春日 敏宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/23 03:29
 
アバター
研究者氏名
春日 敏宏
 
カスガ トシヒロ
URL
http://nitzy.mse.nitech.ac.jp/~kasugalab/index.html
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 しくみ領域
職名
教授
科研費研究者番号
30233729

研究分野

 
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
2016年3月
日本金属学会  論文誌編集委員
 
2009年6月
 - 
2011年6月
日本セラミックス協会  理事
 
2009年6月
 - 
2011年6月
日本セラミックス協会  教育委員会委員長
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本金属学会  東海支部理事
 
2010年6月
 - 
2016年9月
日本無機リン化学会  代議員
 

受賞

 
1993年4月
日本セラミックス協会 日本セラミックス協会賞進歩賞
 
1998年4月
日本無機リン化学会 日本無機リン化学会賞奨励賞
 
2003年4月
日本金属学会 日本金属学会論文賞
受賞者: 新家光雄、服部友一、森川圭三、春日敏宏、鈴木昭弘、福井寿男、丹羽滋郎
 
2007年4月
日本セラミックス協会 日本セラミックス協会賞学術賞
 
2009年4月
日本無機リン化学会 日本無機リン化学会賞学術賞
 

論文

 
High-Strength Ca(PO3)2 Glass-Ceramics Prepared by Unidirectional Crystallization
Y. Abe, M. Hosoe, T. Kasuga, H. Ishikawa, N. Shinkai, Y. Suzuki, J. Nakayama
J. Am. Ceram. Soc.   65(4) C189-C190   1982年4月   [査読有り]
Preparation of High-Strength Calcium Phosphate Glass-Ceramics by Unidirectional Crystallization
Yoshihiro Abe, Toshihiro Kasuga, Hideo Hosono, Kaas de Groot
J. Am. Ceram. Soc.   67(4) C142-C144   1984年4月   [査読有り]
Compositional Dependence of Formation of an Apatite Layer on Glass-Ceramics in Simulated Physiological Solution
Toshihiro Kasuga, Kenji Nakagawa, Masahiro Yoshida, Eimei Miyade
J. Mater. Sci.   22(4) 3721-3724   1987年4月   [査読有り]
Preparation of Zirconia-Toughened Bioactive Glass-Ceramics
Toshihiro Kasuga, Masahiro Yoshida, Tomoko Uno, Kiichi Nakajima
J. Mater. Sci.   23(4) 2255-2258   1988年4月   [査読有り]
ジルコニア強化結晶化ガラスの相変態挙動
春日敏宏, 中島紀一, 中川浩
日本セラミックス協会学術論文誌   97(4) 322-327   1989年4月   [査読有り]

Misc

 
マシナブルセラミックスの最新の姿
春日敏宏、宇野智子
バウンダリー   9(4) 11-17   1993年4月
生体活性のあるセラミック材料
春日敏宏、阿部良弘
固体物理   30(3-4) 1065-1070   1995年4月
メタリン酸カルシウムファイバーを用いた生体用複合材料の開発
春日敏宏、阿部良弘
Phosphorus Lett.   32(11) 9-13   1998年4月
新しいコンセプトに基づく人工歯冠表面の抗菌処理プロセス
春日敏宏、野上正行、阿部良弘
マテリアルインテグレーション   12(5) 27-31   1999年4月
生体用リン酸カルシウム系ガラス関連材料の設計とチタン合金表面への被覆
春日敏宏
まてりあ   39(3) 250-255   2000年3月

書籍等出版物

 
Handbook of Bioactive Ceramics, Vol.1
T. Kasuga, K. Nakajima, T. Uno, M. Yoshida (担当:共著)
CRC Press   1990年4月   
Superconducting Glass-Ceramics in BSCCO: Fabrication via Melting and Its Application
Toshihiro Kasuga, Yoshihiro Abe (担当:共著)
World Scientific   1997年4月   
ガラス工学ハンドブック
春日敏宏
朝倉書店   1999年4月   
ナノマテリアルの最新技術
春日敏宏
シーエムシー   2001年4月   
セラミック工学ハンドブック第2版 [応用]
春日敏宏
技報堂   2002年4月   

講演・口頭発表等

 
Enhancement of Bioactivity of Calcium Phosphate Glass-Ceramics
-
International Symposium on Hybrid Nano Materials Toward Future Industries   2006年4月1日   
Preparation of Poly(lactic acid) Composites Containing Vaterite for Bone Repair
-
Inter. Conf. Processing and Manufacturing of Advanced Materials   2006年4月1日   
Preparation of Hybrid Materials with Gene-Activating Ability for Bone Repair
-
International Workshop on Advanced Ceramics   2006年4月1日   
Bioactive Calcium Phosphate Glass-Based Materials
-
Korea-Japan Joint Workshop on Biomaterials and Electric Devices   2007年4月1日   
Bioactive Calcium Phosphate Glasses and Glass-Ceramics
-
Inter. Conf. the Korean Ceramic Society for 50th Anniversary Symposium   2007年4月1日   

競争的資金等の研究課題

 
中温プロトン伝導性ハイブリッド材料の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 現在
リン酸塩ガラスとイミダゾールの反応を利用して新型中温プロトン伝導体を開発する。
ナノ粒子を利用した高度骨形成機能を有する材料の開発
共同研究
研究期間: 2009年6月 - 現在
表面に機能性ナノ粒子を微量に被覆することで、従来に比べて格段に骨形成機能を向上させる新技術を開発する。
骨再生応用を目的としたナノポーラスファイバー質材料の創製
共同研究
研究期間: 2010年1月 - 現在
骨形成促進のためケイ酸およびカルシウムイオンを徐放する有機無機複合材料を開発している。さらにこれをファイバー化し、不織布や綿状として骨再生に利用する。
高伸張性不織布、高靭性骨ペースト、骨ステントを組み合わせた脆弱性骨折に対する新規治療技術開発と実用的な製品製造技術の確立
AMED研究成果最適展開支援事業: 受託研究(一般受託研究)
研究期間: 2012年10月 - 2015年9月
超親水性ケイ酸アルミニウムナノチューブを用いたポリマー系複合材料の生体機能高度化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 春日敏宏