藤田 素弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/09 02:42
 
アバター
研究者氏名
藤田 素弘
 
フジタ モトヒロ
URL
http://doboku2.ace.nitech.ac.jp/keik/kotsu/lab1/index1.html
所属
名古屋工業大学
職名
教授
科研費研究者番号
90229013

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
現在
一宮市建築審査会  委員
 
2008年4月
 - 
現在
愛知県交通安全対策推進連絡会議  アドバイザー
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本都市計画学会  日本都市計画学会 研究交流組織 人を惹きつける名古屋都心づくり研究会代表
 
2009年7月
 - 
2010年7月
土木学会  土木学会土木計画学研究発表会(春大会)開催校実行委員会実行委員長
 
2009年8月
 - 
2016年3月
三重県都市計画審議会  三重県都市計画審議会会長
 

受賞

 
1999年4月
- 土木学会論文賞
受賞者: -
 

論文

 
道路網の交通容量評価のための新しいQ-V式の提案
-
日本道路会議論文集(優秀論文賞)   16(389号) 817-818   1985年4月
交通量配分におけるQ-V式の設定方法に関する研究
-
土木計画学研究・論文集   3(389号) 153-160   1986年4月
Development of a Speed-Volume Relationship for Use in Traffic Assignment
-
INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW   3 153-160   1986年4月
Modelling of the Time-of-Day Traffic Assignment Over A Traffic Network
-
JOURNAL OF INFRASTRUCTURE PLANNING AND MANAGEMENT      1988年4月
-
土木学会論文集   Ⅳ-8(389号) 111-119   1988年4月

Misc

 
ユニーク"差"の意味するところ
藤田素弘
企画計画   22(1) 21-24   2016年5月
An Analysis to Validate the Travel Time in order to Develop an Animated Simulation to Reproduce the Congestion Situation during a Massive Downpour
Mohammad Hannan Mahmud KHAN, Motohiro FUJITA ,Wisinee WISETJINDAWAT
nternational Conference on Transportation and Traffic Engineering   5    2016年10月   [査読有り]
交通予測を利用者均衡で概観する
藤田素弘
『高速道路と自動車      2018年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
User Equilibrium Analysis on Traffic Network
-
The Japan Society of Civil Engineers   1998年4月   
交通ネットワークの均衡分析 -最新の理論と解法 ―
-
土木学会   1998年4月   
人を惹きつける名古屋都心づくりー都心の変遷と今後の展望ー
藤田素弘他 (担当:共著)
人を惹きつける名古屋都心づくり研究会   2012年3月   
ブレイクスルー思考によるイノベーションマーケティングー羊飼いマーケティングのすすめ
「日比野省三」「藤田素弘」[大西宏][添田信也」 (担当:共著)
福村出版   2012年10月   
社会基盤の計画学―確率統計・数理モデルと経済諸法-
「藤田素弘」「小池則満」「坂本淳」「鈴木弘司」「野田宏治」「松本幸正」「山岡俊一」 (担当:共著)
理工図書   2013年2月   

講演・口頭発表等

 
Behavior Analysis of Vehicle Starts under Countdown Type Traffic Signal Through Survey in China,
「Ke Yu」「Motohiro Fujita」「Koji Suzuki」
International Conference on Civil and Environmental Engineering   2011年10月26日   WASET
Development of Accident Predictive Model for Rural Roadway
「Fajaruddin Mustakim」「Motohiro Fujita」
International Conference on Civil and Environmental Engineering   2011年10月26日   WASET
名古屋都心づくりのための交通移動特性に関する研究
「松林祐太」「藤田素弘」
土木計画学研究発表会秋大会   2011年11月   土木学会
Behavior Analysis of Vehicle Starts under Countdown-Type Traffic Signal Through Survey in China
「Ke Yu」「Motohiro Fujita」「Koji Suzuki」
土木計画学研究発表会秋大会   2011年11月25日   土木学会
奈良公園周辺施設における交通手段別訪問行動特性に関する研究
「永田史孝」「古市英士」「藤田素弘」
土木計画学研究発表会秋大会   2011年11月25日   土木学会

競争的資金等の研究課題

 
時間帯別と高速道路を考慮した道路交通量予測モデル(利用者均衡配分)の開発と実用化に関する研究
研究期間: 1987年4月 - 現在
都市防災における交通計画(名古屋圏における災害時の帰宅困難実態調査分析と交通対策)
研究期間: 2000年9月 - 現在
人間の知覚に基づく一般道路と高速道路の渋滞定義と渋滞評価
研究期間: 1992年4月 - 現在
情報通信型LED信号機からの情報提供と交通円滑化対策に関する研究
研究期間: 2004年4月 - 現在
マーケティングと企画計画学手法の工学教育的融合研究
その他の研究制度
研究期間: 2004年4月 - 現在
工学教育において目的志向や未来志向で物事を捉えて、問題を解決していく企画計画的思考や、マーケティング的に顧客志向で技術開発を進めていく視点が重要となっている。このような教育を融合的に実践する方法について考える。