島田 清司

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
島田 清司
 
シマダ キヨシ
URL
http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~aphysiol/index.html
所属
名古屋大学
部署
大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻 大学院生命農学研究科・農学部 応用分子生命科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1992年
   
 
鳥類内分泌学国際会議  理事
 
1991年
   
 
東海畜産学会  理事
 
1991年
 - 
1996年
日本家禽学会  編集委員,評議員,理事
 
1991年
   
 
日本畜産学会  評議員
 
1995年
 - 
1996年
日本比較内分泌学会  監事
 

受賞

 
1989年
日本家禽学会賞
 

Misc

 
Control of Oviposition in Poultry (共著)
CRC出版社CRC出版社   2 3   1989年
Expression of prolation gene in incubating hens (共著)
Journal Reproduction and FertilityJournal Reproduction and Fertility   91 1   1991年
Developmental expression of the prolactin gene in the chicken (共著)
General and COmparative Endo crinologyGeneral and COmparative Endo crinology   83 3   1991年
Prostaglandin levels in peripheral and follicalar plasma, the isolated theca and granulosa layers of pre-and postovulatory follicles, and the myometrium and---- (共著)
Biology of ReproductionBiology of Reproduction   36 1   1987年
Effects of removal of chicks from hens or concentrations of prolactin, Luteinizing hormone and cestradiol in plasma of broody Gifujidori hens (共著)
J. Reproduction FertilityJ. Reproduction Fertility   95 617-622   1992年

書籍等出版物

 
Regulation of oviposition. In "Advances in Organ Biology"(共著)
JAI Press Inc.JAI Press Inc.   1996年   
Gene expression of ovarian steroidogenic enzymes. (共著)In "Perspectives in Avian Endocrinology"(Harvey, S and Etches, A. I. , ed. )
J. Endocrinol. Ltd. Bristol.J. Endocrinol. Ltd. Bristol.   1997年   
Dimorphic mRNA expression of P450arom and AMH and effects of estradiol in the chicken embryo in "Recent Progress in Molecular and Comarative Endocrinology"
Hormone Research CenterHormone Research Center   1999年   
雄と雌が決まる仕組み:魚から鳥、哺乳類まで
JT生命誌JT生命誌   1999年   
Molecular mechanisms of sex determination and sex differentiation in "Reproductive Biology Update"
Shoukadoh Booksellers CompanyShoukadoh Booksellers Company   1998年   

Works

 
ニホンウズラステロイド合成因子-I ポリペプチド、ニホンウズラステロイド合成因子-I遺伝子
2000年
名古屋大学ラジオ放送公開講座「衣食住」「おいしい卵がたくさんできる秘密」
2006年
畜産サイエンスカフェ「ニワトリの産卵と就巣性について」
2007年
カルシウム依存性プロテインキナーゼによる細胞周期制御に関する共同研究
1993年 - 1996年
トキシコキネテイクスを考慮した発生毒性評価法に関する研究
1995年 - 1996年

競争的資金等の研究課題

 
プロラクチン遺伝子発現
放卵調節機構
鳥類の性決定分子機構
"鳥類の性は,最初に受精の時点で遺伝的に決定される.遺伝子発現プログラムによって,次いで生殖腺原基が発達し雄は精巣を雌は卵巣を形成する.この過程における性決定遺伝子の探索と関連物質の同定及び発現様式から性決定分子機構を解明する."
研究期間: 1995年   
"応用研究としてニワトリ雛を全て雌に変えることができれば飛躍的な産卵成績の向上が期待できる.よって,ニワトリ雛の性転換のための遺伝子工学制御法の確立を目指している."
研究期間: 1995年