田坂 修二

J-GLOBALへ         更新日: 15/02/12 16:17
 
アバター
研究者氏名
田坂 修二
 
タサカ シユウジ
URL
http://inl.web.nitech.ac.jp/
学位
工学博士(東京大学), 工学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋工業大学 大学院工学研究科 ながれ領域 名古屋工業大学大学院ながれ領域 教授
 
1976年
   
 
- 名古屋工業大学大学院ながれ領域 教授
 
1984年
 - 
1985年
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 工学系研究科 電子工学
 
 
 - 
1971年
名古屋工業大学 工学部 電気工学科
 

受賞

 
2002年
電子情報通信学会 フェロー
 

Misc

 
判定帰還回線同期によるMFSK一次変調周波数拡散ランダムアクセス通信方式
安田靖彦、田坂修二
電子通信学会論文誌(A)   57-A(1) 38-45   1974年
情報収集用非同期多重通信の一方式
田坂修二、安田靖彦
電子通信学会論文誌(A)    58-A(8) 499-505   1975年
非同期標本化受信方式に対する最適波形
田坂修二、安田靖彦
電子通信学会論文誌(A)   58-A(9) 563-570   1975年
A Packet Radio Randam Access Communication System
Yasuhiko Yasuda, Shuji Tasaka
Proceedings of the IEEE International Conference on Communications   38/24-38/29   1976年
ランダムアクセスによる無線パケット通信の一方式
田坂修二、安田靖彦
電子通信学会論文誌(A)    J59-A(8) 644-651   1976年

書籍等出版物

 
Performance Analysis of Multiple Access Protocols
The MIT Press   1986年   
情報科学概論
講談社サイエンティフィク   1996年   ISBN:4-06-153809-8
情報ネットワークの基礎
数理工学社   2003年   ISBN:4-901683-11-X

講演・口頭発表等

 
音声・ビデオIP通信におけるQoEとクロスモダリティ
日本音響学会2010年秋季研究発表会   2010年   
音声・ビデオIP伝送のためのQoEベースビデオ出力方式SCSにおける時変トラヒックに適した閾値設定方式
電子情報通信学会技術研究報告   2011年   
ビデオ・音声・力覚メディアインタラクティブIP通信におけるメディア適応型メディア内同期制御方式のQoE/QoS評価
電子情報通信学会技術研究報告   2011年   
音声・ビデオIP伝送におけるQoEベースビデオ出力方式SCSの閾値選択インタフェースがQoEに及ぼす影響
電子情報通信学会2010年総合大会   2011年   
多視点ビデオ・音声を用いたインタラクティブIP通信のQoE評価
電子情報通信学会2010年総合大会   2011年   

Works

 
有線/無線統合型マルチメディアネットワークの構成法並びに性能評価に関する研究
1991年
ATM通信ネットワークにおけるマルチメディア通信プロトコルの研究
1995年
ATM通信ネットワークにおけるマルチメディア通信プロトコルの研究
1996年
メディア同期プロトコルセットの研究
1996年
メディア同期プロトコルセットの研究
1997年

競争的資金等の研究課題

 
マルチメディア通信
通信サービス品質
通信サービス品質
無線情報ネットワーク