伊藤 孝幸

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/24 13:38
 
アバター
研究者氏名
伊藤 孝幸
 
イトウ タカユキ
所属
愛知学院大学
部署
文学部 歴史学科
職名
教授
学位
文学修士(名古屋大学), 博士(歴史学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

論文

 
三河国東部での相給村の支配について
伊藤 孝幸
愛知学院大学人間文化研究所紀要人間文化   (26) 25-49   2011年9月
大学と博物館学芸員との交流の一事例
伊藤孝幸
愛知学院大学人間文化研究所紀要人間文化   (24) 35-42   2009年
尾張藩陪臣への地方知行
日本歴史   (711) 77-85   2007年8月
維新期における旧交代寄合高木家の江戸屋敷と江戸詰役人
伊藤孝幸
愛知学院大学文学部紀要   (33) 229-248   2004年3月
交代寄合高木三家による興行統制についてー相撲・芝居の場合を中心にー
愛知学院大学文学部紀要   32 249-270   2003年
交代寄合高木家による年貢徴収について
愛知学院大学人間文化研究所紀要   17 29-60   2002年
近世後期における交代寄合高木家の婚姻について
愛知学院大学人間文化研究所紀要   16 61-84   2001年
幕末での地域における朝廷勢力と武家・民衆
愛知学院大学文学部紀要   (30) 319-330   2001年
交代寄合高木家による鷹狩と伊勢鷹場
愛知学院大学人間文化研究所紀要人間文化   (15) 27-49   2000年
維新期における旧交代寄合高木家と領地村方
J.F.モリス,白川部達夫,高野信治共編『近世社会と知行制』(思文閣出版)   213-240   1999年
幕藩権力の特質-交代寄合高木家を事例にして-
愛知学院大学人間文化研究所紀要人間文化   (14) 21-43   1999年
一八世紀後半の地域における朝延勢力と武家・民衆
愛知学院大学人間文化研究所紀要人間文化   (13) 27-40   1998年
明治維新における旧交代寄合高木家
愛知学院大学文学部紀要   (27)    1998年
一九世紀前半の地域における朝廷勢力と武家・民衆-濃州多良・時両郷の場合-
日本歴史   (579)    1996年
近世における木曽三川流域での治水
岐阜史学   (88) 1-20   1995年
近世における木曽三川流域での治水
地域防災システム研究会報告   (5)    1994年
内藤十左衛門切腹一件の処理における公的文書の性格
名古屋大学古川総合研究資料館報告   7    1991年
老中奉書について-交代寄合高木家による「川通御用」勤務に関連して-
古文書研究   34    1991年
近世の法体系について-刑法の整備と中国法の受容-
歴史の理論と教育   77    1990年
日本近世知行制の再検討-尾張藩を素材として-
歴史の理論と教育   78    1990年
交代寄合高木家による川漁と川支配
名古屋大学古川総合研究資料館報告   4    1988年

書籍等出版物

 
交代寄合高木家の研究ー近世領主権力と支配の特質ー
清文堂出版   2004年   
江戸出訴への領主の対応―交代寄合高木家役人出府中御用日記―
溪水社   2006年   ISBN:4-87440-908-3

Works

 
『新編三好町誌』本文編で「近世第1章 幕藩制社会の成立と領主支配」を執筆
伊藤 孝幸   その他   2013年9月
『新編豊川市史』第二巻通史編近世で、第一章第一節一項~五項および第四章第一節一項~三項、同章第二節を執筆
伊藤 孝幸   芸術活動   2011年3月
『新編三好町誌』資料編歴史で近世1・2・4・9・12を翻刻、全体を校正
伊藤 孝幸   その他   2010年7月
『愛知県史』資料編19近世5東三河の第1章「領主の支配」および第2章「村々と地域住民」の第2節「村と百姓の負担」を担当
2008年
『愛知県史』資料編16近世2尾西・尾北の第1章「尾張藩の尾西・尾北地域での領国支配」を担当
2006年
『多度町史』資料編2近世の「13 名古屋市高木家文書(名大図書館蔵)」翻刻・解説および総合解説「近世における木曽三川の治水と多度」等を執筆
2004年
宝暦治水における幕府側取組みの体制と実施の一面(下)-『江戸往返書状留』-
1997年
高木家文書調査報告(補遺の六)
1996年
筒井稔氏所蔵東高木家文書
1996年
宝暦治水における幕府側取組みの体制と実施の一面(上)-『江戸往返書状留』-
1996年
伊藤忠士編『宝暦治水御用状留-木曽三川の技術と人間』第2章及び第4章両「解題」
1996年
高木家文書調査報告(補遺の五)
1995年
明治維新による江戸拝領屋敷及び江戸詰役人の変様-交代寄合高木家の場合-
1995年
名古屋大学による高木家文書購入の一件について…文学部創設後の諸相を交えての聞き取り調査報告…
1994年
高木貞勝氏所蔵高木家文書
1994年
高木家文書調査報告(補遺の四)
1994年
戦後における近世史料類の収集過程-名古屋大学附属図書館所蔵高木家文書の場合-
1994年
筒井稔氏所蔵高木家文書目録
1993年
高木家文書調査報告(補遺の三)
1993年
高木家文書調査報告(補遺の二)
1992年
名古屋大学による高木家文書購入の顛末
1992年
高木家文書
1992年
高木家文書調査報告(補遺の一)
1991年
老中奉書の一事例-交代寄合高木家の「川通御用」に際しての癸給文書-
1990年

競争的資金等の研究課題

 
日本近世史
日本近世史