加藤 雅信

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/29 14:10
 
アバター
研究者氏名
加藤 雅信
 
カトウ マサノブ
所属
名古屋学院大学
部署
法学部
職名
教授
学位
法学博士(東京大学)
その他の所属
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

プロフィール

1946年生まれる。東京大学法学部卒。法学博士。
現在、名古屋学院大学教授、名古屋大学名誉教授、弁護士
この間、東京大学助手、名古屋大学助教授・教授、上智大学教授
ハーバード大学、ロンドン大学客員研究員
コロンビア大学、ワシントン大学、ハワイ大学、北京大学客員教授
司法試験考査委員、法制審議会民法部会委員
国際ファイナンスリース、国際ファクタリングに関するユニドロワ条約採択のための外交会議・日本国政府代表代理
上記外交会議・2条約起草員
国連アジア・太平洋地域経済社会委員会エクスパート、等を歴任した他、
民法改正研究会、現代民事判例研究会代表を務める。

研究分野

 
 
  • 法学 / 民事法学 / 民法、法社会学、法人類学

経歴

 
 
   
 
上智大学 法学部 法律学科 教授,名古屋大学大学院法学研究科
 
1969年
 - 
1973年
:東京大学法学部 助手
 
1973年
 - 
1982年
:名古屋大学法学部 助教授
 
1982年
 - 
1999年
:名古屋大学法学部 教授
 
1999年
 - 
2007年
:名古屋大学大学院法学研究科 教授
 

委員歴

 
1993年10月
 - 
1998年10月
日本私法学会  理事
 

論文

 
「立法論としての『準契約』--中国・民法草案への3つの改正提案」
加藤 雅信
静岡法務雑誌雑誌   (11) 411-425   2019年8月
明治150年:日本民法典の軌跡と、現在 上」
加藤 雅信
名古屋大学法政論集   (282) 117-157   2019年6月   [査読有り]
「立法論としての『準契約』--中国・民法草案への3つの改正提案」
加藤 雅信
蘇州大学学報 【法学版】   6(2) 82-92   2019年5月
法の継受:受け手の側の論理と抵抗
加藤 雅信
西南西法大学学報   21(1)    2019年2月   [査読有り]
从世界民法制定史的角度考察日本民法典修正(世界の民法制定史と日本民法の改正)
加藤 雅信
南京大学法学評論   50 157157-242   2019年1月

Misc

 
中国民法典、『人格権編』を独立編として民法典に編入か
加藤 雅信
民事判例   (17) 88-89   2018年10月   [依頼有り]
日本における債権法改正手続と、立法手続のあり方
加藤 雅信
西江法律論叢   7(2) 3-50   2018年8月   [依頼有り]
法の継受:受け手の側の論理と抵抗
加藤 雅信
趙万一著『民法の倫理的考察』   1-10   2018年2月   [依頼有り]
日本債権法改正10年史
加藤 雅信
西江法律論叢   3-79   2018年2月   [依頼有り]
国会審議にみる債権法改正法案のゆくえ   --ついにとどめを刺された債務不履行の無過失責任論 下
加藤 雅信
消費者法ニュース   (112) 177-182   2017年7月

書籍等出版物

 
民事判例19 2019年前期
加藤 雅信
2019年10月   
民事判例18 2018年後期
加藤 雅信
2019年4月   
民事判例17 2018年前期
加藤 雅信
日本評論社   2018年10月   
民事判例16 2017年後期
加藤 雅信
日本評論社   2018年4月   
日本民法典修正案I 第一编 总则--附 立法提案及修正理由
加藤 雅信
北京大学出版   2017年7月