山脇 幸一

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/04 14:51
 
アバター
研究者氏名
山脇 幸一
 
ヤマワキ コウイチ
学位
理学博士, 理学修士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 大学院理学研究科・理学部 素粒子宇宙物理学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
京都大学 理学研究科 物理学第二
 
 
 - 
1970年
京都大学 理学部 物理学
 

Misc

 
Quest for the Dynamical Origin of Mass: An LHC perspective from Sakata, Nambu and Maskawa.
Prog. Theor. Phys. Suppl.   180 1-19   2009年
HABA Kazumoto, MATSUZAKI Shinya, YAMAWAKI Koichi
Prog.Theor.Phys.   120(4) 691-721   2008年
FUKANO Hidenori, YAMAWAKI Koichi
Prog.Theor.Phys.   119(3) 429-460   2008年
Walking over the composites: In the spirit of Sakata.
Prog.Theor.Phys.Suppl   167 127-143   2007年
Physical Review D   76(3) 035003-(1-15)   2007年

書籍等出版物

 
Confining picture for the standard model
Proceedings of 2004 International Workshop on Dynamical Symmetry Breaking, Nagoya, Japan, 21-22 Dec 2004. (Nagoya University, 2005)   2005年   
Spontaneous symmetry breaking in DLCQ
Proceedings of 2004 International Workshop on Dynamical Symmetry Breaking, Nagoya, Japan, 21-22 Dec 2004. (Nagoya University, 2005)   2005年   
Top mode standard model and extra dimensions
Proceedings of 12th International Conference on Supersymmetry and Unification of Fundamental Interactions (SUSY 04)   2004年   
Zero Mode Problem on the Light Front
World Scientific(Singapore)   1998年   
Zero Mode and Symmetry Breaking on the Light Front
Springer Verlag   1998年   

所属学協会

 
 

Works

 
素粒子の複合模型の展開
2006年 - 2008年
強結合ゲージ理論と質量の起源
2006年 - 2008年
質量の起源とカイラル相転移
2005年 - 2007年
対称性の力学的破れと有効場の理論
2002年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
対称性の力学的(動的)破れ,複合模型,光円錐量子化
研究期間: 1982年   
対称性の力学的(動的)破れ,複合模型,光円錐量子化