体断片置換系統IL8-3における高糖度化関連遺伝子に関する研究
淡路航生*・池田裕樹・渋谷知暉・金山喜則
園芸学会東北支部会   18 Aug 2016   
数種長日性切り花類の花成に及ぼす光質の影響
橋本 隼*・高橋拓馬・渋谷知暉・西山 学・金山喜則
園芸学会東北支部会   18 Aug 2016   
トマトの新規機能性成分セロトニンの合成経路遺伝子に関する研究
角田結衣*・羽野翔平・渋谷知暉・金山喜則
園芸学会東北支部会   18 Aug 2016   
セイヨウナシのLEA14およびDREBホモログの低温ストレス耐性における役割
板井遼太*・渋谷知暉・西山 学・金山喜則
園芸学会東北支部会   18 Aug 2016   
渋谷尻腐れ果発生率の低いトマト系統IL8-3におけるカルシウム輸送関連遺伝子の発現解析
渋谷知暉*・池田裕樹・金山喜則
第11回トランスポーター研究会年会   2 Jul 2016   
トマトモデル品種マイクロトムの大規模変異集団の整備
星川健*・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・ 青木考・江面浩
園芸学会   26 Mar 2016   
トマト果実の細胞分裂に及ぼすオーキシンの影響に関する研究
成山英幹*・渋谷知暉・林謙一郎・西山学・金山喜則
園芸学会   26 Mar 2016   
トマトの染色体断片置換系統における発芽期の塩ストレス耐性に関する研究
菅田瑛夏*・秋山明子・西山学・金山喜則
園芸学会   26 Mar 2016   
トマトの新規機能性成分セロトニンの含量に及ぼす要因に関する研究
伊藤綾香*・威本希望・渋谷知暉・麻生久・金山喜則
園芸学会   26 Mar 2016   
トマトにおける新規機能性成分セロトニンの合成機構に関する研究
羽野翔平*・麻生久・西山学・金山喜則
園芸学会   26 Mar 2016   
トルコギキョウの花成および花成関連遺伝子の発現に及ぼす光質の影響
高橋拓馬*・渋谷知暉・西山学・金山喜則
園芸学会   26 Mar 2016   
イチゴの四季成り性品種‘すずあかね’の成長と果実生産に及ぼす赤色光の影響
西山学*・金山喜則
園芸学会   26 Sep 2015   
トマトの染色体断片置換系統におけるアミノ酸代謝に関する研究
渋谷知暉・池田裕樹・西山学・金山喜則*
園芸学会   26 Sep 2015   
本人の発表
トマトにおける青色光受容体FKF1ホモログの解析
渋谷知暉*・西山学・金山喜則
園芸学会   26 Sep 2015   
トマト変異体データベース‘TOMATOMA’のアップデート:果実代謝情報 の蓄積
星川健*・四方雅仁・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・青木考・江面 浩
園芸学会   26 Sep 2015   
トマト変異体データベース‘TOMATOMA’のアップデート:果実代謝情報 の収集
星川健*・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・青木考・江面 浩
第12回日本ナス科コンソシアム年会   4 Sep 2015   
青色光受容体FKF1ホモログのトマトにおける解析
渋谷知暉*・西山学・金山喜則
第12回日本ナス科コンソシアム年会   4 Sep 2015   
単一転写因子の改変による果実高糖度化技術の開発
Sagor G.H.M., Berberich Thomas, 田中俊, 金山喜則, 西山学, 児島征司, 草野友延*
植物学会   Sep 2015   
トマト果実の細胞分裂の制御におけるオーキシンの役割に関する研究
成山英幹*・杉山結実子・林謙一郎・金山喜則
園芸学会東北支部会   31 Aug 2015   
トマトの染色体断片置換系統における塩ストレス耐性に関する研究
菅田瑛夏*・秋山明子・魚住愛・西山学・金山喜則
園芸学会東北支部会   31 Aug 2015   
トマトの新規機能性成分セロトニンに関する研究
伊藤綾香*・威本希望・麻生久・金山喜則
園芸学会東北支部会   31 Aug 2015   
リンゴにおけるFLCホモログの役割に関する研究
浅川舞*・羽野翔平・渋谷知暉・西山学・金山喜則
園芸学会東北支部会   31 Aug 2015   
トマトにおける新規機能性成分セロトニンの合成経路に関する研究
羽野翔平*・渋谷知暉・西山学・麻生久・金山喜則
園芸学会東北支部会   31 Aug 2015   
トマトモデル品種マイクロトムの大規模変異体リソースの作出と整備
四方雅仁*、星川健、有泉亨、福田直也、久保康隆、金山喜則、青木考、江面浩
植物細胞分子生物学会   10 Aug 2015   
シュッコンカスミソウにおける花成の青色光応答の多様性とFTホモログの多型
渋谷知暉*・西山学・金山喜則
植物細胞分子生物学会   10 Aug 2015   
トマトの果実におけるセロトニン合成系遺伝子の解析
羽野翔平*・威本希望・今西俊介・麻生久・金山喜則
園芸学会   28 Mar 2015   
数種長日性切り花類の開花に及ぼす光質の影響
高橋拓馬*・渋谷知暉・西山学・金浜耕基・金山喜則
園芸学会   28 Mar 2015   
セイヨウナシの LEA14 ホモログの低温ストレス耐性における役割
前田未野里*・西山学・金濱耕基・金山喜則
園芸学会   28 Mar 2015   
トマト果実におけるセロトニンとアスコルビン酸の蓄積に関する研究
渋谷知暉 *・威本希望・今西俊介・麻生久・金山喜則
園芸学会   28 Mar 2015   
トマト変異体集団の整備と 変異体果実代謝情報テータ の蓄積
星川健*・四方雅仁・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・青木考・江面 浩
園芸学会   28 Mar 2015   
トマト研究推進のためのマイクロトム変異体リソース
四方雅仁*、星川健、有泉亨、福田直也、久保康隆、金山喜則、青木考、江面浩
植物生理学会   16 Mar 2015   
ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」における整備状況と果実代謝情報の蓄積
星川健*・四方雅仁・有泉亨・福田直也・金山喜則・久保康隆・青木考・江面浩
園芸学会   27 Sep 2014   
シュッコンカスミソウの青色光に対する花成応答の多様性と関連遺伝子の解析
渋谷知暉*・村川雄紀・西山学・金浜耕基・金山喜則
園芸学会   27 Sep 2014   
トマトの染色体断片置換系統における果実の発育段階別のオミクス解析
池田裕樹*・今西俊介・金浜耕基・金山喜則
園芸学会   27 Sep 2014   
H+-PPases play a negative role in the response of sugar starvation in Arabidopsis
Mohammed, S.A.*, Kobayashi, A., Kanayama, Y., Fujii, N., Takahashi, H.
植物学会   12 Sep 2014   
トマトの染色体断片置換系統IL8-3における尻腐れ果の発生抑制に関する研究
池田裕樹*・金浜耕基・金山喜則
園芸学会東北支部会   27 Aug 2014   
シュッコンカスミソウの長日処理に効果的な光質と花成関連遺伝子の発現
渋谷知暉*・西山 学・金浜耕基・金山喜則
園芸学会東北支部会   27 Aug 2014   
シュッコンカスミソウの花成誘導と関連遺伝子の発現に及ぼす光質の影響の多様性
渋谷知暉*・村川雄紀・西山学・金浜耕基・金山喜則
植物細胞分子生物学会   21 Aug 2014   
トマト研究推進のための変異体およびDNAリソース整備
四方雅仁*・星川健・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・青木考・江面浩
植物細胞分子生物学会   21 Aug 2014   
トマトの染色体断片置換系統IL8-3を用いた発芽期における塩ストレス耐性に関する研究
秋山明子*・池田裕樹・中田善大・金濱耕基・金山喜則
園芸学会   29 Mar 2014   
トマトの新規機能性成分セロトニンに関する研究
威本希望*・池田裕樹・今西俊介・麻生久・金山喜則
園芸学会   29 Mar 2014   
トマト果実における細胞分裂の制御機構に関する研究
杉山結実子*・佐藤淳平・林謙一郎・西山学・金濱耕基・金山喜則
園芸学会   29 Mar 2014   
青色光がシュッコンカスミソウの花成関連遺伝子の発現に及ぼす影響
渋谷知暉*・村川雄紀・西山学・金浜耕基・金山喜則
園芸学会   29 Mar 2014   
トマトにおけるポリオールとアルドース‐6‐リン酸還元酵素の解析
勝又淳司*・大畠 健介・ 西山 学・金濱 耕基・金山 喜則
園芸学会   29 Mar 2014   
トマト果実中に含まれる機能性成分セロトニン含量の解析
今西 俊介*・松田 彩乃・ 麻生 久・金山 喜則・松 尾 哲
園芸学会   29 Mar 2014   
トマトの染色体断片置換系統における尻腐れ果の発生抑制機構に関する研究
池田 裕樹*・金浜 耕基・ 金山 喜則
園芸学会   29 Mar 2014   
ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」における整備状況と将来の展望
星川 健*・四方 雅仁・ 有泉 亨・福田 直也・金 山 喜則・久保 康隆・青木考・江面浩
園芸学会   29 Mar 2014   
ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」におけるMicro-Tomトマト変異体リソースの整備
四方雅仁*・星川健・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・青木考・江面浩
農芸化学会   27 Mar 2014   
ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」におけるMicro-Tomトマト変異体リソースの整備
四方雅仁*・星川健・有泉亨・福田直也・久保康隆・金山喜則・青木考・江面浩
植物生理学会   18 Mar 2014   
Analysis of a tomato introgression line with increased Brix and some functional components
H. Ikeda, N. Imoto, K. Kanahama, Y. Kanayama*
Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 10th International Symposium on Solanaceae Genomeics   29 Nov 2013   
本人の発表

Research Grants & Projects

 
果実の成長と品質の分子機構
Cooperative Research
Project Year: Apr 2000 - Today
切り花類の開花促進機構の解明
Project Year: Apr 2006 - Today
園芸作物の環境ストレス耐性に関する研究
Project Year: Apr 2002 - Today
共生窒素固定に関する研究
Cooperative Research
Project Year: Apr 2000 - Today

Social Contribution

 
富山高校での出前授業
[Others]  31 Aug 2013
キャリアガイダンス
小牛田農林高校での出前授業
[Others]  7 Jul 2010
光による開花のコントロールを講義
環境学習訪問
[Others]  12 Dec 2007
仙台市立八軒中学校の「環境学習訪問」に協力。生きている森と海、マングローブの歴史とこれからの課題、きれいな水と空気をつくるために、等についての講義等を行った。
植物工場について
[TV or radio appearance, Contribution]  東北放送  12 Jan 2011
四葉のクローバーについて
[TV or radio appearance, Contribution]  東北放送  23 Jun 2010

Others

 
Apr 2015   日露間における新価値創造人材の育成
最高教育研究機関としてロシア科学アカデミーシベリア支部などを対象として、日露交流機関の高度な共同研究を基盤とした教育研究交流等を推進し、世界展開力を強化し得る教育研究拠点を形成する。
Nov 2012   セロトニンの抗肥満作用機構の解明と高機能健全食品開発への応用
セロトニンの抗肥満作用機構の解明とトマトを利用した高機能健全青果物の開発のための、基本的情報を得るための研究を行う。
Apr 2012   トマトナショナルバイオリソースプロジェクト
ナショナルバイオリソースプロジェクトの一環として,トマトの種子やDNAリソースの管理等を行う。
Feb 2012   復興支援のための園芸作物におけるゲノム・イオノーム解析
園芸作物のセシウム動態および塩ストレス耐性に関して、復興支援を目的とした研究を行う。特に、セシウム動態についてはイオンの総体を評価するイオノーム解析を、塩ストレス耐性については近縁野生種の染色体導入系統を用いた効率的な解析を行う。
Mar 2010   ナス科ゲノム国際シンポジウム2010 −第6回JSOLシンポジウム−
国際会議の開催